専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





いやぁ~ ちょっと前にノーベル賞があったじゃないですか。

ノーベル物理学賞(でしたっけ?)の受賞者がヒッグス氏とは…w


ヒッグス粒子ってのは超超簡単に言うと、「現段階で明らかになってる
理論的な数式(標準理論)だと、この世の全ての物は質量がゼロ」って事になるので、「こんなのがあったら、辻褄が合うからいいよね?」ででっち上げた物。

仮説(と言うか条件説)に基づいて作り上げて、検証は後でね~!

ってヤツ。

でっちあげの勝利ですよ(爆



で、ノーベル賞繋がりであれなんですが、先日、コンラート・ローレンツ氏の
『ソロモンの指輪(動物行動学入門)』を読みました。
※コンラートローレンツ氏は動物行動学でノーベル賞を受賞した人。

そこに興味深い事が書いてあったので記事にしますね。

動物の行動を観察するために、稚魚をクチにふくんで育てる魚を飼ってて、
彼が空腹だったある日、稚魚をクチに入れたまま、
間違ってエサをクチに入れてしまった。
で、博士はどうするのかと思って見てたら、しばらく途方に暮れた表情で
フリーズしてたのですが、何かを思い付いたように、
一度、稚魚とエサを口から出してから、
自分の周りに稚魚がいるのを確認しつつエサを食べたらしい。


で、ここに気になったのですが、「魚は思考するか否か?」なんですよ。

先日、西湖でオイカワを使った実験を記事にしましたが、
あの時のバスを思い出す限り、私には「考えてる」ように思いました。
だけどダーウィンは「魚はバカだから思考しない」と言ってます。
(※『人類の起源参照』)
考えてるようであっても、それは本能的な判断で思考的なものとは異なると…。

もしダーウィンの説が正しいのなら、「渓魚は目がいい」とよく言われてる事も、
「しかし膨大な視覚情報から処理できる判断量は、バカだから僅か
(もしくは「逃げる」などの本能的なもの)。」に限られるわけです。
だがそれだとコンラートロレンツ氏の例は妙だ…。
そこには間違いなく「思考する時間」が存在する。
誤って稚魚のいるクチにエサを入れてしまった後の判断は
果たして「本能的判断」と言えるのか???

う~む…。

まぁ釣り人は魚を釣る事に腐心してますから、
「魚は頭がいい」って事にしないと、釣れなかったら
「あんな小さな脳みその動物よりアホ」ってなるので、
都合悪いでしょうけど、本当はどうなんでしょうか?????


う~む…。
スポンサーサイト






魚の種類にもよるかと思いますねぇ。。。
イルカ、クジラ、シャチ関係はお利口な感じですね。
一方、サンマとかアジとかおバカさんで且つ美味しいという感じでしょうかw

バスやギルは食べたくないですねぇ~w
【2013/10/22 23:45】 URL | まぼ #-[ 編集]
◆maboさん

えぇ~っと、イルカやクジラは…(笑
もしかして釣りですか?w

【2013/10/24 10:01】 URL | OHULS #-[ 編集]
あれだけスレるんですから、バスは賢いと思います。
そうでないと釣れない我々はどう良い訳すれば良いのやらトホホッorz

ここ数日の雨でますます釣れなくなった事でしょうねぇ>津久井

でもね、居場所さえ判れば案外簡単に釣れちゃうんですよ。
手順はこうです。
1)ワカサギの仕掛けとブクブク付きの小さいソフトバケツを用意する。
2)10~20匹くらいワカサギをキープ
3)魚探でボトムにてバスがへばりついている処を探す。以前良かったのは
 沼本のリバーチャネル(通称:泉さんポイント)
4)で、ムーチングします。バスが追っているのか
 ワカサギがビクビク逃げ回るのが手に伝わってくる。
5)グィーンと引いたらスィープに合わせましょう。
6)ルアーフィッシングとか抜きにして、魚とのやり取りを楽しむなら
 これが一番ですよ。

これでデカバス入れ食いっす! 11月はこれで乗り切りましょうw
12月は居場所が良く判らなくなりますので、水中カメラが必要かもw
一応神社跡のブレイクの下に津久井の昔の川筋が残っててそこが良かった事はありましたね。
某ページの写真の緑の部分、昔川だったとこですねー。
水位によってはもう20mオーバーになっちゃいますが。。
【2013/10/27 15:49】 URL | まぼ #-[ 編集]
◆maboさん

ムーチング!!!(爆

でも西湖で以前、パンを使ってクチボソを浮かして、
それに突っ込んでくるバスを狙ってる人を見ました。

ビミョ~w
【2013/10/28 14:50】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。