専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





さて先日のこれ。

2015R0020705.jpg

ノーマルには逃げ溝みたのがあるじゃないですか。

2015R0020708.jpg

ネジも切って無いのになんでこんな溝あるのかな~? って思ってたんですよね。
で、思い返したら、ノーマルノブに装着されてる先端のスリーブか少しきつかったんですよ。
「個体差かな?」とも思ったけど、どうやら先端を細くしないと
ノーマルノブが回らないようなので、こっちにも溝を着けてみました。

2015R0020709.jpg

そしたら回転がスムースになって最高★
危なかった…、気付かずに返送してたら返品になる所だったw

で、今日はマイナスネジの溝を掘ります。

2015R0020711.jpg

使うのは1mmのエンドミル。

2015R0020712.jpg

回転数が足りてないとソッコーで折れますねw
実はこの工程を想定して、シャフト端面のヘソを少し残しておきました。
センターがこれで分かる★

2015R0020713.jpg
2015R0020715.jpg

はいこんな感じ。

2015R0020716.jpg

完璧( ̄ー ̄)(ちゃんとアチコチ面取りしてあるの分かります?)

2015R0020717.jpg

あ、そうそう、先日画像での説明を忘れてたけど、
シャフト貫通式ってこう言う事。

2015R0020752.jpg

貫通させて、キャップで引き上げるから、ボルトの強度に依存せず、
シャフトの太さで強度が決まる構造。
これならシャフトが細くても全く問題ないってワケ★

あ~チョイナチョイナ。
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。