専門用語集


先日のアルマイトの失敗の原因を考えて見る。

まず、最初に考えられるのは通電に失敗した可能性。
だが、色が入らない所以外はキレイに染まってるので、
通電されてない事はないはず。
だとしたら脱脂の可能性もある。
でも、油が残っていたら通電しないのか?
開孔作業では小さな気泡が無数に出てくるのだが、
失敗したワークは問題なく、気泡が出ていた。
色の入ってない所から気泡が出ていたかまでは
確認して無いが…。

他の可能性としては、溶剤を落としきれていなかったか??


まぁいずれにせよ、最終工程のアルマイトで失敗ってのは、
正直言って自殺モンだが、再アルマイトが可能なので、
一度、染料を落としてから、再度アルマイトをかける事にする。
ジョイントの角度に合わせたカーボンプレートなどの都合もあるし、
作り直しはそれがダメだったらって事にしよう。

だが問題なのは、再アルマイトの場合、一度染料を落とすために
薬品に漬ける必要があるのだが、それだと僅かに小さくなる。
もちろん目視で確認できるレベルではないが、圧入予定の
プロテクトリングは、もしかしたらダメになる可能性がある。
これは作り直しを覚悟した上で、やるしかアルマイト★


と、その前に、私は修理加工屋なので、アルマイトなんぞ
更々極めたいと思っていないが、ムカついたので
間に合わせの道具ではなく、冶具などを用意して
本格的(?)に極める事にする。

って事で、色々、染まる条件や失敗する条件を割り出すために、
様々なパターンでアルマイトをかけてみる。
端材は腐るほどあるからな!


憶えてろよ!>アルマイト


って事でこんなのを創りました。

20130727R0018227.jpg
20130727R0018254.jpg
20130727R0018255.jpg


通電させてる時にガタ付かないようにするための物です。

一度これにセットすれば洗浄も封孔もこのまま移動★

あ~疲れた…。
一度にこんなにネジ切った事無いから…w
スポンサーサイト






脱脂不足ですと、点模様にはならないと思いますので通電不良
の線が高いと思いますよ。
チタンの治具なんかをずっと使っていると不動態化による点模様の
不良がでるようです。
【2013/07/29 19:36】 URL | チャーミー #-[ 編集]
◆チャーミー様

「脱脂が影響してるのか否か?」は、これから自分で検証します。

人づての情報は信じないタチなんですw
すみません。
【2013/07/30 12:08】 URL | OHULS #-[ 編集]
処理の具合が目に見えないものですから

なおさら自分で解決するのが一番ですね。。

私も釣り雑誌等の戯言は全く信じない人間なんでよく分かります!!


※実は私めっき処理勤務なんでちょっとした情報でした(笑)

【2013/07/30 17:36】 URL | チャーミー #-[ 編集]
◆チャーミーさま

>私も釣り雑誌等の戯言は全く信じない人間なんでよく分かります!!

おぉ! 
同士の方でしたか!
珍しい!w

>※実は私めっき処理勤務なんでちょっとした情報でした(笑)

なんとなんと!
正直「また釣り人の聞きかじりかよ~(苦笑」と思ってましたが、
本職の方とは、知らない事とは言え失礼しました。
(プロと聞いてコロっと態度を変えるw)
これからも色々教えて下さい。

時に脱脂ですが、私も通電には関係ないと思ってるのですが、
確証がないので、これはやっぱり自分で検証するしかないだろうと、思ってます。
なんせアルマイトの経験が浅いものですから…

なので、同じ現象が出るまで色々やってみます。
現段階で同現象を再現する要因はいつくか
考えてるので、脱脂はその中の1つに過ぎません。
封孔作業中に、接点がズレたら、色ムラになる事があるらしいので、
それも併せて検証する予定です。

実験あるのみ ですね★
【2013/07/30 18:56】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.