専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





先日より探していたリセントの赤が届きました。

色々ありがとうございますm(_ _)m>M様


それがこれ!

20100316DSC02291.jpg

いつ見てもカッコイイですね~

単体だと・・・w

でも実際に装着してみると・・・

20100316DSC02292.jpg

ヘンなの(´,_ゝ`)

コレ見て気付いたんですけど、ここがテーパーかかってるんですよ。

20100316DSC02294.jpg


これを見て分かると思いますが、実はこれは初期ロットの物ではありません。
新たに赤だけを作ったのです。
詳しくは言えませんが、初期ロットの赤は某社による特注品だったので
コレもおそらくそれと同じかも知れません。
まぁこのテーパーでライントラブルが無くなるのかは使ってみないと分かりませんけどねw

リセントが新しく作ったのは今回赤だけなので、ライントラブルが(直っていたとしたら)
2ロット目のこのタイプだけと言う事になります。

罪だわ~w
キャップ創ればいいのにねw
ヤフオクでCAMI様のパクリ品が出てるけど・・・
本人はパクられてもいいって言ってたけど、売ったらダメでしょ・・・





さてさて・・・

先日失敗したハンドルをやりましょうか。

解禁になると進まなくて仕方ないですねw
すみません>cami差


切り出したプレートの角を整えます。
まぁ先日と同じですよw

20100316DSC02296.jpg
20100316DSC02297.jpg


いい感じ( ̄ー ̄)

20100316DSC02298.jpg

ボルト入れる穴をあけます。

ここで治具登場!

20100316DSC02299.jpg

コレ超便利w

穴位置を決めて・・・

20100316DSC02300.jpg

外して穴あけ。

20100316DSC02301.jpg

仮組み。

20100316DSC02302.jpg

完璧です!



それにしてもこの軽さ・・・

20100316DSC02303.jpg

ホネを付けてもおそらくノーマルよりも軽くなるでしょう!
EVAだったらどのくらい軽くなるんだろうか・・・
スポンサーサイト






僕は気が長い方なんで、のん気に待ちますよ~  順調。完璧。OK!
釣りでは短気なのですが・・・(^^ゞ

リセントのテーパー◎へぇ~そうだったのですか!勉強になりました。
【2010/03/16 23:55】 URL | cami #-[ 編集]
おもしろいページが検索にひっかかったんで、はっときます。

案内棒があっても、こういう動きをするんだ・・・と

No.126 LS-DYNAによるねじりコイルばねの解析

http://www.lancemore.jp/ls-dyna/example_126.html
【2010/03/17 07:09】 URL | makie #mQop/nM.[ 編集]
■cami様

すみません~w

■makie様

面白いですね!
カーディナルのスプリングが折れる箇所と関係があるのでしょうか??
折れたら詳しく見てみます。

ありがとうございました。m(_ _)m
【2010/03/18 18:54】 URL | OHULS #-[ 編集]
少しは関係あると思いますが、
TAKE'S REEL ROOMさんとこのHPにもあるように、
スプリングが折れるのは許容応力をオーバーしてるからでしょうね。
【2010/03/22 00:36】 URL | makie #mQop/nM.[ 編集]
■makie様

> スプリングが折れるのは許容応力をオーバーしてるからでしょうね。

ですかね~・・・・w
まぁ竹中師匠が言ってるんだからそうでしょう★
機会あったらスプリングも突っ込んでみたいんですけどね・・・
【2010/03/22 15:59】 URL | OHULS #-[ 編集]
長文失礼。これ以上まとめられない・・・
しまった・・・「突っ込んでみたい」というからバネを知りたいのかと思ったけど・・・
知ってるが時間的な問題や、現在不具合ないから、やってない可能性もあるのか・・・

もう書いちゃったから、意地でも書き込みます。

圧縮、引張、ねじりコイルばねの技術書としては「JISハンドブック機械要素」が
最強かもしれません。

企業のHPでコイルばねを簡単に解説しているところもあります。
こことか
https://www.maruho-htj.co.jp/planmanual/index.html

技術書籍は安いのは半端で、かといって専門的なのは高額で、
よほどの業界でないと理解できない項目もあり、専門用語も多く、
「小型コイルばね」だけの基本を知るには不要な部分が多いです。
当然自分も理解できません。

「JISハンドブック機械要素2010」ですが、税込価格 11,025円です。
ただ、ばね以外の規格もあるから、ばね用に買うのは無駄が多い。
でも「JISハンドブック製図」の一部が「機械要素」にも記載されていますから、
製図に興味があるなら買っても損はないのかな・・・。

JIS規格はネットで閲覧だけなら可能です。
日本工業標準調査会というところで、閲覧だけできます。
プロテクトがかかっていますから、保存も印刷もできず、最新のAdobe Readerでないと
閲覧できません。

http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html
のページの「JIS規格名称からJISを検索」でひらがなの「ばね」で検索してください。

ばねは2009年に改訂されて、規格が分割されました。
(JISハンドブックとしては2010年から改訂)
圧縮、引張コイルばねは、JIS B2704-1、2、3に3分割。
ねじりコイルばねは、JIS B2709-1、2に2分割。

計算式は、圧縮、引張、ねじりとも、第1部に記載されています。
第2、3部の仕様の表し方は公差のつけかたや、見本図面が記載されています。

webで項目を入力すると特性計算をしてくれるところもあります。
http://www.kagaspring.com/calc/

PS:いまさら「薄板ばねの設計計算式及び仕様の定め方」がJIS規格として2009年に
   制定されてるし、なんで?
   板ばねなんか、規格化されても形状の種類ありすぎて、難しくて理解できない。
【2010/03/26 04:13】 URL | makie #mQop/nM.[ 編集]
■makie様

これまた興味深いですね~・・・

色々ありがとうございますm(_ _)m

まだまだ勉強不足だって事を痛感しましたw

JISハンドブック製図買ってみようかな~・・・
【2010/03/26 19:04】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。