専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





内藤の次の試合知ってます?
ポンサクレックらしいですよ。
あ、ポンサクレックってのは内藤の前のチャンピョンね。

で、その試合の勝者が亀田興毅の復帰戦の相手になるとか・・・・

どう思います?

私はボクシング協会の本音を、こう観測します。

実はボクシング協会から言わせれば、亀田ファミリーなんぞ潰れようが復帰しようが、どうでもいい・・・と初めは思っていた。
「面倒くせぇ~問題起こしやがって・・・」とくらいにしか思っていなかったでしょう。
しかし・・・・
「いや、待てよ待てよ~・・・ いい事思い付いちゃった( ̄ー ̄☆キラッ」・・・みたいなw

つまり、ボクシング協会は、一夜にして時代の寵児になった内藤の注目度が落ちないうちに、彼の防衛戦と、興毅の復帰戦の両方の視聴率を上げる秘策を思い付いたのだ。
それが内藤の防衛線の勝者を興毅の復帰戦にぶつける事なのです。

内藤が防衛を果たしたら、いわゆる”弟の仇”って事になる。

興毅的には、親父が追放されて、自分が矢面に立たされて、
弟が廃人みたいになった因縁がある。
これ以上の”因縁試合”は他にないでしょう。
そりゃ視聴率も爆発的に上がりますよ!

ポンサクレックが勝ったら、”本当に強いのか?”を検証する試合になる。

つまり、多少の高目.安目はあるが、上がり確定(高視聴率確実)の両面待ちになってるってわけ。

まだ内藤に人気があるから、防衛線の視聴率はある程度保証されている。それに加え、勝者が興毅の復帰戦の相手になると言う要素も加わって、注目度は否応無しに高くなる。
仮に内藤が敗れても、興毅がタイトル奪取すれば、ボクシング協会的にはいい。
その時には負けた内藤には商品価値が無くなってるから、お払い箱って事ですねw
ボクシング協会は、見た目、派手さの無い内藤の人気が永く続くとは思って無いだろうし、特に、結果オンリーのボクシングならなおさら負けたら用無しと思ってるはずw
つまり、すでに内藤の旬は短いと値踏みしてるって事ね。
だからこそ、その人気が落ちないうちに、内藤のタイトル戦と興毅の復帰戦を絡ませた、相乗効果を狙ったシナリオを思い付いたのではないでしょうか。

やっぱりボクシング人気を上げるには、年齢的にも、パフォーマンス的にも、内藤より亀田ファミリーを担ぎ上げた方が効果的だと思ったのかもしれません。
しかも今回の騒動をきっかけに、亀田ファミリーは、ボクシング協会サイドで、よりコントロールしやすい選手になったわけだし・・・・w

しかしよく出来たシナリオですねぇ~w

散々「段階を踏んで世界戦に挑め」みたいな事を大毅に言っておきながら、3ヶ月のペナルティを終えた初戦が世界戦・・・みたいなw
大毅は日本ランキング14位で、興毅は元チャンピョンだから・・・と解釈すれば、一応の筋は通るけど、私にはボクシング協会が、”選手なんぞ、どうせ消耗品”くらいにしか思って無いんだろうと・・・・w

頑張って記者会見に臨んだ興毅も、所詮はボクシング協会の
視聴率取りのダシに使われた・・・と思うのは私だけでしょうか?w

協会関係者が言ってましたね。
「ボクシング界には、何らいい影響はないですよ。亀田ファミリーは」と・・・
でも、心の中ではこう思っていたのかもしれません。
「だけど、これから徹底的にダシに使わせてもらうよ( ̄ー ̄☆キラッ」・・・とw

亀田騒動登場人物中、№1の悪党は・史郎ではなく・・・・ このシナリオを考えたやつ・・・大橋会長か金平かそれ以外か・・・・・ww
いずれにせよ、コムスン、折口会長以来の”本物の悪党”ですねw
ゾっとしますw
スポンサーサイト





あれはあれでいいと思いますw

史郎を引き合いに出すと、(筋論で行くと)多少釈然としない部分がありますが・・・w

「ボクシングの品位を落として申し訳ありませんでした」って内容の発言があったでしょ?
あれって悔しかったでしょうね~
自業自得と言えばそれまでなんだけど、やっぱりボクシング界を盛り上げてきたのは間違いない。
業界に利益還元はされてないようですが、それでもSHOWBIZの要素が強いプロスポーツを盛り上げるのは、(最近の彼らの言動は、”過ぎた”といえますが)場外での前哨戦は、観てる物にとって面白いSHOWなのではないでしょうか。
でも散々担ぎ上げて、問題起こしたら集中砲火・・・・w
まぁ確かに悪い事をしたんだけど、今日の興毅の憑き物が取れたようは表情を見てたら、なんとなく(私は)許せます。

史郎をかばい立てした時の彼を観てたら、饒舌じゃ無いだけに、”頑張ってる”感がよく伝わってきて、(少なくても私には) 涙を誘うシーンだった。
「親父は世界一」らしいですよ。
間違っても史郎は世界一ではないと思うけど、あれにはグッと来ました。
記者から、過激なパフォーマンスに対して質問が及んだ際に、
「こんなんやったら盛り上がるかな~ と考え、皆で決めた」的な発言。
どう思います?
つまり単に失礼な態度しか取れ無いって訳ではなく、盛り上げるためにやったって事ですよ。

言ってる事が本当ならねw

細かい理屈はいいとして、二十歳の彼が、烈風に吹き飛ばされないように必死に耐えながら逃げずに会見を終えた事に「よくやった! 興毅!! 男が上がったぞ!!」って言って上げたいですね。

それに対して史郎は下がりました(爆

まぁ皆さんの意見は色々あるでしょうが・・・・w





やっぱり大磯。
私の西相周遊記は大磯から始まったので、ここで釣らないと
次のステップに行けませんw

って事で、現地入り・・・の前に、ちょっと面白い事がありましたw

実は駐車場に一回停めてから、急にウ〇コがしたくなって、車でコンビニへ行き、厠を借りました。
(実はそのコンビニが、現場に行く途中にあったので、わざわざ車で行かなくてもよかったww)
男子用トイレのロックはしてなかったので、空けたらなんと、人がいるではありませんかw
しょうがなく、立ち読みをしながら待っていたのですが、いくら待っても出てきません。
「見過ごしたかな?」と思って、ノック。
返って来ません。
”ガチャ”と扉を開けると、またいやがるw
だからロックをするか、ノックを返せと・・・w
いくら待っても出て来ないので、女子用を借りましたww
でも早朝だからよかった~www(本当はダメですw)

でもっていざ車を停めて現場へ・・・
そうしたらまたまたウ〇コがしたくなったので、途中で先程のコンビニで借りる事にしました。
いくら何でも、もういないだろ・・・と思いノックをするも返って来ません。
”ガチャ”と扉を開けると、なんとまだノーロック野郎がいやがる(爆
時間にして20分くらい経ってるんですよ。
そしたら何を思ったのか(出たのか)分かりませんが、突然ノーロック野郎が、小声で「よし!」って独り言w
何が”よし”なんだw
って言うか、お前はそんなにキバって何を出してるんだ!(爆
って言うか、お願いだからロックするか、ノックを返してくれよw

ってな事がありました★

笑いを堪えながら現場へ向かいます。

1019seisouSBSH0015.jpg

恒例の、今日の西相SUNRISE。
恒例でしたっけ?w
1019seisouSBSH0016.jpg

おぉ~!!
今までで、一番”凪”。
当然風も無い。
釣れそ~!
小潮だけどww

当然一発目はこれ!
1019seisouSBSH0017.jpg

ソルト版ウチコシステムだ!w
釣れそ~w
・・・と思って投げては見たものの、反応無しw
でもってナブラもなしw
(>みみずくさん 距離は2割落ちくらいでした)

じゃ今度はコイツだ!
1019seisouSBSH0019.jpg

浮きが早くてダメw
ジグも軽かったからでしょうか?w

先日購入のスカジットのKEEL-JIGもだめ。

「う~む・・・・」

周辺で誰も釣れていません。
一人もですよ?

「う~む・・・ やっぱりノーロック野郎のせいか・・・w」

いつものオッチャンとダベる。

「今日はダメだな~」・・・・来ると思ったw

8:00頃にようやくナブラ発生。
だが、誰も釣れない。
誰か釣れよw

しばらくしたらボラの姿が目立ってきた。
遥か彼方には、でかいボラが群れを成してジャンプ!
ボラのナブラみたいでしたよw

私の目の前でもボラが跳ねまくる。

どうやら、ナブラの正体は、ボラの陰に反応してるような感じ。
フィッシュイーターが近くにいるような感じではなかった。
1019seisouSBSH0021.jpg

キレイな雲だ~( ´∀`)
なんて言ってる暇はありませんw
魚が全く釣れません。
もちろんアタリもありませんw

なんで?
小潮だから?

またまた暫くしたらナブラ発生!
今度はフィッシュイーターらしき陰がハッキリ確認できた。
いる!・・・かもw
でもルアーには反応しません。
見慣れていないルアーなら反応させる事が出来るかもと思い、チューニングルアーを投げますが、それでもダメw
1019seisouSBSH0022.jpg


キレイな海だ~( ´∀`)
なんて言ってる場合じゃありませんw
陽が高くなってきました。

い・・・いかん・・・・w
魚ッ気が無くなってきた・・・w
今日は、昼に潮止まり。
先程までは、パラパラとナブラを見る事が出来たが、今はその気配すら無くなってきた・・・
って言うか、ボラもいなくなってるよw

大の字になって空を見上げる・・・
ふと左岸を見たら・・・300mくらい先に
1019seisouSBSH0024.jpg

鳥山だ!!
えっちらほっちら歩きながらようやく到着。
玉ジャリの浜って結構疲れるんですよねw

鳥山の前に釣り人がいるも、なぜだか釣れている気配は無い。

あれ?w

よくよく見ると、別に鳥がベイトを追ってるわけでは無さそうだw
でも水面にダイブしてるような動きをしてる・・・

なんなの? アンタら?w

11:00頃に曇り始める。
1019seisouSBSH0025.jpg

風も出てきた・・・・

「こうなったら夕マズメまで張り付くか・・・」と思うも、
ムキになってもしょうがないし、疲れたし、帰ります~★

今日はボウズでしたw
他の人が釣ってる魚さえも見ませんでした・・・_| ̄|○

国府津だったかな?w
でもやっぱり大磯で釣りたいんですよね~
来週は・・・・・ゴルフですw





先日の案を元に、ルアーをチューニングします。

その前に・・・ 今日、スカジットのメタル購入★
1018luretuneIMG_1055.jpg

よさげ~w
でもメッキがすぐに剥げそう・・・
スカジットだから、丈夫である事を期待したいw

話し戻りますねw

1018luretuneIMG_1057.jpg

シングルウィローのワイヤーはこんな感じ。
見て分かりますように、絡みとめを使ってます。
なぜ緑なのかと言うと、キャスティングにこの色しかなかったからですw
クリアーがよかったんだけど・・・・
ワイヤーはステンレスバネ鋼線1.0mmを使用しています。
でも、おそらくソルトなので、あっと言う間に錆びるでしょう・・・w
ブレードは先日の回りにくかった物を使ってます。
かの名品、STANLEYのブレードですね。

これは簡単に作れました。
なんせ、素材は揃い切ってますから★

次はブラー式の物を作ります。
1018luretuneIMG_1058.jpg

つかうのはこれ。
1018luretuneIMG_1059.jpg

まづは先端を丸くします。
1018luretuneIMG_1060.jpg

2.5mmのアナを空けます。
ブラスなんですねw
1018luretuneIMG_1061.jpg

あれ?
縁が細すぎるかな?w
もしかしたらこれだと壊れるかも・・・

って事で、他のブレードで作りなおしますw
工程は同じなのではしょります。
1018luretuneIMG_1062.jpg

で、出来たのがこれ。
ブレードサイズは少し大きくなったけど、ブラー式に使用するためこいつが回転する事はありません。
まぁ大丈夫でしょう。
面取りや先端の加工などをして完成。
1018luretuneIMG_1063.jpg

こんな感じになりました。
私の機材で出来ない物はありませんねw
なんせ過剰設備ですからw
(穴明けただけなんだけど・・・・(爆)

それにしてもブレードの両先端にアナがあいているのって、ありそうでないですよねw
でも良く見ると、単なる極薄のスプーンだ・・・(爆

よし!
これで明日は大磯リベンジだ~!!





スイムテスト言ってきました。

全て試したかったのですが、面倒になって、有力候補だけにしましたw
だって川原で一人って寂しいんだもんw

試した場所は裏の多摩川。
1017tamagawaSBSH0010.jpg

1017tamagawaSBSH0011.jpg

この流れにルアーを入れて動画を撮ります。

初めに試したのはこれ!
1017tamagawaSBSH0013.jpg

シングルウィローです。
ジグは先日リペアしたもの。
キラキラでいいんじゃないですか~w







ご覧いただいて分かるように、このブレードは回転していませんw
またジグも回転していません。
なんとかなりそうです。
それにしても、このジグ自体のフラッシングも結構いいですね・・・
カラーなんていらないやw

続いてダブルウィロー
1017tamagawaSBSH0014.jpg







今度ブレードは回転しています。

一応、シングルもダブルも寄って見たりジャーク入れたりしてるのですが、ご覧になってどんな印象ですか?

私は回転しない方がアピールが強いように思えます。
回転すると、光が弱くて、アピールと言う点ではヒラヒラ動くフラッシングより明らかに弱かったですね。
またブレードが回転し出すと、抵抗もいきなり大きくなりますので、浮き上がりも早くなります。
そう考えるとあえて回転させない様にするのがいいように思えます。

今回は、この2タイプで終了です。
このシステムは、ブレードを回転させる為にスピナーと同じ連結の仕方をしています。
シャフトにブレードを通してるのではありません。
先日のブラー式も試していません。
一応、次回の釣行には、ブラー式とシングルウィローとダブルウィローを持って行きたいと思います。
ちなみに今回、キャスティングテストはしていません。
だってシーバスロッドを持って行くのが面倒なんだもんw
誰もいない多摩川でそんな事やってられませんw

どうですか?
みなさん★





先日の考察を元に、青物に効くルアーを考えて見ました。

>みみずくさん
よろしくお願いしますw


フラッシング効果をより高めた専用ルアーです。

フラッシング効果の高いルアーが、現在のルアーの中にもいっぱいありますが、先日の考察からすると、群れを演出する事が可能なルアーが一つだけあります。
スピナベです。
ですが、キャスト時の空気抵抗が大きすぎて、サーフでの使用は不向きです。
ではこれでどうでしょう。
1014kousatu01.jpg

つまり湾ベイトですねw
市販品をコピーしても面白くも何とも無いし、このタイプは飛行方向の前方にブレードが来ますので、距離が落ちます。
やっぱりこの釣りに関しては、キャストのディスタンスを極力落としたくないのです。
ではこんなのはどうでしょう?
1014kousatu02.jpg

プレードは抵抗の少ないウィローを使用し、ワイヤーで一直線に繋ぎます。
シングルもよし。
ダブルもよし。
飛行方向の先端にはジグ本体が来るので、プレードの抵抗がキャスト時に受ける影響は前出の物よりは少ないはずです。
また、ジャーキングの際のアピールはジグだけのそれよりは飛躍的に高いはずです。
ただ、実際に使って見たら、ジグがブレードの抵抗を受けて回転する可能性があります。
つまり糸ヨレが発生するかもしれません。
近く、スイムテストをしてみます。

もしくはこんなのはどうでしょう?
1014kousatu03.jpg

ブレードにジグをリングで繋ぎます。
このタイプが一番距離を落とすことなくアピールを高める事が出来るのでは無いでしょうか?
この場合、プレードはリーリング時に回転しなくていいのです。
つまりブラーみたいな役目ですね。
ジャーキング時のアピールはそこそこ高いと思われます。

ではこれはどうでしょう?
1014kousatu04.jpg

これは初めからブレードを回転させない作りになってます。
敢えて回転させないので、ジグが回る事がありません。
プレードは回転せずとも、ユラユラとフラッシングしてくれればいいのです。
ジャーク時もいい感じにアピールしてくれるのではないでしょうか?

現段階で考え付くアイディアです。
一直線タイプのダブルウィローが、糸ヨレせずに、且つ飛距離に大きな影響が無かったらいいかもしれませんが、おそらくジグは回るでしょうね~w

以上の全てのスイムテストを近く多摩川でしてきます。
動画で公開も出来たらしたいと思っていますので、お楽しみに★
もちろん水中撮影!





先日使ったメタルジグが鉛色になってしまったので
修理しますw
まさか、またルアーを作る事になろうとは・・・
せっかずセルロ片付けたのにw
1014metalSBSH0009.jpg

こんなだもんね~w
これじゃフラッシング論も実践できないよw
もちろん適当なのでアルミ張るだけ★
1014metalSBSH0011.jpg

そんでもって超濃縮コーティング用セルロースでディッピング。
前後3回づつで充分でしょう。
1014metalSBSH0012.jpg


ルアービルダーとは思え無いくらい粗い仕事ですねw
これに今考えてるアイディアと合体させて次回の青物釣行に臨みます。
アイディアは追って公開します。
ありそうでなかったシステムです。
お楽しみに★





先日の初釣果を経て青物に付いて考えて見ました。

お暇な人は読んで下さいw
みみずくさんは必読&評価をお願いしますw

まず、先日私が釣った(釣れた?)魚は、なぜ私のルアーに
喰ってきたんでしょうか?
偶発的に釣れたといいましたが、その”偶発”から色々が観測を立てる事が出来ます。

まず、魚がどんな風に回遊してるか考えます。
1013kousatu01.jpg

おそらくこうです。
岸に対して直角に入ってくる事もあるとは思いますが、それは稀で、ある程度岸と平行に近い状態で回遊してると思われます。
もちろん天候やベイトの動きに左右されるでしょうが、私が釣った魚はおそらくこんな感じです。
その根拠は、私のルアーアクションにあります。
釣れた時の私のルアーは(実は)タダ引きでした。
つまりジグは殆ど泳がないので真後ろからは認識しずらいと思われるからです。
ではフィッシュイーターがベイトを認識する際は”何”を認識するのでしょうか?
一つはシルエットです。 そしてもう一つは波動でしょう。そして一番重要なのは”光”です。
他にも判断要素はあると思いますが、大きく分けてこの3つが最大の要素だと思います。
そしてこの3つの要素で、一番遠くまで情報を伝達出来るのが光です。
青物は、波が無く、よく晴れた日に釣れると言うのは、より遠くまでベイトのフラッシングが届くからと考えると理屈が通ります。
強い波は乱反射による情報の混同。晴れは、より強いフラッシングって事ですね。

青物によく効くアクションに”シャクリ”があります。
その理由は、激しくジャークしたトリッキーな動きが好きとも取れますが、私が思うのは、ジャーキングにより目視確認圏外に、より遠く存在をアピール出来るからでは無いでしょうか?
このジャーキングによって釣果がに差が出る時があります。
つまり・・・・・
1013kousatu02.jpg

ルアーは岸に対して直角にトレースされますので、画像にある魚にアピールする事が出来ると思いますが、
1013kousatu03.jpg

この場所にいる魚にはタダ引きしてる以上、フラッシングでのアピールは出来ませんので、魚は目視で確認できるまで距離を詰めないと気付きません。
だからジャーキングが必要になってくるんです。

つまりタダ引きでアピール出来ない範囲にいる魚が”ジャーキングによる釣果の差”になって現れる・・・と考えられます。
重ねがさね言いますが、光の方が目視確認より遠くまでアピール出来るからです。

通常はベイトはこんな感じに回遊してると思われます。
1013kousatu04.jpg

ベイとはまとまって回遊しているので、その反射はかなり遠くまで走るでしょう。
もちろん水の透明度にもよりますが・・・
想像してみてください。
沖に向かって数百のフラッシングを・・・・ 
そりゃ相当目立つでしょうね。
ですが、ルアーは岸に対して直角で、通常は一匹分の”光”しか発する事が出来ません。
魚にアピールする事の何と難しい事よ・・・w

そこでさらに考えます。
私のヒットルアーはホイルの剥がれた鉛色ですw
1002kouduSBSH0029.jpg

多少の反射はあるでしょうが、その情報はさほど遠くまで届くとは思いません。
ではなんで喰ってきたのでしょうか?

そこで、もう一つの判断要素が出てくるわけです。
それがシルエットです。
魚の視力なんてタカが知れてます。
目視で判断するには、相当近くに来ないと出来ないはずです。
つまりシルエットで判断できる距離にいた魚が偶発的に食ってきたと言う事になります。

遠くのベイトはフラッシングで確認して、食う寸前のベイトはシルエットで判断する・・と考えると辻褄が合いますね。

でも隣りの人の角には反応せず、私のルアーに喰ってきたのは何故でしょう?
考えられそうな理由はいくつかありますが、一番最初に考えられるのは、隣の角をすり抜けて私の所に来た。
そこに偶然ジグが目視で確認できる距離を横断した・・・
そこそこの数の釣り人がいたので、それをすり抜けるって事は、彼らの泳ぐスピードは想像以上に速いのかもしれない・・・と言う事になります。

以上が”偶発的に喰った”の根拠と、それから展開できる推論です。


釣りをする際に、レンジを意識するケースがあります。
青物のルアーもそうらしいのですが、上記の仮説が正しければ、下に光をアピール出来れば、表層でOKって事になりますね。
下の魚にだけですが・・・w
通常、プラグには下に反射させる物はありますが、ジグは平面的なので(タダ引きだと)泳層付近にしかフラッシングは届きません。
レンジがシビアなのはそんなジグの構造にあるのかもしれません・・・
ちょっとこの根拠は弱いかな?w

もしジグで、且つ、タダ引きで全角度にフラッシングが届くルアーがあったら、面白いと思いませんか?w
これをヒントにルアーをチューニングして見たいと思っています。
次回の記事はそのルアーのネタになるかも~★





先日、大磯でデコったので、今日は国府津(左岸&右岸)へ行きます。
国府津ってのは西相バイパスの有名なPAの裏です。
駐車スペースが無くて、探すのが一苦労です・・・w
実はミミズクさんから教えて頂いて知ってましたw
ありがとうございます>みみずくさん
1002kouduSBSH0019.jpg

まづは右岸から。
波足も短くて釣り易いです。
また水色も大磯より青っぽい。
ボトムマテリアルはジャリみたいです。
大磯と較べて波足が短い事から、水深は大磯よりあるのが良く分かります。
またボトムマテリアルも大磯の砂よりは”粒”が大きいので、水が舞って濁りにくくなってるように思えます。
あ、このブログを見ている人はバサーが多いので説明しますが、波足ってのは沖で白波が立ってから足元で到着するまでの距離ねw
遠浅なほど足が長いのは想像出来ますよね?

朝マズメから現地入りし、さっそくキャスト★
いい感じの時間ですw
って、先週もそうでしたけどねw
平日なのに結構釣り人がいます。
1002kouduSBSH0022.jpg

1002kouduSBSH0024.jpg

これだけ釣り人がいるって事は、やっぱりここらへんはいいポイントなんでしょう。
大磯より人が断然多いです。

しばらくキャストするも反応無し。
そうこうするうちに、少し左の人にワカシがヒットしました。
「回ってきたのかな?」と思うも、それ以降誰にもヒットしません。
少し時間を明け、今度は右の人がヒット。
「なんで俺が飛ばされるんだ?ww」・・・みたいなw
ヒットしてる人は角です。
「ジグじゃダメなのかな??」・・と少し弱気になるw
ナブラも全く無し・・・・
いやな悪寒・・・w

ふと空を見上げると、キレイな画★
1002kouduSBSH0028.jpg

「キレイだな~・・・・ おや? おやおや?
コイツはひょっとすると、恒例の”神降臨”か~!!」
などと思い、ナブラの無い海にひたすらキャスト!
すると、いきなりアタリ!
キタ━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━!!
1002kouduSBSH0027.jpg

ワカシGET!!(35cmくらい?)
大潮、下げ3分 6:30

いや~、永かったw って言っても3回目ですがw
中学時代のバスを始めた時に経験した暗黒期に較べたら楽なもんですww

それにしてもやっぱり青物の引きッてのは面白いですね。
こんな小さなヤツなのに、バスとは比べ物になりません。
ロッドも長いため、やり取りは面白いですねw
波に揉まれてフックアウトしなくてよかった~w
これで一応魚の画像のある釣行記になりました。

食べるつもりなので、そっこうで〆ます。
エラを取り、延髄をカット。
そして尾鰭のあたりに切り込みを入れます。
殆どスプラッターShowですよw

しばらく釣りを続けるも、周辺含めHIT無し。
ボーっとしてたため、先程のワカシがどのくらいのリトリーブスピードとレンジで喰ってきたのは良く分からないww
さっきの周辺の人の釣れ方も単発っぽかったし、状況換わらずでナブラは全く立つ様子が無い。

「よし! 本当にリベンジをすべく大磯に行こう。
もしかしたらフィーバーしてるかもw」
って事で急いで移動。

すると、なんと国道1号が出勤ラッシュのため大渋滞w
これじゃ、大磯着くのに何時間かかるか分からん・・・
ってな感じで、急遽引き返し、同じく国府津左岸を攻める。
しかし反応無し。
1002kouduSBSH0029.jpg

ジグも使いすぎてこんなになってしまいました・・・
こうなると”イワシカラー”もヘッタクレも無いな・・・w

しばらくすると、ワカシと思われるシルエットの魚がジャンプ★
「ん? もしかしているのかな?」と思い、投げ倒すもやっぱりダメw
フックを砥ぎながら一服。
1002kouduSBSH0034.jpg

すると突然目の前でナブラ!
急いでキャストするも間に合わず・・・(爆

飽きて来たので納竿。
一路、ワカシを持って実家へw
1002kouduSBSH0035.jpg

オカンに電話・・・
「一緒にランチしよ~」 みたいなw

それにしても今日は大潮だったので、ナブラ連発で盛り上がると思ったけど思いのほか誰も釣れていなかったですね。
まぁ一匹釣れたので、今日はよしとしましょう。

でもって早速ランチ。
1002kouduSBSH0037.jpg

刺身と味噌汁。

やっぱり新鮮なので美味い!!・・・・って大抵、この手のブログには書いてありますよねw
でも、正直なところ普通ですw
スーパーの刺身よりは、少し身が締まってるけど、だからと言って”味がいい”と言うのは別の話し。
脂もさほど乗って無いし・・・・
〆方がダメだったのかな??w
臭くなかったから血抜きはうまく行ったと思うんだけど・・

次は大磯にリベンジ行きますよ~!!





私はコミックタッチの画が描けるくらいので、当然昔はアニメやマンガが大好きでした。
ですが、今となっては取りたてて好きなわけではありません。
電車の中で少年誌なんぞをを見てる、いい歳ブッこいたリーマンとか見てると、吐き気すらしますw

そんな私ですが、どうしても面白くて見ずにはいられないアニメが時々ありますw
ちょっと前までは『エアマスター』でした。
もうとっくに終わってしまっているのですが、実はそれ以来のヒットアニメがいまやってます。
木曜の18:00から12chで絶賛放映中の『銀魂』(ぎんたま)です。
20061110172726.jpg

皆さん知ってますか?w
録画してでも観て下さい。
絶対にハマりますよw

今日は、その『銀魂』を観て、明日は西相。
ダブルラインを組み直して、これからタイトルマッチを見て、明日の爆釣を夢見ながら早く寝ます★

明日は初の国府津です。
積年の恨みをここで晴らしますw
って大磯でリベンジしないと意味無いかな?ww

とりあえず1匹釣ったら大磯で勝負します。
負けっぱなしじゃ引き下がれませんからねw

国府津で釣って大磯で釣ったら、三浦のタチウオ。そのあとはサワラ狙って、ダメだったら西相周辺の平物(ヒラメ、コチ)とシーバスにシフトします。
途中でメバルやメッキを入れても面白いですね。

まぁシーバスは釣りたいわけではなく、サーフでノンビリしたいだけなんですw
だから必然的にヒラメ、コチ、シーバス になるわけで・・・
当然酒の肴にピッタリ★

収穫があったら、その場で速攻、海鮮BBQでもいいんですが、なんせ私一人でBBQってのも・・・wwww
でもまぁ、いずれ必ず”釣ったら即BBQ”企画立てますよ。
うまそ~!!!

あ、タイトルマッチ始まった。

ではでは。
後日、西遊記(西相周遊記)上げますね。





私が一人で釣りに行く理由。

友達がいないからですw
・・・って言うのもありますが、基本的にド級の気まぐれなので
自分の思うように行動出来ないので二人以上で釣行に行きません。
行くのはカズチンだけです。
何故か、ヤツだけは気を遣わなくでいいからです。
釣りに対しても不真面目ですw
その位の方が、肩の力が抜けていいのですw

私は基本的に気を遣ってしまタチなので、カズ以外の人と行くと
自分が釣りに専念出来ません。
面倒見るのは由香君だけです。
嫁でさえ面倒見ません。

釣りってヤツは、魚を釣るだけのものではありません。
そこにある景色、風、そして水・・・
あらゆる物が釣りの大切な要素なのです。
そして釣りをしている以上、遊び相手は魚ではなく
地球なのです。
そんな遊び方を知ってる人ではないと、私は釣り人と認めません。
釣りとは本来”興”の遊びなのです。
例えば、トラウト界の有名人である、千葉のk氏などは
その際たる人ですし、釣りはヘタクソですがカズチンが近い遊び方をします。
この二人以外では私の知る限りではいません。

そこで、私が久し振りに”釣り”と言う”興”に専念出来そうな場所が
西相です。

浜をテクテク歩きながら、釣れたり釣れなかったりを楽しむのが
本来の釣りと言うヤツです。
928ooisoImage024.jpg

風が旋廻するのを感じ、潮が満ちるのを感じ、そして魚がいそうな場所を推理する。
浜でロングロッドをビュンビュン振って、遠投しながらランガンするのって楽しいんです。
「釣れないなぁ~・・・」とか独り言を言いながら、タバコに火を点けて空を見上げる・・・・
なんせ太平洋に向かって投げていますんで、それこそ”地球が遊び相手”ですよ。
まぁ魚が釣れなかったら「ま、いっかw」で、これまたテクテク引き上げる。
そして帰りに、次回の釣行にヨサゲな所を見つけながら、腹が空いたら、渋滞のR134を眺めながら食事を摂る場所を探す。

そんな釣行をしてますか?

なんて、ネタが無いので詩的な日記をあげて見ました★





ナブラ連発の9/28(中潮)のタイドグラフです。
928gazou.jpg

そして前回、10/4(長潮)のナブラゼロのタイドグラフです。
1004gazou.jpg

赤く色が付いている時間帯が私が釣りをしていた時間帯です。

ただ、10/4は大磯では不発でしたが、国府津ではポチポチ釣れたそうです。
そうなると、必ずしも潮回りだけが釣れなかった原因ではないって事になりますね。

皆さんはどう思いますか?w

ちなみに次回出撃予定の日は大潮です。
大磯もいいけど、一発目に国府津に入ってみようと思ってます。

それと、平日の仕事を切り上げて、夕マズメにも一回行って見ようと思ってます。
多分、強烈な向かい風になると思いますが、夕マズメの様子も見ておいて損は無いと・・・

今日はどうだったんだろ~w





またしても大磯★

前日は早く寝るため、酒を結構飲みました・・・
今日はしこたま二日酔いです(爆
全く酒が抜けていないので、フラフラする頭のまま大磯に向かいます。

今日はナブラ出るかな~ww

朝マズメに丁度いい感じで現地入り。
1005ooisoSBSH0009.jpg

これでやってみよう!
ナブラが出たらやっぱりトップで釣ったら面白いかも・・・と思い
チョイスするも、「とりあえず一匹釣ったらにしよ~」とすぐさま
ジグにシフト(爆
1005ooisoSBSH0008.jpg

いつでもいいですよ~!
とキャストしながら気合満々のナブラ待ちw
1005ooisoSBSH0012.jpg

いい感じだ~
1005ooisoSBSH0017.jpg

でもちょっと波高く無いか?w
まぁいいかw
先週もこんな感じだったし。

まだかな~★

ひたすらキャスト。

まだかな~

ひたすらキャスト。

まだかな~

ひたすらキャスト。


なんだかおかしいぞ・・・・w
ナブラが一向に見当たりません・・

まぁいずれ来るでしょ・・・と思いひたすらキャストw

やっぱりナブラ起きませんw

なんで??
先週までは、あんなにナブラが出たのに、なんで今日は全くナブラ無いの?w
他の釣り人も全く釣れていません。
と言うか、釣りすらしていませんw

酒が抜けて来ましたw

先週のオッチャンに遭遇。
おっちゃん「ダメだなこりゃw 誰か釣れたの見た?」
打越「いえ・・・ 全く・・・w」

先週は10:00くらいまで釣り人がいたのに
今日は8:30くらいで、続々引き上げて行きます・・・

ボウズの悪寒・・・(爆

よし!
左岸に行って見よう。
って事で、先日の台風で浜が磯に変ってしまった左岸に移動。
1005ooisoSBSH0018.jpg

完全に磯だw
磯慣れしていないので、ちょっと恐いw
1005ooisoSBSH0020.jpg

ぎゃ~!!w
ヒラスズキ釣りに来たんじゃ無いってのw

すこしねばって見ますが全く釣れません。
誰も釣れていません。

(゚д゚)魚どこ?

帰ろうかと思いましたが、様子見がてら二宮に行ってます。
しかしすでに10:00・・・・

帰って『パパと私の一週間(再放送)』でも観よう★

まぁ、この釣りは”回って来るか来ないか”の問題なので
ダメな時は全くダメなんですねw
それにしてもムラのある釣りだな~w
10/2は良かったって話しだったのに(爆
本当に釣りってば”水物”ですねw

連続ボウズでしたw
来週も行こうかな。
もしかして、青物終わったのかな?w

こうなったらトコトンやりますよ~!
久し振りにムキになってきましたww





昨日広島に用があって日帰りして来た・・・・
さすがに疲れますね・・・

さてさて、お待ちかねの私の定休日が近くなって来ました。
その準備を★

1003lineIMG_1036.jpg

ラインを交換します。
先日まで使っていたのがシイラ用のPEライン30lb。
ですが、あと10mでナブラに届かない事が何回かありました。
そこで1.5号 20lb PBに交換します。
これで飛距離を稼ぐ事が出来るでしょう。
次回はなんとしても釣らないと・・・w
FAMELのラインは信用できます。
前から愛用してるラインの一つですね。

ショックリーダーはシイラ用50lb。
本当なら30lbで充分なのですが、一応基本的にはラインの3倍が基準です。
でも弱いと1ozフルキャストでライン切れの可能性も出てきます。
やっぱり40lbくらいあった方がいいのかなぁ~と・・w
シーバスにつ使う予定だしw
1003lineIMG_1039.jpg

さてさて戦闘準備完了です。
明後日が楽しみになって来ましたよ~!






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。