専門用語集


さてさて・・・・

連日のロッドビルディングも華僑です。W

先日バットまで仕上がったのは報告しました。
バット部分にはMOONの平野さんのロッドのように、レタリングみたいな文字を入れようと思いましたが、最近は店頭で置いていない店が多く、探しているうちにひらめきました・・・・W

どうせならどこもやってない事をやろうと・・・・
レタリングなら、同じコンポーネントと同じレタリングシートを使えば全く同じ物が誰でも出来てしまう・・・・・・・・・
ならば手描きでロゴを入れてやろう・・・とW
そして世界初かもしれない、似顔絵入りでどうだ!!

って事で色々それにあった塗料や、筆などを探し回り準備万端★
あとはブッツケ本番で仕上げればいいだろ・・・・

伸縮性があり、FLEXが塗料を侵食しない事を確認し、いざ・・・

練習を・・・・・W

何度もなんども練習するが、思うように筆でイラストやロゴが描けない。
書体にもよるけど、ゴシックみたいな規格が細かい書体は手描きじゃ無理W
って事で、ヘビィーメタル的な崩した書体なら感覚で書き上げる事が出来るだろうと思い、書体はそれに決定★
あとはイラストだ!!
普段筆を使わない俺は、慣れるまで延々と練習。
なんとかコツか掴めていざ本番!!

で・・・・・・・・・

どうよ?W
BADUP.jpg

この上からFLEXを塗って完了だ!
自分で言うのもなんですが、結構いいできでしょ?W
RODALL.jpg

全体像がこれ★
9割がた出来上がった!
あとは仕上げのflexを塗るだけ~

似顔絵入りのロッド!
これぞ世界初・・・・・・・のはずW
スポンサーサイト





先日石川さんからメールが来た★
P1000026.jpg

「荒川で釣れました」・・・・・・・と

げげ!!
スモールだ!

って訳で今日行ってきました。
CIMG0012.jpg

CIMG0013.jpg


規模は小さい。
水門がある。
水は多少動いているようです。
水門は閉まっているように見えますが、下は少しだけ開いているのかもしれません。
水深は2m以上ありそうです。
地形から言って、2m以上ある水深は、そこが水通しのいい証拠です。
いいと言ってもボトムマテリアルがドロなので、おそらく定期的に水門が大きく開いて、その際に堆積したドロが流されるのかもしれません。
水質はマッディー。
タイダルリバー。

道に迷いながら、ISHIKAWAさんに救出されなんとか現地入り。
ご存知君リーもいますが、隊長は欠席。
コニカップではありません。
プチカップですw

見えバスはいません。
生命感があまりない・・・

トップで攻めるも反応無し。
早々とソフトにシフトするが、それでも反応無し。
7:30頃から潮が指し初め、時折見る事が出来る鯉などのボイルが無くなってきた・・・・
その代わりボラのジャンプw
サスペンドのベビシャが浮いてきた・・・・

表層の塩分濃度が上がってきた証拠です。

これがタイダルか・・・w
CIMG0011.jpg

最近、20年物のDaiwaのマグプラスから最新型のスケルトンのリールに魂を売った君リw
やっぱり最新型がいいんですか~!!ww
ちなみに君リーはポッパーでミスバイトが一回★
CIMG0014.jpg

「釣れませんねぇ~」とABU RecordのTシャツを着て釣りをするISHIKAWAさん。
そのTシャツは・・・・・着たらダメw
俺が狙ってたのに~w

って事で納竿。

だめでした・・・w

ISHIKAWAさん曰く・・・・・・・・
「今日はココ最近で一番だめですね・・・」との事。

タイダルを勉強しないとダメだな、こりゃw





こんな進捗
IMG_0143.jpg


これはカズチンのジェットストリームアタックです★
結構イイ感じW
IMG_0145.jpg

これは由香さんの下巻きを終えたトコロ。
由香さんのサマーソルトはメタリックレッドとメタリックピンクとスカーレッドとキャンディアップルを使った。
赤系の色だけで4色を使いました。
渋くて派手な相当カッコよく仕上がりそうです。
IMG_0148.jpg

これはサマーソルトのバット部。
この部分のflexをきれいに塗る方法を先日MOONの平野師匠に聞いたら、遠まわしに”シロートには無理です”と言われてしまったW
だけど結構巧くいった。
ちょっとコツが掴めたような気がします。
まぁその練習台になったのはジェットストリームアタックなんですが・・(爆





さてさて・・・・・・

先日の由香さんの”サマーソルト2006”のスレッドカラーの発色が気に入らず、由香さんと30分の協議の結果、赤に路線を変更する事になった・・

MOONのから注文のスレッドがようやく来て、いざ再開!
スレッド5000円もした・・・・W

こんな感じ★
IMG_0136.jpg


メインは赤。
メタリックの赤とメタリックのピンクを要所に入れていく★
IMG_0140.jpg


組み上げたのが
IMG_0141.jpg

ドムに続いてシャー専用になってしまった・・・・W

あ、別にガンヲタではありませんので・・・





SHOP99で筑前煮セットを買った。
これで99円たぁ~見上げたもんだwIMG_0043.jpg

大の日本酒党の私は、肴も和が主★

時に連日のロッドビルディングレポですが・・・・

ジェットストリームアタックはいい感じに出来ていますがIMG_0039.jpg

サマーソルト2006が失敗してしまいましたw
ジェットのバット部にネームを入れる予定なのですが、今日世界堂に行ったら、レタリングシートがなかった・・・
世界堂にない・・・って・・・汗

ちなみにサマーソルトは思うような発色が得られず、スレッドを一度外します。
ブランクのカラーリングから作り直し・・・(涙
いま塗料を注文していますが、なんせお盆なので入手も時間がかかります・・・w
まぁそれまでにジェットを作りましょう★

ガイドのフットをスレッドが乗り易いように削ります。
紙ヤスリなどと使う人が殆どですが、私はコレを使います。IMG_0033.jpg

この状態★

フット先端が削れてるでしょ?
これが大事。
避けて通れないですね星IMG_0034.jpg


今日はここまで。
実はまだガイドを付けてないんですw
これから作業しようと思っているのですが、なんせ日本酒のんで酩酊してますんで、そんなときに仕事はしない方がいい・・・
そんなもんですww
気が向いたらやりますが、多分今日は寝ますね・・・





い・・・・・・いかん・・・・・・

スレッドの色が想定外の変色を見せた・・・・

おまけにFLEXが古かったから気泡が思ったより入ってしまった・・・

困った・・・・・・w

初めからやり直すか・・・そのままボツにするか・・・





スレッドの下巻きが出来た・・・・・・・・

疲れた・・・wIM2G_0001.jpg
結構いいでしょ?w
コレはバット部。

ガイド周りはこれ★IM2G_0002.jpg





YUCAさんのは”SAMMER SOLT 2006”w
カズチンのは”JET STREAM ATTACK 2006”ですw

このネーミングはもう決まりましたw

それにしてもカズチンのは下品だなぁ~w
まぁ本人の希望だからしょうがないかw





さて引き続き・・・・・・・

そう言えば画像の名前がカブってしまって
変になったから削除しましたw

先日の続き・・

カズチンのグリップも無事見つかり、グリップ周りを
装着した所。IMG_025002.jpg

カッコイイでしょ?w
まぁなんて事無いロッドなんだけど、自分で作るとなんでこんなに可愛くなるんでしょうか・・・・ww
ガイド位置を決めます。IMG111_0003.jpg

今回YUCAさん用に使用するスレッドはこれ!IMG_10005.jpg

DULLのNCP。
バッド部分にメインのスレッドを巻いて行きます。
あまりゴテゴテしたのがスキではないのでシンプルに行きます★
昔はスキだったんですが・・・・・・・・1IMG_0008.jpg

ダブルラッピングなので下糸を巻きます・・・IMG_23009.jpg

カッコイイでしょ?w
なんとこのスレッドを巻くのに要した時間が3時間ですよw
ハッキリ言って疲れました・・・・・
グリップを装着した後なので、スレッドを巻くときにバットが転がってしまって、巻きにくい・・・
あまりに巻きにくいので、UNIDY行って作りました。
名づけてコロコロ君w
ベアリング入りです★IMG11_0010.jpg

バットをここに乗せて抵抗なくクルクル回ってくれて、しかも位置も動かない装置w
製作時間10分。
買い物に行ってる方が時間が掛かったw
画像見ても分かると思うけど、バッド部に巻くスレッドがAなもんで、疲れてしょうがない・・・・ 
だけどコレさえあればなんでも来いですよw
なんせカズチンのもあるし・・・・w





引き続き・・・・・・・

初めにグリップ回りを装着します。

周辺パーツの径とブランク径は基本的にぴったりな物はありません。
その径を合わせるために画像のように糸で径を合わせます。IMG_0003.jpg

ぴったりになったら瞬間接着剤でガンガンに接着します。
バットエンドもグリップもリールシートも同じです。
径を合わせる糸を止めるのは瞬間で、パーツを接着するのは
2液製エポキシで接着します。
コレもガンガンに接着します。
瞬間もエポキシもけちったらいけません。
径は絶対にピッタリになるまで調整しないといけません。
糸と糸を重ねてもokです。
グリップやリールシートを装着するときに、あまったエポキシが
はみでますんで、適宜マスキングなどして下さい。

出来上がったのが次★IMG_0007.jpg

左が由香さんのスピン。
右がカズチンの製作工程の物・・・
いざカズチンのグリップを・・・・と思ったら!!

ない!
フォアーグリップが無い!!ww

って事で、ブリップが見つからないので今日はここまでw
まぁちょっとしたら見つかるでしょw

それにしても由香さんのカッコ良さそうだな・・・・





先日に引き続きロッドでも・・・・

IMG_0009.jpg


スプラインを出します。
スプラインてのは、ロッドには背骨みたいなものがあって
魚が掛かったときにそのラインを背にします。
ブランクを作るときに1枚のシートから巻き上げて窯で焼く。
そのシートのカットラインがロッドの一番硬い部分になる。
つまりそれがスプライン。
写真のようにブランクを転がすと”クリ”って硬い部分がある。
つまりそれがスプライン★

さて、グリップでも装着しますか・・・と思ったら
瞬間がない・・・・

って事で今日はここまで(爆
明日瞬間接着剤買ってきます。





パーツが全て揃ったのでシイラロッド作成に本格的に取り掛かります。

画像はリールシート。
IMG_0005.jpg


今回は2本同時に作ります。
一つはスタンダードタイプの50gクラスまでのルアーをキャストできるブランクを使ったスピニングタイプ。
もう一つは同ブランクを使ったベイトタイプ。
スピニングは由香さん、ベイトはカズチンのです。
どちらも誕生日プレゼントです。
それにしてもシイラ用でベイトって・・・W

アーバーにはコルクを使います。
リールシートの径は20mm。
対してブランクの径は14mm。
その間に入れるスペーサーをアーバーと言います。
・・・と平野さんから先日教えていただきましたW

接着はエポキシ(2液タイプ)です。
IMG_0005.jpg


マスキングをして接着。
乾燥します・・・・

・・・・・・・今日はここで終了W
少しづつ製作します・・・ 

時にロッドスタンド買いました。
IMG_0002.jpg


これでチョットは整理できますW
VACCUMや自作、テクナやBELLSやBORON-Xなど・・・ ラインナップはバラバラW
あとはソルトコーナー用のスタンドがあったらなぁ~W
でもソルト用はブランク径が太いから、バス用だとだめなんだよね・・W

ロッドビルディング工程はマメに上げますんでお楽しみに★





勝ちましたね・・・・・・・

ちょっとホームデシジョンっぽかったけどw
でもよくやった!
ポイントにして僅差だっただろうね。
たいして面白い試合じゃなかったけど、彼は
きっと強くなりますよ。
同じようなファイティングスタイルだったからやりにくかっただろうけど、二人とも構えが左だったからそこらへんは相性よかったのかかなw

どちらにせよ勝ったんでよかった。

でも今日の一番の”アレ”は国歌斉唱でしょうねぇ~ww

今更T-BOLANて・・・

俺はコロンえりかに一票!!






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.