専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





さて…

今日は久し振りに釣り具の話し★

って言っても、さして珍しくないルアーの修理の話しです。


私はたまに、知り合いのM氏からルアーを頂くのですが、それに同梱されて壊れたミノーも
よく頂きます。

何故直さないんですか? と聞くと、やり方がイマイチ分からない…とか…

そりゃそうだ。
ハンドメをしてる人ならさして難しい事は無いだろうけど、その経験が全く無い人は
取っ付きにくいかも知れない。

って事で、今日はルアーの修理を紹介しましょう。
もちろんサルでも出来ますw
まぁ、修理くらい自分で出来る方から言わせると、面白くも何とも無い内容ですが、
これからはじめようと思ってる方のために、是非参考にして下さい★


って事で、送られてきたのがコレ↓

20110907DSC03337.jpg

リップ折れですね。
あるあるw

ちなみに皆さんはリップが折れたミノーはどうしてますか?
やっぱり廃棄ですか?
でも一つ15oo円するんですよ… 1cm300円ですよw
リップが折れるたびに買ってたら、メーカーのライフライナーって呼ばれちゃいますよ(爆

ではオペを…w

20110907DSC03339.jpg


まず、リップの折れた痕をキレイにします。

20110907DSC03341.jpg

ニッパーやらカッターやらで、あらかた平らに出来たらそれでOK。

20110907DSC03342.jpg
20110907DSC03343.jpg

次にリップを入れる溝を入れます。

用意するのはコレ★

20110907DSC03344.jpg

鉄ノコです。
別に柄なんて付いてなくてOKです。
刃だけなら300円も出せば買えます。

こいつを、初めに付いてたであろうリップの角度と同じような角度で切り込みを入れます。

20110907R0015016.jpg

この角度は少しずれたりしても、あまり関係ありません。

実際にコレもずれてます。

20110907R0015020.jpg

ですが、これはアイチューンで修正できますので、あまり神経質にならなくてもいいと思います。

例えばこれを観てください。

20110907R0015021.jpg

少し左にずれています。
これは出荷前にスイムテストをして調整してるって事です。
つまり、インジェクションのルアーでも、調整なしに真っ直ぐ泳ぐルアーなんて本当は無いんです。
メーカーが必ず調整してるモンなんですね。
ですから、調整する事を前提に考えれば、リップ位置は過度に神経質になる必要は無いって事です。
まぁピッタリ着ける事が出来ればそれに越した事はないですけどねw

次にサーキットボードの1mmを用意してください。

20110907R0015019.jpg

工作挟みで適当な形に切り出します。

20110907R0015022.jpg

普通の鋏でも大丈夫かもしれません…w

ちょっと前からサーキットボードが出て来て、ルアーの修理が格段とやりやすくなりました。
…と言うのも、今までは1.5~2mmくらいのポリカーボネイトだったので、ルアーにリップの溝を入れるのが
面倒でしたが、1mmのサーキットボードだと、鉄ノコの厚さと同じなのです。

20110907R0015023.jpg

とまぁ、そんな感じでヤスリなんかで形を整えてと…

20110907R0015024.jpg

次は接着剤です。

これがミソ!

ハンドメイドルアーに使われてる接着剤は、色々ありますが、これを使ってください。

20110907R0015025.jpg

これはタダのエポキシではありません。
軟性なんです。(タダのエポキシか…w)

接着剤って言うのは硬性と軟性があって、硬性はそれこそガラスみたいにカチカチに硬くなるタイプで、
軟性は、少し動く程度の柔らかさがあります。

硬性を使ってる人は結構いるのですが、これだと硬すぎてリップが取れる事がよくあります。
なので、ミノーには軟性が向いているんです。
これだとそんじょそこらの衝撃でリップが取れるなんて事はありません。

ただ~… この接着剤の問題な所は、透明じゃないって事ですw
乾燥すると白くなるので、見た目はあまりよくないんですよねw
ですが、実釣を考えると、やっぱり軟性なんです。
ミノーの修理をする人は、画像と全く同じエポキシである必要は無いですが、
軟性をお勧めします★

で、ミノーにマスキングをして~

20110907R0015026.jpg
20110907R0015027.jpg

つま楊枝で多めに盛って下さい。

20110907R0015029.jpg

マスキングは必ずしも必要と言うわけではありませんが、接着剤で防水も兼ねないといけませんので
どうしても多めになってしまいます。
そうなると”プニ”って端から出てきますので、やっぱりキレイに仕上げるならやった方がいいかも知れません。


それと、もう一つポイントが…

ここ↓

20110907R0015030.jpg

ここは多めにコンモリと盛ってください。
乾燥すると接着剤が痩せるので、”プニ”って膨らんでる位の方がいいです。

で、接着剤が乾いたら完成★

20110907R0015032.jpg
20110907R0015033.jpg

まぁ、記事だと面倒に見えるかもしれませんが、要は鉄ノコで溝入れてリップ入れるだけですw

あとは、スイムテストを現場でやればカンペキです。
このルアーのスイムテストはそちらでお願いしますw
ほんの少し動かしただけで、大きく泳ぐ方向が変わりますので、気を付けて下さいねw
何も気を付ける事なんてないけど…(´,_ゝ`)
それと、ラインに結んだままアイチューンすると、ラインを傷つけた事に気付かずに、
投げたらすっ飛んで行った… なんて事がたまにあるので、ラインをよけながら
プライヤーを使って下さいね。
これ、ハンドメしてる人なら、一度は経験してるはずw

あ、アイチューン、ここで説明しなくても大丈夫ですよね?w


これであたなの財布も大助かり★

修理に必要な物は、接着剤と鉄ノコとカッターとサーキットボードだけです。
工作鋏は買ってもいいですが、1000円くらいしますので、他の物で代用してもいいかも。
でも、全部揃えてもおそらく新品エゾ位の値段ですからねw

でもこのエゾ…

ちょっとリップの角度がディープ設定になってしまったような…

20110907R0015031.jpg

俺のじゃないからいいかw
スポンサーサイト






ここで、クニペックスの出番ですね(爆)>アイチューン
【2011/09/07 18:58】 URL | タリモ #-[ 編集]
◆タリモ様

クリネックス?w
【2011/09/07 20:34】 URL | OHULS #-[ 編集]
ヒジョーに参考となりました。サーキットボードにすることによって水のキレが良くなりオリジナルな泳ぎになりそうだし・・・
【2011/09/07 22:15】 URL | jinjin #-[ 編集]
◆jinjin様

参考にして頂けましたか★
そう言って頂けると嬉しいですw

リップの厚さが薄くなって、おっしゃる通り、もしかししたら
水噛みはよくなるかも知れません。
微々たる物だと思いますが…
ただ、リップが折れただけで15oo円のルアーが廃棄処分になるのは
やっぱりもったいないですよねw
それに、リップ角度をあえて変えて見るのも面白いかもしれません。
そしていずれハンドメにと…w
【2011/09/08 08:52】 URL | OHULS #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。