専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





突っ切りも届いたし・・・w
作業再開です。

吹っ飛んだスプールはまだ無事ですww

で、今度は同じ間違いをしないために治具を作る事にします。

penn_04IMG_0789.jpg

ざっと外形を・・・
penn_04IMG_0790.jpg

先端部分です。
カルロスさんなら、コレだけ見れば何を作るのはわかるはずです。
penn_04IMG_0792.jpg

本体部分です・・
センタードリル→ドリル→中繰りで本体部分を成型。
penn_04IMG_0793.jpg

出来上がったのがこれ。
penn_04IMG_0794.jpg

ベアリングのサイズぴったりに中繰りました。
もちろんハメ殺しw
penn_04IMG_0795.jpg

完成★
回転センターもどきですw(ドリルチャック仕様)
先端部分は交換できますので、これからも活躍するでしょう!

これでワークが吹っ飛び事もなくなる・・・といいけどw
これでダメだったら先端部分をスプール用に作ります。
スポンサーサイト





さて★

今日はラインを巻く溝を・・・・

爪を替えてスカートの裏からワークを固定します。
penn_03IMG_0786.jpg


掴み替えたけど、あまり偏心はないみたい。
結けっこうw

さてさて、バイトは何を使おうと・・・
突っ切りで大まかな深さを決めよう・・・

キレイに刃が入っていい感じ進めます・・・

そ!! 
そしたらなんと!!
ワークが吹っ飛んでしまいました!

え━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━!!

その際になんと突っ切りまで折れてしまいました・・・_| ̄|○ ガクッ
永尾先生スミマセン・・・・・

突っ切り3本目だ・・・
スプールにもキズが・・・(失神寸前・・・
爪で掴めるのはわずか10mm程度・・・
それで800回転で突っ切ったらこうなったw
だって外側掴みたいくないんだもん・・・

こ・・・・こんなケースもあるのか・・・

加工の順番間違えたかな~・・w

でもまた勉強になりました(爆





さてさて、昨日の続きを・・・・

中繰りでセンター穴を少し広げます。
と言うのも、リールの方が7.9と言うハンパな径だからです。
デリケートな場所なので、限界まで合わせる必要があります。
penn_02IMG_0780.jpg

せ・・・・せまい・・・・w
昨日から旋盤で咥えっぱなし。
極力掴み直さないのが旋盤の基本★
でも今回のは一回入れ替えないとダメなんですがねw

penn_02IMG_0781.jpg

ここでようやくスカート部分を形成。
なぜ初めにしないかと言うと、キズが付くのがイヤなのですw
それに内部の加工が一番難易度が高かったので、失敗するなら初めのほうがいいかなと・・・w
penn_02IMG_0784.jpg

簡単に面取りします。
なんだこのツールポストに使い方は! とカルロスさんに怒られそうですが・・・wpenn_02IMG_0785.jpg

・・・でこんな感じ★

自分で言うのもなんですが、カッコイイですw
まだ作業半ばなのですが、無性にカッコイイですwww

カーディナルのアルミ削りだしスプールはありますが、このサイズのPENNのスプールをアルミで削りだすのは、間違いなく世界で私だけでしょう!
オークションで売ったら結構な値が付きそうです・・w
まだ失敗するかもしれませんが・・・w





さてさて★

色々勉強もしたし、そろそろ例のPENNのスプールでも削りだして見ますか。
penn_01IMG_0755.jpg


まずは恐怖の突っ切りで・・・(爆
penn_01IMG_0756.jpg

太い・・・・w
素材が長いので、そのままセンター出すには偏心が激しい・・
い桁にセンターを出してポンチでマーキングしてからセンタードリルで固定センター用の穴を空ける。
penn_01IMG_0758.jpg

固定センターを使用するさいは、オイルをたっぷり塗って下さい。
センター焼けしますんで★
penn_01IMG_0759.jpg

自分なりには完璧にセンターにポンチを入れたつもりだったけど、06mmずれてたww
ポンチのポイントとちょっとずれてたみたいw
これやると切り出しが大変なんだよね~

penn_01IMG_0762.jpg

突っ切りで切り出そうと思ったら、”ゴッゴッゴッ”と刃が入らない箇所がある・・・
微調整してもどうしても刃が入らない・・・
ここだけ堅いみたい。
こんなのあるんですか?>カルロス師匠

どうしても突っ切りで切り出せないから、金鋸で切るww
端面削りをしてこの状態★
penn_01IMG_0763.jpg

まぁ中繰りしますんで、どうでもいいんですが・・・w
penn_01IMG_0764.jpg

センタードリルで穴あけ★
徐々に広げて・・
penn_01IMG_0768.jpg

永尾研究所の芯出し不要シャンク(先生のご好意で、頂きました)を使い中繰りで穴を広げます。
永尾先生ありがとうございます。m(_ _)m

こんな感じで穴を広げます。
penn_01IMG_0769.jpg

でも難しいのはこの部分★
penn_01IMG_0772_01.jpg

計算によると32°
penn_01IMG_0775.jpg

ツールポストを32°に合わせます。
そもそもあってるのか?ww

penn_01IMG_0776.jpg

まぁまぁ合ってるみたい★
penn_01IMG_0778.jpg


今日は疲れたのでここまで・・・

いい感じに進んでるように見えますが、バイトは入らないやら、中繰りは時間かかるやらで、ここまで来るのに四苦八苦ですよw

このまま行けば、両日中に完成しそうです★
楽しみですね~
まぁPENN420SSのスプールをアルミで削りだすのは、世界でも私だけでしょうw
失敗するかもしれませんけどねwww





ちょっと前にヤフオクで落としたグリップのスペーサー&チェックを旋盤で作る事にした。

グリップはこれ★
spacerIMG_0739.jpg

なんとマニア垂涎のHEDDONだ!
spacerIMG_0701.jpg


適当にアルミで切り出す。
恐怖の突っ切りだw
spacerIMG_0741.jpg

センタードリルで下穴を空ける★
spacerIMG_0745.jpg

旋盤での穴あけは、正確にドリルの刃がセンターに(ドリルの先端【ヂーゼルポイント】の構造上)入りません。
センタードリルやストレート、スターティングドリルなど、色々ありますが、センタードリルが一番メジャーです。
詳しく知りたい人は、旋盤マスターのカズチンに聞いてください(爆

徐々に広げる。
spacerIMG_0748.jpg

ちょっと穴が狭いので中繰りで広げる。
spacerIMG_0749.jpg

ピッタリだw
spacerIMG_0750.jpg

チェック側の太さを合わせる。
spacerIMG_0751.jpg

禁断の咥え直しをして外形加工・・・・
直径を合わせる時に、少しだけ横の送りを進めて見たら・・・

グギ!!!

肉薄だったので、切り込みを0.5MMにしたら曲がってしまった(爆
spacerIMG_0754.jpg


初めに”もしかしたら・・”と思っていたケど、やっぱりこうなりましたw
まぁ勉強にはなったかなw

でも、太い方は結構キレイに鏡面になってるでしょ?w
実は自動送りでオイル塗って仕上げ斜剣で削っただけなんだけどwww

6月にはトップ専用ロッドを完成させますんで★

賞品に出しましょうか~?www>石川さん





PENNのスプールをアルミで削りだす予定。
420SSっていったっけな~??
あのかんつりサイズの小さなPENNです。
カッコいいんだけど、どうも吊るしだと・・・って事で
なんちゃってCCMチューンをする事にします。

まづはスプールから★

図面を立てないとやっぱりダメみたいだから
嫌々やってみたw
面倒だ・・・
pennzumen.jpg


同円心だから正面も側面もないww
だから外形線寸法と隠れ線寸法とに分けた。

どうやら現在持っているバイトではダメみたい・・・w
Rバイトがないとだめですね。
しかも1Rと2R・・・
割り出し(正確に分割する機能)が私の旋盤にないから
穴あけ加工が出来ない・・・
まぁ適当にやりますか・ww

これをクリアしたらパワハンとガタ軽減ストッパーを自作で・・・w
完成したらアルマイト着色。
現時点では赤にしようと思います。
今年中に出来るかな~??w





先日用があって石川さんと会う。

その時息子のリールをOVHする事になった。

なんでも2980円のスピニングらしいw
takumireelIMG_0706.jpg


さっそくバラす。

takumireelIMG_0708.jpg


ナットロッカーなしw
まぁ2980円なんでw

takumireelIMG_0709.jpg


メインギアの両軸にベアリング・・・
へぇ~・・・

takumireelIMG_0710.jpg


このタイプね。
クロスギアではありません。
まぁこれが一番簡単に出来てシンプルな耕造で安上がり。
これで充分ですw

takumireelIMG_0713.jpg


おや?
オシュレーションギアにもベアリングが・・・
やるな・・・w
でもハメ殺しだけどねw

ベアリングを洗浄し、グリスを入れ替える。
ちょっとローラーの位置が気になってローター周りも
バラす。
おや?
トーション式だ!!
やるな~w 298!!

takumireelIMG_0721.jpg

上の画像・・・
ベールのローター側のビスが木ネジみたいなやつw
受けの方がチャンとネジ切ってないのww
どうなの? これww

ローラーバラして組み上げる・・・
しっかりネジを締めこむと・・・ あれれ?
ベールの返りが堅くなってるぞw
明けて見ると、樹脂が削れてネジと干渉してる・・・
どうしてもしっかり締めたいので、カラーを作る事にした。
旋盤で・・・
丁度いいやw

takumireelIMG_0722.jpg


で出来たのがこれ★

takumireelIMG_0724.jpg


ここに入れて・・・
takumireelIMG_0725.jpg

組み上げて完成。、

ハンドルがガタガタだけどコレをやると面倒になるので
これでいいですw
エンドミルないし・・・w
かなりベール返しもいい感じになって、全体に動きがスムースになりました。

全体的にこのリールは2980円の割にはかなりいい感じです。
ケチ付けたい所はいっぱいあるけど、全体的には
よく出来てますね。
バスのスピニングならこれで充分でしょう。
この値段でインフィニットでもあり、ローラーにもベアリングは入っていますしね★
しかもベールスプリングがトーション式なので、スプリングが壊れる事はありませんから、寿命は結構長いと思います。
もし壊れるならハンドルのガタが原因になるでしょう。
あと気になったのが、ドラグワッシャーが入ってないんだよねぇ~w
まぁなくても何とかなりますが、ドラグ機能は期待しないほうがいいかも。
そう考えるとカンツリにはちょっと厳しいかな。
それとフットの形状ですが、確かコレはSHIMANOの特許だったと思うけど・・・(爆

あ、それとハンドル回してベールを返す機能がありますが
バラして見た所、内蹴りのパーツが樹脂で出来ています。
それがそろそろ削れてきていますので、近いうちハンドルでベールを返す事が出来なくなるでしょう。
まぁその時は手で返してくださいw





ダイアルゲージ到着★
dial.jpg

オークションで購入したが、なんと到着まで一週間以上もかかった・・
あほか・・出品者ww

早速ヘッドをゲージで計って見る。
0.02・・・・
まぁいいとしますかw
これで軸受けのブッシュやら、ベアリングのカラーやらを
削る事が出来る。
多分0.02だったら問題無いかと・・・ですよね?>師匠&ベテランさん
あとはワーク側で調節すれば、もっと誤差が無くなるはず。

よっしゃ~!
あとは突っ切り買い換えて作るだけだw
何を創ろうかと・・・・(爆





先日購入の旋盤で色々削って見る。

真新しいバイトでサクサク削る・・・

快感だ~ww

しばらくするとググ・・・・と刃がきれいに入らなくなる。

あれ?
バイトの高さが違うのかな?
0.5のブラス板を入れて高さを調整するも、イマイチ・・・w

刃がきれいに入ると、極薄の切り子が超高音の音と共に(アルミの場合)は出る・・
刃が入らないとグズみたいのが出てくるw
しかも進まない・・・(爆
いかにも”原因不明だけどダメそう”って感じw

そこでルーペで刃先を見てみると、欠けてるww
どこでそんな力がかかったのか、サッパリ分からんww
何はともあれ、刃の入れ方が悪いと刃が欠けるのは分かった。w
勉強と思って、グラインダーで研ぐ。
ちょっと復活するw
オイルストーンですくい角の面を研ぐ★
キレイになって、切れ味が復活するw
バイトの砥ぎ方は、少しだけ分かった。
刃物と同じで刃先が立てばいいようだ。
姿バイトじゃない限り、刃の形はさほど神経質にならなくていいみたい。
突っ切りで切り離そうと思ったら、突然折れる(爆
bite.jpg

ふ~ん・・・ 結構簡単に折れるんだ・・・
刃先を見ると、欠けてない。
グギ! って止まって折れたから、おそらく送りが早かったんだろう・・
500回転くらいで結構グリグリ送ったからなぁ~ww


でもって今日の旋盤の勉強は・・・・

刃が入り始めたら、一定のスピードで送らないとキレイに削れない。
そのために送りのダイアルの堅さは微妙な調整が必要。
もしくは自動送りに設定する。
アルミの様に柔らかい素材は、ある程度の回転スピードじゃないと、刃が食い込む。

そんなところでしょうか?>師匠





TOOL BOXを買った・・・
tool01.jpg

ちょっとデカイか・・・(爆
約一万円★

なんせウチは工具が多い。

普通の工具と、ハンドメルアー用(塗装工具&成型工具) フライタイイング用。
溶接工具とロッドビルド用工具・・・
それに旋盤工具が追加される予定・・・W
この他にも、ボール盤やらサンダーやらグラインダーなどの電動工具多数・・・・( ̄∀ ̄;)
近々バンドソーも欲しいと思ってるWW

いかんせん工具だらけになったので、一念発起してヒトツにまとめようと思った。
tool02.jpg

全部は入らなかったけど、8割くらいは収納できた。
しかし旋盤工具がまだ追加されていないW
でも旋盤に関しては、通常の工具と同じ物が多いから、追加の工具と言ってもさほど量的には増えないだろう・・・

旋盤との位置関係はこんな感じ★
tool03.jpg


それにしてもやっぱりデカ過ぎたか・・・・WW

準備万端!
イヨイヨ金属加工の世界に足を踏み入れます(・∀・)
なんだか楽しくなって来ました!!





ついに・・・ ついに設置しました★

憧れの旋盤です。
もちろん木工旋盤ではありませんw
senban01.jpg

こんな感じに設置しました。
机の上にしようと思ったんですが、高い所へ移動するのが
重くて出来なかったのと、なんとなく低い方がやりやすそうな気がして・・・w

そして猛勉強!
senban02.jpg

アマチュア旋盤遣いのバイブルです。
なんと4300円しますw
たけ~・・・・
これを読むと、素材が小さければフライスに似たような加工も出来る・・・
まぁ、刃物台がスライドテーブルになってるんで、そりゃそうだろうけど・・・w
読んで見て、あらかた旋盤がイメージ出来ました。
要は使い方に決まりは無さそうw
色んな治具を創れば、旋盤だけで色々な物を作る事が出来る。
単に同円心の物だけではないのだw


それにしても、木工(ルアー)から金属にシフトするのって
思ったより大変w
ルアーsetは全て片付けたんだけど、やっぱりなんだか寂しいww

設置が済んで、何か削りたくてテキトウな素材を探して見たんだけど、意外にないもんですね・・・w
丸い板でも削ってみようと、適当な鉄板を見つけたんだけど
なんせ正確に掴めないんですよね~
旋盤て奥が深い・・・w
でも、知らないことばかりで楽しいですね★
なんだかルアーを創り始めた時の”ワクワク感”に似てるw
これから暫くは楽しい時が過ごせます(・∀・)






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。