専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





いやぁ~ 『美味しんぼ』やってくれますね~w

まぁ、放射線に対する意識は、人それぞれなので、どうでもいいのですが、やっぱり全国誌でやらかすのは、現地の人は黙っていられないでしょうね~。
頑張ってる人はいい迷惑です。

さて、ベイルマウントスクリューですが、ラインローラー側のワッシャーから創ります。
だって反対側に使う予定の真鍮がないんだもんw
(ただ今手配中。)

あ、そうそう、このヘンテコなボルトも作れるか質問があったけど、結論から言うと作れます。

20140509R0020146.jpg


だけど面倒なので、33のを流用して下さいって事になりました(笑

所でここってM3なのね。
20140509R0020151.jpg


意外と普通ー。

って事で、外形から行きます。

20140509R0020154.jpg
20140509R0020155.jpg
20140509R0020157.jpg


加工的には超簡単なので説明は省きます。

20140509R0020158_20140512132222bd4.jpg
20140509R0020159.jpg


一応、使用予定のチタンボルトと同じ形のボルトで、頭の収まりを確認。

20140509R0020160.jpg

いいね!

でも、SUS6角穴付きだと少し出る。

20140509R0020161.jpg


まぁでもいいだろう。
ワッシャーの厚さを増すのも、不細工になりそうなんで、皿ネジ推奨って事で★
あ、もちろんブラスネジも画像のように使えますよ。
オマケで(忘れなかったら)何組か送りますね。

って事で、突っ切って、リューターで裏を面取りしてこんな感じ。

20140509R0020162.jpg
20140509R0020163.jpg
20140509R0020164.jpg
20140509R0020165.jpg


だけどスプリングの先端が干渉しないように溝を入れないとダメなんです。

20140509R0020152.jpg

20140509R0020153.jpg


これがまた面倒で…Orz

まぁスプリングを調整すれば溝は不要なのですが、一応入れますよ。

って事で、次回に★

スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。