専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今日は渓流用ロッドを創ります。

20100531DSC02500.jpg

渓流釣りの経験を重ね、自分なりの最強ロッドを創ります!


次の木曜に間に合わせなければ・・・(爆

幸いにもウチに2Pの渓流用のブランクはありましたので、細かなパーツが揃えば明日にでも出来ます。

って事で買ってきました。



それにしてもこれだけで5000円てどうなの?w
コルクのグレードなんてどうでもいいっつ~のw

20100531DSC02507.jpg

ガイドは、いつか使うかもしれないと思って入手してたこれ!
チタンのゴールドサーメットです。

20100531DSC02501.jpg

え?
テクナのを流用するんじゃないのかって?w
気が変わったのでやめましたw

さてさて、別にこの手の記事を期待してる人は少ないと思いますので
ザックリで行きます。

まずはグリップやらリールシートやらのサイズに合わせ、タコ糸などでこうします。

20100531DSC02510.jpg

これは瞬間を塗ったところ。

一回でダメだったらこうします。

20100531DSC02511.jpg

これはリールシートの箇所。

で、次にエポキシをベッタリ塗って、こんな感じ。

20100531DSC02513.jpg

あ、必要とあればマスキングなどしてくださいね★

で、装着したのがコレ。

20100531DSC02514.jpg

チェックすらないw

20100531DSC02515.jpg


次はガイド。

スレッドは・・・

20100531DSC02502.jpg

これにしよう!

20100531DSC02503.jpg

もしかしたらカーディナルを使う事になるかもしれないので、一応色を合わせますw


ガイド位置を決めたら、スレッドを巻きます。

始めはこんな感じに巻き込んで・・・

20100531DSC02505.jpg

最後はこんな感じにします。

20100531DSC02504.jpg

簡単でしょ?w

全て巻き終わったら、ぐるぐる回るアレを使ってフレックスを盛る。

20100531DSC02516.jpg
20100531DSC02517.jpg

下から火であぶって、気泡を抜く。

で、終了w

20100531DSC02518.jpg

明日には出来上がってるでしょう★

名付けて、サルスティック!!



今回拘ったのが、ガイドとその数。

渓流を通じて思ったんですが、渓流に限って言えばガイドの数は少ないほうがいいと思いました。
大きな魚とやり取りするなら別ですが、大きくても30cm。
ガイドの数が、釣果を左右する事は無いと断定!
なもんで、今時には珍しい5コのガイドw

20100531DSC02506.jpg

ブランクの曲がりが、これ以上少なくする事を許してくれないから5コだけど、本当なら4個でもいいくらいですよw

そして、今回のブランクが、ややダルいから、チタンを使った。
リングはサーメットである必要は無いんだけどねw

このガイドセッティングだけで、”相当なコダワリがあると”・・・思ってくれる人はいるんだろうか?(爆



それとリールシート。

20100531DSC02507.jpg

最近、流行りのウッドシートは、はっきり言って好きじゃないw
(※個人の感想です)
ステラとかには合うかもしれないけど、カーディナルに合わせても、今一つしっくり来ない・・・
(※個人の感想です)
それにウッドは重くて、何がいいんだか分からないw
(※個人の感想です)
だからコルクにした。
それにこのタイプは、一番クラッシックでシンプルでイイ!
(※個人の感想です)


あと、こだわりと言えば、徹底的に引き算で作り上げたって事ですかね~w
ゴテゴテした最近のロッドは、何だかメガバスやエバーみたいな感じで嫌いw
(※個人の感想です)
だから、不要なものは一切排除。
途中で気が変わって、飾り巻きすらしない事にしたw

このロッド・・・ 
私から言わせると、かなり分かってる”漢のロッド”だと思いますw
スポンサーサイト






なんて速さだ!こんなに
速くできるモンなんだ!(驚)
あ、次回はリセントの2ロット目を試したいと思います(笑)
【2010/05/31 19:39】 URL | タリモ #-[ 編集]
工具箱とフライスの赤が良い感じですね。
色の統一感がある作業場は良いと思います。
【2010/05/31 20:32】 URL | マシンカット #-[ 編集]
OHULSさん こんばんは。
竿は装飾じゃなくて釣場と魚に合ったアクションとバランスだと思います。
僕もそのグリップを使った竿を使ってます。問題無しです。
飾りなんか無くても、自分の意思がルアーに伝われば竿は何でもいいと思います。



【2010/05/31 21:31】 URL | Megaceryle lugub #-[ 編集]
こんばんは。

こうして見ると、ロッドビルディングが簡単に思えてしまいますね。
前からガイド交換をやろうやろうと思ってましたが、私にも出来そうな気がしてきました。
【2010/05/31 21:40】 URL | メカ内裏 #-[ 編集]
こんばんは!(笑)
釣りに関してはまったくの門外漢なんですが、いつも何かと創作意欲を刺激されるブログですよね…OHULSさんのブログは。

ところで、キャスティングの設備とか導入してどうするんですか?
やっぱリールのボディ本体を鋳造で造りたいから??
それだったら、カーボン成型技術を研究した方が良いと思いますよ…

詳しくはメール対応にて!(爆
【2010/06/01 01:55】 URL | なんちて師匠(笑) #W1.keLL6[ 編集]
■タリモ様

>速くできるモンなんだ!(驚)

そうなんですよw
ロッドビルディlングなんて、何も難しい事ないんですw

■マシンカット様

そこですか!(爆

■ML様

>竿は装飾じゃなくて釣場と魚に合ったアクションとバランスだと思います。

私もそう思います。
誰か見てるような釣りなら、少しは頑張れるんですけどねw
誰も観て無いんで飾り的な部分は不要かと思って・・
1gでも軽いほうがいいですしねw

■メカさん

>ロッドビルディングが簡単に思えてしまいますね。

実際に簡単なんで、ガイド交換も出来るんじゃ無いでしょうか?
ブログとかでは、ことさら難しそうに書いてますけどね(爆

■師匠

>やっぱリールのボディ本体を鋳造で造りたいから??

そうです!

>カーボン成型技術を研究した方が良いと思いますよ…

え~!
何ですかそれ~w
メールしますね(゚∀゚)
【2010/06/01 05:53】 URL | OHULS #-[ 編集]
はじめまして
カーディナル関連の記事に惹かれて読者になった者です。

僕も適当にRODビルディングをしてますが、今回の記事はかなり共感できました。
コスメに拘り過ぎると既製品となんら変わりないですし・・・

以下は質問なのですが
フライリール(フルーガーメダリスト)のノッチ数を増やすためのプレートの加工も出来ますでしょうか?
以前、米国製のカスタムパーツが輸入されていたようなのですが、製作者が病気になってしまってから入ってこなくなりました・・・
(耐久性を気にしなければポリカを手で加工しても作れるかな?と思ってますが・・・)
【2010/06/01 08:43】 URL | 羽ぴょん #t50BOgd.[ 編集]
■羽ぴょん様

初カキコありがとうございますm(_ _)m
ただのお笑いブログですが、楽しんで行って下さいw

時にフルーガーなんですが、中を見た事が無いので何とも言えませんが、もしかしたら加工するよりも、創っちゃった方が早いかも知れませんねw

もしご希望なら、メールで画像など見せて頂けたらマシな答えが出来ると思います。
【2010/06/01 21:01】 URL | OHULS #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/06/02 01:53】 | #[ 編集]
ご無沙汰しています。

竿もやられるんですね。
私も一昨日、フライロッドをトローリングロッドに改造しましたよ。スピニング用リールシートに長めのフォアグリップ、ベイト用ガイドセットという代物です。

竿は初めてやってみたんですが、綺麗とか仕上げがとか言わなければ、それなりに使えるものにはなるみたいですね。

最近は、リールのハンドルに回り止めのD穴掘る方法を模索中です。
【2010/06/04 10:55】 URL | peri #-[ 編集]
■PERI様

お久しぶりです~

>それなりに使えるものにはなるみたいですね。

そうなんですよw
みんなが拘ってる飾り巻きとかリールシートとかは、
見た目をキレイにするだけで釣りには直接影響しないものばかりなんですよねw
【2010/06/05 18:40】 URL | OHULS #-[ 編集]
, <a href="http://xn--the23-1m4dobj1jwjxk6dc.com/">すすめオンラインカジノ</a>, [url="http://xn--the23-1m4dobj1jwjxk6dc.com/"]すすめオンラインカジノ[/url], 8-]],
【2014/02/01 01:41】 URL | cWrjHUKbUKKEMfhfQyy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。