専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今日はキャップです。


色々デザインを考えたんだけど、A様のと同じにしますw

やっぱりこの手のパーツってシンプルなのが一番飽きが来ないんですよね。

20100129DSC02104.jpg
20100129DSC02105.jpg

はいこんな感じ。

20100129DSC02106.jpg

ヒネリが無くてすみませんw
殆どA様と同じになってしまいましたw


20100129DSC02107.jpg


クドいようですが、これはドレスアップが目的ではありませんのでw
業務用ハンドルみたいなモンです。
キャップのボルトもSUSの皿ネジのプラスだしねw

ちなみにノブシャフトは軽さを重視してアルミ。
ノブはEVAですから、出来上がりはそれはそれは業務用な感じで・・・w
スポンサーサイト





正月太りがようやく戻せました・・・w



さて、今日はジョイントの加工です。

プレートの溝入れですね。


どうやって掴もうかと思ってたんですよ・・・
一度チャックから外してるか・・・
まぁ何とかなるかと、軽い気持ちだったんですけど、

でもホラ・・・

20100129DSC02096.jpg

偶然にもVブロックがピッタリw

まさに奇跡!w


で、フライスで・・・・

20100129DSC02097.jpg

リューターやらヤスリやらでバリ取りしてこんな感じ。

20100129DSC02098.jpg

あれ?w

ほんの少しユルイかも・・・w

20100129DSC02099.jpg

まぁ売り物じゃないからいいや。
売り物だったら即ボツだw

で、旋盤に戻してセンターにマーキング。

20100129DSC02100.jpg

そしてプレートに穴あけ。

20100129DSC02101.jpg

ついでにノブのシャフト穴もあけます。

この段階で穴の位置決めをしないと、正確なクランク長が出しにくいんですよね。

ちなみに今回のはC-C85mm。
ノーマルよりも2.5mm短くしました。

20100129DSC02102.jpg


はい、こんな感じ。

20100129DSC02103.jpg


あ~ これで一番嫌いなパートが終わった・・・w

次はキャップか・・・





私の知り合いには優しい人が多い。

何でも知りたがりな私は、人によく物を聞く・・・

先日もKKさんに”解禁したてって釣れますか?”ってメールしたら優しい返事が・・・

i_20100129DSC02107.jpg


これ原文w

いやだな~w
冗談ですよ! 冗談w
もちろん知ってますよ。
なんて言ったって解禁したてですからね★


まだ他にも優しく教えてくれる人がいる。

ちょっと前にカズチンに時計の事を聞いたら、これまた優しい返事が・・・


i_020100129DSC02107.jpg

優しい・・・ あまりにも優しい・・・w



さて先日のC3の続き。

今日はカーボンプレートの切り出し。

ハンドル作成の過程でコレが一番嫌いw

20100129DSC02091.jpg
20100129DSC02092.jpg

こんな感じに切り出す。

20100129DSC02093.jpg


エッジを揃える。

20100129DSC02094.jpg


あ~ 疲れた・・・

20100129DSC02095.jpg

今日は疲れたのでこれで終了にしますね。

シャフトが来るまでにやっつけないと・・・
いや・・・ 仕事がヤッツケって事じゃなくて・・・ w







それにしても解禁したては釣れるのだろうか・・・w
あれ・・・厨房みたいな質問だったんだ・・・・w
だから誰も答えてくれなかったのねw 





ウチのサイトって、リールのネタが無いと更新出来ないのが最近分かった・・・w

さてさて、昨日の続き。

色々ジョイントの形を考えた・・・・

2010012701.jpg
2010012702.jpg
2010012703.jpg

やっぱり○バラさんのが一番カッコいいように思える・・・
ストレートに溝。
でもC3だと重くなるし、ちょっとかっこ悪いかも知れないけど絞るか・・・



突っ切りで適当に落として・・・

20100127DSC02083.jpg
20100127DSC02084.jpg

適当過ぎるw

で、テキトーに誤魔化して・・ じゃなくて、キレイにして・・・

こんな感じ★

20100127DSC02085.jpg

頭を創って・・

20100127DSC02086.jpg

突っ切ると・・・

で、仮組しようと思ったら・・・・


げげげ!!
ネジ切って無いよ(爆

まずい・・ チャックから外しちゃったよ(爆

でもしょうがない・・ 掴み直してやるしかないわ~

で、チャックにはめてみたら・・

意外に掴めるよw


で、ネジ切り。

20100127DSC02087.jpg

反対側もやっちゃえw

20100127DSC02088.jpg

ラッキー!


で、出来上がったのがこれ。

20100127DSC02089.jpg


やっぱり長いわ・・・

20100127DSC02090.jpg

でも自分用だからいいかw
本当は角度付きのダブルも出来るんだけど、手間がかかるし自分用だし・・
そして今回はドレスアップとかじゃなくて、単にダブルになればいいわけで・・・

でも溝くらい入れてもよかったかもw


後はカーボンプレート切り出して嵌めるだけ。
タイプはA様の33ダブルと同じです。

世界に一つではなくなってしまいますねw>A様

あ、でもC3だから世界で一つか・・・





解禁が待ち遠しい・・・

って禁漁になった時に思ってたんですが、寒いのが嫌いな私としては
解禁になっても暫くは渓流に行かないような気がします・・・
一人BBQも寒いし・・・ そもそも水に浸かるのがアレですよ・・・ あれw

時に、解禁したてって釣れるんですかね?w
誰か教えて~


そう言えば今日、716ZのM様よりスピナーを頂きました。

20100126DSC02068.jpg

Daiwaのスピナー。

セルタっぽいと言うか・・・

そしてカップが浅い・・・

20100126DSC02069.jpg

計ってみたら0.5mmくらいで、ブレットンが0.75くらい。

20100126DSC02070.jpg

そえとちょっと面白い事が・・・

裏面の説明が・・・

20100126DSC02066.jpg

ここ!

20100126DSC02067.jpg

ここにこんなパーツがあると回転がよくなるの?
誰か教えて~!!




さてさて、シャフトの挿し変えの依頼が3本くらいあるのですが、ハンドルが送られて来ないので
その合間にC3のハンドルをやっちゃいましょう。

またハンドルかよ~・・・って思ってます?w
私もそう思いますw

20100126DSC02074.jpg

今度も精密な図面を引いて・・・

20100126DSC02077.jpg

ココらへんから適当に・・・w

20100126DSC02078.jpg
20100126DSC02079.jpg
20100126DSC02080.jpg
20100126DSC02081.jpg



そう言えばC4とC3のハンドルは全く同じだから、○バラさんのハンドルと全く同じ工程なんですよね・・・


で、ココまで来た。

20100126DSC02082.jpg


今日は疲れたのでここまでw

では後日お会いしましょう~★

ではでは。





私思うんですけど~
リールのカスタムってカッコいいけど、ある程度、元のリールのテイストを残して無いと
ダメだと思うんですよね・・・ って最近思ったんです。

つまり、カーディナルを買ったのはカーディナルのテイストが好きで買ったわけですよね?
それをウチのデモ機みたいないじり方したら、「元のリール何?」ってなってしまうわけですよ。
ウチの場合、そこまでトコトンやってしまう事も出来るわけで・・
その時点で「別にカーディナルじゃなくてもよくね?」ってなり・・・さらに・・・
「だったらSHIMANOでよくね?」となるような気が・・・w



さてリールの話し。


少し時間が空いたので放置したままのアレをやりますw

未だに納品して無いカーディナルなんだけどねw

シャフトやらノブやらを・・・

毎度の工程なので説明省きますね。

今回のシャフトは軽量化を図ってアルミ。

20100122DSC02058.jpg
20100122DSC02059.jpg

ノブを考えたんだけど、やっぱりEVAにしました。

以前琥珀とか言ってましたが、珍しいってだけでこのリールには浮くんですよねw
漆黒のカーディナルなので、やっぱり黒がいいかと思い、そして同時に軽量化も可能なEVAにしました。
別に面倒くさくなって来たわけじゃ無いですよw

20100122DSC02060.jpg
20100122DSC02061.jpg



で、出来上がったノブとシャフトを入れて組み上げます。

20100122DSC02063.jpg
20100122DSC02064.jpg
20100122DSC02065.jpg


カッコイイ・・・ 確かにカッコイイんだけど・・・・ これは・・・ 元のリール何?w




さてさて、これでようやく納品出来ると思いきや・・・
実は組むときにベールスプリングを折っちゃったんだよね(爆
しかもピニオン新品なんで、なんだかアタリが出て無くて重い・・・
だから妙にカリカリ音がデカイ・・・w

これ・・・ ディスプレイ用決定??w


ちなみにコレ・・・ こいつの名前は・・・

バンスタール33改め・・・
カーディナルOHULSカスタム2009とします。
なんで名前なんて付けるかと言うと、2010もあるからです( ̄ー ̄)





今日は森音様用のKINZO-SPINを創ってます。
確か一つ欲しいって言ってたような気が・・・w

20100121DSC02053.jpg

地味に広がりつつあるKINZO-SPIN・・・

でも全く製品化する気の無いわけで・・・w

20100121DSC02055.jpg



実は”チラっ”とそんな話しもあったんですが、断りました。
だって私に創って納品しろって言うんだもんw
スピナー一つ作るのに旋盤やらフライスやら・・・ マジでイヤw


オマケにルアービルダーで有名になりたくもないし・・・
それにベストマッチのブレードが見付かって無いし・・・
誰かブレード見つけてくれないかな~


じゃこんな感じのキット送りますね~

20100121DSC02056.jpg

森音さんが適当に組むって事で、ヘッドとワイヤーだけ組んでいればいいって話しだったけど
一応色々入れてありますので★

あ、釣れたら画像下さいw


チョイナチョイナ★


さてさて、33のハンドルが流れたので自分用のC3ダブルでも創るかな~w





昨日のは失敗しましたw

実は受けとシャフトを別々に創ったので、若干角度が違ってたんです・・・
ちょっと気持ち悪いんですよねw

で、今日は昨日と違った方法で加工する事にします。

まずはコッチから創ります。

20100120DSC02030.jpg

ネジ切り。

20100120DSC02031.jpg

ハカマと受けになる部分を一緒に創ります。

20100120DSC02033.jpg

C4と同じようにラインを入れましたので、外したりするときはここで位置決めしてくださいね★ ハンドルの先端に来る様になってます>森音様

掴み直して受けのを創ります。

ネジの下穴を空けます。

20100120DSC02035.jpg

フライスに移して角度をコピーします。

20100120DSC02036.jpg

そして切り落とします。

まずは受け。

20100120DSC02037.jpg

そのままシャフトに角度を付けます。

20100120DSC02038.jpg

これなら絶対に角度は同じです。

20100120DSC02039.jpg


ワークを水平に戻してネジ切り。

20100120DSC02040.jpg

これで完璧のはずだ( ̄ー ̄)


じゃ仮組みを・・・

20100120DSC02041.jpg

いいね( ̄ー ̄)

試しに33用のノブを付けて見る。

20100120DSC02043.jpg

やっぱり完璧だ( ̄ー ̄)!!!
そしてカッコよくもある★




実機で仮組み!




20100120DSC02044.jpg
20100120DSC02045.jpg
20100120DSC02046.jpg


おぉぉぉ!!

超かっこいいw
いいですコレ!
すっげ~カッコイイw
溝もいいわ~w




これでようやくΣ終了だ~!
一息つける・・・ と思ったら、どうやら33のハンドルの依頼がありそう・・・(汗
解禁までに自分用のC3カーボンダブルまで出来るのだろうか?ww


じゃ送りますね~

20100120DSC02052.jpg



さて、今日はビールが美味いぞw

そろそろ”わざ許し”ですか?>カルロス師匠





今日はΣのノブのシャフトを創ります。

今回はC4とちょっとだけ形を変えてます。

C4はアルミだったけど、これは真鍮で。

20100119DSC02024.jpg

裏の受けをC面で角を落とし、ノブのシャフトのハカマは裏の受けより少し大きくします。
つまり受けとハカマと径が違います。
真鍮を使うのでボールドパーツみたいな感じになり、かっこよくなるのではないかと・・・w

20100119DSC02025.jpg

これは受けの画像。
シャフトは同じ工程なので省きますね。

これを角度をコピーして切り落とします。

20100119DSC02026.jpg

シャフトも同じ角度を付けて切り落とした後、ネジを切ります。

20100119DSC02028.jpg


で、出来上がったのがこれ。

20100119DSC02029.jpg

アクセサリーみたい( ̄ー ̄)
これを装着したらカッコイイでしょう~

で、付けて見る・・・







20100119i_n.jpg








別にあれですよ。
失敗したからガックシ来て作製が中断してるわけじゃ無いですよw

途中まで工程が同じなので省いてるだけですw

で、先日までの段階のジョイントが出来上がりました。

20100118DSC02009.jpg

コイツを突っ切ります。

20100118DSC02010.jpg

今度は直掴みですが、実は掴み後を消す方法を見つけたのです( ̄ー ̄)
本当は真鍮板を入れたり樹脂プレートを入れたり試してみたのですが、
それだとやっぱり偏芯するのでダメでした。

で、色々とやって見た結果、一つだけキレイにキズを取る方法を見つけたんです。

旋盤の場合、引き跡がありますので、その目の方向と違和感があるようなキズ消しでは浮いちゃうんですよね。
だから特殊な方法が必要になるわけです。

その方法は・・・・ 
言えぬ! 言えぬのだ!!w

まぁ誰も聞きたく無いでしょうw
私的には革命的なアイディアなんですけどね・・・w

で、突っ切った端面をキレイにして、

20100118DSC02011.jpg

センタードリルで位置決め。

20100118DSC02012.jpg

下穴の4.5mm

20100118DSC02013.jpg

次に端面突っ切りで袖の入る分穴あけをします。

20100118DSC02014.jpg

はいこんな感じ。

20100118DSC02015.jpg

キレイです・・・

最後にネジ切って・・・

20100118DSC02016.jpg

出来上がり★

アームを組む。

20100118DSC02017.jpg

お!!
カッコイイ( ̄ー ̄)

じゃ恒例の仮組みを・・・

20100118DSC02018.jpg
20100118DSC02019.jpg


あ゛~!!
超カッコイイ~!
溝もカッコイイぞ!w
OLDリールの大森にありながらにして削りだしスプールとカーボンパワハン・・・
クレイジーだ(爆
これヤバイかも~w


それにしてもこれでようやく納品の目処が立ちましたよと★


あ、これ、危ない所は全て面取りしてますのでラインとかは絶対に大丈夫です。
ブログでは、さも適当な仕事みたいななってますが、結構細かな所に気を遣ってます。
手にしてもらえれば分かります★

はいw





先日、カーディナルカーボンダブルハンドルの依頼者様であるA様よりプレゼント頂きました。

A様はルアーも創ってるので、オリジナルルアーを・・・


20100117DSC02006.jpg
20100117DSC02007.jpg

こ・・・これ・・・ 可愛くないですか?w

私、あまりルアーを見て「おぉ!」って思うこと無いんですけど
これは久しぶりに「いいね!!」って思いました。
私のサルアーなんかよりよっぽどカッコイイですねw
なんて言ってもラメのパーマーク。
これは何カラーなんでしょうか?w
でも、元バサーである私としては、こんなルアーが大好きなんですよねw
”遊び”があります★

例えば子供の頃に「えぇ~! こんなので釣れるの~!!??」って思った時の新鮮な感じ。
そんな瞬間のルアーってSTOMのホッテントットだったりウィグルワートだったりしますよね?
もしくはBIG-Oとか??
もしかしてバルサマックとか?w

あの時代のルアーって”興”があったな~・・・
最近のルアーは、必要以上に作りこまれたリアルな物ばかりでワンパターンですよね・・・
全く面白く無い!w
所詮釣りなんて遊びなんだから、”遊び”の部分があってもいいと思うんですよね~
ルアーにも・・・・
って思いません?

何だか最近のリアルミノーとか見ると「必死だな( ´,_ゝ`) 」って思うんですw
だからハンドメをやってる人は、周りの人が言うような完成度とかは気にする必要は全くないと思います。
自分の創りたい物を創ればいいんですよ。
それがどんなに突飛な物でも、自分の好きな物を創るほうがカッコイイに決まってます。
そんなルアーだからこそが人を魅了する。
80%の人が”まぁまぁイイ”って評価するルアーよりも、10%の狂信的な支持者がいるルアーの方がカッコイイじゃないですか。
そんなルアーが皆さんスキでしたよね?
いつから”リアル至上主義”になったのかな~・・・

確かに日本人は器用なので、作りこまれたリアルミノーを創る事は可能でしょう。
だけどリアルなだけのルアーって本当に好きなんですかね?>皆さん
オリザラとかビッグバドやホッテントットを見た時の「おぉ(゚∀゚)」が、アナタの創ったルアーにはありますか?

だからハンドメをしてる人は、そんな”誰からも評価されないかもしれない”バカなルアーをドンドン創って下さい。
もしそれが本当に誰からも評価されなかったとしても「所詮釣り人なんぞに分からんだろw そんなんだからダメなんだよ! 釣り人ってのはよ~」って嘯いてくださいw
私はそんな個性的なハンドメを応援してます!w



さてさて、話し戻りますが、皆さんが「こんなんで釣れるのぉ~~!!」って思ったルアーは何だったですか?


そんな新鮮な「おぉ~(゚∀゚)」がこのルアーにはあるw
私の創るルアーには全く無い発想ですね。

来期はこれで尺イワナだ!(爆

ちなみにラメって6角なのね。

20100117DSC0200701.jpg


それとコレも頂きました。

20100117DSC02008.jpg

お守りにしますね。
これを着けてれば死ぬ事はないと思います。
これで死んだらA様のせいねw

色々ありがとうございました~>A様





失敗して傷心中なのでハンドルはやってませんw



時に、先日酔った勢いでネオプレンウェダー落としたんですよ・・・
別に靴を準備しないとダメなヤツ。

今まで使ってたのに穴が空いてるみたいなので、新調しないといけなかったんですけどね・・・

あれってジーンズみたいなパンツ類の上から履くものなんですかね?
どうもウェーダーの中がアコーディオン(つまり蛇腹)みたいになってしまって気持ち悪いんですけど・・・w
まさか下着の上から??
だとすると着替えの時にはパンツいっちょになることに・・・

どうやって使うんですかね?w

でもナイロンに較べたら軽くていいんだけど、ちょっと暑そう・・・w

あとは靴か~・・・

やっぱり沢登り用の装備だと解禁した頃って寒いし~・・・
と、うっかりネオプレンを買ってしまった自分に後付けの理由をつけてみるw

でも2800円だったからいいかw





皆さんに一ついい事を教えて差し上げましょう。

漢字の部首ってあるじゃないですか。
あれって何だか知ってます?
色々な人に質問したところ、誰も正確に分かる人はいませんでした。

では答えを・・・

部首ってのは漢字の”主意”に関係、またはそれを表す、パーツです。
ヘンと言いたい所ですが、必ずしも漢字の左部分のヘンではないのです。

例えば”閂(かんぬき)”の部首は、門です。
カンヌキが門の一部を表す漢字だからです。
それでは悶絶の”悶”はどうでしょうか?
悶の字は心の状態を表す字なので、部首は”心”となります。

皆さん分かりました?w
部首を正確に把握してる人って殆どいませんので、会社とかで教えてあげたらいいと思います。

はいw



さて・・・

次はジョイントの溝入れです。

ここまで失敗無く来たので、今日も楽勝でしょう~


今日も楽勝でしょう~・・・



先日のジョイントを一度旋盤に戻し、溝を入れて行きます。

今回使うのはこれ。

20100112DSC02000.jpg

何と刃厚0.4mmの突っ切りです。
アクセサリー用の自作です。

初めC4と同じバイトを使って、試し切りしたのですが、それだとやっぱり大きい。
だからこのバイトになりました。

じゃ行きますか。

20100112DSC01998.jpg

超緊張しますw

ピッチだけシッカリ合わせてと・・・

こんな感じ。

20100112DSC01999.jpg

おぉ!!!

カッコイイ!!

20100112DSC02001.jpg


大成功だ!( ̄ー ̄)

今回は楽勝ですよw

楽勝です!!

次に旋盤に戻して突っ切るわけなんだけど、あまりにキレイに出来たため、無傷で切り落としたい・・

そうだ、こうしよう!

20100112DSC02002.jpg

テープを緩衝材代わりにしてみたw
今日は楽勝ペースだから大丈夫さw

じゃ突っ切りで・・・



ギュイ~ン・・・(旋盤の回る音)


ん?

ちょっと偏芯してるか・・・
だけど突っ切るだけだから大丈夫だろうw
なんせ今回は楽勝ペースだからねw


ぎゅい~ん・・・




i_gugi.jpg







i_gugi02.jpg







i_gugi03.jpg






i_rakusyou00.jpg






20100112DSC02003.jpg







i_rakusyou.jpg






i_kan02_20091211175043.jpg





釣り業界の”イラっ”と来る言葉ランキング。


3位 D-コン 慣性スライド


2位 ハーイパーデジギア


1位 マシンカット


なんやねんw この痛い言葉は(爆




前回の続き。

プレートに穴を明けます。
角度が付いてるので正確にジョイントに合わせる必要がある。

こうします。

あの治具を使って角度をコピー。
アームをセットして・・穴位置を決め、ミルでマーキングした後


前後を入れ替えて・・・

20100109DSC01986.jpg

20100109DSC01987.jpg

キレイに斜めに空いてます。

20100109DSC01988.jpg


次は先端。

クランク長を45mmにセットして。

20100112DSC01991.jpg


同じく角度をコピーして。

20100112DSC01992.jpg

穴あけ。

20100112DSC01993.jpg

はいこんな感じ。

20100112DSC01994.jpg

20100112DSC01995.jpg


いいですね~★

ここまで完璧だ!
これなら早く終わる事でしょう。

次回はジョイントの溝~。





防水デジタルカメラ(動画)が欲しいんです・・・

渓流に行くと防水じゃないと心配ですし、動画が撮れればブログ的にも面白いと思うんでよね・・・

そもそも渓流に行く皆さんのデジカメは防水なんでしょうか?
KKさんは防水みたいですが、皆さんはどうですか??
私はチャック付きビニール袋に入れて持ち歩いてますけど、やっぱりこれだと取り出すときに面倒w
嫁のデジカメは防水なんだけど、使い勝手がイマイチよく無い。
いっそ買おうかと思ってます。
でも少し前に買ったばかりだしな~・・・



さてさて・・・
先日失敗したジョイントを・・w

工程は前回と同じなので飛ばしますよ~! 画像をw

20100109DSC01970.jpg


この段階で肩を落とした。

でフライスへ。


位置決めをして2.5mmで下穴。

20100109DSC01971.jpg

使用予定のチタン皿ネジの受け。

20100109DSC01972.jpg
20100109DSC01973.jpg


前回の角度と同じでいいので、これを使ってコピーします。

20100109DSC01975.jpg

画的にいい感じの感覚を明けてメタルソー。

20100109DSC01976.jpg
20100109DSC01977.jpg
20100109DSC01978.jpg

次に3mmでバカ穴。

20100109DSC01979.jpg

下をネジ切り。

20100109DSC01980.jpg

はいこんな感じ。

20100109DSC01982.jpg

今度は完璧だろう!

20100109DSC01983.jpg

アームの納まりは・・・

20100109DSC01984.jpg

完璧( ̄ー ̄)

永くなるので次回に★





以前にも言ったと思いますが、私は料理が大好きです。
創作料理ブログを持ちたいくらいですよw

で、考えたんですが、こんなのどうでしょう??


トマトジュースでお米をたいて、炊き上がったお米の上にキムチを乗っけてその上に生卵で最後に醤油・・・

独創的でしょ?w
誰かやって・・・・

あ、トマトジュースの代わりにオレンジジュースでもいいです。
さらに猛者はグレープジュースとか・・・_| ̄|○オェ



さてさて・・・
昨日失敗してしまったので、今日は2度と失敗しないように準備をしっかりします。


って事で治具を・・・

どんな用途の治具でしょう~か?

20100108DSC01962.jpg
20100108DSC01963.jpg
20100108DSC01964.jpg
20100108DSC01965.jpg
20100108DSC01966.jpg


はい!
出来上がり。

20100108DSC01967.jpg



分かりました~?w

この段階で分かった人は凄い!




答えはこれ!

20100108DSC01968.jpg

プレートに角度を付けて穴を明けるバイスみたいなもんですね。

先日のC4を創った時に、この箇所が結構苦労したんです。
まぁこれがあればテーパーのかかったアームも上手く掴めるし、
色々役に立つでしょう。

いやぁ~ これが出来るのもNOBさんのお陰ですm(_ _)m





今日、朝から悪い事がイッパイおこったんですよ・・・

もう最悪の日でした・・・

こんな日ってありますよね?
何だかこの手の悪い事って続くんですよね~w
あれって何ででしょうか??
不思議・・・

さて、今日はプレートの切り出しとか・・をします。

例によってザックリと・・

20100106DSC01958.jpg


次にフライスで・・・


20100107DSC01959.jpg


毎度の工程ですね~

あれですよね・・・
どんなブログでも大抵そうですけど、やっていくうちに同じような画像ばかりが上がって
メリハリが付かなくなってくる。
色々手を尽くしてるんですけど、勘弁してくださいねw

で、色々合わせていくんだけど・・
何やら気持ちの悪いところが・・・

20100107DSC01960.jpg


ここ。

20100107DSC01961.jpg

何だか納まりが悪くて気持ちが悪い。
あれやこれややってみるけど、どうもシックリ来ない。
どんなに調べても原因が分からない・・・



これボツ!!


だから悪い事は続くって言ったのに・・・

こんな日は何もしないのが一番ですw





ハンドメルアーなら俺は誰にも負けない!・・・ って思ってる人がこのブログをROMってる人の中にはいますよね?

あ、いいんです、いいんです。
物を創ってる人はそのくらいの方が・・・w
どんどん公言しちゃってください。

私は普通ですけどねw

で、・・・・そんな人を集めてハンドメイドルアーコンテストやりたいと思いません?w

ですが、私はハドメコンテストって大嫌いなんですよ。
審査員に作品の意図なんて分かりっこないし、誰もが納得できる公平な評価基準があれば別ですけど、審査員なんぞの主観で評価されたくなかったんです・・・
審査員がどこの誰だか分からないし・・・w

ってワケ・・・・

で、先日考えたのですが、完璧に公平な評価基準があったんですよ!

それがヤフオクです。

つまり、ヤフオクで、より高値を付けたのが一番とする・・・とw
それなら公平だと思いません?w

”より高値を”って評価基準にすると、つまり泳ぎなんぞ2の次で、見た目に特化した
ルアーって事になりますよね?

ルアーの本質からは逸脱した基準になりますが、それでも公平性を保ってるって事で面白いと思うんですけど・・・w

条件は、同時期同時間帯のスタートで説明文は無しの100円スタート。
腕自慢のビルダーの方が30人ほど集まれば面白くなると思うんだけどな~w
あ、KKさんは強制参加なんでw

よし!
ついにKKさんのイワナカラーを破るときが来た!(爆

30人集まらないと思うけどw

「我こそは世界一なり!」と思う人はコメント下さい。



さて、今日はジョイント。

まずは外形から・・・

r20100105DSC01949.jpg

そしてココ。

20100106DSC01950.jpg

こんな感じ。

20100106DSC01951.jpg

チャックから外して、シグマの角度を出します。
・・・って言っても、例によって目検討なんだけどねw

20100106DSC01952.jpg

Vブロックで角度を合わせ、メタルソーでカット!

20100106DSC01954.jpg

20100106DSC01955.jpg

20100106DSC01956.jpg

今回使うカーボンプレートは2.5mm。
対してメタルソーの刃厚は1.3.
ピッタリ・・・ と・・・・ 行きたい・・・w
少なくても、少し小さめならOK。
2.5mm以上になったら即終了~。

で、まずまずの出来でこんな感じ。

20100106DSC01957.jpg

頭をC面に落とすので、その箇所をイメージしながら溝を入れました。

いい感じ~

ちょっとキツめだけど、プレートを微調整するほうが楽だし、上出来です。

次はカーボンプレートの加工です。

毎度の工程ですけどねw





皆さんコンニチハ★

r20100105DSC01948.jpg


こう言う下りいらねぇ~(爆

あ、そうそう。
皆様にお伝えしたい事があります。
私は毎日7時から呑み始め、8時くらいにはすっかり出来上がってますw
ですので、それ以降の皆様のブログに残すコメントやらメールやらは、確実に酩酊してますので生暖かい目で見てやって下さいw

問題があったりしたら削除してくださいねw


さてさて、いよいよシグマが始動します。

r20100105DSC01945.jpg

しっかし、このリールにパワハン入れたいって言うんだから好きと言うか、アレと言うか・・・w



私の場合、この手のカスタムパーツを創るに当たって、一番時間をかけるのがモデリングです。

morinesiguma00.jpg
morinesiguma01.jpg
morinesiguma02.jpg
morinesiguma04.jpg
morinesiguma05.jpg

上にあるのはほんの一部で、とにかく色々モデリングをしてみます。
なんせ今回は”半分お任せ”なのですw

この”お任せ”って言うのは、一見、自由度の高そうな感じに思えますが、そうではなく、実は脅迫に近いw
だって、かっこ悪いとセンスを問われるわけなので、むしろデザインを指定してもらったほうが実はやりますかったりします。
デザインを指定されれば、「これ・・・ ダメじゃね?」って私が思っても、指定通りに創ればいいわけですからw


てなわけで、やっぱりウチで創るなら、絶対に「カッコイイ」と思ってもらえる物にしたいのです★
だからモデリングには異常な時間をかけます。

で、アレやコレやメールなどやり取りして、ある程度のデザインが決まりました。


コイツです。


morinesiguma04.jpg

アームに角度を付けてジョイントは小さめ。
ジョイントの頭は落とさず、大きくC面で。
アームはカーボンでクランク長はデフォルトのまま。
つまり45mm。
33とかC3とかと同じですね。

初め、ジョイントを細めって指定されたのですが、それだとちょっとキャシャになるし、
アーム幅も合わせざるを得ない。
一度絞って頭を太くすると何だか気持ち悪くなるし指定の溝が合わなくなる。
ここはやっぱり、画像くらいのΣに合った太さがある方がいいと思います。



じゃ次に、図面をやりましょうか~


ハイ、こんな感じ。


r20100105DSC01947.jpg

これでいいやw

え? これで大丈夫なのかって?

この手の物は、数値にウルサイ場所だけ計って、それ以外は創りながら現場&現物で合わせるようにします。
なるべくそうしたいんですよね・・・w
やっぱり、実際に創って行くうちに、たまに変更した方がいい場合ってあるんです。
だから「ん? ちょっとモデリングのイメージとは違うぞ・・・」って思ったら、
再度モデリングしてイメージを出し、その後に加工に戻る。

まぁ”絵”みたいなもんですよw

ちなみにこれを感性と言う人もいますが、テキトーと言う人もいますw


次回実釣! じゃなく実加工★





○バラさんのサクラシーズンINは・・・ いつだっけ?w

まぁそれまでに出来るでしょう★

その後にΣと私用のC3ダブルか~・・・


じゃ早速w

先日の逝ってしまったシャフトを創り直して(画像省略)
角度を合わせて(画像省略)ギャン×2切ったのがこれ!

20100102DSC01931.jpg

端面の処理が手でやったから粗いけど・・w

で、仮組みしたのがこれ。

20100102DSC01932.jpg

角度完璧★

裏はこんな感じ。

20100102DSC01933.jpg

ハンドルの先端がケガいたマークに位置するようになってます。>バラさん

で、さらにリールに組むとこんな感じ。

20100102DSC01934.jpg
20100102DSC01935.jpg

いい感じじゃないですか~w

どうです?
まぁまぁスッキリしてカッコよく無いですか?
それにバラさんの指定クランク長(55mm)で、(○バラさんには)使い勝手はいいはずです。
やっぱりワンオフならクランク長も特注で行かないとね★

これでC4にはバランスがよく、サクラくらいの対象魚に丁度いい感じになりました。


今回はプロトの感が否めませんが、それでもこの手のタイプのハンドルが出来る事が分かりました。
でも手が掛かるな~w
あまり受けたく無いような気がします・・・(爆

そう言えばこれはシャフトがダメなんだw

じゃチャチャっと・・・

20100102DSC01936.jpg

もう、本当にネジ切りが得意になってしまったw
でも結構ネジ切りって深いですね・・・
この何て言うか・・・ まぁいいかw

で、C4専用にちょっとだけジョイント側のネジが短めに創ってこんな感じ。

20100102DSC01937.jpg

じゃ送りますね~★

20100102DSC01938.jpg


これでサクラお願いしますよw



よし!
これでC4終了。

次はΣだ!!





正月ってなんで何もする気が起きないんでしょうか?

暇でしょうがないのに何もする気になれ無い・・・w

まぁでもリールが溜まってるから頑張りましょうw


さてさて、昨年よりホッパラかしにしてましたバラさんのC4ノブシャフト。

ドコまで行ったっけ・・・??w

そうそう、角度を付けて切るところだ。

で、先日創ったVブロックで行こうと思います。

20100102DSC01925.jpg


ですが、チャックより外してしまったので角度が正確に出ません・・w

でも実はこれに記憶してあるんです。

20100102DSC01923.jpg

何て名称なのか忘れましたが・・・
これはどんな角度でも記憶しておくことが出来ます。
これをこうして・・・

20100102DSC01926.jpg

完璧に合わせます。
もちろんここは目見当ではありません。

セットできたらメタルソーで切るだけ・・・

ギャン×2行きますよ~
簡単ですw


と思ったら・・・

あれ?

20100102DSC01927.jpg

そっか・・・w 

確かここって皿ネジが入るために受けがあったんだ・・・_| ̄|○
忘れたた・・・(爆

まったく、少し時間が空くとダメですね~
なんか色々忘れてしまって・・・



新年から創り直し!(爆





i_akeome.jpg










昨年はご愛顧頂きありがとうございました。

今年も頑張りますので宜しくお願いします。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。