専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





先日の記事の通り、カーディナルのピニオンが曲がってしまいましたw
で、パーツだけの注文が可能かどうかと言うと、不可能だそうですw
本体ごと修理として受け付けるらしく、その時点でダメでしょう・・・

だってピニオンに入れるBBのハウジングを削ってしまった今では
単なる変造品になってるわけで・・・・

さてさて・・・ どうしようかと・・・

安くカーディナルをヤフオクなどで入手できればそれでいいと思うんですが
そんな都合よく出てるわけもなく・・・・

そう言えばこのブログに来る人は”カーディナル 改造”やら
”カーディナル ベアリング”やらで検索をかけて来る人が少なく無い。

そこでそんな検索ワードでお越しいただいてる方にお願いが・・・

ピニオン売って~~!!(爆

あ、ちなみに検索ワードで来る人に”かずちん 時計”とかがありますw
”6263 ベゼル”なんてのもあったw

それと”カルロス大迫”でググるとこのブログが一番最初にHITします(爆
次いで何故かカズチンのparsonal-fileが・・
なんでやねん(爆

くれぐれも釣りのブログである事をお忘れなく★

あ、話戻りますが”ピニオン売って~!”
スポンサーサイト





最近ベゼルばっかりなので飽きてきました(爆

今日は休みだったのですが、早起き叶わず、釣りにも行けず・・・・w

って事で、カーディナルをやりますか~w


以前より言ってましたが、ワンウェイをどこに入れるかが問題です。

PENN式にアームの袖に入れるか・・・
実はアームの袖だと少し問題が・・・・
20080523IMG_1914.jpg

カーディナル33はドライブギアとハンドルがM5×0.8(左)で固定されます。
そしてドライブギア側のシャフト径は7mmです。
つまり内径7mmのワンウェイBBを袖に入れる事が必要になるのですが・・・
2008052320080522.jpg

左が内径8mm 右が内径6mm・・・
つまり市販のワンウェイには軸径7mmってのがありません・・・
そこでドライブギアのシャフトを加工する必要があるのですが
ハンドルを固定するメネジが切ってあるので十分な厚さがありません。
20080522.jpg

こんな感じにする必要があります。
理論的にはその差は1mmですが、メネジを切るときにはピッタリよりも少し小さめに下穴をあけるはず。
おそらく1.1mmくらいはあると思いますが、この際1mmで考えましょう。
そうなると加工して残る厚さは0.5mm。
まぁ大丈夫だと思いますが・・・・・やっぱりピニオンに入れたいww

先日も言いましたけど、加工跡が汚くなるのでやりたく無いのですが・・・・と考えた挙句
やっぱりピニオンに入れますw
ここまで来たら理想的な仕上がりにはどうしても(現段階ではいいアイディアがないので)出来ませんw
まぁ始めの一台だから失敗してもいいか・・・ みたいなw

20080523IMG_1916.jpg

ピニオンをどう加工するかと言うと、内径8mmのワンウェイが十分に入るまで加工します。
カーディナルのピニオンには逆転防止の爪が引っかかるような形になってますので
それをキレイに取り除きます。

素材はSUS。
ちなみにPENNはSS。

ステンだとバイトがアルミ用のとは異なりますので
専用の物が必要です。
また、アルミや真鍮と較べて、とても硬いので加工に注意が必要です・・・・

3爪のチャックで掴みますが、やっぱりどうしても3爪だと振れが出ますので
慎重に芯出し。
1/100以下まで追い込みました。
奇跡だ・・・・w

先日入手したSUSU専用バイトで慎重に削って行きます・・・・

お! いい感じ・・・w
煙が上がります・・・

ジャー
ジャー
ジャー・・・・・・・

グギ!!

(; ・`д・´)

刃が食い込んで緊急ストップ!!

あぁ~w
やっぱりSUSて難しいや~w

でもう一度掴みなおして再チャレンジ・・・・・・・

(・⊥・) ん?

偏芯がひどいぞ・・・・

(・⊥・) ??

ワークを外して見ます・・・
20080523IMG_1917.jpg

(・⊥・) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんだか妙だな・・・

シャフトを入れて見ます。
20080523IMG_1918.jpg

これ以上入りません・・・・・

曲がってるよ~!!!

だから気を付けないとダメだって言ったのに・・・・(爆

でもやっぱりここ
20080523IMG_1918_01.jpg

を加工するのは難しい!
刃が乗ってしまうので細心の注意が必要だ・・・
初めにグラインダーか何かで大雑把に成型してから旋盤で加工したほうがいいみたいw

それにしても・・・・どうしようか・・・ このカーディナルww

誰かピニオンギアのスペア持ってる人がいたら売って~~!!

(; ・`д・´)マジで!





20080521_00.jpg

って夢をマジで見た・・・・・(爆


さてさて・・・ 夢の話はいいとして・・・

以前、某塾のジュニアコース用パンフレットのイラストを依頼された。

で、描いたのはこれ。
20080521_01.jpg



少しだけアメコミの要素を取り入れたつもりw
コレを描いた時はSHIMADAと一緒にこの仕事をしたもんだ。
ヤツはどうしてるのだろうか・・・・
そしてクラリスは・・・ ついでにEpisode4は・・・・ww

まぁそんな事はいいとして・・・・

で、このイラストを塗り絵用に作り変えてくれと・・・・

そんな仕事が入ったので、時計と同時進行でやってます。

まぁ塗り絵なんて出来上がっても見せるほどの物じゃ無いけどねw
だからあげませんw。

でもってベゼルなんですが、ちょっと問題がありまして、今、小休止ですw
ですが順調に進んでいます。
アレは夢ですよw 
夢!!

でもってカーディナルですが、ベゼルが終わったら再開しますw
あ、そう言えばカズチンからケースの加工の依頼と旋盤のセッティングの依頼と
時計の機械台作成の依頼とチタンポストのサンプル作成の依頼があったな・・・

釣り関係のバックオーダーがありませんが・・・・??w

あぁ、そう言えばこのブログの常連さんである”みみずくさん”が予告ホームラン
果たしましたよw
71cmのワラサ(つまりブリの子)。

やりますね~w
どんな引きなんだろ・・・・
これでカズチンと私のリベンジを果たしてくれました。
サバじゃないけどねw





あ、OHULSの”釣りブログ”へようこそ!

今日の昼食時にカズチンとピアスの試作品の打ち合わせで合流。
安楽亭でご馳走になりましたw
ありがとね~>か
そう言えば石川さんも合流するかも・・・なんて本人が前日に言ってたけど
全く連絡なしw
相変わらずアテにならないな~ww

で、最近手を焼いているベゼルの話・・・w

いい加減仕上げないとカルロス師匠に何か言われそうだ・・・・
マジで行きますよ~!

同じ間違いを前回まではしてしまったので、今度は簡単な治具を創ります。
つまりノギスは内径は正確に測れないのが前回の失敗の原因だったので、
これを使います。
20080520IMG_1893.jpg

カーディナルのスプールを創ろうと思って途中まで創りかけたのですが
実は10mm間違えていたので、あえなく廃材になってしまったアルミの塊・・・w
これを・・・・こんな感じに・・・
20080520IMG_1897.jpg

します。
若干のテーパーをかけて、一番大きな内径の箇所は30.65mmになってます。
今回のベゼルは風防(要は時計のガラス)に圧入してあります。
その風防のサイズは30.8Φ。
つまり30.6~30.7くらいが丁度いいと・・・・思いますw
大きかったら適当に風防を合わせてね~>カズ

まづは外形と端面。
20080520IMG_1898.jpg

あ、この手の画像見飽きました?w>師匠
20080520IMG_1899.jpg

端面から内径を合わせながら削って行きます。
20080520IMG_1901.jpg

サイズが近くなってきたら、こんな感じで治具と合わせます。
何度も何度も合わせながら、少しづつ削って行きます。

( ̄ー ̄☆キラッ ピッタリだ・・・・

目盛りの入る箇所を専用バイトで削って行きます。
ブログだと簡単な様ですが、かなり時間かかってます・・・・・

20080520IMG_1902.jpg


ここまで来た。
でも慎重に作業を進めて来たので疲れました・・・
って事で今日の作業は終了~w

ではまたOHULSの”釣りブログ”で会いましょう~
この釣りブログで・・・・・w





20080518IMG_1891.jpg

ツワモノどもが夢の後・・・・・

失敗作の数々w
なんせ圧入ってのは異様に難しい。
だってピッタリだとハメ殺しが効かなくなってしまう・・・
で、どのくらい小さいのが丁度いいのかと・・・よく分からないw
何故よく分からないかと言うと、内径を広げながら合わせるんだが
ノギスじゃ内径って正確に測れない。
外形と違って1/10mmくらいすぐに誤差が出る。
圧入に丁度いいのはおそらく5/100くらい小さいほうがいい。
5/100だと旋盤のツールポストで調整するには0.025・・・
一目盛りだ・・・w
それでも現物と合わせながら内径を広げていくんですが、ノギスじゃ正確に測れないので
現物と合わせながら調整するも、あと10/100なのか5/100なのか・・・
はっきり言って目視で確認出来るような甘いものでは無いw

あと少しだけ行って見るか・・・
と思って一目盛り広げるとピッタリ・・・・・・ はい失敗~ みたいなw

くっそ~!
絶対に作り上げてやるw

あ、このブログは釣りのブログなんで、お忘れなく★





ブログ村のカテゴリーを釣りから時計に変えようかと思う今日この頃・・・

先日のカズチンからのデイトナベゼルの依頼をしますか・・・
なんせ一日に何回も”ベゼル出来たぁ~?ww”ってメールが来ますんでw
20080517IMG_1871.jpg

コレ。
なんでも
20080517IMG_1872.jpg

ここに亀裂が入ってるから同じ物をブラスで作れと・・・

先日この件でヤツと話した時に気になる事を言ってた。

目盛りは樹脂。
ベゼルとは圧入。
この目盛りにスペアは無い。
今回たまたまうまく外れた


気になった事は上記。

樹脂を圧入?
それで外れないのか?
接着剤の跡は無し。
でもたまたま上手く外れたって事は、それでもシッカリ着いてたって事・・・

よくよく見た・・・・・

(; ・`д・´) げ!!

なるほど・・・
リールみたいに適当に創ってなんとかなるような代物じゃないw

図面を引いた。

2008051720080517IMG_1871_02jpg.jpg

面倒なのは矢印の箇所。
そして一番難しいのはここ!!
2008051720080517IMG_1871_0.jpg

つまり、樹脂の目盛りがなぜ圧入でも外れないかと言うと、
嵌めこみの内側に0.1mmくらいの溝が掘ってあるのだ。
だから接着剤をしなくても圧着で外れないようになってる。
すげぇ~w
でもコレを創るって事は、専用のバイトが必要になるわけで・・・

ここで永尾先生の登場です★

で、数日後に出来上がったのがこれ!
20080517IMG_1881.jpg

ベゼル専用バイト。
ん?
これ・・曲がってる方向が逆ですが・・・w
ヘッドを逆回転しないとだめだ(爆
まぁそれでもいいかw

今回使用するのはこれ!
20080517IMG_1873.jpg

40φのブラス。
結構しますよw

じゃ例によって・・・
20080517IMG_1874.jpg

端面。
20080517IMG_1878.jpg

外形。

説明が面倒なんで画像で・・・w
20080517IMG_1884.jpg

20080517IMG_1885.jpg

20080517IMG_1886.jpg
20080517IMG_1887.jpg

20080517IMG_1888.jpg


はい、出来ました★
20080517IMG_1889.jpg

左が私が創ったベゼル。

( ̄冊 ̄#)失敗ですよ!
ちょっと気に喰わない箇所があったので創り直します。
見た目分からないけどダメ。
ダメなんです。
これじゃ・・・・・・・・

いやいや・・・、これちょっとマジで取り組まないとダメだ・・・

バックオーダーが溜まりまする・・・
カズチンのバックオーダーが・・・

面白くなってきたw





今日、夜中に目が覚める・・・
時計を見たらAM3:30。

また寝るのもな~・・・
昨日、酒飲んで20:00に寝たからもう寝れないだろうし・・・
よし!

コイツの
20080516SBSH00230.jpg

仇討ちに行こう!(詳しくはコチラまで

って事で
20080516SBSH0007.jpg

大磯~
左岸は浜が復活してました。
おまけに入り口まで復活してましたw
エントリーが楽だ~
20080516SBSH0010.jpg

現地入りしたのが日の出から15分くらい経った4:45くらい。

ナブラはありませんw

おかしいな・・・
2週間前に大磯でサバ爆釣って聞いたのに・・・w

右岸に渡ろうしたらイキナリ長靴に浸水w
まだ1投もしてないのにタプタプ言ってますよw

20080516SBSH0011.jpg

先日入手したこれでチェック。
あわよくば青物とヒラメなんて・・・w
釣れそうに無いのですぐにジグにチェンジw

ひたすらシャクるも全くアタリ無し。
他の人も全く釣れていません。
やっぱりこの手の情報は2週間も経つとダメですねw

それでもひたすらキャスト。
目の前を跳ねるボラ君w

少し移動したら・・・
ん?
20080516SBSH0012.jpg

カタクチ鰯。
でも一匹だけw
大量に揚がっていたらフィッシュイーターがいそうなもんだけど
なんせコイツだけw
なんで1匹だけ打ち上げられたんだろう・・・

まぁいいや。
でもこれで魚の画像はゲット(爆

よし、これで行こう!
20080516SBSH0016.jpg

よく見たら、君って全く鰯に似て無いね(爆

しばらくしたら
20080516SBSH0014.jpg

今度はシラウオ。
よし!
これで魚の画像が増えた(爆

色々手を尽くすも全く反応なし。
昨年のワラサとは釣り方が違うのかと思い、朝っぱらからミミズクさんに電話しますw

みみずくさん「フォールがいいですよ」
打越 「あそうですか~ じゃやってみますね~」

ってな感じで釣り方を教わりました。
朝早くからすみませんでしたm(_ _)m

フォールを加えながらシャクっても反応は全くなし。

飽きてきたので休憩を入れます。
20080516SBSH0018.jpg

長靴の中敷w
20080516SBSH0021.jpg

このお兄ちゃんも釣れていないようです。
20080516SBSH0020.jpg


10:30頃まで、釣りをしては休み釣りをしては休み・・・w
最後までナブラ一つ見ずに終了w

ヤレヤレw
やっぱり釣りは水物。
青物なんてさらに水物。
情報は時間が経ったらダメって事ですね~。

じゃこのリベンジは・・・・ 三保でよろしくお願いしますw>みみずくさん
ミミズクさんならきっと私とカズチンの恨みを晴らしてくれるでしょう★

来週辺りに70cmOVERのワラサの画像がミミズクさんのブログを飾りますw
・・・・とプレッシャーを・・・(爆





先日落札したジャンクの95ツインパワーが来た。
別にこれが欲しかったわけじゃなく、どこに何を使ってるのか
診たかっただけw
ジャンクの理由は破損パーツがあってローラーが逆転してしまうとか・・・
自作すればどうにでもなるんだけど、復活させるのが目的では無いのでw
20080511IMG_1860.jpg

実はこれを受け取ったときは酩酊していたのですが、
いい気になって適当にバラしてしまいましたw

ではでは・・・解剖を・・・w
20080511IMG_1861.jpg

20080511IMG_1862.jpg

オシュレーションはクロスギアタイプですね。
メインギアはアルミ・・・ アルミかよw
20080511IMG_1864.jpg

クロスギアの爪に、何だかスプリングが入ってます。
手の込んだ創りになってますね・・
テンショナーなんでしょうねぇ~
やっぱりツイン位になると創り込んでますw

肝心のワンウェイはこんな感じ。
20080511IMG_1865.jpg

誰だ!
市販品のBBに少し手を加えて使ってるなんて言ったのは!
ちゃんと専用設計になってるだろw
でも、私が先日画像にあげたBBはベイトの物だったので
スピニングは違うのかも・・・w  といい訳を・・・(爆
まぁコレがカーディナルに遣え無いのが確定しましたw

いいよ、他の手で行くからw

20080511IMG_1867.jpg

ベールスプリングはトーション式。
コレに尽き申すw
20080511IMG_1869.jpg

ローラーユニットはこんな感じ。
これをカーディナルに移植してみよう。
BBも付いているし、面倒無くていいやw

20080511IMG_1866.jpg

あぁ~、酔っ払ってバラしたから組めないやw
まぁいいです。
組んだところで使い道無いし、内部構造が診れたらお役御免ですねw
少なくてもローラーユニットだけは遣えそうなので、コレだけでも収穫。
BBや、その他のパーツも取っておけば、いずれ遣う時もあろうかと・・・w
まぁ、なんて言っても1100円だからw

あ、ちなみに真面目にやったらもちろん組めますよw

全体的に、やっぱりSHIMANOは凄いですね。
細部が創り込まれています。
この上のモデルはステラになりますが、おそらくこれ以上に
機能面をアップさせるのは、軸受けにBBを追加するくらいしか無いのでは?
細かい事言うと注文を付けたい箇所もあるのですが、今のままも一般的な使い方で
支障が出る事はないでしょうし、使い心地が変わる事もないでしょうから
これでほぼ完成されていると言えるでしょう。
でも、メインギアがアルミなのは、使って行くうちにゴロゴロしてくるかもしれません。
でも簡単なパーツ交換で修理出来るし、2000番台のリールなら強度的にも
問題無いのかもw
私は嫌いですが・・・w

ツインのワンウェイがカーディナルに遣え無い事が分かったので
BBはハンドルの袖に入れる事にします。
厳密に言うと完全なるインフィニットではありませんが、サイレント仕様と言う事で
カーディナル進めたいと思います。

その前に片付けないと・・・ デイトナRef.6263のベゼル・・・w 6265だっけ?w





今日は休みなので大磯にでもサバ釣りに行こうかと思ったのですが、
2時に起床するも、前日の酒がモロに残っていて釣行は断念w
せっかく起きたのに・・・w

さてさて、今日、NSKに注文していた物が今日届いた。

もちろんNSKと言えば世界一のBBの会社。
ドーン! と、まとめ買いw
20080509IMG_1843.jpg

アンバサダー用のBBやらハンドルノブ用やら何やら・・・w

で、BBも届いたことだし、今日はコイツの・・・
20080215IMG_1527.jpg

ココを・・・
20080509IMG_1844.jpg

オープンタイプにしてしまおうと・・

20080509IMG_1845.jpg

左がデフォのシンガポール製。
真ん中がNSKの同サイズBB。
右がオープンタイプBB。

なぜオープンタイプにするかと言うと、少し軽くなる・・・ らしいので
その検証も兼ねて・・・w

シールドタイプ(つまり蓋付き)の高さが5mm
オープンタイプの高さが4mm
1mmのスペーサーと言うかワッシャーと言うか・・・ そんなのを創ります。

20080509IMG_1846.jpg

5分もかかりません。

20080509IMG_1847.jpg

粗いな・・・(爆
でもいいんです。
どうせ見えないし、私のだしw
20080509IMG_1850.jpg

ハイ、こんな感じ。
20080509IMG_1852.jpg

見た目全く変わりませんw
当たり前ですけど・・・w

で、肝心の巻き心地はと言うと・・・・・・

(゚∀゚)おぉ!!
軽くなってる!
軽くなってる・・・はずだ!
間違い無く軽くなってる・・・と思うw

結論!!

変わりませんね・・・(爆

ただ、NSK製の同サイズのシールドBBですが、デフォルトの状態だと
回転はオープンのに較べて圧倒的に重いです。
それはグリスの粘度が高いものを使ってるからです。
何故それが分かるかと言うと、シンガポール製のもそうだったのですが、
一度グリスを洗って、粘度の低いオイルに挿し変えると回転はオープンタイプのBBと
同じ位の軽さになるので、おそらくその違いでしょう。

まぁBBなんて交換してもさほど効果は無いって事ですよw

え?
カーディナルはどうしたのかって?
実は先日95ツインパワーのジャンク品を入手したのですが、
そのBBが使えないか検証する予定です。
仮に使えるのであればSHIMANOに大量注文してしまおうと・・
まぁ現行品でも95でもピニオンに使われてるBBは殆ど変わらないでしょう。
ついでにラインローラーも流用出来るかどうか観て見ます。





ベアリングが来ないので、スプールでも創ろうか・・・・・・・・とw

ちなみに総重量は・・・
20080507IMG_1829.jpg

約20g。
アルミで創ったら間違い無く重くなるw
本当なら樹脂の方が遥かに軽いのでアルミ削り出しスプールなんて必要ないんですけどねw
でもまぁ、デモ機なんでw
見た目も大事★

で、バラすとこんな感じ。
20080507IMG_1831.jpg

ハメ殺しなのでリューターで無理矢理こじ開けましたw

ちなみにカーディナル33はリセント社のアルミスプールが有名ですが、
crd_02.jpg

ココの段差にラインが絡む事が多いらしく、カッコイイですが使いにくいとか・・・

では私がリセント社スプールの問題点を改善したOHULSスプールを・・・
って事で、初めにオリジナル現物から図面を起こす。
crd.jpg

図面なんて殆ど引かないのですが、今回はデモ機と言う事で・・・w
(略式だけど)ちゃんと図面も引けるんだぞ~って所をですね・・・・ww

これからOHULSオリジナルスプールの図面を・・・と思ったらカズチンからメール。

「お前の出番だ!」
「ベゼル創ってくれ~」
「これの・・・」
bezel_01.jpg

「コレ」
bezel_02.jpg

「創ってくんね?」

あの・・・まだピアス出来上がって無いんですけど・・・(爆

カズチン「それと時計の機械台もお願い!」

(゚∀゚)え?

ピアス ベゼル 機械台 ・・・・・・

「依頼が溜りまする、このブログのどこかに・・・」(by藤木源三郎)





先日仕上げたデイトナのケース。
二つあるボタンのウチ、一つの圧入が緩い・・・
それに加えて、自分のの会社のアクセサリーサンプルを創るために
カズチンが錦糸町からやって来た。

と言う事で、まずはアクセサリー。
20080506IMG_1818.jpg

先端にネジが切られているピアス。
よく見るタイプですね。
この棒の部分と同じように、1mmの真鍮にネジを切れと・・・w
20080506IMG_1820.jpg

調べてみたらピッチは0.25mm。
一応メトリックの規格通りだ・・・
初め旋盤で切る予定だったが、旋盤の最小ピッチが0.4mm。切れませんw
それ以前に、ワークが逃げるだろうから、1mmの棒にネジきりなんて無理w
ダイスの方がいいだろうとの事で、ダイスで切る事にしたのだが
この日までにダイスが入手できず、これは次回・・・(爆
次は他のサンプル用のピアスのポスト(棒)
1mmの棒を旋盤で先端の加工をします。
10本作って終了~
まさか1mmの棒を加工するとは思いませんでしたw
やっぱりリールとアクセサリーはワークのサイズが断然違いますので
難しいですねw

今後も彼の企画したピアスの記事を揚げる事になりそうです。
釣りとは全く関係無いけど、加工工程は面白くなると思いますので
皆さんも暇があったら見てくださいね~w

次はデイトナケース。
あ、時計も釣りとは関係無いかw

何度が創り直して最終調整。
20080506IMG_1821.jpg

画像は私の作業机のカズチン。
「いいんじゃね?」って事でデイトナ終了。

次は彼のROLEXの風防の加工。
20080506IMG_1822.jpg

ドームタイプの風防にするため、手バイトで加工。
何でもケースと風防のエッジの段差が全く無いのが本物のROLEXで
レプリカのそれとは一目見て分かる・・・・とはカズチン談。
20080506IMG_1825.jpg

こんな感じ。
白く見えるのは緩衝剤に不職布を使っているからで、実は超キレイな透明ですw
でもこれからOLD感を出すために傷を付けるとか・・・
へぇ~ そうなんだw
難しい世界ですな~w

完成した時計の画像はカズチンのブログで見てくださいね~
撮り忘れたんでw

ある程度仕事を終え、いい時間になってきたので
飲みに繰り出します★
「石川さんを呼べ!」って事で無理矢理参加させるw
ここで来るか来ないかは男同士の付き合いとしてとても大事w

打越、カズチン、石川、カオリ って面子。

当然釣り談義が始まる。
20080506SBSH0002.jpg

2年振りのツーショット。
佐野ラーメン振りだw

恐ろしい程熱く語るカンツリヲタのカズチンw
それを聞いているのかいないのか・・・
酒が入ると毎度の事なのだが、どうやらマルミで勝負する事になったらしいw

「お前も来い!」と・・・ (゚∀゚)え~ マルミ遠いし、何よりも釣れないし~w
まぁでもタイミングが合ったら行っても面白そうだ。
しかしカンツリ以外に無いんかい!
あ、別に適当な時間に錦糸町で集合し、ドナルドソンパーティーだけ参加ってのもいいかもw

カズチン「俺の息子が産まれたら美乃男(ミノー) 娘が産まれたら真留美(マルミ)だ!」
石川 「カズチンさんて凄いですね(゚∀゚)」
打越 「・・・・・・こいつらアホだな・・・」





カズチンから突然の依頼。
もちろん・・・釣具ではなく時計w
彼のお客さんの希望で・・・・

送ってきたのはこれ。
20080501IMG_1793.jpg

ROLEXデイトナの巧みのケースと言われる、マニア垂涎のケース。
分かる人には分かる。
私には分からないw
なんでも・・・・
20080501IMG_1794.jpg

このネジが小さくて、
20080501IMG_1795.jpg

ここの径と合わないから加工してくれと・・・・

つまり、ネジ部の径よりもケースの径が大きくてブカブカ。
全く留まらない状態。
だから適当によろしく~・・・って感じで・・w

ケースの穴径は2.5mm。
ネジの軸径は2.4mm。
スペーサー創るなら、両者の差は0.1mmなので厚さは0.05mm。
無理w
で、こうします。
20080501IMG_1797.jpg

3mmにケースの穴を広げます。
何て言ってもROLEXなので神経遣います・・・
バイスにポリカを挟み、下には不職布。
20080501IMG_1799.jpg

失敗したら即終了~w
作り直しは効きません。
20080501IMG_1801.jpg

二つの穴を空け終わり、リューターでバリを取ります。
よく見ると真ん中の穴もリューターでバリ取りをしてます。

次にスペーサー作成です。
20080501IMG_1805.jpg

何度か作り直したのですが、ロックタイト(つまり圧入)だと0.1mmくらいのオーバーサイズで
丁度いいようです。

ワーク実測で3.1mmに削ります。
内径は中繰りバイトが入らないのでドリルです。
な・・・なんと、奇跡的に2.35mmのドリルがあるではないですか!!
なんでそんなサイズあるんだろ・・・・・w
大体、2.35mmのドリルなんて売って無いですよ。
以前まとめてヤフオクで購入したドリルの中にあったんでしょう。
まさにカズチンのためにあるようなドリルだ・・・w

で、出来たのがこれ。
20080501IMG_1807.jpg

内径2.35mm、外形3.1mm。
ケースにはハメ殺しで、内径はSUSなのでネジを効かせながら嵌めて行きます。
20080501IMG_1811.jpg

ピッタリ!
でネジを嵌めたら・・・ 
アレ?w
ちょっと緩い・・・
どうやらケースに圧入する際にテーパーのかかってる棒を使用したので
その際に広がってしまったようです。

作り直しか・・・w
スペーサー抜かないと・・・
で、創ったのがこの治具。
20080501IMG_1813.jpg

コレも送るからね~>kaz

ハイ完成!
20080501IMG_1815.jpg

ケースにはロックタイト。
つまりハメ殺し。
ネジ部は元々あるネジを効かせました。
手では回すことは出来ないくらいピッタリです。
裏側もリューターでバリ取りしてますんで問題ないでしょう。

今日中に送るからね~>単騎カズチン





全く釣りとは関係無いのですが・・・・・

nanikiru.jpg


何切ります?
ちょっと気になったもので・・・

場の状況がよく分かりませんが、それを度外視で・・・って事でw

投票結果はコレだった。

納得できないんですよね~

あ、そこの通りすがりに人も是非参加をして下さい。
出来れば解説もw






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。