専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






禁漁間近だから釣りに行こうかと考え中だった木曜日。
明日行ったら大きな魚が釣れるかもしれない。
だけど、魚抜かれまくった川に行っても期待は薄い…
行こうか? 行くまいか??

…と思案中に、悪友からメール。

悪友「明日、悪女(福島出身の女友達)も誘って
東北に行って復興支援お買い物ツアー行かね?」 と来た。

それだ!!

何と車でノープラン弾丸日帰りツアーだ!
しかも悪友が車を出してくれると来た!
これは釣りなんかより面白そう。
それに被災地に金を落としてくれば、微力ながら復興の手伝いにもなるだろう。
悪女も「行くいく~~!」と二言返事。
この仲間達は前日だろうが当日だろうが、都合さえ合えば
「行くいく~!」なのですw


って事で、AM5時に集合し、一路東北へ!

悪友の車はアメ車のデカイやつ。
ランクルより一回りデカイ。
まさに走るリビング。
楽チンだ~!
ありがとね~!

なんせノープランだから、ドコに行くかも決まって無い。
道中、ギャースカ騒ぎながら「所でどこ行くの?」
「さぁ~…」 みたいな乗りで、北上w

途中、SAで作戦会議。
松島に行って、ランチして、あとはテキトーにって話で決まった。

仙台のインターで降りて、一路松島へ。

ここらへんは、震災の被害は少なかったようで、海に近づくも
あまり変化の無い牧歌的な風景が続く。

実は今回、震災の爪跡を記憶にとどめる事も必要だと思い、
衝撃的な風景も見る事になるだろうと、ある程度覚悟をしてた。
これは日本人として、心に留め置く必要があるのだ。
…と、頭では思っていた。

実は私は、被災者の気持ちをムリをしてまで理解するつもりはなかった。
それは、理解した気になると、それが驕りになり、実は物が見えて無いくせに
分かった風に思い上がりそうだからだ。
だから自分なりに理解をするも、言葉に出して「かわいそ~」とか
軽はずみな発言は絶対にしないと心に決めていた。
どうせ、東京でジャブジャブ電気を好き放題使って、
テレビみて「かわいそ~」とか言ってるヤツに、
被災者の気持ちなんて未来永劫分かるわけないのだ。
それは自分とて同じ事だと思っていた。

でも、心のどこかで分かった風に思ってた。
正確に言うと、そう思いたかったのかもしれない。



松島に対面する奥松島に行く事になった。
地名に”奥”が付くと、”玄人好みの”って言われてるみたいで
ついつい行って見たくなるのです。

近づくにつれ、見晴らしがよくなって来た。
いい景色だ~。

touhokutouhokuR0015994.jpg

でもよくよく見ると、そこかしこに、家の土台の形跡が…
いや、これは見晴らしがいいんじゃなくて、元は町だったのだ。

touhokutouhokuR0015985.jpg

瓦礫はキレイに片付けられてるので、視覚から入ってくる映像は
震災直後に較べたら比較にならないくらいソフトなものだろう。
瓦礫もなければ、亡骸もないわけだし。
だけど私は、そのキレイに均された野原からでさえも、
自分の予想を遥かに超える衝撃を受けた。

touhokutouhokuR0015995.jpg


touhokutouhokuR0015991.jpg


言葉も出ず、ただただ愕然とした。


建物などに残された痕跡から察するに、
この辺りの津波の高さは、おそらく3mくらいだろう。

touhokutouhokuR0015992.jpg


その程度でも、被害の爪跡は、見る者に自分の予想を超える
衝撃を与えるのだ。

花が手向けられた場所もある。
打ち捨てられたベビーベッドもある。

この場所で亡くなった命がどのくらいあったのだろうか?
自分を可愛がってくれた年寄りを残さざるを得なかった人もいただろう。
あと僅か、手が届かず、目の前で濁流に呑まれた自分の命よりも大切な命もあっただろう。
自分の判断ミスで、自分を除く全ての家族を失った人もいただろう。
そんな無念がまだココにあるんだと思った。

友達がいたから泣くのを必死に堪えた。

touhokutouhokuR0015997.jpg

カメラの回ってる前で、これ見よがしに泣く芸能人を見て
どこか覚めた目で観てた私だったが、さすがに泣けた。

正直な所、見ておくべきだと思ってたが、見たくなかった。
そんな事も心のどこかで思ってた。
見ないままで、分かった風な自分でいたかったんだろう。
だけど、見ておいてよかった。



皆さんも、機会あったら観ておく事を薦める。
原発を擁する福島に心無い言葉をぶつける人もいると聞くが、
これを観ても同じ事が言えるのか?
私はそんな風にも思えた。

そんな複雑な思いが交錯する日だった。


だけどおそらく、まだ自分は分かって無いのだろうと思う。

touhokutouhokuR0015993.jpg

スポンサーサイト







ボランティアのみなさん
いつもありがとう

ここで泣いた。
【2012/09/11 16:51】 URL | かずちん #bLNrjBuk[ 編集]
◆かず

何かね、身に詰まされるよ。
これでまだ被害の少ない方なんだからね。
20mの津波被害とかって想像も付かないね。
【2012/09/12 06:23】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


【2012/09/13 10:40】
【2012/09/15 23:19】
【2012/09/20 14:07】
【2012/09/21 12:52】
【2015/03/06 23:18】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。