専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





先日のSS材焼き入れの記事に対して突込みがあったので、
一応補足しておきますねw

この手の講釈は字数が多くなるから避けたかったんだけど・・・w
本当は「打越のことだから分かっててやってるんだろ・・・」と解釈してもらえるかと思ったけど、
NOBさんは分かるとして、付き合いの永いカズチンにまで突っ込まれてしまったw
まぁ不特定多数の人が観てることだし、適当な事は言えないので、一応・・・w

興味の無い人は飛ばしてくださいw



まず、SS材の焼き入れに関してですが、SS材は通常焼き入れは出来ません
ただ、この”焼き入れ”は、バイトやミルのような金属加工を前提とした刃物に必要な強度とします。
なら昨日のSS材はどうなのか?
金属を加工する程の強度は得られないですが、硬化はします。
チェックした所、ドリルのような強度ではありませんが、間違い無く硬化は確認できました。
ですが、”ドリルよりも柔らかそう”と感じたのは感覚的なものなので断定は出来ませんw

通常、昨日のような焼入れを前提とした加工はSK材を使用します。
焼入れが可能なのは0.03パーセント以上の炭素含有率が不可欠です。
その条件に合ってるSK材(特にSK5)とかは、焼入れに適していると言われています。

私がSS材を使用したのは、手元にSK材が無かったってのもありますが、テフロンが対象なので
SS材でも充分だろうと思ったからです。
テフロンなら焼き入れ自体も不要かも・・・w
でもまぁ焼入れをした方がマシだろうと思ってやりましたw

あくまでテフロンを対象としたモノって事です。
このブログを見て勘違いしないようにお願いしますw
バイトなどを作る際はSK材を使用してくださいw


それと焼き戻しに関しですが、通常焼入れをした物を230~300度くらいに熱し、焼入れで堅くなりすぎた鉄に、適度な粘りを持たせるために必要です。
カズチンがコメントで言ってるように、火で色の変化を見ながらやる方法が本格的でカッコイイんですが、色の変化を見るのは温度を変色により判断してるだけであって、やってる事はオーブンと同じですw
画的に火で戻すほうがプロっぽいかもしれませんが、適温であればホットプレートでもトースターでも温度の分かるテンプラ用の鍋を使用するのも同じ(あまり変わらない)って事ですねw
しかもオーブンなら面倒な調整は必要なし。
温度設定してタイマーでOK(w
何となく横着に感じますけど、私はコッチの方が面倒無くて好き(爆


ただ~・・・ ナイフやらの焼き入れがどうなのかは知りませんよw
あくまでバイトやらミルやらの焼き入れの話しです。


まぁそんな感じですw
はいw
参考程度に考えてください。
経験上の話しも加味されていますのでw

ね?
野暮ったい記事になるでしょ?w


それにしてもNOBさんは分かるとして、SSに焼きが入れられないって、カズチンから突っ込まれるとは思わなかった・・・(爆
時計には無関係の素材なのにね~w
スポンサーサイト





先日の記事で、概ね505のハブが出来上がったのはご存知の通り。

で、真鍮スペーサーを入れる予定でしたが、真鍮だと抵抗も高いし、
減るのも早い・・・・ 事は無いだろうけど、やっぱり真鍮だと芸が無いと思った。
かと言ってBBは重いし、これまた面白く無いw
なんて言っても60gを達成するには、BB2つでで5gくらいありそうだから
せっかく5g台まで軽量化したハブが死ぬ・・・w

そこで色々考えたんですよね・・・

やっぱり氷より摩擦抵抗が低いアレしかないでしょw

でもここの径が・・・

20090130IMG_3012.jpg

7.46mm。
つまり内径約7.5、外径9mm。
そしてハメ殺し(圧入)なので、願わくば外径は9mmより少しだけ大きな方がいい。

そんなスペーサーなんて、市販品であるわけないのだw

つまりこのプロジェクトは、自分でスペーサーまで完全に作り上げないと
達成しないわけだ・・w
でもリールを扱っている以上、これは避けて通れない。

よし!
やるか!!w

で、早速ゲット!

20090130IMG_3013.jpg

そうです。
テフロンです。

このテフロンってヤツは、抵抗は、先にも言いましたように氷よりも低く、そしていかなる薬品にも耐えうる。
もちろんグリスに侵食される事は無い。
そして真鍮はおろか、アルミより軽い。
摺動部の減りも殆ど気にならない。
真鍮よりもおそらく減りは遅いかも・・・w
このテフロンってヤツは”ドライベアリング”としても使われるくらい、軸受けには最適な素材なのだ。

ただ・・・ コイツを任意の形状に加工する人はあまりいないw
しかもリールの部品として自分で加工するなんてのは、殆ど聞いた事が無いのだw
でも、今回の505軽量化計画には避けて通れない素材です。
以前から挑戦して診たいと思っていたので、行きますか!w

まず、テフロンに挑戦する際に、色々調べないといけない。
旋盤で削りだすときにどんなバイトを使うのかも分からないし・・・w
ネットで調べて見たけど、どこにもない・・・

そして今回入手したのは直系30mmの棒。
いくらなんでも、30mmから9mmまで削りだすのは面倒だw 
それに不経済でもある。
結構高いんですよねw

で、一番初めに、リールい丁度いいサイズに切り出せるホールソーを創る事にした。

使うのはコイツ。

20090130IMG_3014.jpg

SS材10mm棒。

いつか使うと思って保管しておいたw

まずは毎度の工程。

センター→ドリル

20090130IMG_3015.jpg
20090130IMG_3016.jpg
20090130IMG_3017.jpg
20090130IMG_3018.jpg

こうなった・・・

次は刃の部分の加工。

説明は面倒なので飛ばしますw

20090130IMG_3019.jpg
20090130IMG_3020.jpg
20090130IMG_3023.jpg

でこうなった。

内径は9mmのドリルを使ったんだけど、最後に仕上げで
ヤスリで少し広げた。
9mmハブの圧入には丁度いいサイズになってるはずw

20090130IMG_3024.jpg

すくい角は0度か、少しマイナスくらい。

焼き入れ。

20090130IMG_3025.jpg

焼き戻し・・・

20090130IMG_3026.jpg

今回、一応焼き戻しをした。
240度20分。

で、出来上がり(画像無しw)


切子が排出される溝が無いけど、相手はテフロンだし、この形状のホールソーもあるから
大丈夫だろうw

さてさて・・・
次はテフロン用突っ切りバイトとホルダーを創ります。





どうして505のハブが浮くのか考えた・・・・

もしかしたら逃げ溝がある方がはまりやすいのかも・・・

こうなったら意地だ!!w

で、刃幅1mmの突っ切りを創った。

20090127IMG_3003.jpg

そして加工!

20090127IMG_3005.jpg

切れるネ~!
ついでにエリマキの厚みも調整。

これで完璧だろ~!

20090127IMG_3007.jpg

変わらない・・・w

どこが違うんだ・・・

20090127IMG_3010.jpg

ネジなんてコッチの方がキレイに切れてるのに・・・(爆

まぁこれでも組めるから、これで行きましょう。
少し組んで観たら、ワッシャー一つで調整出来そうです。
何て言っても5gのハブは魅力ですw





まだ完成ではありませんが、概ね出来上がったハブ。

でも実はよく観ると・・・
ここに少し隙間が・・・
20090123IMG_2998.jpg

大丈夫か・・・?w

この手のパーツは、1mmの狂いがアウトになってしまう。
スプールが沈む時に干渉するかも・・・

ここに逃げるスペースがある。

20090123IMG_3000.jpg

そしてここも・・・

20090123IMG_3001.jpg

おそらく干渉はし無いだろう。
だけど先端の高さが若干違ってくる・・・
現物と合わせながら微調整を繰り返すしか無いか・・・

やっぱりネジが浅かったかも・・・
それとネジ側のエリマキも0.2mmくらい厚かった・・・
下までネジが極まって無いだけに、エリマキはさらに加工する必要があるかもね・・・

組んではバラしてを繰り返しながら合わせるしかないか・・・w





NOBさんのサイトで505の軽量化をしたようです。

http://www.geocities.jp/abu_1044/5075keiryouka.html

どうやらステンと思っていたパーツはブラスにメッキのようですね・・・

それにしても、これだけ穴あけして16gとは・・・





先日の続き・・・

20090123IMG_2983.jpg

このネジきりバイトで行ける所まで行く!
逃げ溝無しでw


サクっと進みますが、こんな感じになりました。

20090123IMG_2984.jpg

むしれてるようですが、これはオイルにくっ付いた切子です。

実物と合わせてみよう!

20090123IMG_2985_20090123144355.jpg

20090123IMG_292296.jpg


じゃ他の箇所の外形を・・・

20090123IMG_2986.jpg
20090123IMG_2987.jpg
20090123IMG_2988.jpg

溝を入れる。
1mm幅の突っ切りが無いから、一つ。
まぁ無くても全く問題ないと思うけど・・・。

20090123IMG_2989.jpg

ここに来てようやく穴あけ。

20090123IMG_2991.jpg

間違っても応力で変形しないように、穴あけは最後にするのが一番いいと思います。

20090123IMG_2991.jpg
20090123IMG_2992.jpg
20090123IMG_2994.jpg

最後に突っ切って・・・・

20090123IMG_2996.jpg

どうですか( ̄ー ̄☆キラッ
計ってみよう~

20090123IMG_2999.jpg

おぉ!w

14gの軽量化だ!!w
すでに1/4近くをクリアしたw
あ、でも真鍮でスリーブ入れるから少し増えるか・・・
それでもハブだけでこれだけ軽量化出来たら最高でしょ~
もちろん強度、耐久性は全く問題ありません。
それはスリーブを作り終えたら分かると思います。

じゃ今度は現物あわせ!!

20090123IMG_2997.jpg








ん?













2009012320090123IMG_2922296.jpg





今日は505を・・・

やっぱりこのリールの諸悪の根源と言えば、カップ周りとハブとメインギア。

今日は、一番取っ付きやすいハブを攻略しよう!w

20090123IMG_2977.jpg

ご存知この重さ。
シャフトと干渉するわけだから、痩せやすいアルミで創る訳にも行かない・・・って事だろう。

これがメインシャフト。
形状からして矢印の箇所しか干渉して無いのが分かります。

20090123IMG_2976.jpg

つまりこの箇所だけ真鍮ならいいって事ですよね?w

軽量化のためにどうするか・・・
やっぱり穴あけが一番簡単でしょう。
ですが、いくら穴あけをしても、出来る軽量化は知れてます・・

じゃ、アルミで創りますか( ̄ー ̄☆キラッ

それなら60gに大きく近づくはずです!


ザックリ図面を起こす。

20090123IMG_2974_01.jpg

補助線消せって感じですか?w>神氏

18mmから外形を形付けます。

20090123IMG_2979.jpg

毎度の工程なので、毎度のように説明省きますねw。

20090123IMG_2980.jpg
20090123IMG_2981.jpg

ここでネジきり。
ピッチは1mmです。

ギアの組み変え。

20090123IMG_2982.jpg

相変わらず面倒だな~w
もう少し簡単に出来ないものかね・・・

ここで問題発生。

通常旋盤でネジきりをするには逃げ溝が必要です。
つまり、ネジを切って行って、終点に刃が逃げる溝が必要なんです。
純正品にも逃げ溝はありますが、それが1mm程度の幅・・・
1mmの突っ切りなんて無い・・・
しかもネジきりバイトの形状から、きっちり奥まで切れない・・・

20090123IMG_2983.jpg

どうするか・・・

よし、逃げ溝無しで、出来るトコまで切ってやるw

出来るのか??w

続きは明日です★





大変おまたせしました。

マッコウ鯨の骨のノブを加工します。

20090121IMG_2962.jpg

当然つかめないわけで・・・

そこで自由樹脂ですよw

20090121IMG_2965.jpg

垂直が出てると信じて加工開始!


センターに目見当でマーキング。
目見当でやるしかないですw
20090121IMG_2966.jpg

BB外径7mmを空けます。

20090121IMG_2967.jpg

なんだか臭い・・・(爆
やっぱり骨なんで、妙な臭いがします・・・

20090121IMG_2970.jpg

こちら側はいい感じ。

垂直が確かなら反対側もずれてないはずだ!

恐る恐る見る・・・

20090121IMG_2973_01.jpg


20090121IMG_2973.jpg

img8fbb6486zik6zj.jpg


見せられない・・・(爆

20090121IMG_2973_02.jpg





先日のスケールを使って・・

アールを決めます。

20090119IMG_2948.jpg

でもってギャン×2!

20090119IMG_2949.jpg

少し削りすぎたかも・・・w

細かい事はさておき、出来たのでNOB(さん)・・・いや ノブと合わせて観ます。

前から観るとこんな感じ・・

20090119IMG_2950.jpg

でも・・・ここが・・・w

20090119IMG_2952.jpg

段差があるの分かります?
これってかっこ悪いんですよね~


失敗です!!
でもノブは完璧でした。
BB入りなのでよく回ります。

やっぱりアームはノブとピッタリのサイズか、ほんの少しだけ大きいくらいが一番カッコイイんですよね・・・
しかもコイツははみ出てるし・・・(爆
論外ですなw

ちなみにカーディナルと合わせるとこんな感じ。

20090119IMG_2953.jpg

まぁ、別に気にならない人はいいと思うんですけど
やっぱりブログで公開してる以上ダメなもんはだめw
PENN420SSに使おうかな~・・・w

私個人としては全く問題ないんだけど・・・(爆





ローターリーテーブルをパワハンアーム作成の際に使います。

でもここが・・・

20090119IMG_2937.jpg

空洞なんですよ。
ですから正確にRが出せない・・・

なんもんで今日はここに入れるスケールを創ります。


まずは外径あわせ&端面仕上げ。

20090119IMG_2938.jpg


そして
1mmの溝を・・・

20090119IMG_2940.jpg
20090119IMG_2941.jpg


つぎはフライスで・・・
20090119IMG_2942.jpg
20090119IMG_2944.jpg

で、出来たのがこれ。
センターにラインを入れ、3mmと5mmの箇所にマーク。

20090119IMG_2946.jpg

するとこうなる。

20090119IMG_2947_20090119181931.jpg


明日はこれを使ってアーム作成開始です!





ABU505が届きました。

20090118IMG_2923.jpg

意味も無く並べてみたw

右が私の。
左が”生き試し”のジャンク。
真ん中がKK氏一軍505.

やっぱり前線で使われているだけに凄みが・・・w

20090118IMG_2924.jpg

アーム曲がってるけどw

20090118IMG_2926.jpg

計ってみた。

20090118IMG_2928.jpg

ジャンクは280gくらい。

一軍は・・・

20090118IMG_2927.jpg

重ぉ~w

でもダブルハンドルだとキャスティング時にハンドルが回らず
使い勝手がいいとの事・・・

ちなみにジャンクは巻き抵抗がやたら重い・・・w

ちょっくらバラして見ますか。

20090118IMG_2930.jpg

おぉ~ さすがKK氏。
メンテ完璧ですw
でもこれだと巻き抵抗が・・・
まぁオイルやらグリスやらは、どこにどんな粘度の物を使うかは好みの問題ですからねw
私は比較的粘度の低い物を使うのが好きですが、摺動部分や軸受けは痩せますよ。
その分・・・
リールを永く使いたいのなら、粘度の高いグリスを使うのがいいと思います。
ハイw

でもって、一通りグリスなどを拭き取って、摺動部分やら軸受け部分やらを
磨いて、こんな感じ。

20090118IMG_2933.jpg

さらに今、こんな状態。

20090118IMG_2934.jpg

組めなくなったらNOBさんに丸投げしよw

でも、なんでこれがジャンクなんだろ・・・
カップにリング(いわゆるスプールリングにあたる部分)は無いけど、
それ以外は全く問題なし。
状態もいいし・・・

あ、そう言えばケースの蓋を計ったら3gくらいでした。>KK氏

今日は時間が無いので診ただけw
716Zのパワハンもあるし、少しお時間を・・・





じゃ、今度はアームでも・・・

先日創ったアームはボツにしますw
あまりキレイに出来なかったので、改めて作り直しです。

20090114IMG_2892.jpg

素材はA5017.
塩害に強いと言われていますが、そのままではソルトでは使えませんw
必ずアルマイトする必要があります。
はいw

20090114IMG_2895.jpg

ノブ穴をこの時点で空けます。

20090114IMG_2896.jpg

先端をノブのこの部分に合わせます。

20090114IMG_2894.jpg

テーパー部分を加工します。

20090114IMG_2897.jpg

こんな感じ。

20090114IMG_2899.jpg

こっちもキレイにします。

もう、何だか説明が面倒くさくなってきました・・・w

20090114IMG_2900.jpg

はい、垂直が出ました★

20090114IMG_2902.jpg

出てますよね?w
まぁこんな感じでいいでしょう!

でも、ちょっと太いですね・・・

前回のアームは厚さを削りましたが、やっぱり5mmのままの方がキレイに出来ますので
このまま創ってみようかと思ってます。
アームも面倒だからプレーン(穴無し)でもいいかなと・・・・w
カッコ悪かったら創り直しますよ。
ノブは流用出来ますしね・・・w





以前ブログにも書いたと思いますが、千葉でトラウトをやってる有名な方がいます。

もう10年くらい前からのお付き合いなのですが、これがまた面白い縁で・・・w

初めはかっこいいサイトだったので、一方的にリンクを申請しました。
氏はルアーもご自身で創っており、それがまた驚愕するほど上手い。
釣りのスタイルはストイック・・・と言うか、超人的と言うか、かっこよすぎと言うか・・・

しばらくして氏のサイトが閉鎖し、それ以来連絡は取っていませんでした。
ですが2年くらい前でしょうか・・・
某巨大掲示板で会ったんですw
「お前は川崎のU(打越)だろ!」ってw

またまた2年くらいしてK氏から、ブログにコメントがありました。

リールの軽量化をしたくて、検索してたら打越のブログに来た・・・とw
(本当はもっと丁寧な言い方ですけどねw)

つまり10年以上前から知ってるのですが、初めの少しだけ連絡を取った以外は
全て偶然(ネット上ではありますが)会ってるんです。

妙ぞ・・・w


K氏は私に釣りを教えてくれました。
なんて言っても、氏のサイトの釣行記は知った風な講釈は一切ありませんw
魚と虫の画像があるだけです。
それで終わりですw
この説明で、分かる人はいるのではないでしょうか?w

私はその釣行記を観て、釣行時の自分の意識が魚にしか行って無い事に気付きました。
朝から晩まで魚探観て、ライトリグでネチネチ釣りしてるw
釣りをしてるのに水に触る事さえ無い・・・ 事もあるw
「俺は、何てつまらない釣りをしてるんだ・・・」とw
(あ、もちろんそれはそれで面白いんですけどねw)

それから私の釣りのスタイルが変わりましたw

まぁ話すと永くなりますので、このくらいで止めますが、
つまりK氏は私の釣りの師匠なんですw
一回も釣りに行った事は無いですが・・・(爆

そんなK氏からの依頼が・・・

ABU505の軽量化

505の軽量化?

実は私はリールの軽量化にはあまり関心がありません。
使っていて”重い”と感じたのは、シイラの際のスラマーとGTのPENN8500SSくらいなもんで
その他は覚えがありません。
ただ鈍感って言うのもありますが・・・w
それに軽量化したければ505以外のリールを使ったほうがいいのでは? と思っちゃいますw

ですが話しはこうです。

氏の最近の釣りのスタイルは、リュックで山深くまで入り、キャンプしながら
上流まで遡って行く。
途中、転倒することも珍しくなく、頑丈でトラブルの少ない500シリーズがイイ。
でも重すぎ・・・
60gくらい減量出来ます??

・・・ まぁ簡単に言うとそんな感じですw
なるほど、クローズドなら壊れる心配も無い・・・事も無いけど、スピニングに較べたら頑丈ですよね。
でも60gかぁ~・・・・・・
カーディナルの軽量化したローターも、-13gですからね~
無理かも・・・w

でも何だか面白そうな話しですねw
500シリーズなら相談に乗っていただけるコアな方もいますし・・・(爆
ですよね?w>NOBさん

じゃ、早速バラしてみますか・・

20090115IMG_2905.jpg

画像は私の503。
確かに・・・重いw

じゃ色々計ってみますね。

20090115IMG_2908.jpg


20090115IMG_2911.jpg

メインギア20g!!
ブラスだからねぇ~
重いですよ・・・

20090115IMG_2912.jpg
20090115IMG_2913.jpg
↑ これ・・・ 何て言うのか分かりませんが、これも重いですね・・・

20090115IMG_2915.jpg
20090115IMG_2917.jpg

そしてこれ!

20090115IMG_2916.jpg

ぎゃ~w
元凶発見!

じゃコイツを・・・
20090115IMG_2919.jpg
20090115IMG_2921.jpg
20090115IMG_2922.jpg

なるほど・・・w

そして最後に・・・

20090115IMG_2918.jpg

あぁ~w

そうですね~・・・ 
60g・・・・

ピックアップローターにVSタイプの穴を明け、アッセンブリ全体でなんとか18gくらい落とす。
メインギアに穴あけで4~5g落とす。
何だか分からない真鍮のパーツに穴あけで3gくらい落とす・・・・

30gにも達さないですね・・・_| ̄|○

基本的に、強度を左右するカップとボディーには穴を明けたく無いんですよね・・・

結論!
60gは無理です!(爆
どんなに頑張っても35gくらいかな~w

もう、カーディナルの軽量ローターで1台組みますか?w
それなら220gくらいで納まりますよw

ちょっとNOBさん!
早くアドバイス!!
景気を良くするために車買ってる場合じゃ無いですよ!(爆





さてさて・・・

ノブですが、先日も言いましたけど穴の数をどうするか・・・

で、考えた結果、無しにしましたw
すみません>タリモ様

このノブはお客様ではなく、デモ機用の物です。
また716Zの試しでもありますw
ですから、穴の数で迷ってないで、完成を優先しようと思ったわけです。
穴なんて、あとからどうにでもなりますからねw

と言うわけで、まずは掴みなおして端面を慣らします。

20090114IMG_2882.jpg

BBの入る穴を7mmで空けます。

20090114IMG_2886.jpg


20090114IMG_2887.jpg

BBを入れるとこんな感じ!

20090114IMG_2890.jpg

カンペキですねw

じゃ、明日はアームを創ります。

今日は淡白にここまで★





もしかしたら秋田あたりでサクラを狙う事になるかも・・ 
とは以前言いましたが、その際に使うリールをどうしようかと・・

別に05BIOでも全く問題無いのですが、それだと少し興に欠ける・・

で考えたのですが、大昔に買ったPENN4400SSを使ってみようかと思ってます。

そこでサクラ釣行に備えてインフィニットしておこうかと・・・
まぁ出来なかったらBIO使いますけどねw

ちなみに4桁PENNをインフィニットしてくれる場所は無いらしいです。
某巨大掲示板で聞きましたw
あそこの住人さんも、このブログを見てくれている人にはいるんじゃないでしょうか??w

ではでは・・・


20090113IMG_2848.jpg


中はこうなってます。

20090113IMG_2855.jpg

これを全部取っ払うと・・・

20090113IMG_2852.jpg

こうなってます。

幸いにしてピニオン径は8mm。
市販品でワンウェイBBがあるんですよね~w

20090113IMG_2851.jpg

つまり、マウントを創ってボルトオンすれば出来るわけです。

20090113IMG_2858.jpg

その際のクリアランスは充分。
時間さえあれば出来るでしょう!

ただ・・・ やる事がイッパイあって、手が回るかどうかが問題ですが・・・w

時間があったらやってみます~★





そう言えば、リセントスプールが再生産されるらしいですよ・・・

アソコの形状は改善されてないらしいですけど・・w

72008101400.jpg

ダメダメですねw
でも、MOONの平野師匠は、普通に使えるって言ってましたけど
所詮道具なので、使い勝手を無視した物は
やっぱりダメですよ・・・・

そう考えると、ノーマルスプールの形状はよく考えられています。
到底リセントスプールはノーマルを越えられないって事ですねw

開発者に小1時間・・・・w





ではではw

バンスタールを少しだけ診てみたいと思います。

まずは肝心のここ!

20090112IMG_2871.jpg

ラインローラー。
妙なナットで留まってますw

なんだかへんな所に拘ってますね~
この穴形状・・・w

20090112IMG_2872.jpg

おや?
Oリング・・ BB入ってますね・・・w
でもグリスがベットリで回転がイマイチw
キレイにして再度組みます。

20090112IMG_2874.jpg

20090112IMG_2875.jpg



じゃハンドルはどうだろうか?

中々シャフトが回りませんw

20090112IMG_2877.jpg
20090112IMG_2876.jpg

やっぱりBBは入ってません。
樹脂のようなスペーサが入っていますね・・・
まぁこれでも回転は悪く無いのでいいんですけど・・・w

それにしてもこのシャフト・・・
径が6.1~6.15mmくらいで、えらくハンパw
しかもネジがM4.5×?? 
ピッチがメトリックじゃ無いかも・・・
面倒だな~
シャフト遣い回してノブだけ創ろうと思ったのに、径が6.1とかだとBBが無いんですよね・・・

しかもアームにシャフトを固定する際に、裏からナットで止めるだけではなく
アーム自体にもネジが切ってある・・・
つまり、自分でノブを創る際には、そのネジ山を潰して広げないとダメかも・・・
それはノーマルに2度と戻せ無い事を意味するわけで・・・w
アームごと創る事も出来るんだけど、アームの厚さが根元で7mm
先に行くにつれて細くなっていく。
自分で創るなら、そんな事はしなくていいんだけど、7mm厚のアルミが無い・・・(爆
オマケにソルトで使用するわけだから、アルマイトをかけないと絶対にダメ。
自作のパーツは少ないほうが、アルマイトかける際の料金が安く済む。
だから極力パーツは少ない方向で考えていたんだけど、もしかしたらアームごと創らないとダメかもだ・・・

まったく面倒な規格だらけだ・・・w

それにしてもこれ・・・

20090112IMG_2879.jpg

PENNにでも付けるか・・・w

ちなみに今こんな状態・・・
20090112IMG_2878.jpg





・・・・さてさて

今度は穴あけのための準備をします。

現物を実測しますと、大体こんな感じ。

2009011020090110.jpg

つまりここの

2009011020090110_01.jpg

高低差で納まる径の穴しか収まらない事になる。

そうなるとこの程度のサイズが適当なわけで・・・・

2009011020090110_02.jpg

分割する数は12くらいが適当なわけで・・・

2009011020090110_04.jpg

この穴の直径は2.5mm

う~む・・・

3D化してみた。

するとこうなる。

20090110_05.jpg
20090110_06.jpg

これだけ観ると悪く無いように思えるけど、実際に先日のカーディナルと合わせると・・・

20090110_07.jpg

これ・・・・・・・ 以前失敗したギャンですよね??w

ちょっと全体のバランスを考えると、穴径が小さく無いですか?

どうです?>皆さん

ROM専のそこのアナタの意見も聞きたいな~w





CCMのあれならここに・・・

20090106IMG_2840.jpg

溝でしょw
このフォルムなら溝が無いとね!

よし!
目見当で入れるかw

20090106IMG_2841.jpg

突っ切りで落としたら、こっちの綿は完成!

光に具合で溝が浅いように見えるけど、そんな事はありません。

ホラ。

20090106IMG_2843.jpg

いいね~ いいね~
これをカーディナルに付けるかと思うと・・・( ̄¬ ̄)
え? 完成予定図と全く違うって?
本当ですね・・・(爆
まぁそこらへんは気分次第って事でw
どうせデモ機だしw

私のと較べると・・・

20090106IMG_2845.jpg

全然コッチの方がカッコイイんですけど・・・w

実はこのノブのサイズは、カーディナルのノーマルノブと同じサイズになってます。
ですから装着時のバランスはいいはずです!

20090106IMG_2846.jpg

ちなみに716Zのハンドルにも・・・

20090106IMG_2847.jpg

ここの径が7mm以上あるので、BB入りのノブが装着出来るって事ですなw
それもカッコイイ・・・・w

ノブをBB入りにして、このハンドル売ったろか・・・w
あ、これ俺のハンドルじゃないや(爆


ちなみにノブはまだ完成ではありません。
お待ちかねの穴あけ加工が待ってますんで。
こればかりは目見当だと危ないので図面を引きますw





先日の続き・・・

やたらイビツになってしまったノブ・・・w

でも大丈夫★

これで行きます!

20090106IMG_2836.jpg

どこに当たってもRが出せる、ご存知、永尾研究所の姿バイト!
誰も知らないかw

ツールポストの角度を変え、何度か調整。
なんせ目見当なので、一発で角度が出ないw

20090106IMG_2837.jpg

こんな感じ。

20090106IMG_2838.jpg

CCMのアレみたいだw
まぁこんなもんでしょ。

あ、いい事思いついた!
CCMのあれだとしすと、ここにアレが・・・( ̄ー ̄☆キラッ





来ました 来ました!!

待ちに待ったバンスタールが!!w

20090111IMG_2859.jpg

ほぉ~ これが噂のバンスタールかw

どらどら・・・
10万以上するリールがどんなもんか見てやるw

おぉ!!

20090111IMG_2860.jpg

分かります?
ボディーの蓋がワンピースなんですよ。
つまり継ぎ目が全く無い、完全にアルミインゴットから削りだした物です。

ちなみに、こんなのをマシンカットなんて言う時がありますが
金属加工業界ではそんな言葉はありませんw
釣り具メーカーが勝手に作った言葉です。
そもそもマシン以外でカットなんて出来ませんから、そんなイタイ言葉は
遣わない様にしてくださいねw


話し戻りましてバンスタール。
巻き抵抗はSHIMANOやらDaiwaやらのリールよりも圧倒的に重いですw
ただ、コレって確かフランスのメーカーですよね?
フランスと言えばミッチェルですよ。
アメ物だったらどうかと思いますが、やっぱりヨーロッパの工業製品っていいんですよね・・・
徹底的に拘った”美”がこのリールにはあります。

例えばここ!

20090111IMG_2867.jpg

分かりますか?
この穴あけってエンドミルじゃないんですよね・・いや、エンドミルかw
つまり、アールではないので、円形のエンドミルを直線に動かしているわけではなく、
おそらく小さめのミルで回しながら形を出して行く。
多分そうですよね?w
これってメチャクチャ手間のかかる加工なんですよ・・・
この形状に拘る理由ってなんだろ??w
適当にエンドミル突っ込んで直線的に動かしていくんじゃダメなんだろうか?
刃が蛇行するから、それを慣らしただけだったりしてww

そしてここ!

20090111IMG_2869.jpg

この手の加工ってドリルでやるのですが、ドリルだとどうしても裏が荒れるんです。
でもバンスタは全く荒れて無い。
例えばCCMの穴あけ加工のスプールなんてのは、裏から見ると結構荒れてるんですよね。
だけどバンスタールは全く荒れて無い。
かと言ってリューターなどで慣らした跡もない・・

そしてここも・・・

20090111IMG_2870.jpg

全く荒れて無い・・・
しかも表は完全に面取りされている。
まぁ面取りに関してはNCN(CNC?)で出来るんだけどねw

正直、「バンスタールがナンボのもんじゃい!!」って思ってましたけど、やっぱりこのリールには、創り手が響く何かがありますねw

もちろんステラとかはいいリールだと思いますが、やっぱり私はこの手の作品が大好きですw
自分なりにカスタムをしようかと思ったのですが、これを見る限り
手を加える箇所は殆どないですね・・・
あるとしたら・・・・

20090111IMG_2862.jpg

ここにBBが入って無いのと・・・

20090111IMG_2865.jpg

ここにも、どうやらBBは入って無いようです。
しかもローラーの形状があれだな~w 
あれw

それと、これ!

20090111IMG_2864.jpg

ドラグノブを観ると分かると思いますが、ドラグワッシャーが小さそうです。
滑り出したら止まらなそう・・・w

まぁ私がやるとしたら、ラウンドのノブがあまり好きじゃないので
小さなアリゲータータイプにして。ローラーにBBを入れるか・・・

まぁそんなところでしょw

それにしてもバンスタール!
好き好きだと思いますが、私は大好きですねw
ちょっと集めたくなってきましたw

ただ・・・ これ・・・・少し大きいんだよな~w
黒の150と、誰か交換してくれないな~・・・w





今回は私のPENNよりも少し小さ目のを創ります。

○バラさんのご指摘に合わせ・・・(爆

M様、すみませんm(_ _)m
PENNをやるまえにカーディナルで勉強したいので、こっちを先に創らせてください。
鯨の骨をダメにしたくないんです(爆

ではでは・・・

まずは30cmのアルミ18Φを突っ切り。
片方には固定センター。
ポンチでセンターをカンペキに出します。
この際のコツは・・・・ いいかw

20090105IMG_2821.jpg

人は私は突っ切りの名手と呼ぶ・・・w

え?
バイトがいいだけだろって?
その通りですw

まずはセンタードリルの毎度の工程w

20090105IMG_2823.jpg

20090105IMG_2824.jpg

シャフト径は5mmなので5.5で空けます。
BB外径は7mm。
つまりBBを接点とし、シャフトには触れないようにするわけです。

ギャン×2外形。

20090106IMG_2831.jpg

あ・・・ 一つ工程飛ばしてた(爆
恐い恐いw

BBの入る穴を空けます。
先にも言いましたように7mm。
厚さは2mm。

20090106IMG_2832.jpg

無敵の現物あわせw

20090106IMG_2834.jpg

何度か合わせカンペキにします。

時にBBてのは内径リングと外形リングがありますが、実は内径リングの方が
少し高いの知ってました? (色々ありますけどねw)
つまりネジで留めたり、今回のような使い方をした際に動きが鈍くならないように
少し浮かせるような構造になってます。
ですから入れる方向が(物によっては)あるって事ですね。
私のノブも決まった方向で入れる必要があります。
まぁ肉眼でも分かるような差なので、考えれば分かるはずです。
あ、どっちでもいい構造の物も当然ありますよ。 もちろんw

じゃ早速外形を・・・

得意の目見当で行きますよ~w

ブログ的な図面とか引いて見せたいんですが、面倒なんでその時の気分で行きますw

なんじゃこりゃ・・・

20090106IMG_2835.jpg

まずいか・・・?w





引き続き、カーディナルパワハンノブの作成。

今回はこのBBを使います。

20090105IMG_2811.jpg

DaiwaやらSHIMANOでも使ってるサイズのBB。
私が使うのはNTN製です。
NSKだったかな?w
いずれ劣らぬ優秀なメーカーなので大丈夫ですw

真鍮でシャフトを作成。
図面無しの一発勝負!

20090105IMG_2813.jpg

BB現物合わせ。
やっぱり実際に”物”と合わせるのが一番!

20090105IMG_2814.jpg

いいですねw

センタードリル→ドリル→ネジ切り ・・・・毎度の工程w

20090105IMG_2815.jpg
20090105IMG_2816.jpg
20090105IMG_2817.jpg

ネジはM3×0.5

掴み直して同じ工程を経ると・・・・

20090105IMG_2819.jpg

こうなる。
ちょっと画像だと分かりにくいですが、カンペキです!

じゃ次はノブを創りますか!!w





さてさて!

年も変わったことだし、頑張ってカーディナルでも創りますかw

先日までアームを創ってましたが、ちょっとワケあってノブから創りたいと思います。

今回はBB入りなので、今まで私が創っていたのと少し違います。

じゃこいつを・・・

20090105IMG_2806.jpg

バラしてみますかw

20090105IMG_2808.jpg

あ~・・・ なるほどw
やっぱりこうですよね・・・
DaiwaやらSHIMANOやらと同じです。
まぁこうする他無いんでしょう★
CCMでもシャフトは真鍮。
これでも強度的には問題ないって事か・・・

どうでもいいけどBB汚れていまな・・・w

構造はつまりこう言うことですよね?

20090105IMG_2806_01.jpg

よく分かりました。

あ、ついでにBBを掃除しました。

結構汚れていたんですよねw

20090105IMG_2810.jpg

じゃ、明日から本格的に始めますよ~!

ちなみにカーディナルはまだ注文を受けていません(爆





正月と言えば、やっぱり飲んだくれ・・・w

適当な時に飲んで寝てるので、恐ろしい時間に起きたりする。

そんな生活の中、今日も4時に起床w
何気にテレビを点ける。

バトーが出てる・・・
番組表を見たら『イノセンス』・・・・

ず~っと前に観た事があるが、攻殻機動隊を知らずに観たから
何が何だかサッパリ分からなかったw

番組も終盤らしく、殆ど終わってた・・

すぐにPCを起動・・・
アラートが反応してる。
何だろうか・・・とメールを開いて見たら・・・・・・
私がいずれ欲しいと思っていたリールのアラートだった・・・
19800円スタート、即決30000・・・
こりゃ・・・・ 安い・・・ のか?w

おそらく手放す事は無いだろうと思うが、
不要と思ったら、再度ヤフオクに出しても大きく損をする事は無いだろう。

年末にもろもろお金がかかったので、手持ちが少ないが
どうしても”一回は使って観たい”と思っていた究極のリール・・・

行くか・・・
3分程悩んだ・・・
この手合いの物は逡巡したらダメw
少しでも安く納めようと、最終日まで待とうなんて思ってたら
確実に即決価格を誰かが入れてくる。

よし行こう!!

ポチ★

20090104idefami2001-img600x450-1230994346nakmoq42696.jpg

VS200 ゲット!w

シイラサイズ。
シイラなんてあまりしないけど、やっぱりこのリールは究極だw

年始からハンドルノブでも創りますか・・・w

それにしても、久しぶりに福袋でも買おうかと思ったけど
それどころじゃなくなりましたね・・・w
とんだ散財だ・・・・





新年あけましておめでとうございます。

2009010320090103001.jpg

昨年は当OHULSブログをご贔屓いただきましてありがとうございました。
つたないブログですが、今年も暇潰しに観てやって下さいw
ROM専の方も、どんどん参加して下さいね~!



ちなみにこの正月は、家で酒飲んでゴロゴロしてますw
ハシゴしてるブログでは、初釣りを済ませた管理人さんもイッパイいますが・・・・w

今年の目標はマスに力を入れて見たいと思ってます。

最近やたらと気になるんです。
湖畔や、大きめの河川に立つアングラーの姿が・・・
カッコイイですよねw

先日も言いましたが、チャンスがあれば東北方面にサクラを狙いに行きたいと思います。
ですが、サクラのハイシーズンと私の仕事の繁忙期が重なりますので
行くのも難しいかもしれません。
それでもサクラって魚は一回は釣ったみたい魚。
何とかしてチャレンジしてみたいですね・・・

で、今一生懸命タックルを物色いていますが、中々いい物がなくて・・・
SWATでもいいんですが、EVAグリップってな~w
やっぱりコルクじゃないとw

本当だったら、(ランクルが入院して無かったら、)初釣りは本栖を予定していましたんですが・・・・w

リールは、引き続きカーディナルに力を入れて行きます。







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。