専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今日は・・・・・・・

20090228IMG_3280.jpg

フライを・・・

って言うのは嘘で、スピナーを創ってます。
と言うのも、そろそろ多摩川にはマルタウグイが遡上してきます。
昨年、ルアーではまともな結果が出せませんでしたので、今年こそリベンジをと・・w

つい先日、多摩川でマルタウグイさんや、多摩川の常連さんとお会いして来ました。
マルタウグイさんから、色々釣り方などを教えて頂きました。
曰く「スピナーでも釣れますよ」との事だったので、「じゃ自作で」って事に・・・

この次期の多摩川は、マルタを初め、ライギョやナマズ、草魚なども釣れます。
ですからライトタックルだと折られる可能性があるとの事。
シーバスタックルなどがいいらしいのですが、私は7Fヘビータックルのベイトで挑戦したいと思います。

で、そのタックル用のスピナーを創ってるわけです。

バレットシンカーを使います。
別に面白い話しでもないので、適当に・・・w

20090228IMG_3250.jpg
20090228IMG_3251.jpg
20090228IMG_3252.jpg
20090228IMG_3281.jpg

こんなかんじ。

20090228IMG_3283.jpg

貧相なハックルだな~w
ボトム用&ヘビータックルベイトって事でウェイトは1/2ozと3/8oz。
少し重め。

20090228IMG_3284.jpg


でも今回の目玉は、あるサイトからヒントを得た”瀬用”の極小16gスピナー。


これ!!

20090228IMG_3286.jpg

釣れそ~w

すみませんw>○バラさん

これならフライに対抗出来るか??



リールの記事じゃなくてスミマセ~ンw
ま、土曜はアクセス少ないからいいでしょw
スポンサーサイト





今日、色々届いたw
ありがとうございますm(_ _)m>NOBさん&yoshishin様



今日は、最後に調整がいっぱい必要になると思うけど、現段階で調整も少しづつやっておいたほうがいいかと思い、まずはバラバラのままのカップを組んで見ます。

先日創ったプレッシャーワッシャーを組み込んで見た。

20090227IMG_3266.jpg

いい感じだ(゚∀゚)

動きをチェック。

ん?

あれあれ?w

ピンの動きがおかしいぞ・・・

よく見るとここが

20090227IMG_3267.jpg

少し浮いてる。
ここか・・・w
少し径が大きかったみたい。

これしか違わないのにね・・・

20090227IMG_3268.jpg

じゃやりますか・・・

旋盤で掴めるかが問題だww

20090227IMG_3269.jpg

何とかなったw
でもギリギリ(汗

今度は大丈夫だろ~

と思った・・・w
納まりはよくなった・・・
けどどうもピンが上手く動かない・・・w

そもそも仕組みが今一つ分からないこのカップ。
仕組みが分かれば問題点も分かるはず。


このカップってのは

20090227IMG_3270.jpg

こんな感じに圧をかけるとワッシャーが浮き、
ピンのこの突起

20090227IMG_3272.jpg

が外れてフリー状態になる。
よく出来てるね~

でも実はこのカップの本当に凄いところはですね・・・

例えばこの状態で押し込んでも、圧力をかけた対角線上の所は
浮きますよね?

20090227IMG_3270.jpg


でもここは??

20090227IMG_3270_00.jpg

画像の状態では浮いていない。
もし仮に、圧力を掛けるのがピンの真上だったら出て来ないじゃないですか。
ピンが・・・

でもね・・・・ 組んだら出てくるんですよ・・・
その仕組みが・・・ よく分からない(爆
分からないんですよ~ どんなに考えても~~~!!

私の創ったワッシャーだと、対角線は浮いても、真下が浮かない・・
だからピンが引っ込む時と、動かない時があるんです・・

どうなんてんだぁぁ~!!!>ABU

しっかし、恐ろしい事考えるね・・w

まぁでもデフォのと私のを較べて、同じにするしかないでしょw

他にもワッシャーの深さが少し違う。
これが原因なんだか分からんけど、やるしかないw

厚さは大丈夫そうだ。

20090227IMG_3274.jpg

05mmしか違わないのにね~w

20090227IMG_3275.jpg

穴が空いてるからバイトが素直に入るかが問題・・w

すげぇ~緊張する・・・

20090227IMG_3276.jpg

今度はどうよ!

20090227IMG_3278.jpg

動かない・・・_| ̄|○

これ、組んだりバラしたりするのタイヘンなんですよね~w

とか思いながら何度目かの組み立て中に、スプリングが!!

ぎゃ~~!!

必死で探して何とか見つけた・・

ふぅ~・・ ようやく作業に戻れますよ・・・と思ったら・・・

今度はE-リングが無いよ・・・

ムキィィィ!!

本日 糸冬 了~





リターンマッチですw

20090226IMG_3254.jpg

色々考えた・・・

回転センターで抑えても、ワークが細くなると曲がる。
かと言って、回転センターを強く押し込むと縮んで加工時に弾ける・・・w

まさかテフロンでこんなに手を焼くとは思わなかったww

で、こうします!

20090226IMG_3255.jpg


初めに穴を空け、ドリルを抜かないまま外径を加工しますw

通常は穴あけを先にやると、薄い物は加工時に応力で曲がってしまいます。
でもコイツの場合は別。
ヘッドを回転させる際に熱を持たなかったら、これがいいかと・・・
ただ~ 常識的には考えられないですけどねw
上手く行くかはやれば分かるw

いい感じに削れて行く・・・

次第に薄くなっていく・・

でもいい感じ  と思いきや・・・



バキ!

20090226IMG_3256.jpg

う~む・・・

途中までは上手く行った・・・

もう一度これで行きます。

いいよ~ いいよ~w

20090226IMG_3257.jpg

あとは最後の仕上げで終わりだ!!
大人しくしてくれよ~w


バキ!!

20090226IMG_3258.jpg


分かった( ̄ー ̄☆キラッ

次は上手く行く!!

20090226IMG_3259.jpg


で・・・ こんな感じ★

20090226IMG_3260.jpg

まぁまぁだw

でも加工面が少し粗い。
けどいいでしょう。

あれですね・・・
バイトが合って無いのか、そもそも旋盤で加工するのが無理なのか・・・
これだけ肉薄のモノってのは旋盤じゃ無理なのかもしれませんねw
でもコツは分かった。

テフロンってヤツを旋盤で加工する時は・・・・・ いいかw
誰も聞きたく無いですよねw

20090226IMG_3261.jpg

合わせて見るとこんな感じ。
ムギュって入れてあるだけなので、グリップを変えたいならスリーブだけ使ってください>KK様

でもって、もう一つ創って終了。

ノブに合わせて見ますか・・・

20090226IMG_3262.jpg

ずれてるよw

でもってノブ創りなおしw

ドリルで穴あけするも、中々センターが決まらない・・・w

ようやく3つ目で及第点のモノが出来たw
もうイヤw>EVA

はいこんな感じ。

20090226IMG_3263.jpg


え?
安っぽいって?
いいんです、それでもw
なんて言ってもテフロンスリーブのメリットは・・・

20090226IMG_3264.jpg

ホラねw

明日は仕事が休みにも関わらず雨・・・

釣りに行きたいと思ってたけど、KK-ZEROを進めろって事か・・・w





今日、頼んでいた物が入荷したとの事でハンズまで行って来た。

ようやく入手。

これ!

20090225IMG_3240.jpg

テフロン10Φ50cm これで1400円たぁ~アレだ・・・ww

ついでに鏡面仕上げ用のリューターバフまで買ってきて・・・
ピカピカになるから楽しくてこんな所までやってしまったw

20090225IMG_3241.jpg

全ての軸と受けをカンペキに鏡面にした。
巻き抵抗がどれだけ軽くなるのか楽しみだw


じゃテフロンの方をチャチャっとやっつけましょう!


と、思ったけど・・・

20090225IMG_3245.jpg

意外に難しい・・・
柔らかいからアチコチ逃げるし・・・・w
3本失敗して、オマケにノブまで一つ創りなおしになってしまった(; ・`д・´)

やっぱり扱ったこと無い素材はコツを掴むまで難しいですね~w

あまりに失敗したので今日はこれまで!!

進展無し(爆


テフロンのやろ~!
明日覚えてろよ!!w





ないんですよ・・・

送られてきた初期型の505には・・・

これ。

20090222IMG_3216.jpg

デフォルトで無いんですけどねw

でKKさんに聞いてみた。

打越「アルミで創ります?」
KKさん「よろ~」

って事で、アルミで創る事にした。

テフロンが来るまでのオマケなんで、説明は適当で・・・

例によって端材で・・・w

こうして・・・

20090222IMG_3217.jpg

こうして・・・

20090222IMG_3218.jpg

こうして・・・

20090222IMG_3218_20090222172500.jpg

テーパーかかってるから端面突っ切りで2度(目見当)でこうして・・・

20090222IMG_3219.jpg

外径も2度でこうして・・・

20090222IMG_3220.jpg

厚さピッタリ(0.5mm)で突っ切って・・・

途中で面取りなんかして・・・

20090222IMG_3221.jpg

完成★

20090222IMG_3222.jpg
20090222IMG_3223.jpg

説明テキトー過ぎますねww

まぁこれはオマケってことだし、難しい事もないんでw


でもちょっと待てよ・・・
これがデフォで無いって事は、つまりあれもないって事だ・・・

じゃそれも創りますか・・・

今度はテフロン登場。

こして・・・
20090222IMG_3226.jpg
20090222IMG_3227.jpg

サイズ合わせて突っ切り。

20090222IMG_3228.jpg

この突っ切り・・・ いい仕事しますわ~w

はい完成。

フェルトの代わりね。

20090222IMG_3231.jpg

少し組んで回して見たけど、やっぱりテフロンって凄い!!
凄い滑らかに回る。
こりゃいいですよ。
フェルトよりもいいかも・・・w
もしかしたら、カーディナルのドラグにも・・・

20090222IMG_3224.jpg


あ!

20090222IMG_3225.jpg

増えちゃった(爆


もう少ししたらテフロン来ますので~





連日手を加えてるKK-ZEROですが、今はとあるパーツが届くのを待っているので何も出来ません。

ですから・・・

20090221IMG_3197.jpg

パーツを磨いたりしてますw

例えばこれ・・・

20090221IMG_3199.jpg

柔らかに面取りされてます。
リューターでコンパウンドかけると角が取れてきます。
「う~ん・・・ いいね( ̄ー ̄☆キラッ」などと独り言を言ってたり・・・

ここなんて摺動部を鏡面まで磨き上げました。

20090221IMG_3204.jpg
20090221IMG_3205.jpg

この磨きを生かすには、粘度の高いグリスよりも
中間くらい粘度のオイルの方がいいですね。
もちろんその分減りは早いのですが、減るのはテフロンスリーブなので
また創れる。
ですから巻き抵抗を軽くするため、減ってもいいから軽めのオイルでお願いしますねw>KKさま


って事で、やる事が無いのでコレに目を付けて見ました・・・

20090221IMG_3207.jpg

何でも、売ってたショップの店主が、色あせを隠すために塗ったらしいw
それにしてもムラだらけ。
缶スプレーでも、もうちょっと上手く塗れそうなもんだが・・・w

KKさん曰く、使うことは無いだろうと言うことなので、だったら私の好きなように
イタズラしていいですか?・・・って事で好きなようにさせてもらう事になった。

それにしてもこのカップ・・・
エッジにキズがイッパイあってダメダメだw

20090221IMG_3206.jpg

初期のモノってカップの縁にSUSのリムが入って無い。
アルミだとダメなんだろうね~w
おそらくPEでも無い限り削れて行くって事はあまりないはず。
だとすると、画像の様にキズが入りやすい・・・
だから堅いSUSにした。

先日、KKさんともリム無しの話題になったんだけど
そこで溝が出来やすいからではなかろうか・・・って事だった。
でも、よくよく考えてみると常にラインは周り続けてるわけだから
特定の場所が痩せる事は無い。
そう考えるとやっぱり、キズが付きやすいから・・・と考えたほうがシックリ来るんじゃ無いでしょうか・・・

ってのはどうです?>500CLUB様&KK様



じゃ、このダメダメカップを再生させますか( ̄ー ̄☆キラッ

まずは色を落とす。

アルマイトって落とせるんですよ。
その前に塗装を落とす。

剥離剤登場。
20090221IMG_3208.jpg
あっという間に塗装は落とせる。

次はアルマイト。

やり方は適当に検索してくださいw

20090221IMG_3209.jpg

お・・・ 落ちないw

アルマイトってのは、アルミにお電気を流し穴を空け、顔料を穴に入れて穴をふさぐ。
簡単に言うとそんな原理なんだけど、これはかなり深くまで顔料は入ってるのか・・・

じゃ削ってやる!!

って事で、旋盤でガンガン行きますw
初めユックリ耐水にオイル染み込ませて削っていたんだけど、いかんせんはかどらない・・・w

じゃ150番の紙やすりだ!!
砂煙みたいなのが目視出来るくらい削れて行きますw
まぁこの記事はオマケみたいなもなんで、画像は省きますw


で、出来上がったのがこれ!!

20090221IMG_3210.jpg

カンペキに鏡面ですw
裏が赤いですが、車のオールペンもエンジンルームは塗らないのでコレでいいか(意味不明)

20090221IMG_3211.jpg

何だかプロトみたいw

エッジもカンペキだ!!

20090221IMG_3213.jpg

そこらへんのカップよりリング周りは絶対にキレイ!

この仕事・・・ 完璧でしょ~w

でも待てよ~・・・
KKさん曰く、「好きにやって~」って事だったんで、色でも塗りますか・・・

例えばファイヤーパターンとか?(爆

どうします?>KK様

全く問題なく使えるレベルですが、このまま手を付けずに送りますか?
それともファイヤーですか?(爆

あ、ついでにコレも

20090221IMG_3214.jpg

リムやっておきましたんで。





う~む・・・・

テフロンを入手しなければ・・・w


じゃ今日はスプールを。

20090220IMG_3173.jpg

結構重いねw

20090220IMG_3182.jpg

ロータリーテーブル登場~

じゃサクサク行きますよ~w

20090220IMG_3183.jpg

ドリルを入れるとき、慎重に行かないと沈むんですよねw
そりゃこれだけ薄ければそうなるでしょw
加えてチャックで強く掴むとキズが付く・・・
ミルで削ってるわけじゃないから、強く掴む必要は無いけど
それでも結構神経遣いますw

まずは表。

昨日のあれとは違って、ピッチは正確に~

SWEEDEN の文字だけ残そうかと思ったけど・・・

20090220IMG_3185.jpg

やっぱり軽くしたいからいいやw

20090220IMG_3186.jpg

次は裏。

引っ掛ける突起があるし、表よりも広いから
ピッチも穴径も異なります。

こんな感じになりました。

20090220IMG_3187.jpg

次は軸。
結構肉厚だから期待出来るかも。

20090220IMG_3188.jpg

はいこんな感じ。

20090220IMG_3192.jpg

表は面取りしてますんで、カッコイイでしょ?w
裏や内側はリューターでやりました。
もの凄い時間かかりましたよw
それと表と裏は穴径も穴数も違いますので、柄を合わせるようにはなっていません。

じゃ体重測定を・・・

20090220IMG_3194.jpg

4.6gの軽量化ですか・・・w
思ったより少ない・・・
本当はカップみたいな穴を予定してたんだけど
ラインがせり出す可能性があるかとおもって、効果は薄そうだけど
穴にした。
まぁいいか・・・w


つまりこの3つで・・・

20090220IMG_3170.jpg

8.6g・・・・・
微妙~w



それにしてもこのスプール・・・ カッコイイですね・・
まぁ例によって隠れちゃんですけどね(爆

20090220IMG_3195.jpg






1軍505を回してみたら、何だか重い・・・

もう少し軽くなかったっけ?

って事で気になったのでOVHをしたw

20090220IMG_3168.jpg

グリスが古い・・・w

って事でグリス挿し変えとか磨きとか・・・
簡単にメンテした。

20090220IMG_3169.jpg

組んでみた・・・・

グリスが新しくなった分、重くなったような・・・w
って事でご了承下さいm(_ _)m>KK様



じゃ、今日はこのパーツを!!

20090220IMG_3170.jpg

パーツ創ったりの見所はもう無くなって来たw
だからあとは小物に穴を空ける・・・ しか無いのか・・・w

まずはこいつ。

20090220IMG_3172.jpg

9.1gね。

じゃ行きますか。

20090220IMG_3175.jpg

一応4箇所の予定だったけど、もっと行けそうなので
さらに・・・

20090220IMG_3176.jpg

申し訳ありませんが、今回、ピッチはザックリですw。

で、出来たのがこいつ。

20090220IMG_3177.jpg

2.7gの軽量化ですか・・・w

磨いて、外と内側のバリとって終了。

一応、スリーブで通るかどうか確認。

20090220IMG_3179.jpg

何だかピカピカで妙にカッコイイんですけど・・・w
隠れちゃうんですけどねw



次はコイツ!

20090220IMG_3171.jpg

加工領域がブラスのあれとは違うので、穴径もピッチも少し違うけど
工程は同じなので説明&画像無し!w

で、出来たのがこれ。

20090220IMG_3181.jpg

1.3gか・・・・・_| ̄|○

となると、今日の軽量化は2つでピッタリ4g。

まぁ小さなパーツはこんなモンでしょw



明日は禁断のスプール!
何故、禁断かと言うと、4lbラインを使うスプールの軽量化!
バリが絶対にあってはいけません。
絶対にラインがキズ付く処理があってはならないのです。
ですから加工よりもバリ取りの方が時間かかるわけであって、
その覚悟が必要なんですよね~w





先日、かずちんと原宿で会った・・・ら・・・

20090219.jpg

確かにそうだ・・・w
FLESH&SALTなのに・・・w

そもそも、リールのカスタムを観に来る人が圧倒的で、釣行記を期待してる人なんて
おそらくいないか・・・ごく僅かだろうw

よし!
ブログのタイトルを変えます!

って事で変えましたw

CUSTOMIZE-STUDIO OHULS です。
どうでもいいんですけどねw


じゃリールの話しを・・・


今日はノブです。

実はリテナーを2回失敗してしまったので
後回しでw

先日買ってきたEVAブロック。
切り出します。

KKさんの希望は平ノブ。

200902189IMG_3157.jpg
200902189IMG_3158.jpg

一気に”金属加工ブログ”が日曜大工っぽくなって来ました(爆

取り合えず穴空け。

こんな素材をドリルで穴を空けられるのか・・・

コツがあるのですが、出来るのですw

200902189IMG_3162.jpg

ヤスリで成型してこんな感じ。

200902189IMG_3163.jpg

200902189IMG_3165.jpg

もう少し複雑な形にしようかとも思ったけど
EVAが柔らかいので、ヒネリとか無理w
でもこんな感じでいいでしょう。
それにKKさんの事だから気に入らなかったら自作するはずw(無責任)
いいんです。
KKさんだったらノブくらい簡単に創れますんでw

もしご自分で作りかえる際に、シャフトの創りなおしなどのご要望がありましたら
連絡くださいね~>KK様

じゃ体重測定を・・・

200902189IMG_3166.jpg

2つでこの軽さw

200902189IMG_3167.jpg

いいじゃんw

ちなみに、このノブにテフロンスペーサー入れてノブは完成の予定だったけど
以前作ったホールソーを遣ってみたところ、切り出すことは出来てもテフロンが抜けない・・・w
ならば30mmから削りだそうかとも思ったけど、なんせスペーサ径が6mm・・・

細いテフロン丸棒を買ったほうが早いか・・・w

って事で10mmのテフロンを入手しますw
それまで・・・ ノブのシャフトを創るか、リテナーを創るか・・・
はたまた他のパーツの軽量化をするか・・・

でも、他のパーツの軽量化って、穴あけするくらいしか無いから
ブログ的には面白く無いんだよな~





さて穴あけ。

初めに試し切りをしました。
全く問題ありません。
おそらくカーボンの穴空けが難しいというのは、ワークをしっかりホールド出来ていないか
ドリルの回転数が低いのだと思います。
電器ドリルだとやっぱり難しいかもしれません。

ではでは・・・

まずは穴位置を決めます。

20090218IMG_3140.jpg


こんな感じにワークを固定。

20090218IMG_3141.jpg

これだと不安なので一応手で沿えます。
これくらいで充分です。

こんな感じ。

20090218IMG_3143.jpg

でもやっぱり裏はむしれてますw

次はセンターの穴を・・
これが一番難しい。
はたしてフライスでどこまで行けるか・・・

20090218IMG_3145.jpg

センター穴がダメだとどうにもならないので、少し小さな穴を空けて
後は手でやろうw
恐くて無理w

で、1時間くらいかかったでしょうか・・・
ヤスリとリューターで何度も何度も合わせながら、ようやくこんな感じ。

20090218IMG_3148.jpg

サクっと話が進んでるけど、かなり時間かかったw
ここがダメだと安っぽくなるしね~

またしてもアチコチ真っ黒w

でもまぁまぁでしょw
初め「これでお金もらえるのか・・・」って思ったけど
帳尻あいましたw
インチキっぽくてスミマセンm(_ _)m>KK様

じゃ、お待ちかねの~

体重測定★

20090218IMG_3149.jpg

またしても軽くなったw
削ってるから当たり前だけど・・・

どらどら・・・

20090218IMG_3150.jpg

いいねぇ~w

でもここの・・・

20090218IMG_3151.jpg

クリアランスがギリギリw
6角は厳しいか・・
やっぱりチタンの皿ネジがいいね★


次はノブ!

あ、リテナーやってないやw





さてさて、○バラさんのお陰で材料も揃ったことだし、行きますか。


まずはカーボンの切り出し。
ノブをやろうかと思ったけど、やっぱりクランクから行きます。

KKさんはシングルでもダブルでも、キャスト時にピッカーが出てこなければいいと
言ってましたが、やっぱりWハンドルで行きます。
リーリング時に手がハンドルを探すのがイヤなんですよねw
着水バイトなんてあった日にゃ~・・・w(イワナに着水バイトがあるのか分かりませんが・・・)
それにやっぱりWの方がバランスがいいので、ピッカーが出るのをカンペキに防げる。



鉄ノコで切り出しましたw
メタルソーだと、狂ったような音が出ますので・・・

20090217IMG_3125.jpg

ちょっと大きすぎたか・・・w

まずは試し切り。

20090217IMG_3127.jpg

まぁまぁ切れる。
加工跡もまぁまぁ。

20090217IMG_3128.jpg

20090217IMG_3129.jpg

じゃ、まぁ悩んでてもしょうがないので行きますかw

形はこうして切り出す事にしました。

20090217IMG_3132.jpg

やっぱり大きすぎたw

実は切り出すときに分かったのですが、
カーボンプレートってのは積層です。
つまり刃が入る方はいいのですが、出るほうは剥がれる可能性があります。
実際少し剥がれました。

ですから下の画像のような加工する際は・・・

20090217IMG_3134.jpg

ダウンカットで刃を入れながら、ムシレを中に入れて行き、剥がれないように半面づつ加工します。

初めコレが分からずに悩みましたw

でも要領は分かった!

もう少し手こずるかと思ったけど、カーボン楽勝!!w

でも切子って言うか切りくずと言うか・・・ 粉なんですよねw
もう真っ黒(爆

アップカットとダウンカットが分からない人は、勝手に調べてくださいw


で、出来たのがこれ。

20090217IMG_3135.jpg

細かい調整は手でやります。

コイツで・・・

20090217IMG_3136.jpg

あ、ヤスリもリューターもアップカットとダウンカットを意識しながらやると上手く行きます。

最後は手でヤスリをかけて仕上げ。

20090217IMG_3139.jpg

ん?

ちょっと角が残ってるw
後でやりますかw

穴を空け無いのかって?
空けません。
1軍505を見るとクランクが曲がってます。
ハンドルって結構力かかる時があるんですよね。
実際に私もモラムのシャフト折ってるんで、分かるんです。
この箇所はいたずらに強度を下げるのは危険です。
だからプレーンで行きます。

じゃ、恒例のウェイトを・・・

20090217IMG_3137.jpg

おぉ~w

10gを切る可能性が出てきたぞw

あとは穴あけか・・・
○バラさんの話しによると、ドリルも厄介だって言ってた・・
それに積層のリスクを考えると、ドリルが貫通する際に注意が必要って事。
穴の形状も特殊なんで手で加工する必要がある。
それとカーボンプレートにネジが切れ無いから、リテナーも考えないとネw
もうアイディアはあるけど・・・( ̄ー ̄☆キラッ

では今日はこれまで★

なんぞかんぞお楽しみに~w

それにしてもいいペースで進んでますね・・
ノンビリ屋の私にしては珍しい(爆





頑なにKK-ZEROと言い続ける事にした(爆

さてさて、先日も少し言いましたが、カーボンプレートでパワハンを創る事になりました。
ちなみに私の創るパワハンは”見てるだけでパワーがみなぎるハンドル”の略ですw

んな事はいいとして・・・

あちこちカーボンプレートが無いか聞いて回ったんです。

KKさんは・・・

kk.jpg

とは言ってませんでしたが、ZPIを流用するなら負担してくれると言って頂きました・・・


が!!


ですが、いかにも”足元見てます”って価格が気に入らないので
自分で作る事にしました。

そして○バラさんから譲っていただく事になりました。
ありがとうございます!
しかもダタです!m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
ちょっと前に知り合ったばかりなのに、厚かましいお願いを聞いていただいて
本当に感謝してます!m(_ _)m

で、来たのがコレ!!

20090216IMG_3124.jpg

厚さ2.5mmと2mm。
まさに理想的な厚さだ!!
オマケにカーボンシャフトまであるよ~

そしてもう1つオマケが・・チタンボルト。
しかも私が一番使うM3だ!

超軽量のハンドルを創るのに、シャフト留めのボルトのウェイトが気になってたんですよね~

どらどら・・・

SUS M3×0.5 15mmなら・・

20090216IMG_3122.jpg

こんな感じなんだけど、チタンなら・・

20090216IMG_3123.jpg

おぉぉ~!!
皿ネジとは言えこの重さ!!

チタンかぁ~w


○バラさんからカーボン加工のコツを教えてもらった。

何でも穴あけも、切り出しも中々言う事聞かないとか・・・

って事で、フライスでちょっと試す・・・

メタルソーを使って見たけど、恐ろしい音がするんですよねw
次は鉄ノコで切って見た・・・

まぁまぁ切れる・・・

う~む・・・

ドリルは試して無いけど、概ねどんなモンか分かった。

この素材・・・
容易ならず・・・w

じゃ、EVAもカーボンも揃ったことだし・・・

次は”見てるだけでパワーがみなぎるハンドル”を行きますか!!
目指すは10g台。
可能であれば1桁でなんとか・・・w

60gが見えてきた・・・!!





今日(と言ってもタイムラグがありますが)仕事に行ったら、家の鍵を忘れている事に気付いた・・w

カオリが帰宅するまで部屋に入れない・・・

よし。
カオリの職場まで取りに行こう!

って事で新宿まで行ってきた。
幸い私の仕事場から新宿まで15分(チャリ)。

しばらくして、向こうから”青木さやか”みたいな格好したのがやって来たw

無事鍵を借りることが出来ました。

そうだそうだw
ついでにハンズでEVAを探そう。

って事で・・・

20090215SBSH0040.jpg

ハンズ到着~

ありましたありましたw

20090215SBSH0041.jpg

結構、バラエティー豊富なんですねw
でもノブに使えそうな色はこのくらいか・・・

20090215SBSH0043.jpg

KKさんが赤を希望するとは思えないけど、一応買っておこうw
181円だしねw
それにチャリだと数も限られます。

ついでにアレも観てみようw

20090215SBSH0042.jpg

2163円・・・

ふざけるなってのw

でもカーボンプレートは手配出来てるし・・( ̄ー ̄☆キラッ

あ、ZPIの物を流用するのはやめました。
たかがカーボンプレートにシャフトをカシめてるだけで
新品価格8000円強。
ヤフオクで探しても5000円前後・・・
KKさんは買ってもいいと仰ってくれているのですが、
何だかムカつくんですよねw
私がお金を負担するワケでは無いのですが、イヤなんですw

そこで色々考えた・・・・

ラジコンのパーツなら数百円なのに・・・


ラジコン・・・

ラジコン・・・


○バラさん・・・


( ̄ー ̄)


そう言えば、本人は釣れないが、隣で釣りをする人はサクラをゲットするとの伝説の持ち主の
○バラさんは、以前ラジコンに入れ込んでいました・・・
その腕前は全日本大会に出るほど。
だとすると、自分で色々いじってるはずだから、
ハンドルに使えそうなパーツくらいあるかも・・・

と思って早速連絡。

そして、よさ気な物を譲って頂く事になりました。
ありがとうございますm(_ _)m
しかもタダ・・・

ここまでで、505にかかった材料費はEVAの181円だけだw
それも全部使うわけじゃないので、おそらくそれも30円くらいなもんだろうw
アルミにしても200円くらいか・・・
殆ど端材だし。
そしてカーボンもタダ。

工賃はプライスレス!w

さて、18kmの道のりを帰るとしますか・・・






カーディナルのデモ機創ってるじゃないですか・・・

私の中では完成してるんですよねw

だって、あとは色塗ってパワハン創って組むだけ・・・
面白いところはやってしまったので、モチベーションが・・・w

で、どなたかカーディナルを塗装していただけませんかね?

安くお願いしたいんですよ・・・
真面目に・・・

誰かやって頂く方いませんか?

ウレタンでお願いしたいんですけど・・・

本当に、やって頂ける方がいたらご連絡お願いしますm(_ _)m





昨日の続き。

先日の状態のままロータリーテーブルにセット。

穴位置を正確に決めるために色々考えた・・・
穴径は3.5mm
正確なピッチで6つ明ける必要がある。
どうするか・・・・

こうしますw

20090212IMG_3114.jpg

テキトーだw
でも正確なんですw

20090212IMG_3115.jpg

ここまで来たらメタルソーで・・・と思ったら・・・
クリアランスの問題で使え無いよ・・w
突っ切りでやるしかないか・・
でも穴の空いた状態のワークって、刃が入らないんだよね~
ただでさえ刃が入りにくいのにさ~
でもまぁやってみるしなないでしょ。

でもって旋盤に戻します。

20090212IMG_3117.jpg

突っ切り開始!

20090212IMG_3118.jpg

やっぱり刃が入りにくい・・・
超緊張しますw

でも時間をかけて、なんとかなりました。

切り落としたのがこれ!

20090212IMG_3119.jpg

途中、刃が暴れたので、少し荒い箇所がありますが、あとでリューターでキレイにすれば問題ないでしょ。

じゃ計って見ますか・・

20090212IMG_3120.jpg

ふぅ~ん・・・
3g強の軽量化か・・・
まぁまぁでしょw
実は真鍮のモノをアルミで創ると言う事で、
もしかしたら強度に問題があるかも・・・と思って0.2mm厚くしたんですよね。

でも、合わせて見た所、強度的にも問題なし。

穴位置もカンペキ!

20090212IMG_3121.jpg

あとは・・・ ハンドルか・・・

出来れば、カップ周りとハンドルだけで60gを達成したい・・
多分それは無理かと思うけど、出来るだけやってみてダメだったら他をやるしかないか・・・
でも、出来る限りカップとハンドルで勝負します!
なんせWハンドルだけで30g以上ありますからねw
10g台で仕上げたい・・・
それにはやっぱり・・・


○バラさんの出番ですよ( ̄ー ̄☆キラッ


そう言えばNOBさん以外、500クラブの人が乱入してくれないな~w
待ってますよ~>500クラブの皆さん





さてさて・・・

カップを加工しても精々8gとか?w
思ったより軽くならない。
でも、あのアッセンブリの攻略がKK-ZEROのカギだと思うんですよね・・・

じゃ、今度はこれを行きますか・・・

コイツ!

20090212IMG_3101.jpg

対して大きくも無いくせに結構重い。
”イラっ”とするんですよねw

コイツをどうするか・・・

20090212IMG_3103.jpg

例によって穴あけでもしましょうか・・・
でも、穴を空けても1gに満たないかもしれない・・・

じゃ、OHULS的にはどうするか・・・( ̄ー ̄☆キラッ

アルミで1から創ろうじゃないですかw
ここまで来たら”ガチ勝負”で行きますよ~!!

まずは、そこらへんに転がってる端材を・・・w

丁度いいのがあったんですよw

まずは端面をきれいにして、

20090212IMG_3102.jpg

図面無しの現物合わせで一発勝負!

20090212IMG_3104.jpg

面倒なので説明はテキトーでw

20090212IMG_3106.jpg
20090212IMG_3107.jpg

テーパーがかかってるんで、ツールポストを目見当で合わせますw
多分20度。

20090212IMG_3108.jpg

外径を合わせます。

20090212IMG_3109.jpg
20090212IMG_3110.jpg

適当過ぎる・・・w

あれやこれやワーク実測でw

20090212IMG_3111.jpg

ここのサイズだけ正確に突っ切る。

20090212IMG_3112.jpg

20090212IMG_3113.jpg

こやつ(プレッシャーワッシャー)の厚さは0.8mm。
アルミって事で1mm厚にした。
この手のパーツは、0.2mmくらい厚くしても、さほど影響無い。

だけど・・・ここまで来てトラブル発生!

なんと突っ切りが入らない・・・

たまにあるんですよね~
アルミの密度にバラツキがあるようで、刃が入りにくくなるんですよ・・
極めて稀ですけどね・・w
でも以前そんな経験をしてるので、まぁなんとかなるでしょw

じゃメタルソーで落としますか・・・

穴あけもあるしねw

次はフライス登場!

続きはあした★





以前、私は”軽量化には興味無し”みたいな事を言ってたじゃないですか。
やっぱり最近のリールは、あれやこれや、いい物がイッパイありますので、
敢えて重いリールを軽量化する必要なんてないと思うんですよ・・・

ですが~
心のどこかで”軽量化こそ最強のカスタム”だと思ってますw

ゼロ戦ってしってますよね?
あの戦闘機は、全てのネジ山をサンダーで削ってまで軽量化に拘ったと言われています。
だからこそ、世界最強の戦闘機になったわけです。

つまり、性能面に不満が無かったら、最後は軽量化なんですよね・・・
最後の最後に軽量化・・・
例えば、F-1のマシンとか、カルロス師匠(元YAMAHA社員)の師匠が手がけるバイクの500CCレーサーなんぞのアルミワンオフパーツなんかは、マシンで面取りが出来ないから、手作業(リューター)でやるそうですよ・・・
ケニーロバーツのマシンとかはそうだったとか・・・
結局は最後に1gに拘るようになる・・・

つまり、軽量化は最も崇高な”最後の領域”なんですよね・・・w

だからKKさんから505の軽量化の依頼の依頼があった時は思わず笑っちゃいましたw

「相変わらずコアだなぁ~w」みたいな・・・w

そんなこんなで、今回の依頼は拘りますよ~★
名付けて”OHULS-CUSTOM KK-ZERO(ゼロ戦の零)”でw
酔った勢いで命名!
でも名前って大事(爆
ナンデモフッキングよりはセンスいいと思いますw


さてさて・・・ 
能書きはいいとして・・w



カップにはまだ軽量化出来るスペースがあります。

本当は、先日までの加工が上手く行ったので触りたく無いんですが、やっぱりどうしても気になるのでやりますか・・・

20090212IMG_3092.jpg

何度計っても僅かな軽量化・・・w

じゃ端面行きますか・・・

こんな感じに・・・

20090212IMG_3093.jpg

今回使ったドリルは5.1のストレートドリル。
ストレートドリルってのは、穴位置がずれない構造になってます。
センタードリルで穴位置決めるのも面倒なので、ストレートドリルを使おうと・・・
たまたまあったのが5.1mmってハンパなサイズだったんだけど、まぁさしたる問題は無いでしょうw

って事で、ピッチだけ正確に穴を空けて行きます。

20090212IMG_3094.jpg

はい!
こんな感じ。

20090212IMG_3095.jpg

0.4gかよ!!w

やっぱり穴あけって知れてますよね~・・・

裏面は・・・

20090212IMG_3096.jpg

SUSってコレだからいやw

リューターで面取りしてこんな感じ。

20090212IMG_3097.jpg

再度計って見ると・・・

20090212IMG_3098.jpg

おぉ~w
少しだけ軽くなったw

20090212IMG_3099.jpg

まぁまぁでしょ。

カップはこれで終了にしよう。
なんとなく・・・ なんとなくこれ以上やると逝くような気がしますw
そんな勘て当たる・・・w

ちなみに装着すると・・・

20090212IMG_3100.jpg

カッコイイ~!
まさにF-1的・・・・・・って私は思ってます。

でも隠れちゃうんですけどねw
ただ、開けた時の”画的な美しさ”ってあるじゃないですか。
例えばアルマイトされたビデオカードのパーツとかラジコンパーツとか・・・
穴あけ加工されたギアとか・・・
「意味無いけどカッコイ~!!」って思っちゃうんですよね~w
可能であれば、カップを再アルマイトしてハブもカップと同色でアルマイト。
スプールも穴あけしてアルマイト・・みたいなw

でもKKさんは”カッコだけチューンは必要なし!”って人だから
そんなことしたら殺されますね(爆
アルマイトなんてしても、お金がかかるだけで性能には全く関係ないですから。

でもカッケ~




面取りは1時間かけてシッカリやったので絶対に大丈夫です。
最後はステンレス用コンパウンドで・・・
もちろん裏も表も。

これにてカップ終了~

上手く行きましたねw



次はあれをやるか・・・





もう怒ったぞ~w

KKさんめ~~!(爆

もう一度掴みなおしてさらに加工!

20090206IMG_3085.jpg

まだまだ削れる部分はある!

でもね・・
これ・・ 結構難しいんですよねw

爪で掴む際に、強く広げると開くんですよ・・・ カップが・・・w
それでいて緩いと、ミルが入った時に少し動くんですよ・・
それに気付かないで進めると、穴のラインがずれる・・
だからソフトハンマーで位置決めしながら慎重に進めて行かないとダメなんですよね。

20090206IMG_3087.jpg

ギリギリまで詰めていく・・・
何度も何度も手で調整しながら・・・
これだけで3時間くらいかかったような・・・w

ここまで来た!

20090206IMG_3088.jpg

今度はどうよ!

20090206IMG_3090.jpg

8.3g・・・

20090206IMG_3091_02.jpg

今日はこのくらいで勘弁してやる・・・(爆

リューターで面取りして、”一応”完成。

20090206IMG_3091.jpg


まぁこのくらい軽量化すれば巻き初めが軽くなるでしょうね~

完成が楽しみだw





ZPIのカーボンハンドルをオークションで探してるんだけど
ないので、カップに挑戦します!

20090206IMG_3073.jpg

あ~・・・
これって逝ってしまったらどうなるんだろうか・・・(爆
ホネな感じになりませんかね??ww

実はSUSって殆ど経験がないから、やりたく無いんだけど
今回ばっかりは避けて通れませんw
っていうか、むしろメインなワケで・・・w

でもフライスの師匠から色々勉強しましたんで大丈夫!・・・ と祈ってます(爆

もう一度ウェイトを計ってみます。

20090206IMG_3078.jpg

36.7g。

よし・・ どのくらい軽量化出来るか・・・

いざ!

まずセンタードリルで穴あけ。

20090206IMG_3079.jpg

これがまた・・・ 当然と言えば当然なんだけど、アルミと全く違うw
刃が入りにくいんだよね~

その次はドリルでミルの径まで広げます。
初め安物のドリル使ってたんだけど、刃が入らない・・・
しまいには溶着しそうな勢いで・・・w

20090206IMG_3080.jpg

あ、溶着ってのは加工時に熱を帯びて、刃物に切子がくっ付いたりする現象ね。
まぁ私の出力の機材じゃ殆ど無いけど・・・w
でも今回はアルミと違って湿式です。
神経遣いますね~w
ちなみに湿式ってのは油であれですよ・・・ あれw
湿式の反対が乾式ね。
本当はアルミも湿式がいいんだけど、私は面倒なので乾式ですw

エンドミルもデフォの安物じゃ、刃が上手く入らない・・・
高級なので行きます!

20090206IMG_3081.jpg

いいですね・・・
ミルも高価だと刃の入りが全く違います。
ただSUSを切ると短命になりますけどねw
SUSの切り味ってアルミとも真鍮とも全く違いますね・・
何て言うんだろ・・・
まぁいいか・・・(爆

3点支持で、他は削って行きます。

20090206IMG_3083.jpg

なんで3点支持かって言うと、チャックの爪が3点だからw
穴あけよりも確実に軽量化できます。

さてさて・・・
どのくらい軽くなったのだろうか・・・

20090206IMG_3084.jpg




えぇぇ!!!



20090206IMG_3091_01.jpg



もう怒った!!



続きは明日!!





先日の続き。

アームにボルトを留める穴を明けます。
なんせぴっっったりに明けないと固定出来ません。
実はそんな穴あけの必殺技があるんです・・・( ̄ー ̄

20090206IMG_3059.jpg


画像忘れたんで、聞きたい人はメールまでw
誰もいないと思うけど・・・

次はネジ切り。
今回のネジは全てSUS(ステンレス)M3を使っています。
交換が必要な時は、DIYショップなどで購入出来ますので~>M様

20090206IMG_3060.jpg

はい、完成★

下の画像はペーパーかけてきれいにしてる所。
ヘアラインもいいですねw

20090206IMG_3061.jpg

じゃ組んで観ます。

20090206IMG_3062.jpg

いいですね~
裏からのボルト穴も下げてありますのでキレイにまとまった感じです。

さらに・・・

20090206IMG_3063.jpg
20090206IMG_3064.jpg

おぉぉ~w

じゃついでに、先に仕上がってるスプールも・・・

20090206IMG_3065.jpg

おぉぉぉぉ!!w

いいですね~
カッコイイ!
これは目立つな~・・・


それにしても、ようやく完成ですよw
お時間かかりましてスミマセンでした>M様


よし!
次は505の軽量化だ!

あ、505が終わるまで、しばらくはワンオフのパワハンとスプールは受けませんから・・
いや・・・ もしかしたら、金輪際受けないかも・・・
だって、面倒な割には金にならない・・・(爆
まぁ、お金目当てでやってるわけじゃないけど、いくらなんでも可哀想過ぎる・・・w

じゃ送りますね~!





今日は買い物です。

KKさんと協議の結果、505のノブはEVAでどうかと・・・
EVAなら適当な堅さもあるし、何より軽い!
コルクでもいいんだけど、欠けるから永い事使うことは出来ない。

って事で買い出し・・・

20090206SBSH0037.jpg

ユニディ狛江店。
見かけたら声掛けてくださいね~w

私がEVAの端材とか持ってたらいいんだけど、残念ながら持って無いw
で、あったらいいな~ 程度のノリで行って見たんだけど・・・

20090206SBSH0038.jpg

ない・・・

そこそこのはあるんだけど、”これだ!!”ってのが無い・・・

やっぱりハンズとか行かないとだめか・・・

これなんてノブにどうだろう?w

20090206SBSH0039.jpg

KKさんのキャラとは似ても似つかない(爆

まぁハンドルやノブは後回しにして、アレ・・・ 行きますか・・・w

そう言えばハンドルのアーム(クランク?)はZPIのカーボンを流用するかもしれません。
構想段階ですけどね・・・。

カーボンプレートがあればいいんだけどな~
2mmくらいの・・・

誰かありません?





先日アームの概ねの形が整ったので、次はあちこち穴あけしたり・・・

はずはここから。

20090206IMG_3052.jpg

以前はここの穴あけを初めにやってましたが、先端の加工が少しでもずれると
アウトなので、最後にしました。
これからはそうしようw
皆さんも参考にしてくださいね。
こんなことやってる人、誰もいないか・・・w

じゃ、ノブと組んでみよう。

20090206IMG_3054.jpg

いいねぇ~( ̄ー ̄)
CCMな感じでいいですw
厚さが、もかしたら・・・・って思ったけど、こんな感じの方が私は好き。
PENN!! って感じw

じゃ今度はジョイントを・・・
まだ完成して無いんです。

アームの入る溝を削って行きます。

20090206IMG_3055.jpg

現物と合わせながら、完全な目見当ですw
目見当職人と呼んでください。
”職人”の割にはよく失敗しますけどね(爆

こんな感じ。

20090206IMG_3056.jpg

ボルトを通す穴を明けたらジョイント終了。

20090206IMG_3057.jpg

明日は完成予定!





今日は仕事休み。

何をしようかと思ったけど、釣りはまだ寒いし・・・w

って事で、集中して716Zを進める事にします。
いくらなんでもそろそろ仕上げないとネw

先日ホネが逝ってしまったのは皆さんご存知かと・・・w

依頼者様に相談したところ、先日デモ機用に創ったカーディナルのノブがいいと・・
そりゃ願ったり叶ったりで・・・w
なんせ、依頼品じゃ無いとプレッシャーがかからないのでいいモノが出来るw

そしてアームの厚さもそのままでお願いしたw
初めの構想と変わってきました・・・w

だけど、以前カーディナル用で失敗したアームよりは
ノブの付け根が細くして欲しいと・・・
そりゃそうですねよねw
あれ、不恰好でカッコ悪いしw

って事で、まずはフライスで・・・

20090206IMG_3044.jpg

いいじゃん。
キズが付いていますが、あとからキレイにしますんで。

20090206IMG_3045.jpg

先端を丸く加工します。
これが結構難しいんですよね・・・
少しでもずれるとキレイに仕上がらない。
まぁどんなに調整しても、少しはずれるから修正する事になるんだけど・・・w

完全にセンターを合わせ、Y軸のテーブルをロック★

20090206IMG_3046.jpg

でもって少しづつ削って行きます。

20090206IMG_3047.jpg

なんせ、ワークの固定が微妙なので、本当に少しづつ・・・w

はい、こんな感じ。
やっぱり手で修正する必要がありますね・・・

20090206IMG_3051.jpg

永くなるので明日!





日夜、505の軽量化に無い脳みそをフル回転させていますw

先日、KKさんメールしました。

「あの~ Wハンドルも軽量化の対象にしていいですか?w」・・・みたいなw

初めに1軍505とカスタム依頼の505を計って見ましたが、
ソノ差は30g近くありました。
つまりハンドルがやたら重いんだろうと・・・・

で、計った診た。

20090203IMG_3040.jpg

それにしても強引な付けたかですねw
初め見た時は「アンバサダーのハドルって500シリーズに付けられるんだ・・・」と思いましたが
穴の処理も強引と言うか・・・w

で、このハンドルのウェイトは・・・

20090203IMG_3039.jpg

重いわぁ~w
何て言ってもゴム製のでかいグリップ・・・
センス無しw
ABUのこのタイプのグリップってダメですよね~

私の503のグリップを計って見た。

20090203IMG_3041.jpg

おぉ~w
軽いw
まぁシャフトもアルミで創ってますからね。

毎度の事ながら並べて観た・・・

20090203IMG_3042.jpg

いい景色だ・・・w

それにしても505のハンドルをどうするか・・・
頻繁にKKさんとメールで打ち合わせしてるんですが、面白いアイディアがあるんですよ・・・( ̄ー ̄☆キラッ

まだ内緒★

あ、ちなみに716Zも進んでます・・・が・・・

実は骨を・・・

骨を・・・・

ほ・・・ね・・・ を・・・

_| ̄|○





今日は突っ切りです。

バイトは何を使うか・・・

今回のようなことがあろうかと思ってとっておいたコイツ!

20090130IMG_3028.jpg

鉄ノコの刃です。
コイツは焼きが入っているので刃先だけ形を創ればOKです。
ただ、こいつをホールドするものが無いので、それを作ります。

大体のイメージをして、そこらへんに転がってる端材で作ります。

例によって説明は飛ばします。

(かなり省略されてますw)

20090130IMG_3029.jpg
20090130IMG_3030.jpg

こんな感じ。

20090130IMG_3032.jpg

切れるのか?w

20090130IMG_3033.jpg

カンペキw
20090130IMG_3034.jpg

外形を削るときは、なんと通常のバイトで問題なかったw

ホールソーはと言うと・・・・ こんな感じに使います。

20090130IMG_3035.jpg

経済的でしょ?w

ただ、コイツ・・・・
10mmくらいまでは簡単に入るのですが、深くなってくると高熱になります・・
そうなると溶け初め、上手く加工出来なくなるようです。
乾式でも湿式でも同じ。
ホールソーで抜く時は時間を置いて、冷ましながら進めるのがいいみたい。
高い圧力がかかったまま高速回転すると、さすがにテフロンでもダメって事ですねw

さてさて、準備も整いました( ̄ー ̄☆キラッ

今回の505は、巷でよく見るBBマンセーな日曜大工リールではなく、実戦に特化した本当の”カスタムリール”を目指します!







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。