専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





さて、最後の釣行になりました。

そして予告通り、以前、半べそかいて崖を降りてきた
「攻略できなかった沢」ですね。
場所は小鹿沢に続き、秘中の秘ですw




って事で3年ぶりに入渓地点に到着★

20130927P9270001.jpg

まずはこの滝をクリアしないとダメなのです。

いつ見ても高い…。

って事で、前回と同じ、向かって左から巻きに挑戦。

20130927P9270003.jpg


だがしかし… やっぱりムリだ…w
誰だ! 登攀技術が向上したから大丈夫とか言ってたのは!!


って事で、「左がダメなら右で!」ってヤツで、
反対側から入ったら、意外とあっさり入れたw


何だよw それw


「よっしゃ~!」と絶叫!
早速タックルをセットし、釣りあがる事50m…。


げげ!w

20130927P9270006.jpg

堰だ…Orz


でもここも左から巻けた。

どうやら林業の人が入ってるようだ。
(見た感じでは釣り人が入ってるようすは皆無。)


で、堰を抜けた景色がこれだ!

20130927P9270008.jpg



朝だから暗いけど、渓相はそこそこ。
悪くないね。 

入ってすぐに出会いがあり、水量は半分になる。
右に行こう。
魚いるかわからんけど…w



で、適当に釣りあがる。

20130927P9270015.jpg
20130927P9270016.jpg
20130927P9270024.jpg


朝日が入らない時間帯だから全体的に暗く、
フラッシュを炊くと画像が位。
炊かないとブレる…w
今使ってるデジカメが、防水ってだけで、性能的には
恐ろしく低いからしょうがない…。

沢の感じは、全体的にトレースエリアは狭いが、先週の沢よりマシ。

小規模だが滝が多い。
でも直登で行ける。
(ウェーダーじゃムリだけど。)

20130927P9270035.jpg
20130927P9270029.jpg


途中、何かがチェイスしたように思えたが、
錯覚をみたのかもしれない…w
釣れない時間が長いとよく見る幻覚w


また暫くしたら、今度は確実に魚がチェイス!

いる!
ここにいるトラウト族は間違いなくネイティブだ。
高い確率で固有種だろう。

よっしゃ! って感じでテンションアップ!

そしてガンガン釣りあがる。

20130927P9270045.jpg
20130927P9270048.jpg
20130927P9270052.jpg
20130927P9270054.jpg

20130927P9270043.jpg

(ちなみに左上にあるのは人工物ではなく一枚岩です。)


20130927P9270056.jpg



すると待望のヒット!!

が、1秒でバラし!

くぅ~! 惜しい!!

20130927P9270088.jpg
20130927P9270090.jpg


それにしても、国土の地図だと1本の沢なのだが、
私が取ったルートの限りでは、少なくても4本の沢が合流してる。
つまり、出会いを抜けるたびに水量が少なくなってくわけ。


で、「いくらなんでもこんな上流に魚なんていないだろう」って所でも
いいサイズの岩魚らしき魚がチェイス!
だがトレースエリアが狭すぎて食うまでに至らない…。

そうこうしてるうちに、最後の出会いを抜けると、
ナメエリアが続き、水量もこんな感じに…w

20130927P9270060.jpg
20130927P9270080.jpg
20130927P9270079.jpg


もう釣りが出来る水量じゃないので、タックルをしまいこんで、
源頭まで行く事にした!

で、気合を入れて詰めていくつもりだったのだが、
10分もしないウチに源頭に到着w

これが「荒川の最初の一滴」だ!

20130927P9270078.jpg


まぁ荒川には無数の沢が流れ込んでるので、
数あるうちの一つに過ぎませんが…。

それにしても、実際に登った私はそれなりに感動しますが
画的には地味だわ~w

で、周りを見渡すと、ブナの原生林。

20130927P9270068.jpg
20130927P9270071.jpg
20130927P9270076.jpg


ピークが近いのが分かりますか?


って事で完全攻略!
かんぱーい!(&オニギリランチ)

20130927P9270067.jpg



で、沢伝いに降りて来ました。
林業の人の仙道みたいのがありましたので、
沢装備を解いて登山靴で下山。
(これまた結構恐い道で…w)




とまぁ、今期最後の釣行は、予告通り魚の画がない釣行記になりましたw
でも、個人的にはこの沢はどうしても攻略したかったので満足です。
それと、画像では険しそうですが、それほど危険な所ではありません。
ちょっと経験のある人なら行けると思います。(今回のルートなら)
それに釣りを開始した地点からスグに出合いがあって、
今回は右に行ったけど、左が丸々残ってるからね★
そっちはいずれ攻略します!


でも内緒の沢ですけどね★
スポンサーサイト





禁漁間近です。

なので私も行って来ました。(前日入り)
自転車を持ち込んで!

20130920P9190002.jpg

ヘンな画w

駅前商店街を散策するも、面白そうなところがなく、
10分で終了~。

ステーキのケンでビールを呑み、たらふく食べた後、
持ち込んだワインを呑み倒し就寝。

で、お待ちかねの「前日入りでマズメなし!」の大寝坊!!

意味無いわ~w

まぁでも、今回は、去年、地元のおっちゃんが消えて行った、
某河川の枝沢なので、先行者はおそらくいない。
なのでユックリでいいだろう…。

じゃ準備を…

と思ったら、ん? 待てよ???

げげ! ルアー一式ないよ!

そうか~… 隅田川ポタリングの時に、
チャリを積むスペース確保のため、不要な荷物は出したんだ…
オマケにスーパーストライク(ロッド)もない…

ウケるw

でも、スペアのサルスティックとバス用タックルボックスはあった。
コメットもある。
じゃ、使えそうなバスルアーでいいだろう。
どうせ魚なんてアホなんだからベビシャもエゾも区別付かないはずw
って事で、適当にかき集めるも、小さなミノー一つと
スピナー一つしかなかった。

でも、これだけあれば充分さ★

って事で、車止めから徒歩で1時間の所を、チャリでGO!

それにしてもいい景色だわ~。

20130920P9200004.jpg


でも、持ち込んだチャリはロードなので、勢いよく
石を乗り越えたりするとリムがスグに曲がる。

当然、ロードバイクには不向きな所なのです。

20130920P9200061.jpg
20130920P9200005.jpg
20130920P9200006.jpg

とは言え、やっぱりチンタラ走ってても、
徒歩よりは圧倒的に時間短縮出来ます。(巡行10kmくらい)

で、約30分走って舗装道路は終了。

20130920P9200007.jpg

ここからは徒歩になります。

暫くアチコチ記憶を頼りに、去年の沢を探して見るも
スグには見付からず、

20130920P9200008.jpg
20130920P9200009.jpg


ウロウロしながらようやく発見!

この沢だ!

20130920P9200015.jpg

この時点で8時半w

よし! 登ろう!
って事で10分近くで沢に着いた!



マジかー!(爆

20130920P9200019.jpg

ソッコーで帰りたくなってきたw

でも、釣りばかりはやってみないと分からない!

では実釣開始★


ルアーを通す面積が無い…w

20130920P9200021.jpg
20130920P9200023.jpg

それに魚が仮にいても、ルアーじゃなく餌じゃないと
勝負にならない。
その位、トレースエリアが無い…Orz

20130920P9200026.jpg
20130920P9200027.jpg


少し釣りあがったが、全く反応なし。
…って言っても、釣りしてる時間より登ってる時間の方が
圧倒的に長いですけどねw
それに斜度がハンパないので、気を緩める事が出来ない。
常に緊張状態w

降ります。

20130920P9200035.jpg

(一応、いつでもロープ使えるよう準備。)

登りの時と反対側を下って行く事にしました。

20130920P9200037.jpg

途中、10mくらい滑落。
運良く岩場じゃなく、泥付き斜面だったので、
少しお尻を強打するくらいで済みました。

「時間短縮できてイイんじゃないでしょうかー!」と
大きな声でいい訳をして見ましたw

じゃしょうがないから、本流の入渓地点まで戻って、
そこで釣りしますか…。

20130920P9200039.jpg


まぁ、魚がいるのわかってる川で、釣れるの分かってる魚を釣るのも
どうかと思いますが、ブログ的に魚の画像がないとアレなんで…w

で、本流に移動するも、何だか水が多くて恐いぞw

20130920P9200044.jpg
20130920P9200045.jpg


しょっぱなからビビりながら釣り開始。

でも毎度の事ながら、渓相は抜群だ。
岩もピカピカに磨かれてる。

20130920P9200047.jpg


何度か釣りあがるのを諦めようかと思う場所もあったが、
ヒーコラ言いながら騙し騙し釣りあがると…

岩魚が釣れた。

20130920P9200049.jpg


暫くしたらまた釣れた。

20130920P9200052.jpg

そしてまた釣りあがる。

渓相最高~!

20130920P9200058.jpg


そしたらまた釣れた。

20130920P9200056.jpg


今度はサイズがいい。
25cm位だろうか…。

相変わらずこの川はサイズがいいですね。(関東では)

それに、どれも放流物ですがキレイな魚体です。
(…と、ありがちな事を言って見る★)

まぁ、ここらへんの魚なんて全て放流物なので、
固有種だろうがニッコウ系だろうが、どっちでもいいのですが…。


って事で正午に終了~。
今回は朝飯も摂るの忘れ、昼飯も持ってくるの忘れ、
オマケに水も持ってくるの忘れたので早く帰ります。
(水は沢の水が飲めますが…。)


帰りは緩やかながらも下り坂なので、殆ど漕いでません。

山、最高ーー!

20130920P9200062.jpg

って事で、去年、地元のオッチャンが消えて行った、
ナゾの枝沢の開拓は終了~。


次はいよいよあの沢に行きますか!
次も開拓なので、高い確率で魚の画像がない釣行記になると思います。

でわでわ。





禁漁も間近なので秩父に行こうと心に決めてた金曜日。

以前から決めてた開拓予定の場所にために、ニーパッドも新たに購入し、
準備万端だったのだが、夕方になって疲れて来て、イマイチ気乗りしない…。

まぁムリに釣りなんて行かなくてもいいか…。


って事で、今回は、禁漁後の2枚看板の一つ、隅田川のロケハンに行ってきました。
(ちなみにもう一つは奥多摩湖南岸のバスです。)

ランクルで錦糸町まで行き、チャリでアチコチ回る。

20130822R0019159.jpg

どうですか、このチャリ~w
こんなのが未だに走ってるなんて、まさに”走るポンコツ”!
久し振りだったのでサイコンの電池が切れてたw

かずちんちの近くの駐車場に止めたのだが、ここらへんは、
関東大震災の時と東京大空襲の時に焼け野原になってるので、
キレイに区画されてるせいか、裏道は全く同じような景色が続く。
そのためよく遭難する。(帰りに30分遭難。)


って事で、下町散策へGO!

お! アイツはもしや…

20130822R0019160.jpg

って事で、隅田川行く前に寄り道。

でけー!

20130822R0019163.jpg

20130822R0019167.jpg

下の川で釣りをする人がいましたw

20130822R0019165.jpg


いいのか? やって???w

肝心の隅田川はこんな感じ。

20130822R0019169.jpg
20130822R0019172.jpg
20130822R0019173.jpg
20130822R0019177.jpg

足場がもっと高いかと思ったけど、あまり気にしなくていいみたい。
ネットはあったほうが安心だけどね。

隅田川は概ね分かった!

10cm前後のボラの子がアチコチで泳いでたので、おそらくベイトはコイツらだろう。
それとサッパあたりじゃないだろうか。

近いウチに隅田川シーバス行きますか!(行かない可能性もあるけど…)


時に、私のチャリが、意外にも楽勝でランクルに載せられる事が分かったので、
次に秩父に行く時は、自転車を持ち込んだら面白いかも。
入渓地点まで1時間歩く所もあるから、そんな時はチャリがいいですよね。
奥多摩湖も、いいポイントがあっても駐車スペースが無いケースがあるので、
ロードバイクなら一っ飛び!

理想は前後のタイヤを外して車載したいのだが、このチャリのリアのエンド幅が
クイックの幅とイマイチ合わないので、リアに限っては外すのは簡単だが、
ハメるのが苦労する。
途中で発狂したくなりますw(自転車知らない人は何言ってるのか分からないと思いますが…)


って事で、錦糸町→スカイツリー→両国→馬喰町→合羽橋(買い物)→かずちんとランチ

と、まぁ、そんな金曜日でした。


20130822R0019178.jpg
20130822R0019180.jpg
20130822R0019192.jpg


たまには釣りばっかりじゃなくてポタリングとかもいいですよね!
(※ポタリングって自転車散策の事。)
本当は秋風に吹かれながら気持ちよくポタの予定だったが、
予想よりも暑くなって汗だくでしたw

ちなみに、この日の走行距離は30kmだったのだが、自転車通勤をしなくなったので
足がヘタるのが早い…w
以前なら50kmくらいまでは動いたのに、最近は30kmで辛くなって来る。
もっとも、ロードバイク乗りは(一日で)100km越えも珍しくないので、
30kmなんてクソみたいな距離ですけどね。


さてさて、じゃ次こそは秩父に行きましょうかね~。



行かないかもしれないけどね★





いやぁ~

このブログってリールの修理加工依頼がないと全くネタがないですね~w
もちろん、その方が私としては気楽でいいですけどね★

それに、家具を作る必要があるので、しばらくはソッチに集中したいのです。
まぁ集中的にやれば2~3週間で終わる仕事ですが…。


時に東京オリンピック、招致決定よかったですね!
生きてるうちにこの目でオリンピックが観れるとは…

考えてみたら前回の東京オリンピックは大戦の大敗後だし、
今回は震災の後だし、もしかしたらIOCも斟酌してくれてるのかも…
だとしたら嬉しい話ですね。

まぁ招致に失敗した後に「福島のせいだぁ~!」とかのたまう人が
沸いてこないだけヨシとしましょうw


え? 何の話かって?

ここはこれから政治ネタブログにしようかと…w



あ、そうそう、リセントの赤欲しい人います?
カーディナルに装着しただけで、使っていませんので
ほぼ新品です。(画像のヤツ↓)

20110111R0013658.jpg

ヘソみれば分かると思うけど、2ndロットです。
って言ってもライン絡みは解消してないって言う…w(どーなの? リセントさん!w)

価格は7350円(送料込み)です。

欲しい人はコメ欄に★

いなかったらオークションに流します。





PENNなのですが、プロテクトリングを何度も作り直し、
考えられる方法を色々試して見ましたが、どれもダメで…

20130828R0019103.jpg

実は入り口が1/100mmくらい、極める場所より太くて、どうしても
ここを通過すると圧入が出来なかったのです。

ちなみに画像にあるゴールドのリングは、何度も作ってはアルマイトかけてるので
依頼者様に「どうせなら反対側とバランスとって金にしますか?」って事になりました。

しかも圧入だと、仮に上手く行ったら外せないので、
アルマイトをかけてから試すしかなかったので、膨大な時間がかかりました…Orz

だが圧入はどうしても上手く行かない…。


で、こいつをどうやって止めるかを、ずーーーーーーーーーっと考えてまして、
真面目に諦めようと思ったのですが、1つだけ方法を思い付き、
依頼者様にOKを取り、採用となったりました。

それが樹脂リングの裏留めだ!

まぁ上手く行くかはやってみないと分からないけどね。

でも、金属同士の圧入だと、一度ハメたら、原則的に2度と外せないので
少し気がかりだったんですよね。
樹脂なら、必要とあれば外す事も可能になる。
これで、充分強度を出せればアイディアとしてはむしろいいかもしれない。

だが、このジョイントにピッタリサイズの樹脂ワッシャーなんてないので、
もちろん専用冶具(ヤトイ)から作るしかないわけです。

でもって、これがまた素材やら色々検討するのに時間がかかりまして…

って事で作成中~。

20130828R0019098.jpg

ここまで来るのに時間かかったわ~…Orz

で、出来上がったのがコレ!

20130828R0019100.jpg

見た目完璧★

樹脂の圧入なのでかなりキツ目に作った。

で、キメた状態なのがこんな感じ。

20130828R0019101.jpg

思ったよりいい。
これからリールパーツの圧入には使えるかもしれないぞ。
オマケに外せるしね。


って事で、紆余曲折を経て、ようやく完成!!!

20130828R0019107.jpg
20130828R0019108.jpg


組んだらこうだ!

20130828R0019105.jpg
20130828R0019106.jpg

最高~~!

やっぱり、リングが金で正解ですね。
本当だったらアルマイト2度かけるの面倒だから、
2色は値段を上げない限りやらないけど、
コレに限っては2色が最高にカッコイイ!

これにて完成!!!


いやぁ~、今回はマジでシビれた…w
どのくらいシビれたかと言うと、デイトナのプラベゼルの次くらいにシビれた…w

誰も憶えてないっちゅ~のw



よし! 
これで何年ぶりかの”バックオーダー無し”だ!
休日には遊び呆けられるぞ!






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。