専門用語集


ほら、先日ロッドビルディングの話をしたじゃないですか。

で、少し調べたんです。
どうせなら、アンタレスのロープロを最大限に生かしたロッドの方がイイじゃないですか。
ネタ的にもw
で、ロープロを生かすのは、やっぱりガングリップになるんですよ。

で、以前画像に揚げたセッティングをしてみたんですけどね…。

20141028R0020464.jpg
20141028R0020466.jpg

どうやらラインが干渉しそうなんです。

って言うか、この手のグリップにアンタレスがついてたらウケません?w
そんなロッドで渓流の堰や本流を釣ってたら
「あのバスソのタックル痛いwwwwwww」とか言われそうで面白く無いですか?w

でも、ガイドを、ロープロのリールのレベルワインダーの高さに合わせる事が出来たら
本当の意味で機能的だと思うんですよね。
なんせ極小ガイドをブランクに這わせる位まで低く出来るし。

結局ブランクスルーって、レベルワインダーよりガイドが圧倒的に低くなるから、
ロープロリールの性能なんて生かせてないじゃないですか。
まぁ多少はあるとしても…。
そんなこんなで、ガングリップタイプのグリップにアンタレスって事になりましたw
画的にも面白いしねw

え? ブランクスルーじゃないと感度悪いって?
それって本当なんですかね?w
どうせメーカーの刷り込みでしょw
(自分で徹底的に検証しないと何も信じないタイプ)

って事で、手持ちのガングリップに合わせてみたけど、
装着すら出来ないのばかり。

20141028R0020468.jpg

DAIWAタイプも試したけど、どうもイマイチ。

20141028R0020467.jpg

そもそもブランクスルーのグリップはダメだし…。
DAIWAタイプを加工してオフセットグリップにしようかとも思ったけど、
構造的に難しいので、オイソレと出来るものでは無いぞと。

で、ヤフオクで探してもヨサゲなのがない。

う~む…。
誰かアンタレスが付くガングリップ持って無いだろうか?

ねぇーよ、そんなのw

だが諦めません!

そんなこんなで500を急がねばならない理由が出来ました。
次の解禁には間に合わせないとね★
スポンサーサイト





サルデラ2!も大詰めです。

20100908DSC02908.jpg

20100908DSC02909.jpg


…って言っても、FLEXを盛るだけだから、コレと言って見せ場はありませんw

エイヤ! って盛って終了~w

20100908DSC02910.jpg
20100908DSC02911.jpg

よ~し!
コレで依頼者様の次の出撃までに間に合います!

今シーズンも残り少ないですからねw
やっぱりお気に入りのロッドで行きたいじゃないですか。

ちなみに依頼者様は716Zのオーナーでもあります。
ちょっと不具合がありまして、716Zは要調整だったのですが、
それも先日済ませました。
そしてこのロッドは716Zに合わせて飾り巻きを施してます。
つまり、サルと716カスタムのフル装備で釣りが初めて出来るわけです!

私も観たいですね~
その勇姿を…w


皆さんもどうです?
1本、ブルーガイドで組みます?w

あ、そう言えば禁漁も近いし、オーダーありましたらどうぞ★
って言っても、毎度の事ながら、私のオーダーストップ宣言なんて誰も聞いてませんけどねw





サルの続き★

今日は飾り巻きとネーム入れです!

20100903DSC02851.jpg

前回と同じシルバーの、2~3回巻きでこんな感じ!

20100903DSC02852.jpg

やっぱりシンプルっていいですねw

本当は、他ではあまり観ないガンメタとかを入れたかったんだけど、
これに合わすのは716Zカスタムなんで、どうしてもシルバーになってしまいます。

で、次に、恐怖のネーム入れです!

20100903DSC02853.jpg

今回は、何度失敗したら成功するのでしょうか??w

前回みたいに笑いを取りたい所だけど、数回で完成してしまったw
要領を得てしまったんですねw

で、こんな感じ★

20100903DSC02855.jpg

何か、アンバランスに大きな2を入れたくて、依頼者様に断らず、勝手にやってしまいましたw
そして”!”も勝手に入れさせてもらいましたw

なかなかイイ感じだと思いません?w

え?
依頼者に断らずに勝手に変更していいのかって??
M様は大丈夫なんですw
って言うか、ウチの依頼者様の殆どがおおらかな人ばかりなので
遊び心を入れても怒らないんですw

それに、そんな”ロレヲタ”みたいな神経質な人は、初めから私になんて依頼しませんよw

なぁ?w>かず


次はコーティング!

シーズンも終盤なので、急いで仕上げます!
今期はコレで有終の美を!






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 REPAIR-STUDIO OHULS, All rights reserved.