専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





では、バインディング用のアバロンを切り出すサークルカッターを★

毎度の工程なので細かいのは飛ばします。
こんなのを作ります。
20080114IMG_1383.jpg

まぁまぁキレイですねw
フライスってのは、真っ直ぐに溝を彫るのが難しいんです。
刃の方向に曲がっていこうとしますので、それを計算して彫り進まないと
キレイに仕上がらないんですよね。
ですから、今回のような加工は4枚刃よりも抵抗の少ない2枚刃のミルを使わないとラインが逸れるんです。
ハイw
まぁそれ以外に気を付ける事が結構あるのですが、誰も聞きたくないと思いますのでここらへんでw

コイツを先日のメタルソーの先端に装着して、その先にカッターの刃を付けて
フライスで回そうって魂胆です。
今回はその曲がりを計算して、メタルソーのネジの径(6mm)よりも小さな径のエンドミルを使って、最後はダウンカットで仕上げました。

もう一つは、刃を止めるために使用する先端のパーツ。
これ★
20080114IMG_1384.jpg

先端から3mmのネジを入れてカッターの刃を挟んで固定する予定なんですが~・・・・
ネジを切る下穴を空けようと思ったら・・・
フライスのドリルチャックの掴めるシャンクの最小径が3mmだよ!!
下穴は2.5mm!!

ドリル買って来ないと・・・
だって他にいい方法が思いつかないんだもん(爆

それにしても治具を作るハメになるとは・・・・
面倒だ・・・_| ̄|○
しかも、コレが成功する保障はないわけだし・・・
もうイヤw
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。