専門用語集


先日、これ買ったんですよ。

20100912DSC03001.jpg

バス用の鉄板ルアーです。
小さいので6.5g。
これに、何だか見た事のないこんなフックを…

20100912DSC03002.jpg

つけてこんな感じ。

20100912DSC03004.jpg

超ディープ攻略に使おうかと思ってます。
これなら大きな滝ツボも攻略出来るのではないかと…
ただ、アップで引いた時にアクションするの? と、疑問ですw

所で、このフックってどうなんでしょうか?
超大物がかかって、折れる事は無いのでしょうか?
でもおそらく、超大物なんて釣れませんけどね(爆



さてリール。

今日は頭の部分の加工を進めます。

まずは逆に掴んで旋盤で突っ切る。

20100913DSC02964.jpg
20100913DSC02965.jpg

端面をキレイにする。

20100913DSC02966.jpg

センタードリルからドリルで2.5mmの穴明け。

20100913DSC02967.jpg
20100913DSC02968.jpg

次にフライスに戻し、カーボンプレートの入る溝を切る。

20100913DSC02970.jpg

ここでネジを切る。

20100913DSC02971.jpg

旋盤でネジを切ると、エンドミルで溝を切ったときに
ネジ山が潰れてしまう可能性があるので、この段階でやります。

これでジョイント本体は完了。

次は蓋を作ります。

20100913DSC02972.jpg

3mmのドリルで穴を空けて、

20100913DSC02973.jpg

見た目を整えますw

20100913DSC02974.jpg

今回はカーディナルのようなクラッシックリールではないので、
ある程度ゴテゴテした感じに仕上げます。
これからこのリールが私の釣行記で登場する事になるので、
リール職人として恥ずかしく無い程度にカスタムしようと思ってますw

単なる見た目重視のカスタムですけどねw
でもハンドルはダブルにしても軽くなる予定なので、
少しだけスペックアップ…
少しねw



次は…

ネジの頭が入る箇所を創ります。

20100913DSC02975.jpg

この時点でフライスに移動します。

今回はスプールで入れた”ザクり”を入れますw

20100913DSC02977.jpg
20100913DSC02978.jpg

この加工、結構簡単w
見た目で穴の大きさを揃えることも、比較的簡単に出来ます★

それが終わったら旋盤に戻し、突っ切ります。

20100913DSC02979.jpg

で、出来たのがこれ!

20100913DSC02980.jpg

組むとこんな感じ★

20100913DSC02981.jpg
20100913DSC02982.jpg

劇的に変わってきましたw
なかなかかっこよくなって来たんじゃ無いでしょうかw

次は大嫌いなカーボンプレートの切り出し!
次の釣行に間に合うか!w
スポンサーサイト






その針いけますよ。強度は問題ないです。ただ好みではない。

自分は淵や滝つぼ攻略にハスルアーを使いますが、稀にでかいのがいるの侮れないですよ。いつだったか直径1メートルほどのちいさな滝つぼで尺オーバー釣ったことあるんで。びっくりしましたよ。

最強の廃価版製作好きです。

おかげさまでだいぶ体調よくなりましたぜ。
【2010/09/14 22:42】 URL | morine #-[ 編集]
■morine様

ハリ、大丈夫ですか!
それなら世話無くていいですねw
でもよく観たらバーブレスだった(爆

>自分は淵や滝つぼ攻略にハスルアーを使いますが、

水深があるのでスプーン系だとダメなんですw
もしかしたら2m以上あるかもしれません。
I川の話なんですけどねw
【2010/09/15 10:26】 URL | OHULS #-[ 編集]
あ、思い出した!ホプキンスも使ってました。後なんでしたっけ、ロードランナーも使ってました。ジグヘッドにスピナーのブレードついてるやつです。
【2010/09/16 21:18】 URL | morine #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.