専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





bunngaku_i01.jpg


********* 以下本文 *************


《進路を北寄りに変えた台風11号は…強い勢力を保ったまま今夜から明日朝に掛けて関東地方に上陸し、明日の昼過ぎには太平洋上に通過する見込みです》 
 
工房のラジオがそう告げる翌々日の月曜深夜。 
台風の接近に、土曜の夕方から降り始めた雨は週をまたいでも止まず、夏だと言うのに幾分肌寒い夜でした。 
 
いつものように、ガレージの工房でホームページを更新し 
 
「ありゃ~…今週末の釣行、ちょっとキビシイかな?」 
 
などと呟きながら頼まれたリールを組み立てていました。すると… 
 
《ガンガンガン》 
 
誰かがシャッターを叩きます。 
 
「?…誰です、こんな台風の夜中に?」 
『打越さん、いらっしゃいますか?先日お世話になった鹿野です。』 
「え?鹿野さん?」 
 
確かに先日助けた彼女の声のようです。 
 
「どうしました?こんな時間に。…あ、今シャッター開けますから。」 
 
《ガラガラガラ…》 
 
そこには先日助けた彼女が、傘も持たず全身ずぶ濡れの格好で立っていました。 
 
『夜分遅く申し訳在りません…明かりが見えたのでコチラかと』 
「ぅわっ…どうしたんです?こんなに濡れて。ちょっと待ってて下さい、そんな格好じゃ風邪をひきます。まずはタオルと着替えを…話はそのあとで伺いますから。」 
 
“こんな時間に何用だ?”とか“台風が来てるのに出歩くか普通?”とか釈然としない間にも…雨に打たれるままに立って、申し訳なさそうに俯いたままの彼女をほおって置く訳にも行かず母屋へと招き入れたのでした。 
ずぶ濡れの彼女をバスルームへと案内し着替えを用意するまで待つように伝えました。 
 
「あいにく妻も親と所用で留守にしていて、男物で悪いですが取り敢えずコレに着替え・・・」 
 
着替えを持ってバスルームに入ると、いきなり私の前で彼女が服を脱ぎ始めました。 
面食らって固まっている私の目の前で、彼女は無言で着ていた物を全て脱いでしまいました。 
 
「あ・あの…コレ着てっ!!」 
 
放り投げるように着替えを渡しバスルームを出ようとしましたが、彼女が私のシャツを掴んで離しません。 
 
「かっ鹿野さん!!放して下さい」 
『いやです…打越さん、さっき“話を聞いてくれる”って仰ったじゃないですか!!』 
 
全裸の美少女にしがみつかれて悪い気はしませんが、据え膳を喰う訳にはいきません。 
 
「と・とにかく落ち着いて…話は着替えた後で必ず伺いますから!!」 
 
大きな瞳で何かを訴えるようにしがみつく彼女を説得し、なんとかバスルームを出る事が出来たのでした。 
 
“厄介な子を拾っちゃったなあ” 
 
《ピルルル・ピルルル》 
 
「わっ!!」 
 
電話でした。 
 
『あ、もしもし私。なんか物凄い雨でしょ?この台風で、どうも電車が動かないみたいなのよ。私達、今夜はコッチに泊まるから。明日の午前中には帰れると思んで…そう云う訳だから、じゃあね。プツッ…プープープー』 
「帰らないって、あ・おい!!もしもし」 
 
妻は云いたい事だけ早口で告げると、こちらの返事も聞かずサッサと電話を切ってしまいました。 
すぐに妻の携帯に掛け直しましたが、繋がったのはガイダンスでした。 
 
《お客様のお掛けになった電話は、現在電波の届かない場所にいるか・電源が入っていないため掛かりません》 
 
着信を確認すると、妻からの着信は公衆電話から。 
 
『打越さん…』 
 
背後の声に振り向くと、着替え終わった彼女がうっすらと微笑みを浮かべながら立っていました。 
 
『聞こえました。今夜、奥様お帰りにならないんですね。良かった…これならユックリお話出来ますから。』 
 
 
 
家を揺らすような強い風と窓割らんばかりにに叩きつける雨。 
時折稲光が雲の上で閃光を放つような嵐の夜。 
全裸でしがみ付いて来るような美少女と、外界から遮断されてしまったような家に二人きりで取り残された私。 
 
 
アレで済んだかに思えたこの一件は…まさに“風雲、急を告げる”の言葉通りに私を思いも因らない出来事に発展していくのでした。 


bunngaku_i02.jpg
スポンサーサイト







何回見ても赤ん坊のOHULSさんが
ETに見えて仕方がない件(爆)
【2010/04/15 13:16】 URL | かずちん #bLNrjBuk[ 編集]
意地になってるなw
ワラワラのオサーンみたいになってるぞ(´,_ゝ`)
【2010/04/15 21:48】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。