専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






さて、VSのシャフトもソッコー創ったことだし、次はアルマイトの下準備。

で、着色の前にこいつのアルマイトを落とす。

2015R0020753.jpg

方法は簡単。
誰でも出来ます。

さて、これでVSシャフトと500のアルマイトの下準備は完了。

次は二つ同時に開孔作業しちゃいましょう。

浸ける溶剤はキッチンハイター。

でわ★

2015R0020754.jpg

あれ?w
普通だったら泡が出てくるんだけど…。

って事はアレね。

今度は煮る。

2015R0020755.jpg

塩素系のハイターみたいな溶剤は、温度が高いと効果が上がります。
ここらへんは本業でよく使う方法だから、精通してます。
でも鍋でやるなら真っ黒になるから気をつけてね。

で、導通チェック。

2015R0020756.jpg

完璧。

アルマイトの工程は過去に結構上げたから皆さんは知ってると思いますので、
あまりクドクド説明しません。
質問あったらコメント欄に載せてくれれば答えますけど。
気乗りしたら…w

で、引き上げるとスグに酸化して黒くなるから、

2015R0020760.jpg

水洗いやらリューターやらで、概ねこんな感じ。

2015R0020761.jpg

あまりピカピカにすると気持ち悪いですからねw
研磨ヲタみたいで…w
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。