専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スピナベが完成した。
いつものよりちょっと重く創って見た。
ヘッドだけで12g。
1/4だと軽くて1/2だと重いと思う時に使う。
1m前後の杭打ちのは一番いいウェイトと私は思っています。
spin05.jpg

ラインナップは・・・
どチャート(ホワイト蛍光イエロー+ゴールドウィロー3.5#)
黒(真っ黒+バーナーブレードと4#クロムメッキ)
ナチュラル(パール&グリーン+ゴールドウィロー3.5#)
パール(パールヘッド+パールスカート+ファインブレードマットゴールド4#)

黒はやっぱりマッディーのREASALWEPON的な物ですよ。
コレはプレードをバーナーで焼いて出した色。
spin03.jpg

まぁバスに分かるような違いではありませんが、結構面白いでしょ?w

今回使ったのはPDLの3.5~4#のウィロー。
ゴールド以外は基本的には使いません。
まぁ経験的にゴールドが一番いいと思ってるだけです(w
PDL以外のメーカーのブレードも遣ってみたけど、これが一番いいです。
重さと言い、大きさといい全体的なバランスはここのメーカーが一番良いです。
それと今回初めて使って見るファインブレード。
spin04.jpg

全体的に薄くて軽い。
アルミかな??
噛みはよさそうだけど、振動は弱いでしょうねぇ~
それにこのシェイプでこの軽さだと、ウィローの回転よりも振り幅は広くなりますよね。
おそらくインンディアナ的な回転になるんでしょう。
どう考えても通常のウィローと同じ回転になるはずがありませんw
意味あるのかな??ww
そんな事よりもマットゴールドって色が多少期待出来ます。
ブレードのインパクトが弱い方がイイ時にマットだといいかも。
それに応じてパール系のヘッドと同色のスカートに合わせて見た。

スカートはスレッド止めで(一つはゴムだけど)イイ感じにフレアしてくれると期待したんだけど、あまり変わり映えしないですねw
でもコムは経年劣化で割れてくるけど、スレッドなら結構もちもいいと思いますw
ワイヤーは0.8です。
0.7~1.2まで使って見たけど、自分なりに一番いい振動とバイト時の曲がりのバランスが一番いいと思ったのが0.8mmでした。
アッパーのレングスはフックポイントより5mmくらい短め。
これも試したけど、アッパーギリギリだと、フッキングよりもバランスがあまり良くないから、ずーっとこのバランスで作っています。
まぁスピナベなんてさほど差はでないってのが私の持論なんで、こんなもんで十分でしょw

これで多々良を制覇します!
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。