専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





いやぁ~

本当にどうでも言い話しなんですけど、先日買い物したんですよ…
大好きなヤフオクでw

それがコレ★

20101020DSC03171.jpg

ホラここw


20101020DSC03171_0.jpg


コレ知ってる人もいますよね?
ヤフオク観て…w
思わず買っちゃったんですよ~w
だってこんなのイイじゃないですか。
コレの他にハイローバージョンもあります(爆
それとABUのノートも買っちゃいました★(画像無し)

今日はコレでイッパイやってます。


あ、最近ネタ無くてスミマセンね~w
三国無双5やってるんですよ…
私、このゲームやってると、何もやる気にならないんですよね…(爆
スポンサーサイト





あの500のケースを落としたのは誰だ!

私も入札してたんですけどね~ 
もしかしてNOBさんかな?w

でも他のモノ、結構落としましたw
明日には届くはず…

それにしても最近、何もやる気がおきないw
何となくルアーの流れなんですけど、イマイチ気乗りしないんですよね~w

ルアーじゃなくて、おそらくカーディナルOHULSカスタム2010を始めるかも知れません…

201010.jpg
201010_1.jpg

今だ誰からもオーダーの依頼が無いので、これから色を変える事も出来ます。

例えばグレーとかね…

201010_2.jpg

でもカーディナルも飽きたな~…w





あまり放置してもアレなんで、モールドやりますか…w
あまり気の死しないけどねw
まぁでも、残すのは簡単な工程ばかりなので失敗する心配もないでしょう★

20101020DSC03160.jpg

まず位置決めなんですけど、ざっと50mmミノーのカタチを作って…

20101020DSC03161.jpg

大体の位置決めをする。

20101020DSC03162.jpg

次にワイヤーが通る所に穴を明ける。

使うワイヤー径が0.9なので、1mmの穴を明ける。

本当は0.9があればいいんですが、1mmしかないのですw

でも有効刃長が足りない…w

20101020DSC03163.jpg

あ、有効刃長ってのは刃が付いてる長さの事を言います。
この際覚えてくださいw

なもんで、少し大きな径のドリルで途中まで下穴を空け、最後に1mmの穴を空けます。

20101020DSC03165.jpg

ボ~っとやってたら…

貫通しちゃったw

20101020DSC03167.jpg
20101020DSC03166.jpg

失敗にしようかと思ったけど、まぁ最後までやってみて、ダメだったら再度挑戦すればいいかと、続行w

反対側は気を付けますw

20101020DSC03168.jpg

で、1mmで穴空けをします。

まぁ簡単でしょうw
失敗する理由が無いですよw

失敗する理由が無いですよw

失敗…


20101020baki_i.jpg


20101020VTS_01_1VOB_000743958.jpg


20101020DSC03170.jpg


20101020DSC03169.jpg



DSC03169_2.jpg



だから気乗りしない時はやるのイヤなんですよ~~~~!


も~!!

ドリル買ってこなきゃw





皆さんコンニチハ。
更新はしないと言った管理人のOHULS打越ですw

時に、この時期って何がいいんですかね~?>釣り

メッキ?
シーバス?

まさか多摩川のスモール?w

皆さんは渓流が終わったら、どんな釣りしてますか?

あ、MLさんやcami様は分かってますのでw



さてさて…


20101019DSC03157.jpg


私は無闇やたらと遠投するのが大好きなので、ロングロッドにスプーンとか、
シーバスロッドにジグとかが大好きですw
やっぱりルアーフィッシングって言うのは、投げる楽しさがあるじゃないですか。
それって大事★

って言うか、ルアーフィッシングって、今となっては何だか恥ずかしい響きですねw


あ、そうそう、最近、熊の目撃情報が多いじゃないですか。
アレって殺さずに何とかなりませんかね??
もちろん人間に危害を加えようとするとアレですけどね…
でも、「人間は何様だ!」って思うときってありません?

それと最近、衝撃映像○○連発 …みたいなテレビ多いですよね?
まぁ結構好きな番組でよく観るんですけど、先日、凄い腹の立つ映像があったんですよ…

観た人も多いと思いますが、サーカスのライオンが調教師を襲ったんです。

観ました?

あの映像で、結局は射殺されてしまうんだけど、ナレーションは”麻酔銃で眠らせた”って言ってるんですよね…
でも、パンパンパンって乾いた音して、数秒後にコロンと息絶えてるんです…
アレ、どうみたってトカレフタイプのピストルで、射殺ですよ…
数秒で利く麻酔なんてあるわけないだろ!…ってね…

オマケに「すでに調教師を餌としか思ってない」的な事言ってるんですよ…

もうふざけるなと…

もしかしたら、ライオンなりの理由があるかも知れないでしょ…
例えば、普段、扱いに慣れてる調教師が、ライオンの空腹の時に檻になんて入るわけないんだから、何か強烈なストレスを感じてたとか?
何でテレビってテキトーな事言うんだろうか…
ライオンに聞いてみないと分からんだろが…
さも、”ライオンが悪い”みたいな事をテキトーに言いやがる…

本当に「何様なんだ? 人間てのは??」って感じですよ!

ライオンに産まれて、小さい頃から人間を喜ばせるためだけに調教され、少し逆らったら即射殺…
何のために生まれてきたんだっての!
まぁ少しって言うよりも、調教師は死ぬ寸前まで追い込まれてたんだけどね…

それにしても、あのライオンは可哀相だ…
本当にマジで、殺されるんなら調教師をしっかり完食して欲しかったわ…

まぁ、そんなこんなで、勝手な都合で動物を扱う人間が、動物に懲らしめられてる
映像を観るとマジでスッキリしますw
例えば、マタドールが牛にすっ飛ばされてる映像とかね…w
スペインの牛追い祭りで踏みつけられてる映像とかね…w
「ぎゃははは!! ヤレヤレ~! 牛ぃ~! 人間なんてぶっ飛ばせ~!!」みたいな…w

おそらく、あの手の痛々しい映像観て大笑いしてるのは私くらいでしょうw
痛いのがイヤだったら、やらなければいいだけの話w
人間の場合、それを承知でやってるんだから、何も同情なんてしなくていいのw
でもライオンは、強制的にやらされてる訳で…
それを考えると、やっぱり、人間を喜ばせるために強制的に芸を調教されてる動物は、定期的に人間をやっつけないとダメなんです。


え?


スモールどうしたのかって?



20101019DSC03159.jpg





yarukiga_i.jpg
konaide_i.jpg





先日多摩川に行って観た。

20101014DSC03154.jpg

全く釣れません…w

でもサルトップの動きは超絶にいいですw
ただ、飛距離が予想以上に出ないんですよね~

20101014DSC03156.jpg

暗くなるまでやってみましたが、結局は何も出ずに終了~
まぁ40分くらいだったので、そう簡単に釣れるわけないでしょうw
釣れたらビックリですよw

ちなみに先日、橋の上から小学生が川を覗いていて、ロッドにはスピナベが結ばれていました。
話しかけた所、どうやらスモールを狙ってるとの事。
何でも「そこかしこにいますよ!」って話なんだけど、
毎日、通勤の際に橋の上から多摩川を覗いて観てるのですが、
バスなんて陰もカタチもありません。

本当にいるのでしょうか?
狙い方が間違ってるのでしょうか???w
何セスモールなんて狙って釣った事がないので全く分かりませんw

そもそも、ストラクチャーに付いてるのかどうかも分かりませんw


まぁいいかw
どうせ裏だし…

i_kan02_20091211175043.jpg





あんなのハーネスで引き上げればいいのにねw
それだったら33人、1回で引き上げられるのに(爆
ワカサギみたいにww


時に…


small.jpg

しかも登戸が熱いらしいです…w

裏だw

いや~
そりゃね、多摩川なんぞに守るべき生態系なんぞ毛すじ程も無いですよ。
魚なんて全くいなかった死の川だったんですから…
それにバス以外にも外来種がいっぱいいるし…
たまにテレビで”こんなにキレイになりました!”的な特集って組まれるじゃないですか。
そんなのが先日やってたんですけど、そのレポーターがね、
「観てください! 山女です! 渓流の魚、山女です! こんなにも多摩川はキレイになりました!」ってw
ソレ…上から落ちてきたカンツリの魚ですけど… みたいなねw
全く…馬鹿な主婦が信じるだろが… なんで最近の報道ってヤツは…と…w


まぁ多摩川なんてそんな川だから、以下略…

だけど~ 何でスモールがいるのさ…w>バサーさん



って事で、今日は多摩川スモールのためのルアーを創ります!(爆

え?
流れ的にトラウトルアーだろって?
そうですけど、スモール用のカッ飛びペンシルがないので、ソッコーで創らせて下さいw

どうせ裏なんで、スモールと言えどもワームでチマチマ釣る位なら
たまずめだけトップ勝負した方がいいじゃないですかw

って事で、世界一ハンドメイドルアーを早く創る事が出来る私が、アッ! と言う間に創ってご覧に入れましょうw


説明は簡単に★

20101012DSC03140.jpg

Vサイドでペンシルが欲しかったんですよね~w
検証にもなるし…

20101012DSC03141.jpg
20101012DSC03142.jpg
20101012DSC03143.jpg


はいこんな感じ★

20101012DSC03144.jpg
20101012DSC03145.jpg

ディッピングして…

20101012DSC03146.jpg

10分後にはアルミを張るw

20101012DSC03147.jpg

こんな感じなんですが、アルコールやシンナーで磨くと…
ピカピカに…

20101012DSC03150.jpg

え?
ウロコが無いって?


kazari_i.jpg


でもって、塗ったり漬けたりしてこんな感じ★

20101012DSC03151.jpg


20101012DSC03153.jpg


ここまで要した日数は2日ですw

少しだけ多摩川スモール狙ってみますねw
だって渓流が終わってしまったんで、他に狙う魚がいないんですよ…w

所で、スモールの習性ってよく分からずにルアー創っちゃったんですけど、
オープンウォーターを回遊してますよね?w
もしかしてしてない??w

誰かスモールの習性を詳しく教えて!





20101007_5.jpg


ファミレスの最終形が出来ました。
色々考えた結果、形状としてはコレが最強って事になりますw



まず、背っ張りを大前提として、側面は下に光が届きやすいようにフラット。

20101007.jpg

そしてより下へとアピール出来るように少しだけV字に。

20101007_0.jpg

つまりコレはサイドフラットではなくVサイドフラット。
VSFですねw

背中は、より大きく水流を受けるため角を残す。

20101007_1.jpg

そしてウォブリングの抵抗を少なくするため、テール部分を少し絞る。

20101007_3.jpg

加えて、テールの剥離防ぐためと、水流による抵抗を少なくするために丸くする。

20101007_4.jpg


つまりこうなる↓



どうでしょうか?

名付けて”V-SIDEFLAT EGGEBACK-MINNOW”
略して”V-SIDE MINNOW”(←何でもこんな感じにネーミングすればイイと思ってるw)
いいでしょう~ この釣り人が好みそうなアホっぽいネーミング!
でも、何だかカッコ悪いので仮名称って事にしますw

渓流ミノーとしては新しいんじゃないかと…
ネーミングじゃないですよw この形ね。
ないですよね?

これに先日のセンター&ローセッティングウェイトのワイヤーで創ったら、結構なルアーになると思います。

まぁこれがカッコイイとかは別ですけどねw
コレをcami様推奨の黒とかにしたら結構行けそうな気がします…w

ただ、黒とか白などのソリッドカラーならいいですけど、アルミ張って目玉付けても殺風景でしょうね~w
「何コレ? ハンドメ初心者の出来そこない?」みたいな…w



でもこの形… 下から見上げる釣りの全てに有効かも知れません…w
例えばナイトシーバスとかねw
なんせ月が(光源)概ね上にありますから…w





クドくて申し訳ないのですが、いまいち分かってもらってないようなので、サイドフラットのフラッシングのイイ理由を再度説明させてくださいw

そもそもサイドフラット(以下SF)のフラッシングがいいって言うのは、誰でも知ってるわけですよ!
言っちゃ悪いですが、一般に言われてる事なので、当然、私も知ってますよw
なのになぜクドクドSFのフラッシングを考察してるかと言うと、つまり”イイ”って何が”いい”のさ?
…って事ですよ。

皆さんはSFのフラッシングがいいとは聞いてるけど、より広範囲にアピールできるか、もしくは、よりピカぁ~って反射できるからイイ…って思ってますよね?

違います。
(※個人の感想です)

先日も言いましたように、渓流では光源の殆どが高い位置にあります。
(イジワルな誰かさんのために言っておきますが、限界森林以高の西斜面の渓流とかは別ですよw)

ですから下図のような反射角にしかならないのです。

20101003_3.jpg



これ、前回、完全にスルーされましたが、個人的には大発見なんですよ!

だからこそ、SFなんです。
それが分かっててSFのフラッシングがイイと言ってるのか、はたまた何となくイイって言ってるのとは、ルアーを製作する上で全く違うんです!
他に誰かいますか! 
この説の人は!…w


つまり何が言いたいのかと言うと、私の場合、決して広範囲に反射出来るとか、よりピカァ~って反射できるからSFにするのではなく、上にしか光源が存在しない渓流と言う特殊なフィールドで、上からの光を下へ伝える事が出来るからSFを選んでるって事です。
選択理由が他のルアーと全く違いますよ! って事を言いたいわけですw

だって、より”光る”のをSF選択の理由とするなら、昨日の”光り過ぎるルアーを敬遠する個体がいる”場合があるんだから、(ある条件下での使用なら別ですが、概論としては)矛盾が生じますよね?
そんな辻褄の合わないルアーっておかしいですよね?w
そこらへんの矛盾を解いておきたかったんです★

え? ”広範囲”って言葉には”下”も含まれてるって?

そう言う事はいいんです。
この際、そう言う事はいいんです(爆




そんな事どうでもいいから早く創り始めろって感じですかw

いや、まだです!
次は形の必然性を追究します!(爆

あ、言い忘れましたが、SFを選択した理由に、背中の形状の利点があります。
はいw





まず、”魚は光り過ぎる捕食対象を敬遠する事があるのか?”に付いてですが、実は、私の場合”光りすぎてるから敬遠してる”と断定できる過去の実例が無かったので信じて無かったんですよねw

それに、雑誌とかでたまに言ってる人もいますが、「何でそんな事が断定出来るのだろうか?」って思

ってたんですよw
それに「そもそもアナタは信用するに足る人間か?」ってw
全く同じ条件で試す事って、釣りにおいては難しいじゃないですしねw

でもこの説を支持してる人って結構いますよね?
あれって何を根拠にしてますか?
体験したとしても、それが光り過ぎてるのが理由と断定できる明証的な根拠てあるんですか?
まさか”本でそう言ってるから”とか?w
そもそも、それを主張してる人って釣り人とかビルダーとかですよね?
一番信用できない人たちですよw

まぁ、あまり真剣に考えた事が無かったのですが、今回、真面目に考えて見ました。



で、突然結論ですが、そんな固体は”学習”する場合のみいます!w

今日はその根拠を、釣り人らしからぬ、ダーウィン的な角度から検証、そして明証的に証明してみせま

すw
もちろん私の主観とか経験なんて言う、説得力の無いものではありません。
しっかりした、ダーウィンから得た知識を根拠としていますので、雑誌などでみるような、テキトーなものでは無いのでご安心を★



ではこんな順番で↓説明します。

①光り過ぎる捕食対象を、捕食者が敬遠する理由が自然界には無い事と、その根拠
②魚本来の習性ではなく、学習による傾向である根拠。

【①光り過ぎる捕食対象を、捕食者が敬遠する理由が自然界には存在しない理由。】
まず、自然界において、捕食される側に位置し、かつ、通常の固体と較べて色彩的に異なる第二次性徴が見られる(つまり目立つ)”ある固体”の子孫が繁栄して無い事から、捕食者はそれを捕食しても問題ないって言う根拠になる事。
(仮に、その捕食者が死んでいれば、捕食対象にしてはいけないと言う伝達が遺伝的に受け継がれるため、捕食対象から外され、特徴を持った個体は生き残る事が出来る。すると、特徴を持った個体は子孫を残す事になるのに対して、逆に子孫がいないと言うことは、捕食しても問題ないと言う立派な根拠になります。)


【②魚本来の習性ではなく、学習による傾向である根拠。】
仮に、”ある魚”の先天的な本来の性質(つまり本能)だとして”光過ぎる物を敬遠する”のであれば、その前の世代の同系統の魚にも同じ性質を持った者がいたと言う事になります。(ここで、なぜ”ある魚”と限定するかと言えば、もし”全ての魚”にあてはまるとしたら、全く同じ反応をするはずなので、光り過ぎる物には全ての魚が全く反応しない事になります。ですが、実際には、反応する魚もいれば、そうでない魚もいる事から、全固体に見られる共通の性質ではなく、やはり、ある特定の固体か、ある特定の系統下の固体と言うことが出来ます。)
そして、(主語は”前の世代の同系統の魚”のまま)本来、上記①の理由から、自然界の法則であれば、光り過ぎる物を食べてもなんら影響は無いはずなのに、その認識を大きく覆される、例えば生命の危機とも言える大きな事件が過去にあり、その結果、その固体だけに”光り過ぎるものはダメ”と言う認識が刷り込まれた。
仮にその理由(大きな事件)がルアーだとして、それを学習し、光りすぎるモノを敬遠する固体がある時現れた…とすれば、上記矛盾も説明出来ます。ですがやはり、抜かれて漁協が魚入れて…の繰り返しである現在の渓流事情を見ると、世代を経てその選別眼が継承されたとは確率的にゼロとは言い切れませんが、考えにくいので、先天的な傾向とは言うよりは、はやり後天的な一世代のみの学習だと言えるのではないでしょうか?。
(ちなみに突発的に得られた能力や学習が遺伝するのか? って疑問を持つかもしれませんが、遺伝するものなのです。)

以上①②の理由から、人が過去に入った事がある場所では、光り過ぎる物を敬遠する魚は、魚本来の性質では無いが、学習により突発的に現れる。しかし、あくまで1世代だけのモノであり、遺伝はしないか、もしくは遺伝をするものは極めて少ない…と言えます。


って結論で”ある”ってなります。

あ、でもイワナの場合は分からないな~w
仮に、薄暗い場所が好きなイワナが”光り過ぎるモノを敬遠する”のであれば、(全く人が入ってない条件であれば)おそらくその地域(水域)の全ての固体に共通した傾向なんでしょう。

ちょっとした研究論文を読んでるみたいだったでしょ?w

まぁ超間単に言うと”スレてればそうなんじゃね?”って事w
ただ、私にとっては、魚の本来の習性か、はたまたスレてそうなったのかの違いは、ルアーを創る上で解いておきたいナゾだったので、答えを出してみましたw
これから創るルアーの全てに必然性が欲しいんですよねww


あ~頭疲れたw





大体、ファミレスと言うから軽くなっちゃうんですよ!>KKさん

初め、大風呂敷を広げたはいいけど、結局ラパラのコピーかよ…(´,_ゝ`) みたいな…

ですけど~ アレなんですよ!
最初にラパラ越えを宣言してた時点で、やっぱり目指すはファミレスなわけで…w
バーサタイルとかマルチとか言って欲しいな~w
ファミレスじゃなくて…w

あ、そうそう、サイドフラットが有利な点がまだありました。

それは反射角ですね。

え?
前回と同じ内容だろうって?

今回はちょっとだけ違うんです。


例えばV字に深く切れ込んだ渓流の場合、光源は殆ど頭上からですよね?
晴れても曇っても、やっぱり光源は上からですよね?
だとすると、ラウンドバックのルアーはこんな感じに反射するはずです。

20101003_2.jpg
20101003_1.jpg


対してサイドフラットの場合はこんな感じになるはずです。

20101003_3.jpg



つまり、入射角の低い角度で入って来る事は殆ど無い渓流では、殆どの光源が上から来るため、サイドフラットの方がより鋭角に、そしてより深い水深まで到達する事になる。
だからこそ、下の魚まで浮かす事が出来る。
結果、釣れる…と…


そう考えると、マズメの斜陽が差し込んでくるオープンフィールドなら、ラウンドバックでも広角に反射でき、広範囲の魚にアピールする事が出来るが、渓流ではやはりフラットサイドの方が下へのアピールが強い。
だからこそ、渓流以外のルアーにはフラットサイドが無い…って事も、ある程度納得出来ますw

え?
能書きはいいから、トットとはじめろって?

今日は何もしてないので、知った風な講釈で終わり~w





KKさんに言われたんですよ…

渓流最強ルアーって言っても、魚種や川のタイプによって全く違うんだけど…(´,_ゝ`)


剴切!!


氏曰く、「市販品は誰が使ってもソコソコ釣れるが
誰が使ってもソコソコしか釣れない。
(ファミレスのメシみたいなもん)」だと…ww

上手い事言いますね~…
格言の域に達してますよw
って感心してる場合じゃないってのw

じゃ、世界最強のファミレスルアーに変更しよう!

まぁ何にせよ、私の場合、緻密な攻めをするタイプではなく、大雑把にファミレスルアーで1日通す事が殆どなので、路線は世界最強の汎用ルアーでいいかw
いや、むしろ私みたいな釣り人には汎用性に優れたルアーこそが望まれるのだ!

負け惜しみじゃないですからね!

負け惜しみじゃないですからね!

…にしても、方針転換が早すぎだろ…w





じゃ今日はウェイト用のモールドを創ります!

まずは転がってる端財をカットして…

20101002DSC03124.jpg

形を整えます。

20101002DSC03125.jpg


次に合わせて穴を明けます。

20101002DSC03126.jpg

はい、こんな感じ★

20101002DSC03128.jpg

次に同径の棒を…

20101002DSC03129.jpg

ハメ殺しでこんな感じ。


20101002DSC03130.jpg
20101002DSC03131.jpg
20101002DSC03132.jpg


ゆるければハンマーで叩いて少しだけ径を広げる。


ピッタリ★

20101002DSC03133.jpg


次に面取りをして

20101002DSC03134.jpg


ソコに穴位置を決め、3mmドリルで穴を明ける。

20101002DSC03135.jpg


次に同径エンドミルで広げる。
20101002DSC03137.jpg
20101002DSC03138.jpg

はい、こんな感じ★

20101002DSC03139.jpg




引っかかりそうな所をリューターで面取りして終了~

次はワイヤーが貫通する穴を明けます。


あ、最後に…

負け惜しみじゃないですからね!





久しぶりにルアーを大真面目で創りたくなって来ましたw


さて皆さん…

今回のルアーは、私のハンドメ経験や技術、そして装備の全てを注ぎ込んで、
アレやコレや、市販されてる渓流用ルアーの全てを越える物を作る予定です。
これは大マジですw

で、色々考えているのですが、このブログを読んでる皆さんも、ご意見があったら
ドンドン書き込んで頂けませんか?
もちろん採用するかは内容次第ですが、皆さんのご意見も参考までに聞かせて頂きたいと思ってます。

ただ~… 今回のルアーは”魚を釣るための究極形”の予定なので、人を釣るためのご意見は結構ですw
「山女カラーが欲しいです!」とか?w
「ウロコのパターンがもっと細かい方がいい」とか?w

って事で、流体力学の得意なキンゾーさんと、徹底的な実証主義で有名なKKさんは定期的に見に来てくださいw





さて…
サイドフラットがよく釣れるって言うのを考えて見た…

KKさんからの参考意見もあり、ある程度の結論に至りました。

つまり、サイドフラットって言うのは、もしかしたらフラッシングがいいとか悪いとかの問題ではなく、
背面で水流を受ける面積がラウンドに比べて広いから、いいのではないだろうかと…



KKさんの経験談によると、サイドフラットのルアーを創った事があるが、角を落とした途端、
アクションがだめになったとか…

この話しを聞いて最初、剥離を思い出した。

剥離とは、まぁ簡単に流体の攪乱みたいなもんです。

流体は何かに当たって通り過ぎる時に、エッジが立ってると、より気流が乱れるんです。

2010100120101001_3.jpg

だから薄いサーキットボードのリップやバイブレーションの角は理屈に合ってるんです。

つまりKKさんのケースは、背面の角による剥離が原因かと思ってましたが、後になって、もしかしたら、単に背面積が大きいから、それがリップと同じような作用をしてるのかも…と…

だとすると、サイドフラットがよく釣れるって言うのはフラッシングじゃないって結論になりますw


でもまぁ、最強ルアーを目指すなら、一応フラッシングも検証してみましょう★
モデリングだけど…(爆

実際にルアーが泳いでると仮定して、カメラを図のように旋回させます。

2010100120101001_1.jpg

上から見た画ね。↑

太陽は、釣り人がアップで投げると仮定して、釣り人の背中から、比較的高い位置に設定してます。



ではカメラの水深を分けてやってみましょう。
あ、ちなみにウォブリングだけでローリングは無しって事でw
面倒だし…w
それとやっつけモデリングだから、あまり創りこんでないけど、そこ突っ切らないようにw


まずは同じ水深の目線から…



さして変わりは無いような…w

次に上から見た画。



これもあまり差が無いような…w

じゃ次は、魚が一番観てるであろう下から見上げる目線。



お!!

フラットの方がフラッシングしてる?

今度はルアーを黒くして引きで。



やっぱりラウンドに比べ、フラットはよく反射する角度がありますね…


今度は定点カメラでこんな配置。

2010100120101001_2.jpg


おぉ!
やっぱり!




なるほど~

フラットの方がフラッシングもいいですね…

例えばフラットとラウンドのフラッシングの差が、同目線と上から目線に限っては大差ないって事は、
フラット有効説の理由が面積だろうが剥離だろうがフラッシングだろうが、少なくても
ラウンドよりはイイって結論になりますね。
それに、実際にはコレにローリングも加わってくるだろうから、反射はさらに下へと複雑に放たれるはず…

フラットが釣れるって言われるワケだw

でも、バスルアーにしても渓流ルアーにしても、意外と市販品にフラットが少ないのって、おそらく人が釣れないからなんでしょう。
まるくてヌメってしてる方が断然リアルですかね~w


よし!
形が決まりました。

おそらく”カク張り過ぎだろ!”ってくらいカク張った背面になるかも~w
でも心情としては、見た目超リアルにしたい…w
「俺のブラシワークって凄くね?( ̄ー ̄)」みたいな?w
そしてコメントに
「今にも泳ぎ出しそうですね!」みたいな?w


それにしても、このモデリング仕上げるのにどれだけ時間かかってると思ってるんですか!w
おそらく3時間くらいかかってますよw
たった1回の記事にこれだけ時間をかける私を、誰か誉めて!(爆






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。