専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





さてさて★

色々勉強もしたし、そろそろ例のPENNのスプールでも削りだして見ますか。
penn_01IMG_0755.jpg


まずは恐怖の突っ切りで・・・(爆
penn_01IMG_0756.jpg

太い・・・・w
素材が長いので、そのままセンター出すには偏心が激しい・・
い桁にセンターを出してポンチでマーキングしてからセンタードリルで固定センター用の穴を空ける。
penn_01IMG_0758.jpg

固定センターを使用するさいは、オイルをたっぷり塗って下さい。
センター焼けしますんで★
penn_01IMG_0759.jpg

自分なりには完璧にセンターにポンチを入れたつもりだったけど、06mmずれてたww
ポンチのポイントとちょっとずれてたみたいw
これやると切り出しが大変なんだよね~

penn_01IMG_0762.jpg

突っ切りで切り出そうと思ったら、”ゴッゴッゴッ”と刃が入らない箇所がある・・・
微調整してもどうしても刃が入らない・・・
ここだけ堅いみたい。
こんなのあるんですか?>カルロス師匠

どうしても突っ切りで切り出せないから、金鋸で切るww
端面削りをしてこの状態★
penn_01IMG_0763.jpg

まぁ中繰りしますんで、どうでもいいんですが・・・w
penn_01IMG_0764.jpg

センタードリルで穴あけ★
徐々に広げて・・
penn_01IMG_0768.jpg

永尾研究所の芯出し不要シャンク(先生のご好意で、頂きました)を使い中繰りで穴を広げます。
永尾先生ありがとうございます。m(_ _)m

こんな感じで穴を広げます。
penn_01IMG_0769.jpg

でも難しいのはこの部分★
penn_01IMG_0772_01.jpg

計算によると32°
penn_01IMG_0775.jpg

ツールポストを32°に合わせます。
そもそもあってるのか?ww

penn_01IMG_0776.jpg

まぁまぁ合ってるみたい★
penn_01IMG_0778.jpg


今日は疲れたのでここまで・・・

いい感じに進んでるように見えますが、バイトは入らないやら、中繰りは時間かかるやらで、ここまで来るのに四苦八苦ですよw

このまま行けば、両日中に完成しそうです★
楽しみですね~
まぁPENN420SSのスプールをアルミで削りだすのは、世界でも私だけでしょうw
失敗するかもしれませんけどねwww
スポンサーサイト






>こんなのあるんですか?>カルロス師匠

私自身これくらいの無垢素材から削り出す事は、まずないので
何とも言えませんが、やはり斑入りのような部分がある素材も
あるかもしれません。ステンも然りですが...。

あと突っ切りに関して、ちょっと陶芸を例としますが、
ろくろ挽きで作品が完成した後に糸でくるっと切り取りますよね?
私はそれと同じく突っ切りは、むしろ後の工程だと思っています。
ですから、もし私が今回のようなスプールを作成する場合は
迷わず、最初から金鋸でおおまかな長さに切断しますけどね...(爆
【2007/05/27 01:34】 URL | カルロス #W1.keLL6[ 編集]
>師匠

なるほど・・・ やっぱりあるかも知れないんですね・・
どう考えても節でした(爆

突っ切りなんですが、私が始めに使う突っ切りは、師匠の言う鉄ノコの代わりですw
径が太いので、バンドソーでもない限り手では厳しいんですよねw
【2007/05/27 07:33】 URL | OHULS #-[ 編集]
ちなみに、旋盤で素材を回転させながら、金ノコでギコギコってのも
結構効率良いですよ!(爆
ただし、パワーのある旋盤でやる場合は、金ノコが持って行かれない
ように気を付けなければならないですけどね...。
まぁ回転数を低めにすれば、まず大丈夫かな...(笑)
【2007/05/28 06:03】 URL | カルロス #W1.keLL6[ 編集]
今回それで最後は切断しましたw
あれ、結構いいですねw
【2007/05/28 17:07】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。