専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ダイアルを塗装する前に、下地作り。
なんとツルツルと管理人が言ってたが、実物をみてビックリ
デコボコだw
これを平にするためにリューターとヤスリできれいにする。
針は塗りだったようで、シンナーに浸けておいたら簡単に取れました。
DAIL03.jpg

ブラスなんだねw
ちょっと粗い・・
エッジが丸くなるかもしれないので、あまり強くヤスリをかけられない。
どうしようかな~ と考えたところ、Good idia が!!
砥石でやろう。
って事で、刃物ヲタの私の自慢の砥石(#800→#1200)で仕上げる。
最後にリューターでコンパウンド★
dialIMG_0588.jpg

鏡面まで行きました。

白に塗装します。
dialIMG_0589.jpg


パールを重ねます。
dialIMG_0593.jpg


あれ?
なんだかホコリが入ってしまってます。
何度かやり直すこと10回w
ようやくいい感じに仕上がりました。

マスキングをし、(デザイン内緒)塗装を追え、マスキングシートを
剥がそうとしたところ、なんと下地まで逝ってしまいましたw

いい気になって鏡面仕上げにしてしまったので、塗料の乗りが悪かったみたい・・

再び砥石でアタリをつける。
同じ工程で塗装をしますが、今度はマスキングを剥がす際に塗料が剥がれる事は無かったのですが、パール粉がすこしテープに張り付き、その部分だけのパールが薄くなってしまいました。
パールってのは塗料に粉を混ぜるのですが、その含有率が高いと、塗料の粘着力も弱まり、マスキングを剥がす際に粉だけが剥がれてしまうようです。

こりゃ~ルアーより遥かに神経使うぞw

って事で、未だ完成せずw
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。