専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今日、フロイトの『精神分析学入門』を読み終えましたw

え?
いいんですよ、リールの話しなんて…
こっちの方が絶対にためになりますので、ちょっと付き合ってください。
これ読んだら、「フロイト読んだんだぜ( ̄― ̄)」って言っても大丈夫ですw
要の所だけ簡単に説明しますので、女の子とかにウケますよ~w
それだけじゃなく、女のこの本音も分かるかも~~~ww


さて、精神分析学とはなんぞや?
って思ってる人もいるかと思いますので、その説明を簡単に…
平たく言うと読心術です。
心理学と違うのは、心理学が確立統計などの数学的な用法を用いて答えを出すのに対して、精神分析学はまさに読心術!
大人の付き合いのために言わないでおこうと心に誓った事や、誰にも気付かれないように心がけてる事、はたまた自分でも気付いてない“深層心理”を容赦なく暴き立てる悪魔の様な学問ですねw

コレ、絶対にためになりますので、読んで行って下さいね★


まずは“しくじり行為”に付いてです。
しくじり行為ってのは、つまりポカミスですよ。
例えば言い間違いや物忘れ、道順を間違えたりと… そんな日常でよくある間違いです。
フロイトによると、コレは単に突発的だったり偶発的だったりするものでは決して無く、必然的な理由があるとの事。
それが“潜在意識”です。
例えば、何かの催し物で開会の宣言をするとします。
「ココに○○の閉会を宣言します!」と言い間違えたとすると、その人は心のどこかで「こんなのはやく終わっちまえ!」と思ってる…と…w
仮にそれをいくら本人が否定したとしても、健在意識(自分で認識出来てる意識)では無いにしろ、潜在意識ではそう思ってるらしい…w

では物忘れはどうなのか?
物忘れの場合は、潜在的にマイナスイメージを持つものを忘れる傾向にある。
マイナスイメージって言うのは、例えば、こっぴどく痛い目にあってフラれた元カノから貰ったプレゼントとか…w
例えば、大嫌いな色の財布とか…
例えば、「この医者、信用出来るのかよ…」って心のどこかで思ってる病院の診察券とかねw
直接的でも間接的でも、マイナスイメージを連想されるモノは忘れられるらしい。
フロイトの本の中でこう言ってました。
「かのダーウィンは、自分にとって都合の悪い研究結果が出た時は、特に念入りにメモをとるようにしてる」…と…
さすがダーウィン! ってフロイトが言ってましたよw

道順を間違えるのも、同じ原理だそうです。
つまりイヤイヤだと道順も、乗るはずの電車も間違える…

“しくじり行為”に関しては分かりましたでしょうか?
もしアナタが合コンに行って、自己紹介したします。
後からお気に入りの女の子に、こう言われました「あ、すみません、お名前何でしたっけ?」と…w
ハイ、この時点で終了~w
…とは限りませんよね。
なんせ、間接的でもいいわけですから。
例えばアナタの名前が大嫌いな芸能人を連想させたり… みたいな可能性はあるにせよ、普通に考えたらダメでしょう。
だって、もし超絶に可愛い女の子が自己紹介したとして、あなたはその名前は忘れますか?
フロイトなんぞに言われなくても、普通分かりますよw
でも「可能性は無くはないんじゃね~??」と、甘い観測を立てるのが人間ってヤツで…(´,_ゝ`)

ちなみにカズチンが「コロボックルの仕業だ!」とか言ってる時がたまにありますけど、フロイトに言わせると「イヤイヤやってるから失敗するんだっての(´,_ゝ`)」って事になりますねw
言わずもがな、私の失敗もそうなります(爆




次に“夢”の説明です。
コレ、別にエロトークじゃなく、学術的な話しなので露骨に行きますねw

さて、夢ってヤツは、基本的には“欲動の充足”が目的らしいです。
例えば囚人は外に出る夢を見、空腹の人はご馳走に囲まれる夢を見、パイロットをになりたいと熱望してる少年は、パイロットになった夢を見ると…
夢って言うのは、覚醒してる(つまり起きてる状態)時のような制限がかからない…わけじゃないんだけど(後で説明します)、その制限がかかりにくい状態にある。
だから余計に潜在的な欲動(欲望)が表面化するとの事です。
中でも一番強い“欲動”は“性欲”らしいです。

「でも不愉快な夢も観るじゃん!」って思う人もいるでしょうが、フロイトはこう言ってます。
「逆は矛盾ではない!」…と…(←コレ、今回の名言!)
つまり、不愉快な夢を見る事もあるが、それは欲動の裏返しだと…

で、その性欲なんですが、現代社会では露骨にそれを欲する事は道徳的では無いと言われるので、自制心が働いているが、生物学的にはやっぱりその欲ってのが極めて強く、夢などの、潜在意識が表現化されやすい状態の場合は、それが夢に出る。
…とは言え、夢の中でも少しだけ表現に制限をかけるような自制心が働く。
これを“夢の検閲”と言います。
ちなみに欲動が働いたら、充足されるまで絶対に消える事は無い。
そして、覚醒時には満足させる事が困難だと予想される欲動であっても、それは検閲にかかり、表現を変えて夢の中で現実化(?)させる事により、一応の充足をみる。
では“表現を変えて”とはどう言う事か?
例えば、いくら欲求不満でも女性器がドーンと夢に出るのは破廉恥極まりないだろ…と、本人の検閲がかかると、それを代弁(代表現?)するものに取って代わる。
例えば女性器だとすると、穴を連想させるものが全てそうだと言いますw
家のドアやコーヒーカップ、箱や鉢いたるまで…(マジか!フロイト!)
男性器はハシゴやポール、重力に逆らって屹立するモノやキノコとかね…w
あ、あと鉛筆もそうだって言ってたっけな~…
テーブルはベッド、あと~… 森は陰毛とか…とにかくそんなのがイッパイ紹介されてましたw
ちなみにオナニーし過ぎだと、歯の抜ける夢を見るそうです。
何はともあれ、夢ってのはそんなエロエロな欲動が殆どらしいですよw

まぁ言われて見れば分からなくも無いですよね。
だって、我々なんて、文明人とか言って地球の支配者面してますが、地球の46億年の歴史に対して、人間がまともな生活をし始めて僅か100年くらいですか?
ソレまではロクに食べるものも満足に無く、常に空腹の状態だったわけですよ。(一部を除く…)
その時の獲得形質の遺伝が原因で、高カロリーのモノは美味いと刷り込まれてるわけです。
よく「アブラが乗ってて美味い」って言うじゃないですか。
アレって、少量でも効率よくエネルギーを摂取したいから、脳が「高カロリーな方を摂取して!」って指示してるだけなんですよ。
だから、まだ生物の本来の欲動を完全にコントロールできる段階ではないのかもしれない…


…って話しがそれましたねw

つまり、夢ってのはそんな“欲動の充足”が目的だって事です。


あと、精神疾患の話しもあったのですが、簡単に言うと、“欲動の抑圧”だそうです。
まぁこれまで読んできたら分かりますよね。
その中でも、性欲に抑圧がかかった時などに精神疾患にかかりやすいらしいです。
ちなみに精神疾患って言うのは、過度なサディズムやマゾヒズム、エゴイズムやナルシズム、フェティシズムなども含まれます。
あとヒステリーとかね。
幼少期に、性に対する過度な抑圧がかかるとダメらしいですよw
あと、性欲を満足させられない旦那を持つ、貞淑であろうとし過ぎる女性とかねw



まぁそんな内容でした。

フロイトによると、性欲を満足させる事が、いかに人間にとって健全であり続けるために必要かと言う事ですね。
でも我々は、それを制限する現代社会との狭間であえいでいると★


分かりましたか~?
結構面白かったでしょ?w

コレを読んだあなた!
意中のカワイ子ちゃんに軽々しく夢の話しなんてしたらダメですよ!

アナタ「昨日さ~、君の夢を見たんだよ 小さな小高い森の中のピンクの可愛い家の扉を開いたら、君がテーブルにいて、その前にはコーヒーカップにナミナミと注がれたミルクがあってさ~ それを飲んだら、超美味いのw」…とかね(爆

その子が『精神分析学入門』読んでたら、撃ち殺されるかもしれませんよ(爆
スポンサーサイト






すみません…

恥ずかしながら、私の夢には女性器がドーンと出てきますが…(((((核爆)))))

己の“夢の検閲”に『どんだけ制御力がないんだよっ!』って、多少オチこんでしまいましたとさ…(苦笑)
【2010/12/30 03:41】 URL | なんちて師匠(笑) #W1.keLL6[ 編集]
◆師匠

師匠とかカズチンは覚醒時の検閲をもっと強くかけたほうがいいかも…(爆

あ、例の件待ってください。
おってメールします★
【2010/12/30 16:15】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。