専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





昨日に引き続き・・・・

丁度いいのがありましたので転がっていた端材でジョイント部分を作りますw
pennjo810IMG_0909.jpg

お決まりのセンタードリル→ストレートドリル。
pennjo810IMG_0910.jpg

10mmのドリルで広げ・・・・
pennjo810IMG_0911.jpg

中繰りで図面の通りに広げて行きます。
pennjo810IMG_0912.jpg

今回の主役、YAMAHA M5 0.8 左 スパイラル の登場~
お世話になります~w>カルロス師匠
タップを使用するのが中学生以来なのでちょっと心配w
だけど旋盤なので簡単でしたw
ただ逆なのでちょっと考えながらやりましたねw
pennjo810IMG_0913.jpg

外形を成型。
テーパーがかかってるのでツールポストを調整する必要があります。
戻すの面倒なんですよね~w
初めはダイアルゲージで角度調整をしていましたが、
最近は目見当で戻していますw
すこ~し内側に入り込む角度に調整するのがいいらしいです。
まぁ端面を削る時はそうした方が穴空ける時にセンターを出し易いですからね。
pennjo810IMG_0915.jpg

でもってこんな感じ。
ちょっとアレンジしようかと思ったけど、このままの方がヘビーデューティーな感じなのでこのまま仕上げますw
決して手抜きではありませんww

突っ切りで落として、咥えなおして端面仕上げて面取りして終了~
pennjo810IMG_0917.jpg

こんな感じ★
結構いいですね~
pennjo810IMG_0918.jpg

付けて見た。
義手みたい(爆

あとはフライスでアームをインサートする溝を切って、裏からネジ切ってジョイント部分は終了!

まぁアルミと言うのもありますが、旋盤はかなり使い慣れてきました。
サクサク作業進みます。

次回はアームのインサート部分の溝切りと、お待ち兼ねのアームとハンドル部分をフライスで挑戦します!
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。