専門用語集


さてさて・・・

キンゾーさんからメールが来ないから、
KINZO-SPINの渓流バージョン(テスター○バラさん)のを先に仕上げよう。

ワイヤーの留め方も決まったしね。

皆さんにはオリジナルのルアーが出来るまでの全工程を紹介します。
ブログとかで”本当のオリジナルルアー”ってないでしょ?
どこかでみたような・・・ みたいなハンドメイサイトはイッパイあるけど
完全オリジナルのルアーは少ないですからねw(私の知る限りゼロ)

・・・などと偉そうな事を言ってる私も、オリジナルと断言出来るルアーはコレが初めてですw
今までは”どこかで観たようなルアー”ばかりを創ってましたからw

偉そうなこと言ってスミマセン(爆




さてさて・・・

○バラさんの注文はこうだ。

ウェイトは4g前後。
ブレードはシルバー。
クリアの赤球。
都会的なセンス(?)

との事w

まぁ適当にやればそんな感じになるかと思ったけど、
ウェイトをコントロールするのって結構難しいw

予め組む予定の全てのパーツの重さを計って、計算してヘッドを削りだして行かないとダメみたいw

20090521DSC00649.jpg
20090521DSC00648.jpg
20090521DSC00647.jpg
20090521DSC00651.jpg

この計算だけでタイヘンだw

でも、大体分かった。
おそらくヘッドは2g前後じゃないと4gには納まらない。
しかもリップ面をある程度確保しないとレンジキープは出来ないから
そこらへんの調整(感覚?w)が難しいと言うか、勘でなんとかなると言うか・・・(爆

じゃブラス削りだしから行きます。

実はこの加工、結構手順が面倒です。

まずは端面の掃除★

20090521DSC00654.jpg

20090521DSC00655.jpg

次にセンタードリルとドリル(1mm)で穴あけ。

20090521DSC00656.jpg
20090521DSC00657.jpg

ここで1回旋盤から外す。

そしてVブロック登場!

20090521DSC00660.jpg

リップ面を加工します。

20090521DSC00661.jpg
20090521DSC00663.jpg

何故この段階化と言うと、ヘッドを落としたら小さくてVブロックに掴んでも先端が加出来なくなるんです。

リップ面の加工が完了したら旋盤に戻す。

20090521DSC00665.jpg


初めに出した計算と折の永さに正確に合わせて

20090521DSC00669.jpg

突っ切りで落とす。

20090521DSC00670.jpg

この時点で4g前後だったら計画通り!

20090521DSC00659_20090521190150.jpg

誤差0.2g。

いいね・・・( ̄ー ̄☆キラッ

長くなるので続きは明日!



それにしてもToshiさんは今日も行ってるんだろうか?>多摩川
スポンサーサイト






午後休の企みは脆くも崩れ去り今頃帰宅しました。

どうせ行っても釣れなかったでしょう。

そう言い聞かせています。

【2009/05/21 22:19】 URL | Toshi #-[ 編集]
完成を楽しみにしております。(^^)
【2009/05/21 22:28】 URL | 〇バラ #-[ 編集]
>>Toshiさん

そうでしたかw
私も行きませんでした。
多分、どうせ行っても釣れなかったでしょう(爆

>>○バラさん

暫しお待ちを~★
【2009/05/22 07:22】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.