専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





端面の加工に入ります。
問題のキー溝(?)の加工です・・・

20080701IMG_2052.jpg


スカートの裏から3爪で掴みます。
緩衝剤にブラスの板を伝ってます。
少しだけ掴み後が残りますが、ポリカなどのプラだと
振れるので受け付けません。
2/100以下に追い込みました。
3爪での芯出しを憶えてから精度が上がりました。

端面をキレイにし、ケガキで図面の通り、縁から4.1mmの箇所にマーキングをします。
シビアな数値なので時間かかりましたw
20080701IMG_2055.jpg


これ★
20080701IMG_2057.jpg

分かります? 分からないかな??w

ケガいたら、芯が出てるこの状態のまま
フライスにセットします。
20080701IMG_2058.jpg

下にあるのはロータリーテーブル。
かなりの精度で角度が出せます。

マーキングぴっっったりにセンタードリルを合わせます。
キズミでドンピシャに合わせました。
20080701IMG_2062.jpg

私の場合は、フライスで精度の高い穴あけをする場合は、センタードリルをドリルヘッドではなくコレットチャックで使用します。
コレットの方が歪まずに精度の高い位置決めが出来るのです。

微調整用のダイヤルで少しづつ掘り下げて行きます。
センターポンチの代わりみたいなものなので、少しだけで充分です。
20080701IMG_2064.jpg


片方が済んだら、ダイヤルを180度ピッタリに回して同じ作業。

出来上がったのがコレ!
20080701IMG_2066.jpg

完璧です!
ここまでは・・・(爆

あとは2.5mmのドリルで穴あけを・・・

と思ったら・・・

(; ・`д・´) なに!!

20080701IMG_2072.jpg

ヘッドがこれ以上上がらない・・・
まずいw
これじゃムリだ・・・(爆

え? ドリルをもっと奥まで差し込めって?
そんな事は分かってますってw
実はこれ、電動ドリル用のシャンクなんですよ。
つまり六角なんですw
だから奥まで入れたら掴めなくなるんですw

え? だったら買って来いって?
そんな事も分かってますよ。
でもこのドリルヘッドって、掴める最小径が3mmなんですよね・・・
だからフツーの2.5mmを買ってきても使えないんですよ~~~(涙

ドリル探しますね(爆

それにしても、シャンクが3mm以上で穴径が2.5mmのドリルなんてあるんだろうか??
まぁ探せばあるでしょw
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。