専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





暫くの間、電力供給はままならないのは分かってます。

だとすると、当然どこかで電力を賄う必要があると思うんだけど、そう考えるよりも、この際人間のライフスタイルを変えた方が手っ取り早いし地球にもいいんじゃないかと思うんですがどうでしょう?w

・・・とまぁ、そんな事を考える余裕すら無いのがノッピキならない今の原発でしょうw

さてさて、今日はどこまで進んだか忘れてしまったV-SIDEです。

モールドは出来上がってますので、テスト的にワイヤーに射こんでみます★

20110329R0014445.jpg

20110329R0014446.jpg


はいこんな感じ。


20110329R0014447.jpg

いいです!

でも、アルミって放熱スピードが速いから、モールドをコンロで熱してからじゃないと湯口で固まってしまうんですよねw
やった人だけ分かるこの苦労w

でパチンとやってこんな感じ!

20110329R0014448.jpg

カンペキだ!!

20110329R0014449.jpg

でもちょっとコレ、軽いかも・・・
1.4gくらいしかないんだよな~
でも、あまり太くすると、側面がV字だけにちょっと問題が生じそうな感じw
まぁでも、本来であればV-SIDEの特徴が生かされるのはフローティングなんですよね。
ただ、シンキングでもカウントダウンしなけりゃいいだけの話しなんで、やっぱりシンキングの方がいいようか気がしないでも無いような気がするw
まぁこれで一回創って観ましょう。
ダメならモールドを広げればいいだけの話しだし、上手く行けばコレでフローティングのワイヤーを30本くらい作った後にシンキングのモールドに創りかえれば2タイプのワイヤーが用意できるわけ。

よし!
次は実際にコイツで組んでみよう★
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。