専門用語集


いや~!

やりましたね~ サッカー。

マジで、岡崎が日本に帰国出来そうでよかったよかったw

本当はライブで観るために秩父釣行を控えたんだけど、寝るタイミングを逸してヘンな時間に就寝。
一応3時に目覚ましかけたんだけど、睡魔に負けて起きる事が出来ませんでしたw
秩父行けばよかった・・・w

でも今日は勝てる気がしたので、あまり気がかりではありませんでしたけどね。

まぁあれですよ。
日本ってのは調子がイイとのぼせ上がって本番でコケるケースがあるので、試合前の調整試合で
負けが込んでる方がいいのですw
ですから今回の序盤はいい試合すると思ってましたけど~・・・
今は、予選突破して調子付いてるんで次の試合はダメかもしれませんね・・・




さてさて、以前から不思議だった事があったんです。

それは、なんで誰もリセントを再アルマイトしないのだろうかと・・・

20100625DSC02605.jpg


アルマイトって剥がすことが出来ますので、小ロットでアルマイトを受けてくれる所を探せば
誰にでもオリジナルが出来ると思うんですけど・・・

って事で私がやってみましょう★

OHULSカスタムはオリジナルカラーのリセントを合わせる予定です。

リセントはキャップがオリジナルと異なり、圧入じゃありませんので
外すことが出来ます。

20100625DSC02606.jpg

キズが付くので、こんなので外してください>マネする人

20100625DSC02607.jpg


よく観るとバイトがビビってる跡がありますw

20100625DSC02608.jpg

イジワルなブログだわ~w

それとヘソのここって何ですかね?

20100625DSC02609.jpg



剥がし方は”パイプユニッシュ”に浸けるだけ。
適当にググって下さい。

20100625DSC02610.jpg

適当に希釈するのですが、濃度は、浸けて泡が出る程度です。
シュワ~って泡が出てきます。


泡が出てるって事で分かると思いますが、コレって溶かしてるんですよね。
ですからやり過ぎるとサイズが微妙に変わってきますw
さらにやり過ぎると無くなりますw
まぁそこまでやる人はいないと思いますけどねw

で、1時間くらいでこんな感じ。


20100625DSC02611.jpg

わ・・・ 分からん・・・w

やっぱりシルバーってのが間違いだったか・・・w

でも顔料が浮き出てるから、一応進んではいるのでしょう。

20100625DSC02612.jpg

20100625DSC02613.jpg


ただ、どこまでやるべきかが分からないw

やるならグリーンとかがよかったかな・・・

ホラ、あれってアレがあれで回収されてるでしょ?
全部私が引き取ってもよかったのに・・・
もちろん、徹底的に叩きますけどねw

で、リューターでこんな感じ・・・


20100625DSC02614.jpg

??
何が変わってるんだ・・w

もう少しやった方がいいかも・・・w


いずれにせよ、コレが成功したら皆さんに、事細かに説明しますので
最初は私が人柱になりますw
もしかしたらダメかも~w

ちなみにコレは2010に合わせると先ほど言いましたけど、肝心の彼はまだこんな感じ★

20100625DSC02604.jpg

スプールのアルマイトがキレイに出来たら進めますね。
色は内緒ですけどw
でも赤の予定ですが、アルマイトがキレイに仕上がったら返送になるかもしれません。

それが出来たらカーディナルのカスタムは終わりにしようかな・・・
飽きたし・・・
次は実際にリールを創りたいな~・・・
スポンサーサイト





最近のクリアレイクはタフだからディープエリアでのフィネスがストロングパターンになりやすいんですよね~

的なカタカナばかりを並べ立てて、さして釣りに詳しくも無いお客さんに誇らしげに語ってる店員とかっているじゃないですか。
しかも、それを言ってる自分に酔ってるフシもあり、なおかつそれを理解できないお客さんを睥睨してる感もある・・・

私は「不親切だわ~(  ̄. ̄)」って白眼視してましたけどねw

一昔前に、たまに目にする光景でした・・・
特に20年くらい前のサンスイとかってそうでしたw
今は親切な店員さんばかりですけどねw


そんなブログになってませんかね?
ウチのブログ・・・


って事で、今、専門用語集を作ってます。

DSC02602_1.jpg


出来上がったらサイトに上げますね★


さてさて・・・

今日もメダリストをやってるんですが・・・


20100622DSC02601.jpg


20100622DSC02603.jpg


最近時間がとれず、今日はここまでw

さして進捗なくスミマセンm(_ _)m>依頼者様





サッカー観てますよね?

毎度の事ながら、ワールドカップの熱狂振りって面白いですよね~

だってホラ、普段サッカーなんて観てる人少ないですよね?
それなのに、さも”サッカーファンです”的な熱狂振りw
誰も普段サッカーなんて観て無いだろってのw

え?
私ですか?

J-リーグなんて全く観ませんよw



さてさて・・・と

先日に引き続きメダリストをやりましょう。

まぁ先日の失敗もあったわけだし、今回は内径をしっかり出せば失敗する事なんて無いでしょう。

まずは外径から~
同じ工程なんでねw

でも今回は少しだけ違うんです。


20100618DSC02583.jpg
20100618DSC02584.jpg
20100618DSC02585.jpg

ここまで来てフライスに移動。

20100618DSC02586.jpg

下に付いてるのはロータリーテーブルってヤツで、ハンドルを1回転すると5度回ります。
それに旋盤のチャックをロータリーテーブルに合体させることが出来ます。

つまり、今回の溝の数が12なので、6回転づつ回転させて、フライスのスライドテーブルを
決まった位置に動かせば出来上がりってワケ★

今度、専門用語集を作ろうかと思ってます。
もちろん金属加工のですよ。
釣りの用語なんてどうでもいいんですよw


って事で、ギャーって回してギャーって削って行きます。

20100618DSC02587.jpg

これは表になります。
前回と違って、外輪から刃を入れて行きます。
これにはワケがあるのですが、構造上の問題なので割愛します。
裏は花模様のように内輪側から入れて行く予定です。


削って、ハンドルを1 2 3・・・ 6 と・・・

ギャーって削って

ハンドルを1 2 3・・・ 6 と・・・

ギャーって削って

ハンドルを1 2 3・・・ 6 と・・・

ギャーて削って

ハンドルを1 2 3・・・ 5 と・・・

ギャーって削って

ハンドルを1 2 3・・・ 5 と・・・




20100618DSC02588_20100618180621.jpg





imago_i.jpg






20100618DSC02589.jpg



gegege_i.jpg



30度ピッチから25度ピッチにいつのまにか変わってるよ!!!



nanndayoDSC02589_1_i.jpg






ムカツいたから今日はしない!w





さて・・・

メダリストですw

先日のを突っ切りで落として実装してみます。
これで色々分かるはずです。


厚さは3mm。

20100615DSC02569.jpg

で、落としてこんな感じ。

20100615DSC02570.jpg

実装してみます。

20100615DSC02571.jpg
20100615DSC02572.jpg

カリカリ回してみます。

超イイ感じですね~w
全く問題ありません。

続いて裏面を加工できるかやってみます。

表の溝は外輪からエンドミルの歯を入れて行きましたが、それだとヤトイを創る必要があるので
裏面は内径側から入れて行きます。
言ってる事が分かりませんかw
観ていただければ分かります★

では旋盤に戻してプレートの入る箇所を切って行きます。

20100615DSC02573.jpg

やっぱりココまでワークが薄いと、偏芯もありません。

で、こんな感じ。

20100615DSC02574.jpg

メダリスト持って無い人は、何はどうなってるんだか分かりませんよねw
画像だと伝えるのが難しいです。

で、フライスに戻して・・・

20100614DSC02562.jpg

内径側から切って行きます。

20100615DSC02575.jpg
20100615DSC02576.jpg

ハイ、こんな感じ★

20100615DSC02577.jpg

見た目はコッチの方がカッコイイですねw
何だか花みたいで・・・w

20100615DSC02578.jpg

コレで裏表の加工が完了しましたので、問題なく動くはずです・・・

と・・・思ったら・・・w

スプールが逆転しないよw


そうなんです・・・
実は表と裏は傾斜が逆なんですよね~(((((核爆))))))

そこまで考えなかった・・・w



でも分かりました。


次回本番!!





昨日のサッカー勝ちましたね~!
いや~、本当によかったよかった。
私は前半観て寝ちゃいましたけどねw
でも私の代わりに、声を枯らして応援してくれた皆さんのお陰ですよw

昨日の続き★

フライスにセットするのはこんな感じ。

20100614DSC02562.jpg

エンドミルを当ててみたら、角度がゆるかったので、さらに慎重にセットする。

フライスに限らず、金属加工のセッティングは、0.1mmでもずれたら一発で失敗になる。
だからワークを留める時は慎重に慎重を重ねる必要がある。
これを怠る事まかりならんのですw

10mm径のエンドミルで30度刻みに切って行く。

20100614DSC02564.jpg
20100614DSC02565.jpg


完成したのがコレ!


20100614DSC02566.jpg

あ、なるほどねw

溝の数は12。

深さもいい感じなんだけど・・・

20100614DSC02567.jpg

よく分かりましたw

ホラ、ここ!

20100614DSC02568.jpg

エンドミルをワークのセンターに合わせたから、中心から開かないで少し
捻った放射線になってるんです。
少しオフセットした方がよかったのかも知れません。
でも音を出すだけの機能でしたないので、実質的には全く問題ありません。

まぁコレを一回突っ切りで落として、実際にセットしてみよう。

少なくても12枚の羽が大丈夫かどうかは、実装して分かるはず。
パッと見、大丈夫みたいだけど、コレばかりは実装してみないと分からないw

それとアレなんですよね~・・・

このプレートを留めるプレートがあるんですが、そこに2つの内径が切られてて・・・ 説明が難しいからいいかw


でも、何となく看えて来ました。

次は、実装してみて構想を練りますね★





オレ~ オレオレ俺~!

今日は眠れませんね~w

皆さん、声を枯らして応援してくださいね~!



さてさて、
メダリストをやっちゃいましょうか。

プレートの段差はこのピンの部分しか必要ない。

20100614DSC02552.jpg

だからココだけ段差を付ければいいんだけど、やっぱり加工上それは出来ないw
色々考えたんだけど・・・w

それにしてもサイズが面倒なんですよね~

20100614DSC02554.jpg

数値がキレイじゃないんです。


精密な図面でサイズを示すとこんな感じ★

20100614DSC02555.jpg

精密だ・・・w

実は今回、何となくイメージが掴めない・・・
大体は頭の中で完成がイメージ出来るんだけど、今回はそれが出来ない・・・

うぅ~む・・・

まぁ、失敗してもいいから一回やってみようw


って事で、悩むよりも手で探ってみる事にした。

まずは端面。

20100614DSC02556.jpg

ついでセンタードリルから穴あけ。

20100614DSC02557.jpg
20100614DSC02558.jpg
20100614DSC02559.jpg

穴を広げてこんな感じ。

20100614DSC02561.jpg


次はチャックごとフライスに戻して溝って言うか、アレを切る・・・んですけど、
長くなるので次にw





今日、沢靴を買った。

ようやく今シーズンの入荷があって、KKさんお勧めのモンベル-サワークルーザーがコレ!

2010061111253131.jpg

去年のモデルと較べてシャープになってますw

これはフェルトがゴートフェルト。
フリクションが最強だけど、減りが早いw
でも命には代えられないw
おそらくKKさんは「お前は素人だから道具に金かけろ(´,_ゝ`)」って事なんだろうと思うw

だけどこの発想は正解で、素人ほど道具に頼ったほうがいいのです。
ゴルフにしても、当て易い設計の方がいいに決まってるのだw
私がゴルフクラブ選択のアドバイスをする時には、必ず「多少高くても、当て易い物を選びなさい」と言いますw


それとコレも同時に購入★

20100611mon1129601bk.jpg

靴じゃなくてアイゼンの方ねw(2000円)


どうしても突破したい泥壁があるんですよ・・・
本当は沢靴には”ピンソール”ってのがあるらしいんだけど、ちょっと高価だから
これを試します。
これがダメだったらピンソール買ったらいいでしょう★


これでようやくウェーダーから開放されるw
まったくあのウェーダーってヤツは動きにくいし、ダイブしたら死にそうになるし暑いし
全くいい所が無い!
関東ではウェーダーで行ける場所に魚なんて残ってないんです(爆
やっぱりあの上にあるかもしれないパラダイスを見たいじゃないですかw


それにしても沢靴ってやつは、どうしてあんなに履きにくく、脱ぎにくいいんでしょうかね??w


あとはザックか~( ̄ー ̄)





いよいよワールドカップですね~
楽しみですね~w

でもアレですよね。
日本人が集まると、すぐに”侍○○”って名前付けるのどうにかなりませんかね?w
軽々しく”サムライ”って遣うと、何だかコッチ恥ずかしいと言うか・・・
何も、侍みたいに命賭けてやってないだろ・・・(´,_ゝ`) 

って思いません?w

本当に切腹するなら”侍”って言ってもいいんでしょうけど・・・w



さてさて。

メダリストがやってきた。

20100610DSC02544.jpg

名機ですね!
昔からありながらも、今も尚、第一線で活躍する名品です!
私もこれが大好きです。


で、今回の依頼なんですが、フライリールってカチカチとラチェット音がするじゃ無いですか。
フルーガーのフライリールってスカスカなんですよw
その音を出してるのがコイツ。

20100610DSC02545.jpg
20100610DSC02546.jpg

見て分かると思いますが、1回転に付き4回しか音がならないw
何だかスカスカなんですw

で、コイツの溝って言うのでしょうか?
それを増やして欲しいとの事。

分かる~~!w

で、実はこいつを創ってる人が海外にいたんだけど、病気とか死んだとかで
供給されなくなったらしい。
これをウチで創れば、それなりの仕事になるとかなら無いとか・・・

まぁそれは言いとして、その人が作ったのがコレ。

20100610DSC02550_1.jpg
20100610DSC02550_2.jpg

あ、なるほどねw

でも面倒な形してますね~

構造的にはココが

20100610DSC02549.jpg

溝に当たり音がすると同時にアンチリバースにもなってると・・・
そう言うわけなんだけど、これって画像みたいな面倒な加工をしなくても
もっと簡単な構造になるんじゃない??

って事で私が考えたプレートがコイツだ!

20100610DSC02550_3.jpg

コレならいくらでも溝を増やす事が出来る。
だけど傾斜の角度がきつくなると、重くなる可能性もある・・・w
画像の溝の数は16くらいかな~・・・
数えて無いけど大体そんな感じw

これなら送られてきた画像よりもシンプルだと思うんだけど・・・

でもよくよく見ると、このプレート・・・
ドラグのラチェット音もするから、裏も溝が入ってるんだよね~・・・_| ̄|○

20100610DSC02548.jpg

え?
何が問題かって?

コレは両面加工する必要があるのですが、コレだけ薄いと裏面を加工する際に旋盤で掴めないじゃ無いですか。

だからどうするかと言うと・・・

i_tuduku


私の案でいいですか~?>依頼者様

溝の数は現物合わせで行こうと思います。
もちろん6や8なんて言うチンケな数じゃ無いですよw





カーディナルローター修理、第2R カーン!

私は挑戦する物の殆どが仕上がってます。
途中で失敗に終わる事はありません!

なぜならば、スキルとかの問題ではなく、出来るまでやるからですw
ヘビも弟子入りする位、シツコイんですw

この程度の修理が出来ないとなれば、修理屋の名折れですからねw


ちなみにこのローターなんですが、何でも現行品とは形が少し違うらしく、
ピュアで新しく入手するのではダメらしいですw
だからコレを修理する必要があると・・・
まぁご本人はカーディナルだけで12台でしたっけ?
先日もう1台増えたんでしたっけ??
そのくらいのヲタですから、ドコが違うか私には分かりませんが、ドコか違うんでしょうw

それにしてもウチのサイトを見てる人も、依頼者様にしてもヘンな人が多いですね~・・・
マトモなのは私だけですよw




さてさて・・・

工程は先日のそれと殆ど同じです。

でも、今回はネジを旋盤で切った後に入れたいと思います。

20100608DSC02535.jpg
20100608DSC02536.jpg
20100608DSC02537.jpg


なぜ初めからそうしなかったのかは、理由があります。

それは、圧入する際にカラーの頭を多少なりとも叩く必要がありそうなので、
その際に山が潰れる可能性があったからです。
ですから圧入した後にネジを切る方が安全と思ったのです。

ですが、今日はネジを切った後に圧入と・・・

その理由は、昨日の経験から、カラーのサイズが予想出来るようになったので
一発でカンペキなサイズのカラーを切り出す自信があったからです。
頭が潰れるほど強い力で叩く必要もなく、且つ充分な強度を得られるカンペキなサイズのカラーですね★


それがコレ!

20100608DSC02539.jpg

裏がこんな感じ。

20100608DSC02540.jpg

思った通り完璧です!
いや・・・ 思った以上に完璧ですw

一応ネジを通してみます。

20100608DSC02541.jpg

いいですね~( ̄ー ̄)

本当に一発で決まるとは思わなかった(爆


じゃ送りますね~


20100608DSC02542.jpg



次はフルーガーのフライリールになると思います★





人のブログを見て妬く時があるんですよ・・


それはサクラを釣った記事でもイトウを釣った記事でも無く、
思わず笑ってしまった時ですねw

まぁ釣りなんぞ水物なので、釣れても釣れなくてもそれはそれでヨシじゃないですか。

だから釣果を羨ましく思う事は無いんですけど、笑いだけは「ちっきしょ~! 面白いじゃないか!」って
思うんですよ・・・

やっぱりお笑いブログとしては、そこだけは譲れないと言うか・・・w


そう言えば、先日ネジ切った3のローターが返品になりましたw

実際に組んでみたら、中からポロポロと金属片が出てきて、ネジが効かなくなってしまった・・・と・・・w


すみませんm(_ _)m>馬謖様


でもって、今日はそれをやります。

結局はカラーを圧入してねじ切るしか無いみたいですw

でも圧入って超難しいんです・・・
まぁやってみましょう★


中はこんな感じになってます。

20100607DSC02519.jpg

穴径は3mm。

20100607DSC02520.jpg

広げても3.5mmで、ネジの下穴が2.5mm・・・
ギリギリで大丈夫かダメか・・・w


まずは穴径を広げます。

20100607DSC02522.jpg
20100607DSC02523.jpg

これで引き返せませんw

20100607DSC02524.jpg

次にカラーを作成します。

20100607DSC02525.jpg

20100607DSC02526.jpg
20100607DSC02527.jpg
20100607DSC02528.jpg
20100607DSC02529.jpg
20100607DSC02530.jpg

取りあえずカラーにはセンタードリルで位置決めだけして、極めてから下穴とネジ切りをしようと思います。

それにしても圧入ってサイズが難しいんですよ~・・・

今回は若干のテーパーかけてます。

ローターの穴径が3.5mmなので、カラーは前が3.53と後ろが3.55くらい・・・


組んでみる・・・

まぁまぁなんだけど、ちょっとゆるい・・・w

作り直しです_| ̄|○ ガクッ

まぁ1回で完成するとは毛頭思って無かったのでいいでしょうw


次は下穴を空けて起きます。

20100607DSC02531.jpg

下穴が空いて無いとローターをセットする際に、垂直が出にくいんですよね・・・
だから下穴を空けた状態でカシメた方がいいと判断し、今回は下穴を空けます。

サイズは前が3.55で後ろが3.57くらい。

20100607DSC02532.jpg

入れてみた。

20100607DSC02533.jpg

ネジを切る・・・


あれ?


20100607DSC02534.jpg



あ、そっすかw



ちょっとエンジンかけて行きますか~!!





さて2日目・・・

凍死せずに無事に生還w


今日はM様と合流予定です。

先週合流するも、タックルを壊してしまって釣りが出来なかったウサ晴らしを是非、今日したいものだw


待ち合わせの時間まで少し間があるので、ダムサイト付近にある
高床式の展望台みたいな所で、秩父の街を眼下にコーヒー&読書&モンキーウォッチング


20100604P6040019.jpg
20100604P6040021.jpg
20100604P6040022.jpg
20100604P6040026.jpg


ソロソロと慎まし気に登る朝日を浴び、コーヒーを片手にお気に入りの本を読む・・・
贅沢だ・・・
贅沢すぎる・・・・w

何だか早速釣りがどうでもよくなってきたw



しばししてM様と合流~

ドコに行くかって事になったんだど、先週行った川の更に上流をやる事にした。
去年もそこには行ったけど、滝を巻くことが出来ず、そこより上は行った事が無い。
私もやってみたかったのです★

20100604P6040030.jpg

20100604P6040028.jpg

20100604P6040031.jpg

途中、昼食を摂って浦山本流と駐車場所の下を少し攻める。

20100604P6040032.jpg
20100604P6040033.jpg
20100604P6040034.jpg
20100604P6040035.jpg
20100604P6040036.jpg


釣りを終えたのが4:30くらいでしょうか・・・

釣果の全てはM様のものですw
私はボウズ(爆

全体的に小さかったけど、M様には3get2バラシ。
もうちょっと釣れてもよさそうなモンだけど、ま~そんなもんでしょう。

残念ながら私は釣れませんでしたけど、釣りなんて水物ですからねw
それも一興ですよ★


さてさて、生粋のトラウトアングラーの私としては、来週はあの湖でバスでも・・・と考えていますw

それにしてもトラブルも何も無い釣行記って面白く無いわ~・・・w


あ、そうそう、2ロット目のリセントは大丈夫みたいですよ。
ヘソのライン絡み・・・
ただちょっとだけコツがあるんですけどねw
まぁカーディナル遣いの皆さんなら楽勝でしょう★





秩父行ってきましたw

もう、いい加減、秩父の釣行記は見飽きたと思いますけど、それでもこの時期は”生粋のトラウトアングラー”である私は、秩父にいってしまいますw

さてさて、今回はマイナーな川では無くて、先週、タックルを踏みつけてしまって
残念ながら竿を振る事が出来なかった浦山川に再挑戦です!

今回はこのタックルで・・・

20100604P6030001.jpg



で、渓相なんですが、こんな感じ。

20100604P6030002.jpg
20100604P6030003.jpg

全体的には悪く無いんですけど、やっぱりメジャーな川って事で、魚は薄いですね~
まったく釣れる魚はいませんでしたw

で、程ほどに上がって行くと枝沢が・・・

20100604P6030004.jpg

コッチの方が面白そうだ・・・w

って事で、枝沢に歩みを進めます。

20100604P6030007.jpg

少し行くと堰堤にぶつかり釣りが出来ないため、上の林道に出ます。

さらに上に行くと、ちょっと前には使ってたけど、落石がヒドイので使わなくなりました・・・ みたいな
荒んだ林道が・・・

20100604P6030015.jpg

20100604P6030009.jpg
20100604P6030010.jpg

20100604P6030008.jpg

今となっては人っ子一人通って無い、完全に進入禁止の林道ですw


まぁその方が荒れて無くていいでしょう!

って事で、さらに上に上がります。

すると・・・

20100604P6030012.jpg

いいですね~

ここまで来ると、陽が差さないのでウッソウとしてます・・・
あまり好きなタイプの渓相では無いんですよね~w
何だか恐いと言うか、気味が悪いと言うか・・・

でも渓相は悪く無いです。

いたら確実に固有種君でしょう!

しかし・・・ 釣りあがるも反応なし・・・

ガンガン釣りあがると・・・

やっぱりこうなりますw

20100604P6030013.jpg

出たw

釣りあがるのが面倒だ~w

でも行きましょう!
この先にはパラダイスがあると信じて・・

一心不乱に打ち続けるも、やっぱり反応なしw
ふと上を見ると・・・

20100604P6030014.jpg

ゲゲ!

なんちゅ~恐い岩だw

アレが落ちてきたら一巻の終わりだ・・

画像じゃ分かりにくいけど、人を配するとこんな感じ。

20100604P6030014_1.jpg

結構、大きいでしょw

何だか恐くなってきたので、引き返します・・・

そして浦山川の本流に戻り、釣り上がりますが、それでも反応なし・・・

腹立ちまぎれに、「なら最下流に行こうじゃないか!」って事で
バックウォーターまで下がります。

20100604P6030016.jpg
20100604P6030017.jpg


そして釣りあがる・・・

途中には大きなプールがあって、それなりにいい雰囲気なんですが・・・

20100604P6030018.jpg


ヤレヤレ・・・

なんちゅ~魚の薄い川だw

って事で、例によって例の車中伯場所に移動・・

今日はタックルも轢いて無いし、鹿も振って来なかったw


あ、今回はBBQレポありませんのでご安心を★
私も、もう飽きてきましたよw

で、適当に酔いが回ってきた頃に、ダムから上がってきた人がいました。
どうやらバサーみたいです・・
それにしても8時ですよ・・・
いつまで釣りをしてるんでしょうかw
好きですね~

少し話しかけてみました。

使ってるロッドはタバコグラスのミルドラムガイド・・・
いいですねw

お話しさせていただいて分かったのですがジョイプラグスさんの管理人様でした。

色々とお話しを聞かせて頂き、次はバスにでも挑戦してみたくなりましたw
先日はありがとうございましたm(_ _)m>管理人様



って事で就寝・・・



今回は、ランクルのハッチの上に新聞紙を敷き、その上にガスコンでロBBQした際に
新聞紙に炎が移り、あわや大惨事になりかけた以外、
ネタになりそうな面白いトラブルはありませんでしたw

それと寝袋を忘れたくらいですかね~

初めハンモックで寝ようと思ったんですが、30分で凍死寸前になり、車に逃げ込むも、
寝袋を忘れ、これまた凍死寸前・・・w
凍えながら朝を迎えざるを得なくなりましたw


さてさて… 明日は何が起こるやら・・・w






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.