専門用語集


ほら、先日ロッドビルディングの話をしたじゃないですか。

で、少し調べたんです。
どうせなら、アンタレスのロープロを最大限に生かしたロッドの方がイイじゃないですか。
ネタ的にもw
で、ロープロを生かすのは、やっぱりガングリップになるんですよ。

で、以前画像に揚げたセッティングをしてみたんですけどね…。

20141028R0020464.jpg
20141028R0020466.jpg

どうやらラインが干渉しそうなんです。

って言うか、この手のグリップにアンタレスがついてたらウケません?w
そんなロッドで渓流の堰や本流を釣ってたら
「あのバスソのタックル痛いwwwwwww」とか言われそうで面白く無いですか?w

でも、ガイドを、ロープロのリールのレベルワインダーの高さに合わせる事が出来たら
本当の意味で機能的だと思うんですよね。
なんせ極小ガイドをブランクに這わせる位まで低く出来るし。

結局ブランクスルーって、レベルワインダーよりガイドが圧倒的に低くなるから、
ロープロリールの性能なんて生かせてないじゃないですか。
まぁ多少はあるとしても…。
そんなこんなで、ガングリップタイプのグリップにアンタレスって事になりましたw
画的にも面白いしねw

え? ブランクスルーじゃないと感度悪いって?
それって本当なんですかね?w
どうせメーカーの刷り込みでしょw
(自分で徹底的に検証しないと何も信じないタイプ)

って事で、手持ちのガングリップに合わせてみたけど、
装着すら出来ないのばかり。

20141028R0020468.jpg

DAIWAタイプも試したけど、どうもイマイチ。

20141028R0020467.jpg

そもそもブランクスルーのグリップはダメだし…。
DAIWAタイプを加工してオフセットグリップにしようかとも思ったけど、
構造的に難しいので、オイソレと出来るものでは無いぞと。

で、ヤフオクで探してもヨサゲなのがない。

う~む…。
誰かアンタレスが付くガングリップ持って無いだろうか?

ねぇーよ、そんなのw

だが諦めません!

そんなこんなで500を急がねばならない理由が出来ました。
次の解禁には間に合わせないとね★
スポンサーサイト





ほら、私ってモンスタートラウターじゃないですか。

えぇ、えぇ、そうなんですよ。

で、この時期と言えば紅葉狩り兼、本栖モンスタートラウトじゃないですか。

って事で行って来ました。

20141027DSC_0807.jpg
20141027DSC_0808.jpg

20141027DSC_0814.jpg


やっぱり富士五湖の中でも本栖湖は別格ですね。
迫力が違います。

本当はこの時期、芦ノ湖も考えたのですが、500clubのみなさんも本栖湖で釣れてる事だし、
カズチンを連れて、行ってみようと言うことに…。

まぁみなさんも釣れてるし、何とかなるだろうと、
例によって昼に現地入りして、河口湖湖畔でランチして、
昼マズメスタートですよ!

20141027DSC_0810.jpg

メジャーなポイントをいくつか見て回っるも…

20141027DSC_0811.jpg

全く反応なしw
もうね、全くもって反応ないんですw

で、3時頃からのスタートなので、ソッコーで夕マズメに突入するわけですw
なので、状況なんて分からないまま、ベタ足インファイトの場所を決めざるを得ないわけでw

って事で、NOBさん達がインファイトしたポイントに決める!

ココしかないだろう!
(後でNOBさんのサイトをチェックしたら、どうもココじゃなかったような…w)

20141027DSC_0816.jpg
20141027DSC_0817.jpg
20141027DSC_0819.jpg

だが、全く反応なしw
でも釣り人は、平日にも関わらず、やたらと多いんです。
まぁそれだけ釣れるって事なんでしょう。

でも釣れない。
ウグイくらい釣れろよw

20141027DSC_0822.jpg

しっかし、湖の釣行記って、魚の画がないと持たないですよねw
同じ風景みたいなのばかりで…。

って事で、何もなく淡白に終了~~~~~~~~。

水温計ったら17度だった。
10月下旬なのに結構あるのね。

カズチン曰く、17度だと高すぎてダメらしいが、
調べたら18度くらいまでは適温らしいので、単なる言い訳にしかならないって言うw

帰りに高円寺で反省会がてら飲んだのだが、
そこで、これから毎月、モンスターレインボーもしくはモンスターブラウンを釣るまで
通い続ける事にした!

名付けて、『本栖モンスタートラウトプロジェクト』です!

あ、ちなみにモンスタートラウトの定義は、マス60cmアップね。

いつになる事やらw





ホラ、結局、今年はマトモに渓流釣りしなかったじゃないですか。
かと言って、次期もしようと思ってませんけどねw
でも堰を重点的に攻めてみたいので、何とかハンターみたいな事を言ってたでしょ?

そこで考えて見たんだけど、やっぱり堰の大岩魚をターゲットに想定しても
カワスペは硬過ぎるんですよね。
そりゃ当たり前だろっちゅー…。
それ以前に堰でマトモに釣れてませんけどねw

で、アンタレスDC7で堰フィッシングするにあたり、
小さな魚でも気持ちよく曲がるロッドを探したんですが、
またこれが無くて…w
って事で、次期シーズンを迎えるまでに、ロッドを創ろうかと思ってます。
久し振りのロッドビルディングネタ。

それ以前に「小さな魚でも曲がる」とか言って、大岩魚が小魚になってますけどねw
来期はそのロングロッド(遠投厨なのであくまでロングロッド)で、
本流と堰を攻めてみようかなと★

山岳渓流飽きたしw

って事で、今日は少ししか進んでいません。

今回はハブのあの部分です。

20141023R0020455.jpg
20141023R0020456.jpg

しっかり締め込めないと、高さ調整が出来ないのです。

20141023R0020458.jpg

って事で例によって現物合わせ。

20141023R0020460.jpg

ココからは勘で勝負ですよ!

って、え?w





それにしても野党は他にやる事ないんですかね?w


って事で、今日は例のアレを切り落とします。

まぁ突っ切りで落とすだけだから、ブログに揚げる事もないんだけどね。

と、その前に、旋盤に戻して、テフロンワッシャーが入る箇所を創ります。

しかし、いつまで旋盤で掴んだままなんだw

20141016R0020436.jpg
20141016R0020437.jpg

で、突っ切りの登場★

20141016R0020438.jpg

久し振りにチャックから離れました。

20141016R0020439.jpg

カッコイイ…(σ゚∀゚)σ

20141016R0020440.jpg

で、リューターで面取りして完了。

20141016R0020454.jpg

完成ではないけどね。

さて、いよいよ現物合わせの微調整だ。
これでアウトならやり直しw

あ、前振りではないですから。
本当にマジで今度ばかりはやめて下さいねw

え? 所でノーマルハブに入ってる溝は要らないのかって?
あんなのいりませんw





さて、今回はいよいよエンドミルの登場。

って事で行きますか。

20141008R0020429.jpg

エンドミルは小さければ小さいほどブン回した方がいい。
その方が1回転に削られる量が少ないので、その結果、キレイに、そしてラインが歪まずに済む。

まぁ、そんな事はいいかw

って事で、面倒だけど少しづつ進める。20141008R0020430.jpg
20141008R0020431_201410100802415c3.jpg

で、出来上がったのがコレ!

20141008R0020432_2014101008024410b.jpg

マジでカッコいいぞw これw
これにアルマイトかけたらどうなるんだ…。
依頼者様は何色を指定するんだろうか?????

紫とか?w
グリーンとか?

あ、ピンクとかいいかも。
アレっぽくて(爆





さて、図面での確認も済んだ事だし、行きますか!

って事で、ロータリーテーブル登場★

20141008R0020417.jpg

画的にカッコイイw

で、72度ピッチなので、ハンドルの回転から出そうと思ったけど、
メモリが記してあるので、面倒だからコッチでピッチを合わせる事にした。
ってか、メモリ振ってあるのねw

20141008R0020418.jpg

で、センタードリルで穴位置だけマーキング。

20141008R0020419.jpg
20141008R0020420.jpg

次にドリルで下穴。

20141008R0020425.jpg

こなった。

20141008R0020426.jpg

20141008R0020428.jpg


しっかし、メンドくせーw
これ、時間かけて肉抜きしても、おそらく2gくらいなんだよw
どんだけ手間かかっとんねんw

でもコレ、出来上がってアルマイトかけたら超絶にカッコいいパーツになるだろうな…。
依頼人が金を払わなかったら私物にしたいんですけどw





いやぁ~、残暑も納まって、工房の仕事がはかどる季節になりました。

って事で、今日はハブの肉抜き!

KK-ZEROの時はハブの肉抜きをしなかった。
でも今回は、お任せコースなので、前にも言ったように
むしろ手が抜けないw

って事で、トコトンやります!

まずは図面に起こして、ピッチと穴径を決める。

自分のだったらテキトーに進めちゃうけど、こればかりは依頼品だからね!

で、色々当てはめてみた所、こうなった。

pich72_02.jpg

72度ピッチのM3で5箇所。

この手のデザインは奇数がカッコイイんです。
って、大迫師匠(旋盤の師匠)が言ってた。
確かにタックルとかもそうかもだ。

pich72.jpg

でも、M3って結構アレじゃね?w





最近は涼しくなってきたので作業がしやすくなりました。
あ、みなさんこんにちわ。
リール修理屋のOHULS打越です。

知ってるか。

さて、今日はセンターの穴あけです。
ここは別に難しい所ではないので、サクッと進めます。

センタードリルから毎度の光景★

20140930R0020408.jpg


小さな穴から大きな穴へ!

20140930R0020409.jpg
20140930R0020410.jpg

と言っても両端にテフロン(もしくはジュラコン)ワッシャーが入る箇所以外は
バカ穴だから神経遣うこと無いんですけどねw

って事でこんな感じ。

20140930R0020412.jpg

いいですね。

次はワッシャー部分ですね。





お笑い政治ブログのウチとしては、政治ネタをチョイチョイ入れたいのですが、
最近ネタにして面白い話もないし…。

話題のヘイトスピーチのネタでも行きます?

まぁ簡単に言うと、ヘイト規制は、憲法で保障されてる
基本的人権の中枢をなす「表現の自由」とカブる箇所があるから、
内容規制は難しいかと思います。
条件規制なら可能でしょうけどね。

え?
いいからリール進めろって?

そうですかそうですか★

って事で、今日はねじ切り。

久し振りだけど、ここの古くからの常連さんは
何度も見た事があると思います。

20140929R0020400.jpg

まずはツールポストを… 何て言ったっけ?
下でグルグル回るあれ???w

まぁいいやw
それに固定して、少しづつ進めていきます。

20140929R0020401.jpg

ダイアルをセットして、0.02mmづつですね。
私は。

20140929R0020402.jpg

それにしても逃げ溝なんだけど、先日手を入れたバイトがギリギリ。
コンマ2とかのクリアランスとかじゃないかな?
目検討だけどねw

って事で、出来上がったのがコレ。

20140929R0020405.jpg

まぁまぁキレイに切れたと思います。

こんな感じ★

20140929R0020404.jpg

いいね!

ハブはあと少し!
これが出来上がったら半分終わったも同然。(まだ半分かよ!w)






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.