専門用語集


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





クーラーを買いました。
ついに・・・・・・・・・・CIMG0002.jpg

私の作業場にはクーラーが今まで無かった。
故に夏はロッドもルアーも作りませんw
そりゃそうですよ。
なんせ汗ダラダラ流してまでルアーなんぞ作りませんw
カズチンと由香さんのロッドも作らないといけませんし、夏場でも部屋にいる事が出来るようにクーラーでも買おうかなと・・・w

ちなみにMOONの平野さんもFLEXに埃が入らないようにクーラーは一切入れないとか・・・・・・

私はガンガンかけますけどねw
スポンサーサイト





さて・・・・

私はリールを創りたい。
ルアーなんぞ言ってしまえば誰でも創れる。
そりゃ機材もたいして高くなく、技術的にも知れたもんだ。
初めて私のルアーを見た人は、一様に驚いてくれる。
それはそれでありがたいんだけど、やっぱり真剣に勉強すれば
誰でも創れるような物の魅力なんぞ押して知るべし。

そこでリールですよ。
旋盤とフライスがあれば、理論上なんでも作れる。
とは言え、金属加工の知識なんて全くないんだから無謀を通り越して
自殺行為ですよw
でもやっぱり私はリールを創る事に強い憧れを持ってます。
ですがDaiwaやSHIMANOなどの強豪とガップリ四つに組んで勝負することは出来ません。
あの2社の技術力には到底叶いっこないです。
そこでマーケットの小さリールを敢えて作る事により、個性を出して行こうと思っています。
例えば・・・スタンディング用のマーリン専用リールとか・・・
マーリンを専用で狙うために創られたリールってのが市場にないから、それはそれで面白いはず。
何を持ってして専用かと言うと、1000m以上キャパがあるキャスティング専用リールですよ。
つまりそれは世界記録を塗り替える可能性が極めて高くなり、その樹立と同時にタックルも記録に残るわけです。
そうなると一瞬でも歴史に私の名を残す事になるわけ★

これぞ男子の本懐!!

まぁ所詮は人生永くて動けるのは60年・・
それまで何が出来るか??
どこまで行けるか?


そうだなぁ~
どんなリールを創りたいかと言うと・・・

アウトスプールでローターバランスをパーツ配置で取って
ベアリングを最低限に抑えて、メンテを考えてシンプルに創って
浸水しても錆びなくて、クロスギアで2本足でチタン素材でギアレシオをユーザーが設定できて・・・・・
ドラグはブレンボーのキャリパーを特注してディスクで簡単に設定出来るような・・・(爆
しかも滑り出しと、出っぱなしの設定が1gも変らない・・・
そんな次世代ドラグをですね・・・・(爆
もちろんブレンボーキャリパーから出てるホースはステンメッシュで油圧です(爆

出来ますかね?wwww





行って来ましたよ★

相当気合入れて出撃したんだけど、連日の雨で水はコーヒー色。
シイラがいるようには全く思えませんw
一応投げて見たんだけど、全く反応無し。
トローリングにシフトして広範囲を回って見ても反応無し★

ムカついて早々と納竿。
三崎でマグロ三昧で帰ってきました・・・・

気合入れてただけに残念だったけど、雨も過ぎると釣りにならないって事を勉強しました。

それにしても城ヶ島沖のパヤオが代わってたのにはビックリした。
小さくなったね。
シイラはもちろんいませんでしたw





明日相模湾初出撃。
仄聞したところ今年は中々いいとか・・・
まぁシーズン初めはメーターOVERが上がるので、大物を狙うなら
今のウチなんでしょうねぇ~
ドでかいネットも買ったし、準備万端★
明日はいい釣行記が上げられるように勤めますw

時にMOONの平野さんからロッドビルディングの全パーツが揃ったと
連絡があった。
作るロッドは先にも言ったようにシイラ用のスピン&ベイト。
ブランクはさほどいいものではなのですが、パープルとオレンジのスレッドを使った、世界に一つだけのロッドになる予定なので、今から仕上がりが楽しみ★

ちなみにウチのサイトではロッドも注文承ります(爆
でもMOONに頼んだ方がいいと思いますけどねww





次の土曜は相模湾にシイラを狙いに行きます。
話によるとメーターoverが連日釣れてるとか・・・・
とは言え、私どもは9時からの出撃で、おまけに5海里限定なので
黒潮が挿してないと、連日のシイララッシュもどんなもんか・・・

今シーズンはトローリングタックルに力を入れた。
なんせ午前中は潮目が見えるけど、午後は潮目が見えなくなってくる。
次いでに昼食を摂りながらトローリングって結構面白いw
本当はキャスティングで釣りたいんだけどねw

先日もここで上げたけど、PENNのインターナショナルⅡとOKUMAのリールを揃えました。
まぁOKUMAがどれだけの物かはよく知らないけど、昨シーズンに使ってたPENNのGT330よりはいくらなんでもマシでしょうw
ラインは30lbテストナイロンとPENNにはPE5.リーダーはいずれも130lb。
相模湾ならなんでもつれますw
ハンマーヘッドとかでなければ・・・・ww
それとスタジオオーシャンマークの一番大きなサイズのネットを購入しました。
まぁネットなくてシイラ釣りに行ってる事自体おかしいんだけどネw
今シーズンはシイラにダメージを与えないように細心の注意を払ってランディングすます。w
フックはもちろんバーブレス★
釣行記上げますからねぇ~・・・

でも、まだ創ってる最中の釣行記があるんだよね・・・・





当サイトでお馴染みのヲタ夫婦(カズチン&由香さん)がめでたくも
誕生日を迎えました★

年齢は・・・・内緒W

シイラロッドを仕立てる事になりました。

Moonの平野さんのところで一通り揃えてもらいます。
なんせ日本でも屈指のロッドビルダーなので揃わないものはありません。

近日中にロッドビルディングの一部始終を後悔しますので、これからやりたいと言う人は参考にして下さい★





先日の釣りで壊れました・・・・

私が長年が使っていたスピニング・・・
クロスギア側のピニオンと結合するギアが
壊れていた・・・

使っていたら異物感が突然・・・??
あれ?
ちょっと硬くなる回転箇所があって、そのまま使っていたら
完全ロックW
あけて見たらギアが潰れていた・・・
名称は分からないけど、SHIMANOでは”クロスギア用ギア”ってヘンな
名前が付いていたW
異物でもはさんだのか、組んだときに何かが違っていたのか・・・
と言っても、ピニオン側とクロス側の軸が平行であればそんな事は
絶対にないんだけどなぁ~
カンペキに組んだつもりだったから、軸ずれは絶対にない。
そうなると異物?
でもボディーを開けても何もなかった・・・・
なんでだろ・・・
ちょっと見ただけだから断言は出来ないけど、潰れたギアは樹脂っぽかった・・・
でもメインシャフトを止める摺動子に金属粉が付着していた・・・W
あれ? 金属製?
そう言えばギアノイズが金属ぽかったかも・・・
でも摺動子に付着するかなぁ~???

今Daiwaに問い合わせて部品を注文しようとしてますが、いかんせん部品図を紛失してしまって・・・





さて・・・・・・

1年くらい前にカズチンから「ティップ折った。リペアよろ★」
と来た・・・・

「いいよ・・・」とOHULS打越

コブレッティー・・・なんだその名前W
DAIKOか・・
結構好きなメーカーだけどそのネーミングはどうだろ・・

1年放置の末
OHULS「そう言えばなんとかってロッドあったね・・・ 直すんだっけ?」
カズチン「やるよ。」

時変りまして先日ISHIKAWAさんより電話、会社にて。
「ちょっと硬めのロッド探してるんですよね」と執念の男ISHIKAWAさん
「あぁ、なんとかってロッド余ってますんでカズチンがいいって言ったらリペアして上げますよ」OHULS打越

「あぁ~ ありがとうございます」・・と恐ろしくリアクションの薄いISHIKAWAさんW

カズチン「いいよ。いい竿だから喜ぶと思うよW」

って事でリペアレポートIMG_0079.jpg

私の作業場・・・
激しく汚いW
ロッドはこれ★IMG_0081.jpg

なるほど、コブレッティーだW
よくよく見ると・・・・IMG_0083.jpg

こんなワインディングを使ったり・・・
IMG_0085.jpg

チタンガイドだったり・・・
結構創りこまれてる。(ピンボケですまそW)
よさそうな竿だね。
ガイドスレッドやコーティング剤もキレイに盛られてるし、作りが丁寧★IMG_0090.jpg

トップガイドをご存知こいつで接着。
あぁ、ちなみにこのロッドはティップと言ってもトップガイドの部分だけを折ってしまったやつなので、ガイドの配置換えは不要です。
スレッドをNCP/A黒と飾り巻きの金。
金は2巻きくらいで、クドくなくてカッコイイ。

小物コーナー★
IMG_0093.jpg

土佐打ちのスレッドシザー(ネーム入り)
これはワイヤー入りのスレッドをカットしても刃が丸くなりません。
最強のハサミです。
欲しい人は、私のソルト&ロッドビルディングの師匠のサイトMOONでどうぞ。

小物コーナーその2
IMG_0095.jpg

デュモのピンセット。
床に落ちた髪の毛を拾う事が出来る程の精度を誇る、世界最高峰のピンセット。
カズチンからのプレゼント★
ありがとぉ~

で、IMG_0103.jpg

ロッドメーカーに水平にセットしてFLEX塗って気泡抜いて完成★

24時間後には完成です。IMG_0104.jpg


まぁ細かい事を一々あげると文章が多くなるので、ロッドビルディングを詳しく知りたい方は勝手に調べてくださいW






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。