専門用語集


さて、今日は私のGW2日目だ。
って言っても2日しかないので、最終日でもある。

なのにカズチンがデイトナのケースの加工をしきにた。
もちろんやるのは私だが…。

事前に内容を伝えてもらった。

かず「ブログ見ると分かると思うけどさ~以下略」

読んだがサッパリ分からんw

で、結局持ち込みでやる事になったってわけ。

今回は文章で説明するのは難しいので省きますが、
平たく言うと、四つ爪を使った加工なので、超難しいのです。

って事で、早速ケースをみせてもらうも、
上下(フラッシュフィット)は対象なのだが左右が非対称。
あ、フラットフィッシュじゃなくてフラッシュフィットねw

時計のけーすの場合、リューズが付くので、基本的に左右対称って事はない。
それにフラッシュフィットがあるから、どうしても4爪になるのです。
これがまた面倒で…w

でも、それなりに経験があるから何とかなるだろう。

20130505DSC05175.jpg

最初にイイ感じに詰められるが、少し叩いたらズレてしまって、
中々修正が効かないw

ケースの裏から加工するのだが、なんせダイヤルゲージの
ポイントの置き場がなく悪戦苦闘する。

円の振れを無くしたいので、端面ではなく、
外径か内径にゲージのポイントを当てたい。
だが、爪があるので外径には当てる所が全くない。
つまり内径しかないのだが、なんせ、端面の水平を出すために
チャックの一番奥まで入れて掴んでるので、
クリアランスはごく僅かだ。
テコ式のダイヤルゲージがあると楽なのだが、まさか使う事は無いと思い、
普通のゲージを買ってしまったw

カズチン「ソコに当てればイイじゃん」…と
だからそこは端面なんだ、って説明しても、
分かったような分からないような反応…w

まぁ加工をしてない人には分かりにくいかも知れません。

20130505DSC05176.jpg

それにしても全くセンターが出ないよ…w
これ、ホントに真円なんだろうか??

20130505DSC05177.jpg

と、まぁ、騙し騙し調整して、いざ加工!

20130505DSC05182.jpg

オーダーは(カズチン目測で)0.5mm位、返し(ダイアルた止まる箇所)を
掘り下げろって内容。

一応、ソコソコの感触で仕上がる事は仕上がった。
(必死過ぎて画像なしw)

で、機械と合わせて見ると、なんと今度は入らないではないか!!

打越「チャックで掴んだ際に縮んだかも…w」
カズ「いやいやw それはないだろw ステンだぞ! ステン!」
打越「そうかな? じゃ試しに広げて見る?w」

20130505DSC05185.jpg

3爪で広げて見る…w

カズ「お! さっきより少しよくなってる気ががが!!」

みたいなアホっぽい試みをするも、やはり機会は入らず…w

結局、原因は分からないまま、この日は終了となった…Orz


後日カズチンから原因判明のメールが来た。
どうやら、他も加工し無いとダメらしい。
まぁ、次回はコテ式のダイヤルゲージで完璧に仕上げたいのだが、
安くても8000円するので考え中…w

テコ式のゲージを誰がくれぇぇええ!!
スポンサーサイト






続きの作業に入る前に別の作業が
待ってます。これをクリアーしないと
続きの作業をしても無駄になりますw
【2013/05/05 15:44】 URL | かずちん #bLNrjBuk[ 編集]
◆かず

言ってる事がよく分からんがよく分かった!
【2013/05/05 16:05】 URL | OHULS #-[ 編集]
それはさておき、あれだけ水位の
下がった河口湖をどう攻略するか
だよな。やっぱり沖にスプーンを
遠投して、さらにゴルゴ巻き?ww
【2013/05/05 18:46】 URL | かずちん #bLNrjBuk[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.