専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





毎年の事ながら禁漁が近づくとオーダーが入る…w

これが終わったら、カーディナルのハンドルのオーダーが入ってる。

その後は、もしかしたら、大手術になるかもしれない修理依頼が…
これを受けたら、おそらく今年は付っきりになる可能性があるから
オーダーストップになるかもしれない…w
そのくらい大掛かりなオペになる。

やりたいようなやりたくないような…w


さて、先日のコイツ。

20110926R0015065.jpg

前回はグダグダなスリーブだったので、今回はマジで行きます。
なんせ、今のテフロンが無くなったら、手持ちがなくなるので、また注文しないといけない。
そんな意味で今回の依頼者様は、タイミングばっちりだったのですw

まぁ前置きはいいとして…

前回はノブの穴径が小さくて、どうしてもテフロンスリーブを入れる事が出来なかった。
だから、仕方なくノブの穴径を広げる事にする。

デフォの穴径は4.5mm。
ノブの一番細い所は8mm。
5.5mmまで穴を広げよう。

本当はもう少し穴径を広げ事が出来るのだが、樹脂の場合は薄くなると割れる可能性が高くなる。
衝撃が無くても、なぜか自然と割れてくる事がある。
なので、やっぱり穴を広げるなら最小限がいいのだ。


じゃ、フライスで…

ゴムで固定して穴位置を決める。

20110926R0015066.jpg

ワークが金属じゃなく、樹脂なので、下穴に沿って穴を明ける事が出来ない場合もある。
だから位置はしっかり決める。
樹脂の場合は、ずれたらズレた分だけずれますw

5.5mmのドリルで広げる。

20110926R0015067.jpg

いい感じ( ̄ー ̄)

次にスリーブの削りだし。

20110926R0015068.jpg

少しだけ圧入が効く外径にする必要があるので、慎重に進めますw

だってこれが無くなったら買いに行かないといけないし~…

20110926R0015070.jpg

現物と合わせながら、最後の微調整は紙やすり。

20110926R0015071.jpg

完璧★

20110926R0015072.jpg

厚さもいいですね。

長さを合わせる。

20110926R0015073.jpg

実装。

あれ?w

クルクル回らない…w

実はシャフト径4.25mmに対してスリーブ径が4.5mm。
ガタが気になるって事で持ち込まれたんだから、ドぴったりにしようと思ってシビアになりすぎた…w
数値的には大丈夫なはずなんだけど、それは数値だけの話し。
少し抵抗がある…

リューターでスリーブ側を削ってみる…

20110926R0015074.jpg

う~む…

やっぱり少し納得できないな。

でもスリーブの内側を削るいいアイディアが無い…w
シャフト側は寿命が短くなる事になるので死んでも削れない。



さてさて…

ここまで来たら合格は間違いないんだけど、それでもやっぱりアレだ… あれ…w


ちょっと考えますね。
何か方法があるはずなんだけど…
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。