専門用語集


さて、殆ど仕上がったから仮組みをしてみるとする。

KK-ZEROの時もそうだったが、ピックアップピンの反応が悪い時がある。
けど経験済みなので今度は大丈夫だと確信してるが、それでもやり直しになると
殺傷能力が高いので、傷を最小限に留めるためにも仮組みは必要なのです。

って事で開始★

20141127R0020562.jpg

ってか、組めないんですけど…(爆

まぁ500は暫く触ってなかったから仕方ないかw
(それでリール屋か!)

で、展開図を見ながらアレコレ…。

そう言えばカップ周りとか超面倒くさいのを思い出したw
でもKK-ZEROの時に500専用で作ったE-リングセッターがあったのだ!

20141127R0020563.jpg

超楽w
外すのは簡単だけどハメるのって、失敗するとすっ飛んで行きますからね!w

ちなみにココを理解するのに30分以上かかったw

20141127R0020564.jpg

所で殆ど乾式なんだけど、ワケがあるのだろうか?
リール好きが私みたいな乾式マニアなわけがないと思うが…w
まぁ、面倒だが気になる所が色々あるので、組んだ後に再度バラして
アチコチ磨いてみますよ。
巻き抵抗がただでさえアホみたいに思いリールなので、
少しでも研磨して軽くしたいからね。

って事で仮組みしてテスト★

20141127R0020565.jpg

( ̄ー ̄)完璧。

まだテフロンスリーブ入れてないからガタつくけど、
ピンは軽快に動く。
コレ大事。

ってかコレが全て!w

ちなみにこの段階でKK-ZEROと5gしか変わらないです。

あとはスリーブ入れてアルマイトかけて終了~。
あ、でももうちょっと、前回のとか違った所を軽量化してみようかと思案中。
可能はどうかはやってみないと分からないけど、まぁ大丈夫だろう。

俺のじゃないし(爆
スポンサーサイト





今日はスプールのバリ取り。

ここを手を抜くと、とんでもない事になる。
一抹の不安ところか、1ミクロンの不安もあってはならないのです。

え? 他は手を抜いてるのかって?
まぁそれはゴニョゴニョ…。

って事で、今日はリューターが火を噴くまでやりきるぞと!

20141119R0020521.jpg

まだこんな感じ。

20141119R0020522.jpg

爪を当ててコスってみるか、ティッシュで撫でて見るとすぐに角が立った所が分かる。
まぁ現段階でもさほど気になる所はないんだけどね。

って事で、1時間くらいリューター&コンパウンドでやり続けて出来たのがコレだ!!

20141119R0020523.jpg

引きだと見えないw

アップでコレ!

20141119R0020524.jpg
20141119R0020525.jpg

もちろんスプール軸の穴もやりました。

20141119R0020526.jpg

完璧( ̄ー ̄)

いつもこのレベルの依頼をやってると思うのですが、
依頼者が料金を踏み倒してくれないかな…と…w

そうすれば、その代わりにこのリールを自分の物に出来るのに…w。





いよいよスプールも大詰め!

だが今回は手作業でやるしかない。

20141118R0020516.jpg

並を打ってる箇所もあるから、そこも馴らす必要がある。

20141118R0020517.jpg


まぁラインに傷が付かない限り、本当言うと必要なんてないんだけどw
でも画的に美しく無いので、やっぱりやりましょう。

って事で、リューターが火を噴きそうになるまで、ひたすら面取り。

で、こんな感じ★

20141118R0020518.jpg
20141118R0020520.jpg

これからさらに、コンパウンドでキレイにして行きます!
このパーツは、1ミクロンのバリがあっても許されないので、
10倍曝写用ルーペで詳細までチェックする必要がある!

まぁレントゲン撮影に使ってたってだけで、普通のルーペなんだけどねw

って事で、また次回!





さて、いよいよスプール裏の肉抜きです。

20141118R0020505.jpg

今回はKK-ZEROを上回るスプールの軽量化をしてみせます。
ZEROは穴あけだったから、今回は限界まで行きますよ!

って事で、マーキング。

20141118R0020506.jpg

3爪で掴む。

20141118R0020508.jpg

爪に当たる部分が丁度いい感じになってます。
こう見えても一応計算してますw

って事でSD(以降、面倒なのでセンタードリルの略としますw)マーキングの後、
3mmミルで焦らず、ゆっくり削っていきます。

20141118R0020510.jpg


て、言うか、RT(ロータリーテーブル)って少し動くから、
ワークがガタ付かないように、ゆっくり動かすしかないのです。

で、こんな感じ。

20141118R0020512.jpg

いやぁ~、時間かかったw

計量しますか!

20141118R0020514.jpg

お! 13.9gのKK-ZEROより断然軽いぞ!!

やったね!w

さて、次は、手作業(リューター)での面取りだ!
手間との勝負!

それにしても、まさしくF-1!

20141118R0020515.jpg





さて、次は先日までテキトーな形でスプール前端面だったのを
今度は3mmエンドミルで成形します。
見た目大事だしね★

って事で開始!

20141112R0020501.jpg

細いミルって結構シビれるんですよねw
送りが早いと折れるし…。
まぁ3mmあれば折れる事はあまりないけど、
これが1mmとかだったらブン回さないと簡単に折れます。(経験者)

この手のラインて結構難しくて、テーブルでグルグル回せばいいってもんじゃない。
最後の直線ラインが片方に合わせると、もう一方が(この場合だとマーキング用の
テープの太さの分だけ角度がズレるから)直線じゃなくなるのです。

20141112R0020502.jpg

え? 言ってる事が分からない?

俺もー★

って事でこんか感じ。

20141112R0020503.jpg

いいね!

通常だったら太目のエンドミルでグルグル回せばいいんだけど、
少しでも軽量化したいから、最後は細いミルで詰めていった。

だけど8mmビデオのテープとか巻いてあるアレみたいw
しかし、分かるヤツには分かるコダわり★
KK-ZEROに並ぶか超えるには、ここまでしないとダメなのです。

次は裏だ!。






さて、次は端面だ(平面?)



まず前に来る部分を3分割して軽量化する部分をマーキング。



ロータリーテーブルでやってみた。
次に12mm幅のマスキングテープを使ってこれまたマーキング★
(目検討かよ!w)



で、フライス&ロータリーテーブル&センタードリルでこれまたマーキング。

そしたら6mmミルで大まかに削っていきます。




で、こんな感じ★



大雑把に見ればまぁまぁだけど、これから更に、3mmエンドミルで限界まで削っていきます。
見た目を整えるって事もあるけどね。

それは次回に★





さて、次はこいつの軽量化だ。



旋盤だったりフライスだったり忙しいw



一応CADってちょうどいい穴径を調べました。

って事でセンタードリルでスタート★



しかも、面取りもセンタードリルで行っちゃいますw

って事で、今回の加工で一番簡単であろう、スプール軸の穴明け完了★

いいでしょ?






先日最終章だと言ったけど、一つ忘れてたことがあったw

BBが入る予定の先端の加工ね。

って事で、今度はVブロックで掴んで加工です。

20141110R0020479.jpg

センターをピッタリ合わせて~

ってか、加工の順番間違えたよね?
まいっかw

って事で、10mm穴を明けます。

20141110R0020480.jpg

で、最終的に出来上がったのがコレ。
(前回も同じの見せたろ…って突っ込みはなしw)

20141110R0020481.jpg
20141110R0020482.jpg

じゃ、ちょっくらウェイトを測って見ましょうか。

コイツが~…

20141110R0020483.jpg

こうだ!

20141110R0020484.jpg

-14.8g!(ドヤァ!

このパーツだけ見たら驚異的★
でもまぁ、総合的な軽量化なんで、ここだけ驚異的でも意味が無いのですw

って事でハブは今度こそ完成。

次はスプールかぁ~!

な?





さて、長らく放置してました。
色々あって、取り掛かれませんでした。

さて、何をどこまでやったか覚えてないので、
工房に入って、おそらく旋盤かフライスにセットされてるであろう
ワークを見る。
それで思い出すだろw

って事で、ハブだった。

先端をノーマルに合わせてカットするんだ。
まぁこの形状だったらVブロックだろう。

あ。

20141107R0020470.jpg


先端が出ない…w

じゃ直でいいだろう。
応力を考えると直でも何とかなるはずだ。

って事で、先端を3.1mmカット。

20141107R0020471.jpg

20141107R0020472.jpg

私くらいになると、円形にヘッドを勘で動かせますからね!

次にピックアップピンを跳ね上げるアレね。

20141107R0020474.jpg

大丈夫か? これ?w

20141107R0020475.jpg

大丈夫なはずなんだけどな~w

で、外したのがコレ。

20141107R0020476.jpg

ヤスリとリューターで面取りしてこんな感じ!(ドヤァ!

20141107R0020478.jpg

パーツクリーナーで掃除して無いからイマイチ汚れてるけど、
実物は完璧です。
もう絶対の自信があるので合わせる必要も無いですね。(フラグではない)

これが出来たら殆ど完成したようなものですよ。(これもフラグではない)

さて、次は何を軽量化しようかな。

まぁ決まってるんだけどねw






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.