専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ロレヲタマガジンは12/17発売でしたw


それにしてもボクシング・・・・

いや~

内藤負けてしまいましたねw
私の知り合いの全てが内藤を応援してたので
皆さんガッカリしてましたw

でもいい試合でしたね。
瞬きすら出来ない程、高速で交錯するパンチ。
二人とも気合が入ってたし、コンディションも出来上がってた。
私としては「もういいんじゃね?>内藤」と思ってたから、カメの勝ちでもよかったw
でも実力的にもカメだったな~
圧倒的に・・・w

それにしてもカメのスタイルって、キャラとは相変わらず違ったスタンダードなのねw
キレイなボクシングしますわw
それとたまに、間合いの大きな所から思いっきり踏み込んで左を合わせるでしょ?>カメ
あれって珍しいと思うんだけど・・・ 最近はあんなのあるのかな??
あの手の踏み込みって、ハグラーとかタイソンとかがロングフックを合わせるときに使う手だけど、
カメは左ストレートを合わせる・・・
「あれって新しくね?(; ・`д・´)」って思って観てたんだけど・・・w
最近は普通なんですかね????w

まぁいずれにせよカメが王座と獲って2階級制覇達成。
めでたし×2
でも一つはWBAと今回はWBC。
これも2階級って言うのだろうか??
なんで同じWBAじゃないの??

それ以前に、いつからWBAのベルトは黒くなったのだろうか???w
赤だったと思うんだけど・・・
久しくWBAのベルトを観て無い間に変わったのかな??w



さてさて、716Zの調整も終わった事だし、組み上げます。

最後にローター周りのOVHもついでにやっちゃいます。

その前に、これもやっちゃいましょう。

20091130DSC01771.jpg

ローラの鏡面仕上げですね。
まぁ大きな変わりは無いと思いますが、私の所に来たならやらないと★
なんせ今回は穴あけとOVHの依頼ですからw


ローラーを磨き、

20091130DSC01773.jpg

受けの方も鏡面に★

20091130DSC01772.jpg

オイルは粘度の低い物を挿してください>M様
釣行毎に挿すならCRCでもいいですよw
でもたまにしか挿さないなら、メーカーの物を使ってください。
釣りさんは”グリス選びも楽しい”って言ってますが、そでもいいけど
面倒ならメーカーの物をw

で、組み上げて分かったのですが、ここ!

20091130DSC01770.jpg

20091130DSC01769.jpg


このピンが抜けそうなので、もしかしたら近い将来壊れるかもw
でもまぁ私でも、(受けてくれれば)エイテックでも直せるので
その際にはご相談を。
OHULSの方が安心ですけどね(爆

で、組み上げて完了!
かなり滑らかになりましたよw
使って観たらビックリするんじゃないでしょうか・・・


他の依頼品とか私のとかと並べて観たw

20091130DSC01777.jpg


凄く無いですか?w

ここにある全てのリールが、世界で一つだけの物なんですよねw


ってか、まだカーディナル仕上げて無いのかよ・・・ みたいなw
ってか、先日送ったばかりなのに、また大森が返って来てるよ・・・ みたいなw

大森なんて返却してから1回も釣りに行かずに、今度はパワハン依頼ですからねw
スポンサーサイト





私は友達が殆どいないw
性格とクチと頭が悪いからだ(爆

まぁクチが悪いのに限っては、カズチンやKKさんには到底敵わないんだけどねw

そんな私にも少しだけ友達がいる。
その中の一人が、たまにテキトーなコメントを残すカズチンだw

そのカズチンが雑誌で取り上げられるらしい。
12/17に出る、何て言ったかな~

確かこんな感じの雑誌って言ってた・・・

200x00000.jpg


興味のある人は買ってダーツの的にでもしてくださいね。
月刊ロレヲタマガジンだっけ?
あ、違った・・・

12/7発売の「男の腕時計」です★

じゃコッチも”月刊リールマガジン”発行しますかw
KKさんとOHULS監修で・・・w

ひたすらリールとキョウビのルアーをこき下ろす・・・みたいなw





いや~、いよいよ明日ですね~ 内藤カメ戦
これ以上無いって位のストーリーがありますからねw
まるでプロレスみたいな展開ですよねw
ボクシングで今回程の”因縁”って、あまり見ないですよw
ハーンズ・レナード線の”THE WAR”を思い出します。

どっちが勝つんだろうか・・・

あんなに弱そうに見えても内藤は強いからな~w
私の”弱そうに見えて強い奴ランキング”の2位だし・・・
ちなみに1位はホイスねw



さて716Zの穴あけをしましょうか。

昨日も言いましたけど、私のカーディナルみたいに場アタリ的に穴あけをやると
失敗しそうなので、具体的にイメージ出来るように何通りかモデリングして見ました。

2009112701.jpg

大体イメージが掴めた所でオペ開始w

まずシールを外す。

20091127DSC01753.jpg

なんと殺風景なスプールだw

ちゃんとセンター出して・・・

20091127DSC01755.jpg

センタードリルで位置決めしてから・・・

20091127DSC01756.jpg
20091127DSC01757.jpg
20091127DSC01758.jpg
20091127DSC01759.jpg

こんな感じ。

20091127DSC01760.jpg

重心側は 8-8-6-4 と穴あけ。
反対側は 7-7-5-3 と穴あけ。

非対称ですw
もちろん素材がアルミなんで、穴あけで取れるバランスなんて知れてます。
だけど少しでもバランスが取れるようにしました。
おそらくあまり変わらないけどねw

でも、この穴径と数はカッコイイ( ̄ー ̄)
アホみたいにバスバス空けてるあのリールとは違うのだw

記事だとあっと言う間に終わってるけど、ドリルの径が変わってくるとピッチを揃えるのが結構手間w
例えば30度ピッチだと、穴径が小さくなるにつれ間隔が空いて来る。
だからドリル径が変わったら、それを調整しながら進め無いとダメなんです。

さてさて、これで面取りして終わりでは無い。

加工跡の地の色が出てるとカッコ悪いので色を塗る。

20091127DSC01763.jpg

ここは絶対に譲れ無いところなのだw
たまにヤフオクなどでアルミの地の色が出てる
”自分で穴あけしました”感丸出しのPENNスプールとかあるじゃないですか。
あんな状態で返却するわけには行きません。
CCMのスプールが何故カッコいいかと言うと、再アルマイトかけてるから
カッコいいんです。
ですからこれも地の色を絶対に出してはいけませんw

これ大事!!

別に分かってくれなくてもいいですけど・・・w

まぁ偉そうな講釈垂れてるけど、ちょいちょいと塗るだけなんですけどねww


で、出来たのがこれ!

20091127DSC01765.jpg

20091127DSC01764.jpg

20091127DSC01766.jpg

かっこいい~w

え? 変わらない??w
いいんです! コレで!!!


これにて終了~★




それにしてもオーナーさんは、このリール可愛くてしょうがないでしょうね~w
だって、ここまで手の入った716Zなんてこの世に無いんだし、
いかにも”時間をかけて作り上げてきた愛機”って感じw

この716Z・・・ あとやる所は・・・ インフィニットだけか・・・( ̄ー ̄)
このサイズのPENNのインフィニットは世界でも私だけしか出来ませんからね~w

でも勧めませんw
大人しくステラ買った方がいいかもw
現時点でも98ステラくらいならヤフオクで買えそうな・・・w

でもでも~ もしインフィニットを入れたりでもしたら・・・
ゾクゾクする程かっこいいリールになりますねw





先日も言いましたが、716Zのローター穴あけ依頼があった。

20091127DSC01728.jpg

まぁやっぱりPENNの穴あけってね★

でもコレが完成したらカッコよくなるだろうな~
なんせこのサイズのPENNの穴空けローターって無いですからねw
まさにバンスタール 716Z w

で、やっぱりどうせ穴あけするならバランスも取ってやろうと思ってます。
なんせ依頼者様は「打越の好きにやっちゃって~」って嬉しい事を言ってくれますw
そうこなくちゃ!
じゃ適当に・・・ なんて事はしません。
せっかく私に一任して頂いてるんですから、ちょっと突っ込んでみますか。

ちなみにこのローターはウェイトが仕込まれていません。
パーツの配置だけでバランスを取れ無いと、わざわざウェイトを
入れてまでバランスを取るケースがありますが、そんな事するなら多少バランスが取れて無くても
軽いほうがいい。
でも今回は穴あけなので、ウェイト配置ではなく、穴あけでバランスがどこまで取れるか・・・

じゃ、調べて見ますか。

まずはこんなのを創って・・・

20091127DSC01738.jpg
20091127DSC01739.jpg
20091127DSC01740.jpg
20091127DSC01741.jpg
20091127DSC01744.jpg

釣り下げます。

20091127DSC01752.jpg


何度も何度も繰り返し釣り下げます。
そしてどこが一番重いかを調べます。

通常ならローター側にウェイトが集中してるので、そこが一番重いと思ってました。
みなさんもそう思いますよね?

ですが実は・・・

20091127DSC01737.jpg
20091127DSC01737_01.jpg


つまりローラーが若干オフセットされてるから、中心とブリッジを結んだ延長線上にあるのではなく、
その分少し重心が画像の所にずれ込んでいるのです。
こりゃ発見だw

概ね分かった。

後は穴をバスバス・・・ と思ったけど、場アタリ的に穴あけをすると失敗しそうなので
一回イメージを出してから加工に入ります。

なんせホラ、これが逝ったら全部弁償ですからw
それこそ失神しますよw





カーディナルパワハンがいよいよ最終段階。

チャチャっとやっちゃいますか★


さてさて、あとはシャフトを残すのみ。

まずは軽く下地を創って・・・

20091126DSC01715.jpg

ネジを切ります。
散々失敗したので、今は楽勝で出来るようになりましたw
今回は全開のと較べて少し形が異なってます。

20091126DSC01716.jpg

ハンドル側と本体側のネジの長さを変えました。

20091126DSC01718.jpg
20091126DSC01719.jpg

両方のネジ切りを済ませたら突っ切りで通してこんな感じ。

20091126DSC01720.jpg

ヘソを落としてフライスで掴みシロを。

20091126DSC01723.jpg

で、出来上がったのがこれ。

20091126DSC01724.jpg

組んで見ますか★

20091126DSC01725.jpg
20091126DSC01726.jpg

いいですね~w

これにてカーディナルカーボンダブルハンドルは終了です。

私だったらクランク長をC-Cで90mmくらいにするかなw

今度C3にカーボンダブルのC-C90~80mmくらいで創ろうかと思ってます。

あぁ~ そう言えば716Zのローター穴あけと大森Σのカーボンハンドルとコノロンがあるんだw
自分のC3まで手が回らないかも・・・





ウォーターキスミントのCMのムーンクォークを見るとムカつくw


さて今日はハンドルアームの最終調整です。

つまり単なる穴あけなんだけど、実はこれが結構難しくて・・・w

でも画像見ればセンターの出し方は分かりますよね?
分からなかったらperi様に聞いてくださいw

20091124DSC01708.jpg

完璧な位置決めが出来ても、ピッタリの穴位置で無いとキャップとハンドルが極まらない。

どうするか・・・・

こうします!


コッチのパーツに軽く挟んで旋盤に戻します。
センター位置を合わせて・・・

20091124DSC01710.jpg

ユックリ回しながら位置決め。

20091124DSC01711.jpg

それをフライスで穴あけ。

それが終わったらノブの位置決め。
画像無いけど、完璧にクランク長100mmで合わせます。


で、出来たのがこれ!

20091124DSC01712.jpg


じゃ組んできみますか( ̄ー ̄)




20091124DSC01714.jpg



おぉ~!!
カッケ~w

ボルトの出っ張りも無く、スッキリした感じ。
完璧です( ̄ー ̄)


モデリングの通りですね★

自分で言うのも何だけど、なんで私の創るのって、一々カッコイイかな~w


33用カーボンダブル。
これも多分世界初ですw
同じオーダーが来るまでは・・・(爆


あとはシャフトのみ。
完成間近。

でも最近、失敗談が無くてつまらないですねw

あ、そう言えば追加したい物ってなんです?
メール来てませんけど・・・>A様





日本男子バレーの選手の、得点毎のあの喜び様を見てるとイラっとくるw


さてカーディナル33 パワハンのキャップを今日は創ります。

希望のタイプはこれ。

20091119_02.jpg

シンプルでいいと思います。

やっぱりこの手のリールは、あまりゴテゴテにすると返ってかっこ悪いのしね★


ではでは・・・

18mm径の5056から端面をキレイにします。

20091124DSC01698.jpg

今回のキャップは使用するボルトが出ないようにします。
なんせ選んだデザインが一番シンプルな物。
デベソみたいにボルトが出てるとカッコ悪いのだ!
まぁ見ててください。

20091124DSC01699.jpg

最初にセンタードリルで位置決めし、ボルトの頭の径より少し大きなサイズの6mmを3mmの深さで。

20091124DSC01700.jpg
20091124DSC01701.jpg

その次にボルト径の3mmを。

20091124DSC01702.jpg

次に方を落とします。
今回は大きく落として見ます。
少しだけ落とすのもカッコイイんだけど、それだと全体的にボケるように思えたので
今回はこれ★

20091124DSC01703.jpg

こんな感じ。

20091124DSC01704.jpg

そしたら突っ切りで落として完了~★

20091124DSC01705.jpg
20091124DSC01706.jpg

いいですね( ̄ー ̄)

ちゃんと端面側に出来る角の面取りもしてあります。

肩を落とした角度は、実はテキトーw
画的にいい感じの角度を感覚で出した。
まぁテキトーって言っても出来上がりを見れば、きっと満足していただけると思いますので
ご安心をw

言うほどテキトーじゃありませんけどねw


明日はカーボンハンドルの最終調整。

それが出来たら、概ね組み上げることが出来ますよ。





「あおさ~ パスタ食べる時にフォークとかスプーンとかを上手く使えない男の人って苦手ぇ~」とか
のたまう女は、大抵箸が使え無いw


さてさて・・・

先日の気になる点も難なくクリアし、次はオーバーホールです。

何でもこの716Zはエイテックで以前OVHしたそうです。
小型のPENNならエイテックより私の方が知ってるってのw


では早速エイテックさんの業前を見せて頂こうじゃないですか( ̄ー ̄)



う~む・・・
まぁこんなもんかw

20091122DSC01691.jpg

何コレ?w

20091122DSC01692.jpg

どゆこと?w
よっぽどOVHしてないんだねw

20091122DSC01693.jpg
20091122DSC01694.jpg
20091122DSC01694_01.jpg

スプリングの脚がドックにかかってませんが・・・(爆


これで本当にお金をもらってOVHを受けてるってんだから--以下略
まぁ、おそらくこんなモンだろうと思ったけどねw



で、パーツを洗浄して、イマイチ信用できないデフォルトのシンガポール製BBをNSK製に交換。


20091122DSC01695.jpg

右がNSK。
左が略

キレイにして組み上げて完成!

20091122DSC01696.jpg
20091122DSC01697.jpg

もちろん必要な箇所に必要な分だけグリスは挿しました。
たまにベッタベタにグリス入れてるリールがあるけど、あれがあまりスキでは無いので、
必要な量だけ★
出来るなら乾式で行きたいくらいですよw


これにてOVH完了~



それとですね・・・ 依頼者様。

この手のリールの使い手であれば、OVHくらい出来るようになって下さいw
特にこのサイズのPENNなんぞシンプルな構造なので、誰でも出来ます。
メーカーにお金払ってOVH依頼しても、ドックにスプリングすら通って無いんですからw

その方がお金もかからないし、何より他の人に任せるのって信用出来ませんよw

ね?>自分でやる派の皆さん




じゃ送りますね~


あ・・・ これ、ローターの穴あけ依頼だったw





滝川クリステルは瞬きが多い・・・



さて、先日716ZのM様とメールをしてたら、「これからエイテックに716をOVHに出す」との事・・・

いやいやw
あんなの受け付けてくれませんからw

で、ウチに来た。

20091121DSC01679.jpg

本当はOVHじゃなくてローターの穴あけ依頼なんですけどねw
でもリールのカスタムって美容整形と同じで、際限なくやりたくなるもんですw

しかしこの716Z、いつ見てもカッコイイですねw

いらなくなったら私が引き取ろうかと・・・
KK-ZEROもそう言ったんですけど、ヤンワリ断られましたけどね(爆

さて、あれこれ見たら気になるところが・・・

ローターとスプールが少し干渉する。
出来上がったときにはそんな事無かったと思うんだけど、
今は結構な抵抗になる。
これは絶対にあってはならない事です。

って事で調整します。

20091121DSC01680.jpg

かろうじて旋盤で掴む事は出来ますが、センターが出ないの織り込み済み。
だとするとバイトで一皮剥くのは無理なので、手でオイルストーンで気長にやっていくしかないw

20091121DSC01682.jpg

で、結構な時間がかかったけど完璧!

20091121DSC01683.jpg

でもあと一つ気になるところがある。

時間がかかり過ぎたのでそれは次に★
スプールだけで一日終わってしまったw


やっぱりリールをここまでいじるって事は、その後のメンテも引き受ける事になるw
なんせこんなリールをメーカーが引き受けてくれるわけ無いのだ(爆
だから、ウチで創った物は可能な限りウチで世話を見る。
その覚悟が無いとカスタムなんで出来ませんw

でも次の調整があれなんですよ・・・w

それにしてもローターの穴あけなんて、スキですね~w>M様





ご存知の方もいるかも思いますが、釣り吉三平のイトウ編で三平が使ってた
かの名機、ミッチェル508とその専用ロッドであるガルシアのコノロンは有名です。

sanpei_spinning_1.jpg

スミマセンm(_ _)m
上の画像、適当に拾ってきてしまいました。
不都合があったら言ってくださいw


この508、誰もが一回は使って観たいと思ってるのではないでしょうか。

で、先日コノロンと同じリールシートを創って欲しいとの依頼があった。
何でも、508は持ってるのだが専用ロッドがない。
市場ではアホみたいな値がついてるので買えない・・・ との事。

まぁ私もいずれ挑戦してみたいと思っていたので、「いよいよ来たか( ̄ー ̄)」程度にしか思って無かったw

で、先日メカさんのブログで折りよく紹介されてたのでアドバイスを頂く事になりましたw
しばらくメカさんは、このプロジェクトのアドバイザーになって頂く事にしますw
よろしくお願いします~>m(_ _)m
でも北海道帰りなので返信が来ない(爆

でも遠征前に画像を見せて頂いた。
画像だけだとよく分からないけど、508と画像を見ると、”受け”はこんな感じだろう。

seet508.jpg




でもチョット待て。
ロッドとの結合はどうなってるのだろうか?
コノロンの太さから観ておそらくこうだと思う。

seet508_01.jpg

なるほど、ブランクが太いから出来るわけだ。

リアグリップもスルーしてあって接着されてるんだろう。
ただ、シートを締めこんだときにどうなるのか分からないw
ネジ式なんだろうか?
まぁビリヤードのキューじゃあるまいし、ユニロック式とかラジアルとかではないはずだ。
ネジ式しかないだろう。

そうなるとこうなるしかない。

seet508_02.jpg

おそらくはこんな感じだろうと思ってるけど、メカさんに詳しく聞いてみないと分からないw
仮に分からなくても上図の構造で問題ないはず。

全然違ってたりしてw。

ただ、おそらくメカさんに聞いても、結合方法はバラさない限り分からない。
誰か知ってる人がいたら教えて欲しい・・・w

しかも今回は、508用のリールシートを創るに留まらず、
コノロンのレプリカを創るのがメインミッションなのですw

特殊だ・・・ あまりにも特殊だ・・・ww

従って、リールシートの作成からロッドを組む所までやる事になるだろう。
なんせ通常のシートにあらじ・・・・・
ブランク径に合わせてリールシートを創らなければならないので、徹頭徹尾私がやりきった方がいい。
しかもブランクを入手してもシートが出来なかったら、丸々ブランク代が自己負担になる・・・・可能性もある(爆

リスキーだ・・・ あまりにもリスキーだww



現在、平野師匠にコノロンに似たブランクの在庫を問い合わせしてるが、いかんせん
コノロンみたいな太いグラスロッドがあるかは難しい・・・
以前私がヤフオクで落とした”カタカナ表記”ロッドのような物を格安で入手して、
それを組み変える方法もあるかと思ったが、あの時代のスレッドを解いて
ガイドセッティングをし直すとキレイに出来るワケが無い。
少なくても私には自信が無いw

でもこの仕事は私しか出来ないだろう。
私が断ったら508は永久にフィールドに立て無くなるかも知れないのだ。
そう思って引き受ける事にした。
だからオーダーストップになったわけで・・・w

しばらくはかかりきりですね★

私の持ち前のブランクが何本かあるんですが、それを使ってもいいかも・・
でも安物なんで、今回のプロジェクトには使いたく無いですよね・・・

それにネジ切りが必要になったらバイトを揃えないと・・・
ブラス用のはそれ専用に加工しちゃったから、アルミが切れるバイトが無い・・・w

何だかKK-ZEROクラスの凄いプロジェクトになりそうだ・・・



まぁ仮にキレイに出来上がっても、例によって二度とは受けないと思いますので
ご了承下さい(爆
絶対に言って来ないで下さいね★

しっかし出来るのかな~??


ここでお待ちかね!

i_20091119.jpg





ジョイントキャップのデザインをどうするか・・・

何もないと殺風景なんで、やっぱり少しこう・・・・

i_000387826.jpg

で、適当にモデリングして見た。

最初のタイプはこんな感じだった。

20091119_07.jpg

ちょっとこう・・・ ボケますよね・・w


だから大きく肩を落として、こんな感じにする。

20091119_04.jpg

転じてこんな風にも出来る。

20091119_03.jpg
20091119_05.jpg
20091119_06.jpg


やっぱり最後のですか?w>Aさま
ちなみに最後のは、画像だと分かりにくいかもしれませんが
使えるドリルの径が小さいので、イメージするより小ジンマリした感じになるかもしれません。

私が好きなのは、肩を落としただけのシンプルなタイプ★





市橋のファンクラブとか作った奴を銃殺したい今日この頃、皆さんはどうお過ごしでしょうか?w



ジョイントパーツの続き。

ちょっと休んでたけど再開です~w

気乗りし無いと失敗するから、そんな時はあまり無理をしないでやらない事にしてますw

先日出来上がったパーツをフライスに移します。
そしてアーム幅まで溝を入れます。

20091119DSC01672.jpg

何やら切れ味が・・・w
エンドミルを交換して再開。
やっぱりフライスってミルだわ~w
加工面が荒れる時には(フライスの話しね★)固定出来てない可能性があるので
ジブの調整をするかバイスを確認してみる。
それでもダメだったらエンドミルを交換して見る。
実は刃物の性能で切れ味が大きく異なるのだw
やっぱりミルにはお金かけないと・・・ 中古なんてもってのほか。
私の中古が殆どだけどw

で、こんな感じ。

20091119DSC01673.jpg

アーム幅にはチョットだけキツイけど、それも0.02mmくらなもんです。
これ以上やるとブカブカになる可能性が高いw
この部分だけは絶対にピッタリじゃないとダメなのだ。
なのでアームの方を手で調整すればピッタリに仕上げる事が出来る。
このパーツは、機械ではコレが限界。


次に旋盤に戻す。

20091119DSC01674.jpg

センター ドリル ネジ切り の毎度の工程。

20091119DSC01675.jpg
20091119DSC01676.jpg

オイルストーンで軽く面取りして、完成!


20091119DSC01677.jpg


本当ならキンキンに加工面が尖ってた方が個人的には好きなんだけど
手を切る事も考えられるし・・・w

最後にアーム幅を微調整完成。

20091119DSC01678.jpg


完璧だ( ̄ー ̄)
恐ろしい程ピッタリ!
やっぱり最後は手ですよw

あとはスパルタンなフタを付けてネジで留めれば完成~
シャフトがあるけどねw

ゴール間近!
フタのデザインだけA様に聞こうかな・
って言っても、何通りも無いけど・・・w





滝沢沙織と原沙知絵の違いが分からない人って私だけではないと思う・・・w


そんな事はいいとして・・・


オーダーストップです!w

これ以上は無理かも・・・w

今受けてるパワハンと他に1本。
ローターの穴あけと特注の(まぁみんな特注なんだけど)リールシート。
特に次のハンドルとリールシートは時間がかかるかもしれない・・・

コン詰めてやれば出来ると思うのですが、なんせホラ・・・
気が向かないとやらないタチなんで、・・・w

それにリールシートが超難しいんですよ~
勝手知ったるハンドルとかだったら面倒無くていいんだけど・・・w
でも、やりがいのある依頼です。
久しぶりに本気モードで行けそうだw

って事で一端ストップでm(_ _)m







先日、軽~い気持ちでKINZO-SPINが欲しい人~ って言ったら
「欲しい」って人がいたんですよ・・・
いるとは思わなかったんですが・・・w

20091114kin.jpg

で・・・・ ですね・・・・w
よくよく考えて見たら、これは未完成なんです。
ダウンで回ってしまうからではなく、ジャストフィットのブレードがまだ見付かってないんです。
最近は探してもいないんですけどねw

でも適当なブレードと合わせて提供するわけにも行きませんw
なんせ商品として紹介してる訳ですからw

って事で、これは”組み立てキット”ってカタチで出します。

KINZO-kit.jpg

それでも欲しいのならご一報下さい。

球は画像から選択してください。

20090519DSC00640.jpg


いい訳がましいかもしれませんが、決して無責任なのではなく、
自信を持って提供出来るレベルに達していないので、キットにしたわけです。

では"提供出来るレベルに達したら”出せばいいんじゃないの? って思いますよね?w
ですが今後、開発を進めるかは分からないんですよね(爆
だってブレードが無さそうなんですよ。
結構探したんですが・・・
かと言って特注で創るのは面倒だし~w

でも欲しい人がいるみたいなので、こんなカタチにしました。

あまり勧めませんけどねw


まぁ、これでも欲しいと言う人は少ないと思いますが、一応簡単な解説をしますねw

ヘッドとプラの球だけだと、軸が振れるのでブレードの回転が控えめになる可能性があります。
ブレードを選ぶ際に、他のスピナーをバラす事になる(かもしれない)ので
その際に余ったウェイトを後方に入れると、いい感じになると思います。
そのウェイトにもよりますが、組み上がったら4g前後になるはずです。

とまぁこんな感じ。

それとこのスピナーは、単に糸ヨレと浮き上がりを防止するためのモノなので
取り立てて”凄く釣れる”ってモノではありませんw
そこらへん誤解無く★

ただですね・・・
仮にこのKINZO-SPINにピッタリあったブレードが見付かったとしますよね?
だとしたら、私は瀬とダウン以外は全部コレを使う事になるでしょう。
そのくらい、ブレードさえ解決すればいいルアーだと思いますw

ちなみに・・・
「回んねぇ~ぞ! ごるぁ!!」って苦情は受け付けませんw
そんな意味で”作り上げる自信のある方”でお願いします(爆

値段決めて無いけど・・・w





今日、KKさんに会った・・・

i_20091113.jpg


こんな感じの人だった・・・
ちょっと痩せ型で日焼けしてる健康的ないい男・・・
頭には例のハチマキをしてた・・



あ、夢の中の話しねw



さて今日は33のジョイントパーツ。

18mmから突っ切り。

20091113DSC01666.jpg

突っ切りって何度やっても恐いわ~w

ちなみにここでマメ知識。
旋盤にもフライスにも言える事なんだけど、(旋盤に例えると)ワークが大きくなると
外側の方が速度が速くなりますよね?
径が小さければ遅くなり、大きくなると早くなる。
これを”周速”って言うんだけど、旋盤の場合ワークの径が大きくなると
回転数を遅くする必要がある。
まぁバイトの適正速度にもよるけど、私は大体ワーク10mmで800~1000回転くらいが目安。

フライスに例えると、エンドミルの径がそれに当たる。
径の小さいミルならブン回してもいいけど、大きなミルだと回転数を落とさないと
加工面が荒れる可能性が高くなるし、モーターにも負担がかかるんです。

誰が聞きたいんだコレ・・・w


で例によってセンターからネジ切りまで。

20091113DSC01667.jpg
20091113DSC01668.jpg
20091113DSC01669.jpg

外径整えて掴み直し。

20091113DSC01670.jpg

20091113DSC01671.jpg


え?
真鍮の板で緩衝材にしないのかって?w
やっぱりそれだとセンターが出にくいんですよね。
それに緩衝材入れるとセンター出すときに何度が掴み直したり
微調整するじゃないですか。
そうしてるうちに細かいキズがつく事があるので、私の場合は一発直です。
その方がむしろキレイに出来る・・と思ってます。
はいw

それにしても端面キレイでしょ?
刃高がピッタリ決まると気持ちいいな~・・・

ですよね?>peri様

疲れたので続きは次回!

さて!
北海道遠征中のNOBさんのブログメカさんのブログでも観に行くかなw
爆釣レポが上がってるかも~w
当然、現地から更新してもらえますよね???>NOBさん&メカさん





今日はスピナーをいじってますw

え?
この流れで今更スピナー?? みたいなw

シーズン中、散々お世話になったブレットン。
最後の方になってきたらスピナーの出番が多くなって来たw

20091112DSC01649.jpg

で、これをKINZO-SPINと合わせたら深い所も、もっと攻められたんじゃないかと・・

で、ブレットンを一つバラしてKINZO-HEADと合わせてみる。

20091112DSC01650.jpg

バラして分かったんだけど、ワイヤーの曲げ加工がこんな感じになってます。
捻って無いのねw

20091112DSC01651.jpg
20091112DSC01652.jpg

はいこんな感じ★

20091112DSC01653.jpg

ウェイトも1g増えてヨサゲな感じ~

もう一つを組み変えてこのラインナップ。

20091112DSC01655.jpg

釣れそ~w

ちなみにKINZO-SPINはダウンだと回ってしまうので使えませんが、渓流って殆どアップじゃないですか。
ならこれでも十分行けるだろうと踏んでます。
ちょっとした深い淵などでは威力を発揮するでしょう。
しかも糸ヨレも無いし、スピナー自体の姿勢が決まってるので
フックポイントも上に向いたまま。
よってネガカリも減るでしょう。

来期はKINZO-SPINで釣りまくりますよw
○バラさんがウグイしか釣って無いから私が実証します!w

欲しい人がいれば、一応ご相談ください。



そう言えばメカさんとNOBさんが北海道に行くらしい。
例の秘密結社の本拠地ですよ。
クセのある人ばっかりだから気を付けないと・・・(爆

頑張って下さいね~>NOBさん&メカさん





生まれ変わったらモニカ・ベルッチと結婚したい・・・


さてさて・・・・w

先日A様よりノブが届いた。

ハネクラのアンバサダー用ノブ。

200901111DSC01634.jpg

2BB仕様です。

200901111DSC01635.jpg

装着するとこんな感じになる。

200901111DSC01636.jpg

真鍮のシャフトが透けたらどうなるか・・・ ちょっと楽しみ★

BBの軸径が5mmなので、5mmの真鍮棒にネジ切ればいいんだけど
どうしても譲れないところがあって、わざわざ8mmから削りだす。

外径から、毎度の工程

200901111DSC01637.jpg

センタードリル→ドリル→ネジ切り。


200901111DSC01640.jpg
200901111DSC01641.jpg
200901111DSC01642.jpg


現物合わせ。

200901111DSC01638.jpg

最高( ̄ー ̄)

そして”どうしても譲れない場所”の加工。

つまりココ!

200901111DSC01643.jpg

仕上がったら突っ切りで落として、

200901111DSC01644.jpg


反対側のネジ切りして1本完成。

200901111DSC01645.jpg



これを二つ創ってこんな感じ!

200901111DSC01647.jpg

200901111DSC01646.jpg

スケルトンノブかっこいいかもw

全くガタの無い完璧な仕上がりになりました。
今回は自分の遊びリールではなく、依頼品なので真面目に創りました。

で、”譲れない部分”はと言うと、こんな感じになります。

200901111DSC01648.jpg

ココをどうしても少しだけ浮かしたいんですよ!
どうしてもですw

オールド感と言うか、何て言うか・・・

たまにハンドルが掴めない事があって、釣りしてる最中にリールを見る事があるじゃないですか。
その時にノブの脇から”チラ見”する”どうしても譲れない部分”のキラリと光る
メタルパーツの輝きが好きなんですよ。
オールドタックルは、そんな「( ̄ー ̄)」が無くてはならないんです。

まぁ別に”分かってくれ”とは言いませんけどねw

でも、カーディナルユーザーとかアンバサダーユーザーは分かるはず。

分かって頂けますよね?>A様





今日ヤフオクを回って観たら、結構ハンドルとか作ってる人いるんですよね~w

私が始めた頃は、それこそCCMとガー(スペル忘れた)くらいだったので、
個人は私だけかと思っていたら、今となってはそうでもないみたいw

またその作品が・・・・・
よく出来てるんですよ~w

今度、私も作ってもらおうかと・・・(爆

今まで新しい試みをして来たつもりですが、何だか最近、新鮮味が無くなってきたな~・・・


あ、そう言えば来ました!

200901109DSC01629.jpg

色々ご協力ありがとうございましたm(_ _)m>M様&お友達


で、組みあがったのがこれ。
ノブとエンブレム無いけどねw
それは今度★

200901109DSC01630.jpg
200901109DSC01630_02.jpg
200901109DSC01631.jpg
200901109DSC01632.jpg




実はこれキャップが無いほうがカッコいいんですよw
でもリセントがダメなので外すわけにも行かず・・・w
キャップあると下品と言うかバカっぽいんだよな~w


ただ、やっぱり穴あきのローターはカッコイイ★

200901109DSC01633.jpg

スプールが赤とかだったら、もっと穴あきが目立つからいいかもしれないけど
黒ずくめってのが渋くていいですよね。
個人的にはそう思ってます。
単に黒しか持ってないってのもありますが・・w

まぁこれでノブとエンブレム付ければ、一応、世界一のカーディナルになると思うんだけど・・・
何が”世界一”かと言うのかは・・・ よく分かりませんが、これを越えるカスタム・・・と言うか、
ドレスアップしたカーディナルは私の知る限りありません。

私、以前「スペックアップを伴わない改造をカスタムと言わない!」 ・・・ みたいな、偉そうな事言いましたっけ?w
言いました??w
言いました言いました????w

言わなけりゃよかったな~(爆

忘れてもらえません?w>皆さん



次はカーディナルダブルハンドルです!





渓流釣りをやってる人って、禁漁期間になにやってるんですか?w

透き通ったキレイな空気を吸いながら釣りしたいな~
でもカンツリはな~・・・
車中泊は寒いし・・・
私、寒いのと暑いのが嫌いなんですよね・・
丁度いいのが好きなんです(爆


さてさて、今日はアームを切り出します。

200901106DSC01626.jpg
200901106DSC01627.jpg

カーボンハンドルの切り出しは何度もやってるから楽勝だろう・・・と思ったら・・・

意外に難しいw
両方のバランスをキッチリ取る必要がある。
完全に両ハンドルの長さを揃え無いとダメ。
しかも今回はクランク長100mmと指定されてるから、
絶対にズレたらだめなのだw
シングルだと適当でも形になるけど、ダブルは神経遣うわ~w



で、出来上がったのがこれ。

200901106DSC01628.jpg

予想以上に時間がかかった・・・
でもコレ・・・
ノブ次第では創り直しになる可能性もある(汗
ノブを待ってから切り出したほうがよかったかも~(爆


Aさん~
ノブ早く~w





何もやってないようですが、CADで色々合わせてますw


で・・・

はい、リセントゴールド版モデリング動画です★





ちょっとココを観て下さい。

20091105.jpg

こんな感じになると思います。

先日の動画と較べて少し大きくなってますよね?
OKですか?>A様

ブログと言うか業務連絡ですねw
みなさんすみませんw

それにしても便利だ・・・w>モデリング





A様よりカーディナル33用のカーボンダブルハンドルの依頼があった。

現時点でもある程度までは話が進み、細かいサイズなどの打ち合わせは済ませてある。

クランク長はC-Cで10mm。
C-Cって言うのはCENTER-CENTEREの略です。

つまりこの場合ここの長さって事ですね。

20091103_01.jpg

CENTER-TOPって言うのもあります。
通常は軸受けの中心(もしくは円の中心)の間を言います。
つまりC-Cですね。
この際に憶えてください。

さてさて、クランク長10mmでダブル。
ノブはA様の方で用意するらしいです。

始め同円芯の木製を作るとか言ってましたが・・・

a_01.jpg

ちょっと微妙なので、ハネクラのクリアノブを付けるって結論に・・・

つまり完成はこうなる。



なかなか・・・( ̄ー ̄)

自分の依頼した物が出来上がる前に、モデリングされるだけでも面白いでしょw

アームはカーボンなので木製よりも締まる感じになりますね。
クリアだから真鍮シャフトがキレイに透けてカッコイイでしょう★

ノブはA様から送られてからシャフトを創る事になるんだけど、
ABUのシャフトはカタカタして使いにくい。
だけど私が創るならピッタリのサイズで創る事が出来るので
カタカタ言う事はないでしょう。

ダブルだと同円芯のラウンドも結構いいかも・・・w


一応こんな感じで進めて行きます>A様

他に何か合わせたいノブとかありましたら言ってください。
モデリングすればイメージもしやすいですしねw
確かハネクラのノブはクリアの赤とかありませんでしたっけ?
他の色も合わせて見たい気がしますw
ご希望がありましたら言ってくださいね~★





オーダーを受け付けます。
禁漁になったので・・・w

やっぱり冬は大人しくリールをやる事にしますw

ただ、スプールは勘弁してください。

ちなみにオーダーに関しては”受けた順”で作業に入りますので
ご了承下さいm(_ _)m
まぁそんなに来るとは思えませんが・・・w


それと、解禁になったらおそらくオーダーストップになるかと・・・(爆


あ、それとですね、黒のカーディナルですが、ピニオンが逝ってたの知ってましたw
その部品取り用のカーディナルも、M様のご協力で入手してありますw
すっかり忘れてました・・・
ありがとうございます>M様
でも、部品取り用にするにはあまりにもったいない・・・と思えるピカピカな33・・・
どうしようか・・・






では仮組みを・・・

200901102DSC01612.jpg

それにしてもココって毎度まいど悩むわ~w

200901102DSC01613.jpg
200901102DSC01614.jpg

まぁ私はカーディナルヲタでは無いのでいいかw

でもってこんな感じ★

200901102DSC01618.jpg
200901102DSC01619.jpg

結構カッコイイ!

でも思ったより地味ですね・・・w

まぁこれでいいでしょう!

ただね・・・ ちょっと問題があるんですよね・・・・ コレ・・・








i_200901102DSC01619.jpg






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。