専門用語集


さて、カーボンハンドル。

2015R0020832.jpg

2015R0020827.jpg

こいつをABUの規格に合わせる加工をしてこれは最後だ。
KK-ZEROの時もそうだったけど、やたらと長い付き合いになってしまって、
返送するのが名残惜しい。

で、どうやってもフライスで同じ形に一発で加工することは無理なので、
ここはやっぱり目検討職人の腕の見せ所ですよと。

2015R0020834.jpg
2015R0020836.jpg

まぁ目検討って言っても自信あるので大丈夫ですが、
やっぱり人の作った物に手を入れるのは抵抗ありますね。
自分で作ったのなら失敗しても作り直しがきくけど…w

結局この手の加工ってバイシング勝負なわけですよ。
いかにシッカリ固定するかが決め手。

2015R0020839.jpg
2015R0020840.jpg

ハンドルの差込口は平らな部分があって、そこさえしっかり極まれば
丸い箇所はある程度緩くても全く問題ない。
とは言え、制度が高いほうがもちろんいいんですけどね。

2015R0020841.jpg

ラインは完璧に出せた。
後は加工するだけだ。

…と、思って進めるも、何だかイヤな予感しかしないから
手での加工にシフトw
失敗したら取り返しがつかないからね。

って事で、どや!

2015R0020842.jpg


手での加工工程はすっ飛ばしたけど、大体1時間くらいで
いい感じにハメる事が出来た。
でも少しフライスじゃないから荒い所もあるけどねw


これでようやく完成だ!!!!

2015R0020846.jpg
2015R0020847.jpg
2015R0020849.jpg
2015R0020850.jpg
2015R0020851.jpg

どうせならと思い、自分のと並べてみた。

2015R0020853.jpg

あほあほカスタムの503も健在w

2015R0020854.jpg

いやぁ~。
ようやくABU500F-1が完成しました!
大変長らくお待たせしました。
近いうちに発想しますから少しお待ち下さい!

2015R0020845.jpg

これに並ぶ500はKK-ZEROしか地球上に存在しないでしょう!
楽しみに待ってて下さいね★

あ、そだ、こちらに500が2台あるので、最初にノーマルの巻き心地を感じてから
F-1を巻いて見て下さい。
必ずや満足していただけるはずです。

よっしゃ!残すオーダーはあと一件!
釣り行けるぞぉ~!w
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.