専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





本読んでるんですよ…
で、最近孔子の『論語』と『孟子』と『韓非子』と『荀子』と『孫子』と『墨子』を
まとめて読んだんですね。

まぁ後世に受け継がれる名作ばかりなので、一々名句や名言を取り上げるとキリが無いんですが、
その中でも『孟子』が言ってた面白い言葉を紹介しましょう。
これは名言と言うよりも、日常会話にて使えそうな話しです。

運命論者っているじゃないですか。
よく、事故があったりしたら、そんな事を言う人がいますよね?
じゃ例えば、装備不十分で山に入って遭難するのは運命なのか? って…
あれって孟子に言わせると”運命”ではないらしいです。
つまり運命とは天命と同義なので、自分の不注意で招いた災難などには遣わないらしいです。
この場合は宿命に近いと…
運命とは、人事を尽くした後、人にはどうにもならない力が働いた時に降されるもので、
人が招いた不注意が原因の場合は宿命と言う。
つまり宿命論者と運命論者とは似て非なるものである! とね…

長いですか?w





じゃ、引き続きコイツをやっつけちゃいましょう!w

20100910DSC02929.jpg


一つはパーツ取り用の、先日トラブったヤツねw


あれ?
スリーブ入ってないぞw

20100910DSC02930.jpg

まぁいいかw

所詮、ここにテフロンが入っていようがBBが入っていようが
糸ヨレが完璧に取れるわけじゃないし…w

両者のハンドルは、パッと見、互換性がありそうだ。

20100910DSC02931.jpg

あ、やっぱりw

20100910DSC02932.jpg

これを使って、カーボンダブルを創ります。
やっぱり渓流だと、巻き出しを速やかにしたいので、
手がノブを探すの時のあのモタモタ感がイヤなんですよね。
「あ~ も~! ノブどこよ!!」みたいになりません?w



って事で、ハンドルをバラそうとするも、ピンが抜けないw

20100910DSC02933.jpg

1から創る事も考えたが、こんなになってるので、ちょっと面倒だw

20100910DSC02934.jpg

結局、ピンが抜けないのでフライスでバラす事になったw

20100910DSC02935.jpg

面倒だな~w

まぁおそらくハンドルは樹脂だろうから、簡単にバラせるだろ…と思いきや…

アルミだよ!!


20100910DSC02936.jpg
20100910DSC02937.jpg

苦労して、ようやくバラせた。

20100910DSC02938.jpg

あれ?w

こりゃまた面倒な形を…w

一応、使うだろうネジ径が3mmだから、2.5mmのここを今のうちに3mmに広げておこう。

20100910DSC02939.jpg

さてさて…
コイツを良く診る。

20100910DSC02940_20100907193331.jpg

コレにジョイントを合わせるのはかなり難しい…

だって、ジョイントを入れる際に、予め空いてる穴を使うしかないんだけど、
コレは真ん中に空いてないだけに、正確にジョイント側の同位置に穴を空けるのは不可能に近い。
だって、まずこの位置が正確に分からない。

20100910DSC02940_1.jpg

そしてこの位置も正確に分からない。

20100910DSC02940_2.jpg

え?
ノギスで測れって?
ノギスなんて、正確でも何でもないですからねw
それにワーク(ジョイント)が円筒だと、側面から正確に数値を測る事も難しいし、
オマケにドリルの刃も正確に入れる事は至難の業。

そもそも、コノ手のパーツを創る際に、穴位置が0.1mmでもずれたらまず付かない。
少し大きめの穴で対応すると、ハンドルがガタ付く事になる。
ハンドルのガタ付きはやっぱり気持ち悪い。(ノーマルのがそうなんだけどw)

穴も3mm、使うネジも3mm、ジョイントの穴も3mm、わずかな誤差が一つでもあれば、付かない事になる。
やっぱりコイツは、ジョイントの穴を正確にあわせるのは不可能に近い…



相当、難しいな…
ちょっと考える…




そうね…




考えがまとまった!

図面なしの一発勝負で行きましょう!

日頃リール職人とか嘯いてるんだから、このくらいは図面なしで出来ないとねw

アナタならどうします?
0.1mmのズレも許されない、完璧な穴明けを要求されるこのパーツ。
もちろん正確な数値は分かりません。



リール職人の”職人技”をご覧に入れましょう( ̄ー ̄)
スポンサーサイト






こんばんは。

> 「あ~ も~! ノブどこよ!!」みたいになりません?w

渓流釣りで一度ダブルに慣れてしまうと、たまにシングル使うとこうなりますねぇ。
【2010/09/11 21:54】 URL | メカ内裏 #-[ 編集]
こんばんは

素人としてはやっぱりノギスで測ってしまいますね!
それが正確でもないでもないって言われてしまうと・・・
リール職人の匠の技、今から楽しみです。
【2010/09/12 00:01】 URL | ユ―スケ #-[ 編集]


今の仕事のすべてがこれですよ。

やっぱり職人はこうでなきゃ。

あ、ようやく病院から出れました。ずっと闘病しておりました。細かい寸法がまだ伝えれてなくてすみません。数日中に送れればと思いますので。
【2010/09/12 03:48】 URL | morine #-[ 編集]
Σ( ̄ロ ̄)オリジナルの基部を使うんですか? 
面倒そうですなぁw 
 
あのリールのシャフトって、対辺6.0mmの六角なんですね←ナンデねじ込みぢゃねぇんだ( ̄皿 ̄)y-~チッ…ってかんじですが(笑) 
 
今更ですが・・・ 
 
私だったら?タックル■リーに行って『ボロ・ド中古・最安値・針金ベール』の部品取りリールを買ってきます。 
あの手のリールは殆どが対辺6.0mmでやや長めのシャフトを使ってますので、そのシャフトを使って共締め式で基部から作ります。 
似たような手法ですが、対辺6.0mm四角シャフトのスズミの『なんちゃってマシンカット(プラ製)』ハンドルを対辺6.0mm六角シャフトのダイワに移植したことがありますので。 
 
【2010/09/12 05:29】 URL | 釣り( ・・)/ #JalddpaA[ 編集]
■メカさん

>たまにシングル使うとこうなりますねぇ。

全くその通りですw
すっかりシングルが面倒臭くなってしましたw

■ユースケ様

>それが正確でもないでもないって言われてしまうと・・・

ノギスって0.05~0.1くらいずれる事が結構あるんですよ。
それに今回みたいな穴位置を調べるって事は、正確には
中心を出さないといけないんです。
となると、もとの図面が無いと正確には分からないって事になります。
そして加工時に、多少なりともずれが生じてるはずですから、
それをも計算して中心を出す必要があります。
…と考えると、まずムリだと…w

あ、そうだ… コメットのかっこいい写真、今度送ってください★
もちろん修理後のやつですよw

■morine様

おぉ!
退院しましたか。
心配してたんですよ~
ちょっと働き過ぎじゃないですか?w

■釣りさん

>あの手のリールは殆どが対辺6.0mmでやや長めのシャフトを使ってますので、そのシャフトを使って共締め式で基部から作ります。 

釣りさんはいまだに私の事が分かってませんね~w

そんなの私だって考えましたよw
ただ、この6角シャフトは、対辺4.6mmなんです。
創る事も可能ですが、サイズがあまりにもハンパなので
コレ使ったほうが楽かなと…w

そうしない理由がある事を、分かってくれないと…w
説明が面倒だから省いてるんだからw
【2010/09/12 15:41】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。