専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





さて、先日のVSの続き。

今回はとりあえず難しい加工ではないので、実際に現物合わせで作ってみて、
必要があったら微調整をする事にした。

って事でシャフトから。

まずは外形~。

2015R0020697.jpg
2015R0020698.jpg

ここは現物と合わせながら、どタイトに作らないとガタが生じる。
BBが入ってるわけじゃないから、遊びがモロにガタとなる。
でも、実際に組んでみて分かったけど、テフロンスリーブの精度がちょっとアレw
先と手元の内径がおそらく0.05くらいサイズが違うw

それとCCMとノーマルノブのスリーブの内径も若干異なる可能性がある。
ちょっと困ったw

で、こっちにタイトに合わせる。

2015R0020699.jpg

あ、そうそう。
CCM用シャフトとノーマルのシャフトが依頼内容だったけど、
考えてみたら、持込のCCMノブは、依頼者様曰く、
「知人からのもらい物。VS用で、しっかり装着出来ない事から、
おそらくサイズ違いのVSの物だと思います。」って事らしいのだが、、
先日、調べて見た所、どうやらこのVS用で間違いなく、
テフロンスリーブだけが欠品の状態で譲られたかもしれない。

ちょっと前にCCMと合わせてみたでしょ?
あれ、一々サイズがピッタリなんですよね。
まぁサイズ違いのVS用って事ならそれもあり得る話なんだけど、
構造を紐解くと、どうやっても、先日試しに作ったスリーブだけで
問題なく装着できてしまう。

つまり、シャフトは兼用でOKで、要は、ノーマルシャフトと
スリーブを一つ創ればいいだけの話。


え? 長い?w
ぢゃヘッドを★

2015R0020700.jpg

次に先端をネジ切り。

2015R0020701.jpg

2015R0020702.jpg

面取り★

2015R0020703.jpg
2015R0020704.jpg

で、突っ切りで落してこんな感じ。

2015R0020705.jpg

あ、先日説明した裏止め構造は、進めて行くうちに理解出来ますので★

って事で、また次回。
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。