専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今日はノブを作製します。

以前、石川さんが登場した時に立ち寄ったキャスティングのito的なベイトリール
憶えていますか?
あんな感じのノブにしたいと思ってます。

毎度の工程なので細かい説明は省きますね。


まづはジャーっと外形。

今日の主役はコイツ!


どこで削ってもRが出せる、永尾研究所の姿バイト。
面白いでしょ?w


適当に形を決めて行って・・・


だいたいこんな感じ。
中央部分が一段低くなっていますが、通常この部分にはゴムが付きます。
ですが、ここで一ひねり。
それは後になってのお楽しみでw
まだ秘密ですw

実は、ここで問題発覚w
何も考えずに削って行ったので、掴み直す必要が出てきてしまいましたw
少し考えれば掴み直す必要がないのに、単純なミスですw
でも掴み跡が少し付くかもしれないですが、作り直すのが面倒なので
このまま行く事にしますw
別に売り物じゃないし、いいでしょ~

で、出来たのがこいつ★



コチラに向いてる端面の穴の底がフラットになっているのが分かりますか?
ドリルだと120℃の角度が付いていますのでフラットに出来ません。
ですから今回はエンドミルの8mmを使いました。
それ以外はご想像の通りです。
このブログ観てる方なら分かりますよね?w
でもなんだか引き目が粗いな~・・・
旋盤に慣れてきた分、作業が雑になってきたかもw

今日はこれまで。
明日はノブの仕上げに入ります。
あ、ノブのシャフトも作らないといけないんだw
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。