専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





さてさて・・・
今日は503ではなくGS3000を★

調べてみたところ、プラのバイトは木工用でいいとの事だったのでコイツを・・・
20071222IMG_1336.jpg

手仕上げ・・・みたいなw

コイツを使います。
・・・とその前に~
あまってる端財を・・・
20071222IMG_1337.jpg

メタルソー→エンドミル
20071222IMG_1338.jpg

シャンクと同じ幅の溝を掘って台座にします。
20071222IMG_1339.jpg

20071222IMG_1340.jpg

おぉ! NICE★

ではGS3000をば・・・・

20071222IMG_1342.jpg

3爪にて裏から掴み、縁を削ります。(ノミで手バイトw)
20071222IMG_1343.jpg

こんな感じ。

その次は端面のデコボコを平らにします。
20071222IMG_1344.jpg

4爪にて、メカニカルキャップにセンターをあわせます。
これが結構面倒くさいw
0.03~0.0.4くいらまで追い込めた。
え? ダイアルゲージが斜めだろって?w
まぁ細かい事は気にせずに・・・(爆
本当なら0.01くらいまで精度出せるんですが、なんせプラ板を間に挟んでいますので
つめても詰めても完璧に出せないw
私の腕が悪いのだろうか?
まぁ旋盤の世界は”芯出し10年”と言われていますのでしょうがないか・・・w

じゃ~っと削って・・・
20071222IMG_1346.jpg

ハイ★
まぁまぁかと・・・
これ以降は手でサンディングします。
ここまで進んだところで水研ぎ・・・・
20071222IMG_1348.jpg

あれ?
サンドペーパーが無いぞw
この状態からコンパウンドはちょっとなぁ~ww

って事で今日はここまで。

え?
何をしたいのかって?
先日も言ったじゃないですか~
スケルトンとメダリオンって・・・

そうです。
このGS3000はメダリオンにします!
乞うご期待★
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。