専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ロックの『寛容の書簡』とヒュームの『人性論』を読みました。

去年の秋から、自分の頭が悪くなってるのに危機感を抱いて、
秋の読書強化週間から、今までズーっと本を読んできた…
いつまで続くのか、私の読書強化週間…w


さて、まづはロックの『寛容の書簡』ですが、簡単に言うと、
異教徒を弾圧したらいけません! ってのが延々と書いてある。
ロックはクリスチャンなので当然、キリスト教以外は異教徒になるわけです。
当時、宗教間での弾圧などが横行していた事から、この本を書いたのではないでしょうか…

まぁでもここで感想をあげるような内容ではありませんでした。
相手が異教徒でも暴力はダメよ~ って言ってるだけなんでw
ノルウェーの無差別殺人事件の犯人が、この本を読んでたらね~…


それとヒュームの『人性論』なのですが、これは基本的にロックの『人間知性論』と内容は同じです。
イギリス古典哲学の経験論者としての代表格が、ロックとヒュームなので
内容的にも似た感じになるのは当たり前ですね。
なので細々感想をあげる事はしません。
ただ、もしかしたら両者の主張が異なる部分もあって、私がそれを読み取れなかった…って可能性もありますw
そのくらい哲学の本は、ムダに難解なんですw
私の理解力もあると思いますが…

まぁこれで一応、デカルトを中心とする大陸主義哲学と、
ロックを中心とする経験論哲学の本を読み終えてはみましたが、
正直言って両者の明確な違いがよく分かりません(爆
私がアホだからだろうか…w

ウィキペディアでダイジェスト版みたいな説明を読んで、
「あ~ そう言えばそうだったっけ???w」みたいな感じですw

まぁいいかw




時に、ここ最近話題になってるマイケル・サンデル氏って知ってます?
『これから正義の話しをしよう』って本が話題になってますよね?
専行は政治哲学らしいのですが、早稲田だったか東大だったかで
サンデル氏の講義が無料で行われてますよね?
当然、ここのブログを観てる方は知ってると思いますw

で、この講義か本を読んだ方っていますか?
いたら感想をお聞きしたいのですが…

え?
最近読んだ本はGijieだけ?


あ~……… そうですか…
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。