専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





実はね・・・

このピン、何度も失敗してるんですよw

簡単そうに見えて、実は結構難しい・・・


なぜ難しいかと言うと、突っ切りで落とせないんですよねw
ワークが細いと、突っ切りを当てたときに結構な力がかかりますので
逃げると言うか、曲がっちゃうんです。
で、ニッパーで切る事も出来る細さなんですが、そうなると前回のみたいに
汚くなってしまう・・・
オマケに鉄ノコも刃が泳いでしまうから、切り口が荒れるんですw

そんなこんなで、5回は失敗したでしょうか・・・w


さて本題。

前回は穴空けから始めましたが、今回はワケあって先端の加工から始めます。

20100712DSC02698.jpg

20100712DSC02699.jpg

形はバレットにします。
色々考えたのですが、アタリがどこからでも出やすいようにバレットにします。
あとは適当に形が整ってくるはずです。


でも、キレイな形を出すバイトが無いので、ここは手で!

20100712DSC02700.jpg


次に肝心の切り落としに使う突っ切りですが・・・



これを使います!

20100712DSC02701.jpg

刃厚0.4mmの自作突っ切りです。
まぁグラインダーで適当に作っただけなんですけどね(爆




次に掴み直して穴あけです。

20100712DSC02702.jpg

20100712DSC02703.jpg



で、出来上がったのがコレ!

20100712DSC02705.jpg

キレイにバレット形になってます。

これ、最高でしょw

磨り減るであろう先端部分は、ちょっと厚めに残してありますので、これで暫くは大丈夫なはずです。

20100712DSC02706.jpg

で、回してみる・・・

20100712DSC02707.jpg


う~む・・・・w

プラのピンよりもいいけど、思ったような音が出ません・・・
でもまぁこれ以上はないでしょう。
そこそこの音はしますので、これを使って観てください。

ちなみにマリエットと較べて見た・・・

20100712DSC02708.jpg

やっぱりマリエットのみたいには行かないみたいw



じゃ、送りますね~

20100712DSC02709.jpg


ちなみに画像にある方が裏になりますので、間違いなく★
スポンサーサイト






このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/14 00:10】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/14 00:33】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。