専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ようやくオリジナルサイズ用の材料が届きました。

20090619DSC00812.jpg

事務局長サイズはΦ12で行こうと思います。

局長曰く、10~15gの間で・・・って事なので、渓流SPと同じように
パーツ毎にウェイトを計っていきます。

20090619DSC00814.jpg

先日も言いましたように、ミラーのブレードを希望との事です。
ちなみにブレードは2g。
球は大きなのと小さなのがあって、大きなのが4g、小さいのが1.6gです。

まぁそうなるとヘッドの重さは5g前後って事ですね。

ではでは早速★

リップの角度は大体45度。

20090619DSC00815.jpg

メタルソーでガンガンいきますw

20090619DSC00816.jpg

次に穴あけ。
場所はポンチングで決めました。
センター出してから同ライン上に二つ。
今回はヘッドは渓流のそれおり大きいので、ワイヤーを通すポイントは渓流用のよりさらに上になります。

20090619DSC00817.jpg

ワイヤーの貫通箇所が上になる事により、さらなる低重心化が可能になり、回転を抑制出来るはずです。

エッジ周りをオイルストーンで面取りしてこんな感じ!

20090619DSC00819.jpg

じゃ組んできますかw

アイは”○バラアイ”でいきます。
コレに敵う物はないでしょう!

ワイヤーを曲げるも、太いし堅いし(ヘンな想像し無いようにw)・・・で上手く行かない・・

20090619DSC00821.jpg

何度か挑戦してこんな感じ。

20090619DSC00823.jpg

ま、いっかw

クレビス入れて仮組みしようとミラーのをよくみたら・・・

これ!!


20090619DSC00822.jpg

おぉぉぉ!!
クレビス1つにもこの拘り!
すげ~w
でも、穴径が1mmでキツキツだったから使えなかった・・・w
ですので私が大嫌いなサンスイで買ってきたのを使います。

で、出来上がったのがコレ!

20090619DSC00824.jpg

ワイヤー尻にミラーの1.6g球を入れて、回転軸の安定化を狙ってます。
やっぱり今回のサイズだとリップ面が広いだけに、プラ球だけだと余計ウォブリングしちゃうので、後方に重心を持ってきたほうがいいかと・・

渓流用に較べてさらに低重心化が可能になったオリジナルサイズ。

20090619DSC00825.jpg

これなら釧路川の流れ位なら回転しないだろう・・・

って祈ってますw。

真鍮球の位置やブレードの位置をテストで探って見て、問題無い様だったらパーツの位置決めしちゃいますねw

あ、それと、ポリカでリップを創ろうかと思ってたんだけど、渓流用のヘッドサイズでも結構潜るんですよね。
ですからこのリップ面積なら充分なんじゃないだろうかって事で今回はこのままで行きたいと思います。
それでダメだったらリップを創りますので★
スポンサーサイト






(´-ふ-)σ-.~ 
大型トラウト用のKINZO-SPIN…カッコ良いですなぁ~♪ 
発送前に実釣テストを兼ねて『“KINZO-SPIN”で、釣れたら即喰う』なんて…どぅです?(爆) 

15gクラスのスピナー系なんて海用ではテールスピンジグくらいですよね。 ダブルフックを使って底を引けば、意外とマゴチとかにも効きそうな気が……
【2009/06/19 14:14】 URL | 釣り( ・・)/ #JalddpaA[ 編集]
>>釣りさん

>意外とマゴチとかにも効きそうな気が……

だとしても、スピナーで釣れるなら他のでも釣れるんじゃないですか?w
【2009/06/19 18:04】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。