専門用語集


さて、リール関係の依頼がないと、ブログで書く事がないのは毎度の事なんだけど、
今日は巷で流行りのあれの話しをしましょう。

そうです、AR-Cスプールです。

そもそもARはライン放出時のスプールリングの抵抗を軽減させるためと、トラブル軽減のための物…らしい…w

飛距離アップの理屈はこうだ。

キャスト時にリングに近い所から放出されるラインは、従来型の垂直に立ったスプールだと、ココの抵抗が強いので、

001.jpg


そこを斜めにカットした方が抵抗を減らせる って事。

000.jpg

は?

いや、ちょっとこの話しはオカシイw

まず、AR-Cがこの状態で、

002.jpg


従来のスプールがこの状態での比較がオカシイw

003.jpg

ARがこの状態をフル巻きだとするならば、

002.jpg

従来型のもフル巻きの状態で比較しないと意味がないw

004.jpg


ホラ、嘘が見えたでしょw


まず最初に、スプールリングの抵抗を減らすのが飛距離アップに繋がるのは分かる。
だったらARのリング取った方がいいに決まってる。

005.jpg

そうすると垂直立ちのスプールと同じw

意味分からんw

仮にメーカーの謳い文句の通りだとしても、大量にラインを放出すると径が痩せてくるから

006.jpg

スプールの垂直部分が見えてくる。

008.jpg

そうなると、やっぱりラインは垂直面に当たるから従来型のスプールと同じだw
いや、むしろARの方が余計なリングが付いてるから抵抗が大きいはずだw

このリング、意味あるの??w

要は、コメットの9割撒きの状態と、AR-Cの(一見)フル巻き状態は同じって事かw

20120630R0015871.jpg

だって、一見、スカートのサイズがARのスプールリングより一回り小さいからカッコ付いてるけど、

002.jpg

スカートを大きくしたら、スプールリングがダメダメでフル巻き出来ないコメットと、ほぼ同じですよね?w

010.jpg

いや、待てよ、もしかしたらコメットはスプール形状がダメダメなんじゃなくて、
初めからフル巻きしない事を前提にしてるのかもしれない。
つまりAR-Cと全く同じコンセプトで、トラブル軽減のために9割巻き位で使って、
それでいて飛距離を落とさないようにエッジの抵抗を減らす形状になってる… 
大森なら考えかねないな…w
もしそうだとしてら凄いw
でも開発者に聞いて見ないと、コレばかりは分からない…



ちなみに、もしカーディナルスプールをAR化するとしても、抵抗にしかならないリングなんて、
例えばヤマワークスさんでキレイに平行巻きチューンされてるカーディナルを、
普段から何のトラブルも無くフル巻きで使ってる人には、意味が無い所かデチューンって事w

カーディナルのノーマルスプールをナンチャッテAR化するって事は
9割巻きで使う事と事実上同じだから、トラブル軽減のためには意味があるけど
リングの抵抗の分、飛距離は落ちるだろうし、スプール径が小さくなってしまうので、
その結果、ラインのクセも強くなる。だから余計に飛距離も落ちるだろう。

やるならスプールリングより一回り大きなリングを付けた上でめにカットする必要がある。

つまり、1からの設計が必要になるって事ねw



オーダーストップを解除した後、依頼があったら、スプールリング径を一周り大きくした
本物のカーディナル用AR-Cスプールを作ってもいいですよw
5万くらいでw

よし! コメットのスプールはフル巻きで使いたいから垂直立ちタイプにしよう。
危うく騙される所だった(爆

あ、でもノーマルスプールを9割巻きにして「これは敢えてAR-Cと同じ効果を狙って9割巻きなんだぜ(´,_ゝ`) 」って言えば釣り人の事だから、おそらく感心してくれるだろう(爆


また誰か敵に回しました?w
スポンサーサイト





さてさて、ようやくココまで来ました。

20120706R0015840.jpg

フタの無い状態ね。

なので今日はフタを創ります。

そこらへんに転がってる端材をですね…w

え? 端材で大丈夫なのかって? んなもん削り出したら同じですよw

じゃ端面から。

20120706R0015845.jpg

外形。

20120706R0015846.jpg

C面。(バイトが突っ切りだろ! って突っ切り… じゃない、突っ込みなしでw)

20120706R0015847.jpg

面取り。

20120706R0015848.jpg
20120706R0015849.jpg

分ります?w

20120706R0015850.jpg

仕事丁寧でしょ~w
もう誰も言ってくれないから自分で言いますけどw

次にセンターからドリルで穴あけ。

20120706R0015851.jpg
20120706R0015852.jpg

使うボルトのヘッドに合わせて収納部分を創ります。

20120706R0015853.jpg

そして旋盤を逆回転して、ここも面取り。

20120706R0015854.jpg

そして突っ切る! いよいよ来たよ~ これで本当に最後だw

20120706R0015855.jpg

こんな感じ。

20120706R0015856.jpg

裏をリューターで処理。

20120706R0015857.jpg


それを組んで~・・・


どうだ!


20120706R0015869.jpg


カッコいい~~!

いや、いつもノーマルが一番カッコイイとか言ってますよ。
確かに…w 
でもコレもカッコイイから仕方ないw


でもってウチのデモ機と組んでみた。

20120706R0015863_02.jpg
20120706R0015865_0.jpg

きゃ~~!
下品だけどカッコイイ~~!!!w


タイヘンお待たせしましたm(_ _)m>依頼者様
近く発送しますので、少しお待ちください。


これでバックオーダーは無くなりました。
よかった★

今は修理以外のオーダーをストップしてますから、ハンドルとか依頼されても受けませんからねw
それにストックしてる材料も底が尽きてるし…w
ま、ハンドルが欲しかったら他の人も最近やってますので、ソッチに依頼してくださいw
誰かしらいるでしょw



よし! これから家具やらコメットやらアルマイトやら、やりたい事山積なので
そっちを皆さんに楽しんでもらいますね。 家具は別として…w

アルマイトが出来るようになったら、また面白い事考えてますので乞うご期待!


ではでは、カーディナルダブルハンドルはコレにて終了!






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.