専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





皆さん、abuの500シリーズって知ってます?

『釣り吉三平』の北海道イトウ編で登場する”やちぼうず”が使ってたリールですね。
あれは505です。
このリールはクローズドフェースのスピニングタイプの物で、
フェース面のプレートを指で押し込むと、ラインがフリーになります。
まぁ使った事の無い人は想像出来無いかもしれませんが、スピニングにありがちなトラブルが殆どない優秀なリールです。
なぜいなくなってしまったのでしょうか?w

私もそのシリーズの503と506Mを持っています。

今日は暇だったので、503のOVHをします。

20071111abu500IMG_1068.jpg


いつ見てもかっこいいリールですね★
20071111abu500IMG_1066.jpg

完全にバラして、徹底的に摺動部を磨き上げます。
パーツ同士の干渉部分がリールの巻き抵抗を左右しますので、その部分を磨き上げる事によって抵抗が少なくなるって事ですね。
誰でも分かると思いますが・・・・・・・w

磨き上げて、グリスを塗って行きます。
再三再四言ってますが、もしメンテをするなら3種類の粘度の違ったタイプのグリスを用意してくださいね。
一番粘度の低い物はベアリングに。
一番粘度の高い物はギア系に。
中間のはシャフトなどに★

20071111abu500IMG_1067.jpg


で、組みあがったのがこれ!
20071111abu500IMG_1070.jpg

いい感じです。
巻き抵抗もカナリ軽くなりました。
まぁそれでも最近のリールには全くかないませんが、磨き上げをしたこのシリーズのリールは日本でも多分コレだけでしょう。
おそらく巻き抵抗だけは世界一軽いと思いますよ。
ボロですが・・・w

でも使う予定無いんですよねw

そう言えばISHIKAWAさんが気の利いたスピニングを探してたっけw
使います?
差し上げる事は出来ませんが・・・・・(爆
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。