専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





さて、長らくお待たせしました。
準備は全て整いました。

って事で、取り敢えず失敗してもいいから、まずはやってみましょう!


まず。先日入手したA5052が長いので、切り出します。

20140115R0019968.jpg


これだけで結構ホネw(5台分くらいあります。時間があったら自分のもやってみようかな。)

次にケガキコンパスで井桁にマーキング。

20140130R0019972.jpg

次にポンチング。

20140130R0019974.jpg

一発で完璧★

計器でセンター出すより私はこの方が得意。

でもって、逆爪登場。

20140130R0019975.jpg

30Φは掴めなかったw

でもって突っ切りで落とします。

20140130R0019976.jpg

20140130R0019977.jpg
20140130R0019980.jpg

落としたら平面を出します。

20140130R0019981.jpg
20140130R0019983.jpg

今回、リール側にハメてセンターを出すので、ここら辺はきっちり出さないとダメです。

次にマーキング。

20140130R0019985.jpg

外径。

20140130R0019986.jpg


長くなるのでまた次に★

サクサク行きますよ~!
(※出来るならw)
スポンサーサイト





つい先日から親との同居がスタートしました。

そんなもんで、アチコチとっ散らかってたので、
掃除に暇(いとま)が無いんです。
また放置してすみませんw

ちなみに私が料理担当って言う・・・w
もっと言うと、私は毎日嫁に朝食を作ってます。
そしてそのメニューは殆どカブらないんです。

まぁ料理が好きなので思いついたモノを嫁に食べさせて実験してるってのもあるんですけどねw

え?
リールの話?

あぁ、

20140115R0019968.jpg

A5052は届きました。
そろそろ工房の掃除も済みましたのでスタートします。(何度同じ事言ってるんだw)

次から実加工です。

あ~ちょいなちょいな。





さて、久し振りにやりましょうかね★

20140115R0019944.jpg

久しく旋盤を動かしてないから大丈夫かな~?
そもそも使い方憶えてるかな~???
それ以前に旋盤動くのかな~???

まぁ何とかなるでしょw


さて、まずは塩害に強い30ΦのA5052をですね・・・

5052をですね・・・

あれ?


な!! ないよ!(爆
手持ちの30Φがないよ!!!
これじゃカズチンの『ダメな日』だよ!!



って事で、コッソー入手しますw

何も上げる事が出来ずにサーセン(σ゚∀゚)σ





ずーーーーーーーっと放置してたから、アクセスが少ない事少ない事w
まぁ別に有名になりたいわけじゃないのでイイんですけどね★
忙しくなるのも何だし。


さて、先日のマウントなんですが、クリアランスが確保できないので、
要は(もったいぶったけど)位置をズラせばいいだけの話なんですよw

って事で、色々イジって最終的にこんな形になりました。

55ss005

上にスリットが入ってるけど、この箇所が厚いとボルトで締まらないんです。
なのでどうしても必要。

ちなみにアルマイトかけるとこうなる。

55ss006

カッコイイー!(赤とは言われてないがw)

計算だと一応この形でケーシングできるはず。

まぁ、後は現物合わせで微調整しながらやってみますよ。


じゃ、次は実加工ですね★





アームライト入れたんですよ。

20140115R0019942.jpg

今まで普通のデスクスタンドだったので、見えにくい場合があったんですよね。

で? って話w


さて、先日のインフィニットのアレなんですが、
以前から、CCMのインフィニットのBB交換が出来ない造り(圧入)を見て、
「俺だったら交換できるように創るのにな~」って思ってたんですよ。
それだとCCMに出さなくていいでしょ?
BBさえ手元にあれば、誰でもメンテできるわけで。

まぁメーカーだと、メンテナンスで稼ぐ事も、もしかしたら考えてるのかもしれませんが、
私がユーザーだったらイヤなんですよ。
そう言うの。
(出来るかどうか、やってみないと分かりませんけどねw)

って事で、考えた形がこれ!

55ss000

55ss001

これならBB交換できる。
まぁ5500サイズが丁度いいのかもしれない。
それ以上大きくなると、強度テストをしないと不安になる。

今回のPENNは、タイラバに使用するらしい。
まぁ普通に考えてドラグ設定3~4.5kgくらいだろう。
それなら強度的にも全く問題ない。

だけどこのマウントは、あまり美しくないな。

って事で、モデリングを再開。

こんな感じになりました。

55ss002

あまり変わらないような・・・w

まぁこれでリールのケースのクリアランスが確保できればいいだろう。


ん?

20140115R0019943.jpg

クリアランス無いし・・・(爆

tobe.jpg





さて、年末色々あって、予告していたインフィニットが遅れました。
「打越さんが遊び飽きるまで待ってますよw」って言って下さった依頼者様に感謝!
(どこぞの時計ブログのお客さんとは偉い違いだw)

で、(色々ありまして・・・)こいつを超特急で仕上げて、

20140110R0019910.jpg

いざインフィニット!!

それにしても、慣れてきたせいか、かなり腕前が上がったと思いますよ。

20140110R0019915.jpg


何屋だw



さて、本題のPENN。

20140110R0019918.jpg
20140110R0019916.jpg


あれ? ナットロッカーないのね。

20140110R0019917.jpg

緩まないの??

まぁいいかw
頼まれてないし★


PENNのインフィニットは、要はここにワンウェイBBを入れればいいだけの話。

20140110R0019924.jpg

高さも十分にある。

つまりマウントを作ってボルトオンでいいわけだ。

そしてピニオン径に合うワンウェイBBもある。

20140110R0019923.jpg
20140110R0019932.jpg

所でこのPENN、グリスたっぷりだから回転が重い。

いつも言ってるけど、乾式にしちゃえばいいのに。
BBなんて200円だし。

あとココもBBに出来るな~。

20140110R0019930.jpg

頼まれてませんけどねw

さて、今回のマウントはチト難しい。

色々邪魔して左右非対称じゃないとだめなのだ。
それにテキトーに現物合わせで出来るほど、簡単な形状でもない。

って事で、図面に越すことにした。


あれこれ悩みながら1時間くらいかかって出来たのがコレ。
って、公開したい所だけど、今回はだめw



今回、CCMでもなし得なかった事に挑戦したいと思ってたのだが、
どうやら難しそうだ。
2D-CADだけじゃイメージできないから簡単にモデリングしてみた。

5500ss02.jpg


う~む・・・。

ちょっと考えますね。





20131118R0019908.jpg


さて、新年早々、仕事が入ってるので頑張りますね。

インフィニットの依頼もありますので★
(年末忙しくて出来ませんでした。すみませんm(_ _)m)






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2014 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。